爪あと

夜中の何時頃かはわかりませんが・・・
エルが突然、降って来ました。
その日、エルはいつもの本棚の上のカゴではなく、その隣の収納庫
の上で寝ていました(高さ180cm)


CIMG1633_edited-1のコピー 
ここで寝てたの~

何を寝ぼけたか、突然エルが私の腕の上に
イタタタタ・・・・・
でも、わざわざ電気をつけるのも面倒だし、そのまま朝まで寝ていました。
主人が言うには、結構エルに文句言ってたそうです(記憶にございません)
翌朝起きてみると、手にくっきり2本線と血の跡が・・・


掃除をしていると、よく爪が落ちています。
「まったくもぅ、お父さんは~!爪切ったらちゃんと捨てて!」
と勝手に腹をたてていましたが、よくよく見るとアレッ?


CIMG2555のコピー


今まで犬しか飼ったことがなかったので、ネコの爪がこんな風にスッポリ剥がれるなんて・・・指キャップみたい。


エルは小さい頃、イヤホンや携帯の充電器など、細いコードを何本か噛みきったことがあります。
でも、柱とか家具など噛み壊したリックに比べると、かわいいもんです。
ネコは派手なイタズラをしないからいいヮ~
なんて思ってたら、犬では考えられない小さな被害があっちにもこっちにも。


CIMG2698のコピー 
爪の跡


布団も座布団も私のコットンパンツも、小さな穴だらけです
ちっちゃいことは気にしな~い?!

関連記事

わかちこ!

我が家の息子達は爪をむしる癖があり、床に散らばる爪を見たワタシが「むしった爪はゴミ箱へ!」と注意。しかし、どーやらその爪のほとんどが猫らの爪とぎに使っているカーペット周辺から発見されるので、猫のものと判明。息子らが成長して「この小ささの爪はありえない」と理解するまで気付かなかった愚かなワタシなのでした。小さい爪の小片を拾い集めるのも好きです、ワタシ。エルたんのヒゲは落ちてませんか? 四葉のクローバー並みにレアですよね。

No title

woojyanさん、こんにちは。

あまりにもきれいにスッポリとれると、本当にキャップみたいで、ちょっと保管しておこうかなと思ってしまいます。v-11

犬はよく家具の足を噛むと聞いていましたが、やはり噛むのですね…e-263歯が痒かったりするのかしら??

うちもあーくんの爪研ぎで、壁紙とかソファとかボロボロに。
爪研ぎがあっても、あちこちで研ぎたいようですe-350

ぱぱげーなさん

時々、体の毛にしては太くてしっかりしてるから、きっとヒゲなんだろうなって思うものはあったんですけど、それってレアなんですか?
ヒゲを持ってると夢がかなうとか?お金持ちになれるとか?
だったら絶対探しますよ~!!
私の母は、お金持ちになるといって、ヘビの脱け殻を半紙に包んで持ってましたねぇe-447

nobi8nさん

本当に元の爪の形のまますっぽり取れてるので、初めて見た時は爪が折れてると思ってびっくりしました。
きれいな形のままの爪を発見すると、なぜか嬉しくなりますね~e-446

犬によってもちろん違うでしょうが・・・リックはとにかく何でも噛んで壊してました。
ネコではあまり聞きませんけど、子犬を育てる時に育犬ノイローゼになる人も結構いるようです。
でも、リックにも絶対いたずらさせなかったピアノに、いつのまにやら3本線が・・・e-350

No title

こんばんは。
我が家も爪の鞘を発見したときはしばらくとっておいてしまいます。
ひげも毛根が非常に硬くて、こんなものが生えているのかと思うと不思議で仕方ありません。

我が家は2匹いるので、私の背中や腕やデコルテ周辺は傷だらけです。
ねねは背中に飛び乗るし、ちゃちゃには腕をガシッっと捕まえられて猫キックの餌食になってしまうことが多いです。

あ、あと猫が上から降ってくることはないのですが、逆に私が寝返りを打って猫を下敷きにすることが時々あるようで、(冬などちゃちゃはくっついて寝てるので)小さな悲鳴とともに引っ掻かれてしまうこともあったりします…。

ねねちゃんママさん

ネコのヒゲのことをぱぱげーなさんに教えてもらったので調べたら、金運アップするんだそうですね。
頑張って探して、家族全員の財布に入れなくちゃ(笑)
犬のひげは結構あるんですけどねぇ・・・

私も今年の冬、人生で初めてネコと寝る体験をしました。
布団の中でぺた~ってくっついてきたんですけど、気になって身動きできなくて、朝になると体中が痛くなってしまってました。
今はエルも大きくなったので、来冬は少しくらい下敷きにしても大丈夫かな?
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう→おちよ(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。穏やかな性格。

トメ(♀) 推定2016年夏生まれ?2017年6月に突然我が家に現れて、そのままずっと車庫暮らし。とってもおとなしい。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク