窓辺の情景

彼岸ですね。
幸多が死んでまだ2カ月半なのに、ずいぶん前のような気がします。

陽生が来て、いろいろ大変で、ペットロスになりませんでした。
寂しくないように、幸多が陽生を連れて来てくれたのかな?


陽生(ハルキ)が窓辺に座っていました。

陽 生
000まどべではるきい


「幸多」と思わず声をかけそうになります。

幸 多
097kouta000.jpg


幸多の方が優しい顔してたとか、陽生の方が運動神経が良いとか、
比較するつもりはないけれど、心のどこかでいつも比べているのかもしれません。

でも、陽生は幸多の代わりではなくて、
ハルにはハルの良いところがたくさんあって、
我が家になじもうと一生懸命頑張ってます。

今では随分落ち着いて、大声で騒ぐことも、おしっこピッもなくなりました。
エルともうまくやってます。 

エルとハル
000はるとえる2016316004


窓辺にいる2匹の猫、3か月前と同じ写真、何だか不思議な気持ちです。


   もう一つ、記事をアップしました。



関連記事

No title

エルちゃんともうこんなに仲良しに〜!?
ちょっと信じられないくらいに穏やかになりましたね〜
本当に良かったです。
保護した時が、たまたま発情期だったから暴れて鳴き叫んで大変だったんじゃないでしょうか?
本当にご苦労様でした。
woojyanさん、良い猫さんに巡り会えて幸せだと思います。
幸多くんとはたまたま色とか似ているけど、単なる偶然ですもんね。でもお互いに野良猫だった頃はライバル同士で戦っていたのかも?当然お互いを知ってたはずです。
それで、この家に来たくても来れなかったとか、意地を張ってたとか・・・(笑)
猫って高等動物だから、かなりこのぐらいまで考えてるのかも?

物作りは楽しいですね〜(^_-)-☆
籐細工の素材は東南アジア産ですか。
よく考えてみたら、藤の木では作れませんよね。
アケビ細工ってよく聞きますが、あれは国産のアケビのつるなのかな?
日本古来の素材で作る伝統工芸に興味が湧きますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

籐の籠 うちの母も元気だった頃 作ってました♪
懐かしい~o(≧ω≦)o
素朴な色で 優しい感じがいいですよね♪
秋の木の実拾いも楽しみが増えそう~ヽ(Φ∇Φ)ノ

陽生くん まさかまさかの エルちゃんとの距離!
ずいぶん早く馴染みましたね~!
エルちゃんも 幸ちゃんと過ごした時間で たくさん
変化があったんだね。
幸ちゃん 急いで行っちゃったけど 急いでても
最後までwoojyanさんに寂しい思いをさせないよう
woojyanさんを信頼し頼って 陽生くんを託したのね。
本当に男らしい子だったよね♪
陽生くん チッコピッもなくなって良かった(;=▽=A
あれは 辛いもんね~。

No title

陽くん、すっかり家猫になりましたね。

幸くんといい、陽くんといい、woojyanさんは家猫修行お上手ですよね。

最初はどうなることかと思った子たちもwoojyanさんなら大丈夫!!という安心感があります。

今までの外生活でさみしい思いや辛い思いをした分、これからはのんびり楽しい猫生をおくってね。


とっても素敵です!!
woojyanさん、手仕事市とかに出品されたらいいのに・・・・

絶対に欲しい方いらっしゃいますよ。

No title

きっとwoojyanさんが淋しくないように、送り込まれた陽生くんですね。
落ち着いてきて、陽君もwoojyanさんもストレスが減ってきたのではないでしょうか。

私はまだツルを編む事はしたことないので、興味あります。
とっても素敵です~


ロッドさん

初めてエルとハルを合わせた時には、エルが怒りまくりでした。
でも幸多の時もそうだったので、そのうち何とかなるだろうと思ってました。
エルもつい最近まで多頭暮らしをしていたので、慣れるのが早かったのかと思います。
2階に連れてきてみんな一緒になったら、安心したみたいです。
ノラ時代には、幸多と縄張り争いをしていたのかな?と私も思いました。
でも性格が似ているので、もしかしたら親子?!かもしれません(^_^;)
うちの周りには、茶系のオスが必ずいます。

アケビのツルはどこでも採れるので、たぶん国産だと思いますが、どうなんでしょうね? 
木に絡まっているものだと曲がってるので、籠を編む時には地面を這っている茎を採集するそうです。
籐ほど簡単に採れないので、資材も製品も高いのだと思います。
ロッドさんの周りには、いろんなツル植物がありそうですね。

鍵コメMさん

幸多の時はエルと一緒にする時に、初めての多頭で、エイズキャリアもあったので、私の方がいろいろ考えて神経質になってました。
でも陽生は2階に連れてきた時から、何てことなく一緒に過ごしてます。
たぶん、エルも私も慣れたんだと思います。

籐で編んである、猫がすっぽり入るカボチャみたいな形のカゴを見て、いつかぜったいコレを作りたい!と思いました。
いつになるか未定ですが(^_^;)、猫さまたちのために頑張ります!

nekobellさん

エコクラフトはたくさん本も出ているけど、籐はすっかりすたれてしまって、アマゾンの中古本しかありません(>_<)
でも、また自然素材のバッグやカゴなどが注目されているので、もしかしたらこれからまた流行るかも??とちょっと期待してます。

エルと陽生、オスとメスなので、流血するほどのことはしないだろうと思ってました。
エルも自分から挑んで行くような勇気はないし。
体格差もあるし、陽生もそんなにしつこくするようなこともないので、全然ケンカはしません。
年齢が近い?ので、幸多の時よりも仲良しな感じがします。
といっても、もちろん猫団子になるようなことはないですけどネ。

おでぶにゃんこさん

猫に関しては、陽生で3匹目ですから、まだまだ私は初心者ですv-116
幸多も陽生も最初はすっごくうるさくて暴れて・・・でも人懐こかったので、なんとかなりました。
数カ月は嵐のようでも、いきなり台風一過のようになりますから。
トトさまのような持久戦タイプだと、私には手に負えません。
ず~っとずっとやさしく見守るおでぶにゃんこさん、尊敬します!

以前、雑貨屋さんとか手作り市に出したことあるんですけど、材料費と出店料を差し引くと、全然儲けなんてなくて(>_<)
少し余裕ができたら、いろいろ作って、犬猫ボラさんのバザーにでも出してもらえればいいなと思ってます。




mikiさん

やっと落ち着いてくれてホッとしてます。
大声で一日中叫んでいたので、お隣に家がある南側と西側の雨戸はず~っと閉めっぱなしにしてました。
猫も人もストレスマックスでしたが、今は穏やかに過ごしてます。

同じ材料、同じ編み方をしていても、自分の力加減だけでお皿になったり壺になったり、形がまったく違うものが出来上がるので、おもしろいです。
まだまだ頭で思っていた出来上がりと実際に出来たものとは別物になってしまいますが(^_^;)
ただ、猫のいるところで編んでいると、籐の先にじゃれついて大変です(>_<)

No title

こんにちは。

幸ちゃんと陽生」ちゃんだと、陽生ちゃんのほうが
ふっくらとしているように見えますね。
窓辺の姿は、本当に何ともいえない気持ちになります。
幸ちゃんがwoojyanさんが寂しくないように
陽生ちゃんを呼んでくれたのかもなあ。なんてね。

籐カゴは、火で炙って曲線を作るかしら?
かなり大変な作業だと聞いたことがあります。
さすが、woojyanさん、お上手ですね。
夏に向けてかごバッグを作っても素敵だろうなあ。と思いました。

No title

こんにちは 
幸多ちゃんの後に ご縁があって陽生ちゃんが・・ ほんとう不思議な縁ってあると思います。 
子供の頃から (家に猫ちゃんとワンちゃんがいない) という期間が あまりないです・・どういうわけか ひょっこり自然と縁が出来るような感じでした。 ひょっとしたら 亡くなる前に 犬猫会議で相談がまとまっているのかなぁ・・なんて家族皆で笑ったことがあります

白い雪柳・・ 満開になって よくよく見て見たら うっすらピンクがかかっていました。 なんということでしょう~♪♪ 教えてもらえて♡ ありがとうございます(*^-^*)

nobi8nさん

後ろ姿の写真だと、幸多か陽生か?パッと見ただけでは、わからないこともあります。
よくみれば、全然違うんですけどネ。
幸多のすぐ後に陽生がやって来たのは偶然なのかもしれませんが、やはり何かの見えない力を感じます。
幸多と陽生で何か約束事があったのかもしれません。

職人さんが作る籐のソファやベッドのような家具は、パイプのように太い籐を使うので、火で炙って曲げるそうです。
趣味として作るバッグやカゴは細い籐を使うので、火は使わず、水に浸してふやかして柔らかくしたものを使って作ります。
乾くと硬くなって折れてしまうので、作っている最中は常に濡らしながら作ってます。
私も手提げのバッグが作れたらいいな~と思ってます。

ねこ眠りさん

あんまりスピリチュアルなことには関心がないのですが、陽生があの時期に来たのは、単なる偶然ではないような気がしてしまいます。
特に何もしていないのに、物事がある結果になるように進んで行くことがありますよね。
こういうのって、ご縁というのでしょうね。

ピンクの雪柳、咲き進むとだんだん白っぽくなってきましたが、それでも真っ白な普通の雪柳に比べると、やはりピンクがかってます。
そのうち品種改良が進んで、赤い雪柳とか出てくるかもしれませんね(^_^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメNさん

とんでもないです。
がんばってくださいネ。
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう→おちよ(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。穏やかな性格。

トメ(♀) 推定2016年夏生まれ?2017年6月に突然我が家に現れて、そのままずっと車庫暮らし。とってもおとなしい。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク