不憫な生き物たち

今年は温かくて、この時期にまだカエルが鳴いています。
晴れた日には、ヘビも日向ぼっこ~。


リックとこの田んぼ道を散歩するようになって、早10年近く。
誰かに会うこともほとんどなく、ましてや車なんて走らない田んぼ道。
リックに急に引っ張られて転んだり、リックが用水路に落ちたり。
そんなこともあったけど、気楽に楽しく歩いてました。

8月末に稲を刈った株から再び芽が出て、お米がなってます。
(これは刈り取りません)

000いのししよけ007 


いつもの田んぼ道、だけどいつもと違う。。。

何が違うのか、わかりますか?
田んぼ周りに、電気柵が張られました。

去年あたりから、イノシシが出るようになったそうですが、
今年はイノシシの荒らした跡が、いたるところに見られます。

000INOSISINOATO052.jpg


イノシシが入り込んだ田んぼは、ぐちゃぐちゃになってます。
(1枚目の田んぼの様子と比較してください)


000大きさ比べ033
かなり大きな足跡


来年の田植えが始まると、電気柵がつけられるかもしれないと思ってはいましたが・・・
まさか今から設置されるとは。

ちょっと気を許したら、リックも私も電気柵に触れてしまうかもしれません。
もうこの田んぼ道を散歩できないかもしれない。。。

私のような家庭菜園であっても、丹精した畑を荒らされて収穫できなかったら、ひどくがっかりするでしょう。
ましてや農家さんだったら、死活問題ですから対策は必要です。

ただ、今までここで普通に生きてきたサギやカモや鷹、ウサギやタヌキなども、もうここでは生きづらいだろうなぁと思うと不憫です。




最近、ここから車で20分ほどのところにある市内のゴルフ場に、キョンが現れるそうです。
「キョン」って何かご存知ですか?
体重10~15㌔ほど、柴犬サイズの小さな鹿です

220px-Muntiacus_reevesi_Toruń_きょん
Wikipediaより画像をお借りしました 


「キョン」って調べれば、千葉県って出てくるくらいの深~い関係になってます
もともとは千葉県南部のレジャー施設で飼われていた数匹が逃げ出し、野生化したのだそうです。

日本の鹿と違って、ものすごく繁殖力が高い上、
温暖な房総半島では、冬でも全く食べ物に困りません。
と言うことで、たった数頭が2014年には4万頭以上!!

小さなシカなので、人を襲うようなことはないし、意外と人懐こいのだとか。
ただ、とにかく植物を食べてしまいます。
農作物だけじゃなく、庭や学校や公園の花などもぜ~んぶ。
数年しないうちに、我が家の庭の花も畑の作物も、キョンに食べられてるかもしれません。

県内では、どんどんキョンを捕獲して減らせ~となってます。
もともとの生息地である台湾では、特定保護動物に指定されているのだとか。
日本で野生化したばかりに、害獣に指定されてしまい不憫です。


自然を破壊し、生態系を壊し、農家を追い詰めている元凶は人間なのに。。。


関連記事

No title

電気柵は怖いですね。
こちらでもよく見かけます。
放し飼いの猫ちゃんなんか、どうなるんでしょうか?

しかし荒らされた田んぼと比べると電気柵の効果てきめんですね。
驚いたのは、稲刈りが済んだ田んぼに自然に芽が出て穂が出ていることです。二期作可能ですね。
こちらでも芽は出て来ますが、穂が出ることはありません。

キョンは小さくて可愛いのですね。ペットにしたいくらいですよ〜
最初は数匹だったのが今は4万ですか(@_@;)
でも台湾では大切に保護されているのですか。
何だか変な話です。

日本カモシカも増えて困っています。
特別天然記念物に指定されているので手出しできない状態ですが、畑などが荒らされて大変!
うちの近くでは見られませんが、須坂市の山へ行けばたくさんいます。
ニホンシカも増えて困っています。
長野県南部では被害甚大!ニッコウキスゲが絶滅の危機です。
雪に弱いとの事でしたが、うちの近所でも見られるようになってしまいました。
町からの帰り道、夜中に車道の真ん中を鹿が走っていたのでクラクション鳴らして追い越しました(≧ω≦*)
動物園から逃げたのか?と思ったほどです(^_^;)

No title

ワタシのお菓子教室の元生徒さんだった20代の子は今、害獣駆除団体に所属しているんですが、それはそれは忙しいようですよ。
昨日は八丈島、今日は四国、次は北海道・・・
講演活動や猟友会の指導、罠のかけ方などの講習など、引っ張りだこです。
それだけ被害に悲鳴を上げている地域が全国に存在しているのでしょうね。
キョンだって放たれたら広い世界に飛び出したくもなりますよ。某レジャー施設のまき散らした負の遺産は動物だって迷惑でしょうに、それも未来にわたって拡散・膨張するんですから。これはもう重大犯罪です!!

No title

こんにちは。

元凶は、人間なのに…という言葉、ごもっともです。
被害に遭われる農家の方々の辛さも理解できますが、
元をたどれば、人間の対応が原因だったことを
忘れてはならないと思います。
電気柵なんて、心が痛みます。
キョンさん、初めて知りました。
人馴れするのですね。
イノシシさんも、キョンさんも、
上手に共存できる道はないものかと思います。

No title

電気柵 増えましたよねー!
今まで普通にあった環境が変わることで 野生の動物も暮らす人々も思いは色々ですね。
「自然を破壊し、生態系を壊し、農家を追い詰めている元凶」
↑これを 今まさに 見つめなおしてもらいたいですよね。
一番の害獣は・・・どの種なんでしょうね。
キョンは幻の鹿と言われて 何度かテレビでも出た事がありますよね。
最近 流行のフクロウも同様。
これだけ外来種で騒がれていても 輸入するペット業界。
どうしても必要なら 最後まで管理できる法律も必要なんじゃないかと思います。
「逃げちゃった」で 済む問題じゃないですよね。

No title

その通りですよね。人間が元凶…本当にイヤになります。
もともとは彼らの天国だったところに、んんげんが入り込んでいったわけですしね。申し訳なく、また切ない思いになります。
 
 キョン、聞いたことはありますが、見たことはないな…

 千葉市に住む知人が、埋め立て地は蝉が10年鳴かなかったって。
不自然なことをして人間は理想をかなえてきたかもしれないけれど、埋め立てた土の中にも蝉の幼虫がいたはずだと思うとね…。

 散歩道もこんなに変わってしまうと、人間が人間の生活もしにくくしているということですよね。すべての生き物のと共存するって、不可能なのかな…

ロッドさん

電気柵、テレビなどではたびたび目にしていましたが、実際に見るのは初めてでした。
もっと恐ろしげなものかと思ってましたが、何てことない鉄線が張られているだけです。
でも、電流が流れていると思うと、怖くて近寄りたくありません。
電気柵のある所とない所の差がこれほどはっきりしていると、来春の田植えのころには、この辺りの田んぼ一面に電気柵が張られると思います。
仕方ないことだとは思いつつ、やはり残念でなりません。

シカはクマやイノシシのように人を襲ったりしないので、そんなに怖いイメージはありませんが、農業や林業への被害はクマやイノシシ以上かもしれません。
なんとか共存の道はないのか?と思います。

ぱぱげーなさん

先日も害獣駆除のやり方(銃や罠)を学ぶ女子大生のことをニュース番組でやっていました。
猟友会のメンバーが高齢化して、人が足りないのだとか。
なんだかとっても複雑な気持ちで番組を見ました。
今は農業の仕事に関わっているので、害獣被害の農家の現状も見ています。
市街地にクマやイノシシが出たら大変なことになる、と誰でもわかります。
じゃ、殺せばいい?
確かに一番てっとりばやいやり方かもしれませんが、将来にわたって解決するとは思えなくて。。。
難しい問題です。

nobi8nさん

多くのことは、元をたどれば人間の身勝手や欲にたどりつくような気がします。
キョンの問題なんて、まさに人間の不始末以外の何ものでもありません。
肉食動物の頂点だった日本オオカミでもいれば、違っていたのでしょうけど。。。
以前、外国産のオオカミを放とうという話が出てましたね。
たぶん、そんなことをしても、人間の思い通りに行かないように思います。
シカじゃなくて、家畜を襲うようになった、なんてことになるのでは?
沖縄のハブ退治のためにマングースを放ったら、予定外のヤンバルクイナが襲われて困ったことになった、と言うのと同じ結果になるような・・・
自然は人の都合でどうにかなるものではないですよね。

nekobellさん

今までホントにのん気に散歩していたのに・・・
イノシシはもともとここにはいなかったのに、どうしてこんなに荒らしまわっているんでしょうね?
なぜイノシシがこんなに急激に増えたのか、きっと何か原因はあると思います。
仕方ないことだと思いつつ、やはりこの電気柵があると、ここはもうリックを連れては歩けません。
もちろん生活のために電気柵を設置した農家の方を責めることはできません。
ただ、鳥が来なくなれば、虫やザリガニなどが増えすぎて農薬を増やすということになるかもしれません。
自然環境は、どんどん変わっていくでしょうね。

外国の野生動物をペットとして輸入すること、ほんとに国で真剣に対策を考えてほしいものです。

まめはなのクーさん

たぶん、人間がいなければ、人間以外の生き物たちは皆、増えたり減ったりしながらも絶滅することなく、共存していけるんじゃないかなと思います。
アマゾン奥地の裸族ならば、大丈夫かも?
せめてアメリカのアーミッシュのような生活をしていれば、大分違っているかもしれません。
でも、お金や資産や権力を欲している限り、共存は無理なような気がします。
今はこんなに増えて問題になっているイノシシやキョンも、肉とか皮がブームになったりすると、あっという間に捕獲されて絶滅してしまうと言うこともあり得ます。
人間は全ての動物の頂点として支配しているように見えながら、結局自分の首を絞めているんでしょうね。

No title

電気柵ですか?
そう言えば、今年電気柵に感電した事故が話題になりましたね。
イノシシに出会うのも怖いけれど、そんなところを散歩するのはもっと怖いですね。

キョンって名前だけは聞いたことがありますが、そんなに増えているんですか?
柴犬くらいの大きさっていうと、かなり小さくて可愛いシカですね。
なんとか保護とか出来ないのでしょうか・・・
本当に不憫です。(´・ω・`)

No title

ロッキーを旅した時に見た
アニマルオーバーパス、アニマルアンダーパス、
野生動物だけの為の歩道橋、トンネルです。
元々野生動物が生息していた場所に、人間が高速道路を作ったのだから野生動物の生活を脅かしてはならないと1基2億円(だったかな??)もする歩道橋を作っています。
そして本当にこの上を動物が通っているかどうかの追跡調査も行われているそうです。
邪魔者は駆除するだけの日本とは大きな違いです。
こういう動物愛護の発想、日本人も是非見習うべきです!!
ガイドさんからこの話を聞いていっぺんにカナダという国が大好きになりました。


ぐうたらかあさん

そうなんです、電気柵で感電死したニュースが話題になった後だったので、今の時期に電気柵をつけることはないだろうと思ってたんですが・・・
きちんと管理されているなら、電気柵に触れて感電死してしまうようなことはないはずですが、どの程度の痛みがあるのかわからないので恐怖です(>_<)
一度体験してみると言うわけにはいかないし。。。
まだ柵があるのはほんの一部だけですが、全体になったらもう歩けなくなると思います。

キョン、中学校の花壇が全部食い荒らされた~などとニュースでやってます。
小さくてすばしっこいので、なかなか捕まらないようです。

おでぶにゃんこさん

動物用の通路ですか、いいですね~。
日本でも河川工事の際、鮭が遡上できるように鮭用の水路を作ったという話を聞いたことがあります。
だけど、たぶんそれは鮭が来なくなると困るという人間側の都合もあったのかも?と思います。
純粋にもともと住んでいた生き物のために・・・という開発計画は、はたして日本にあるのでしょうかねぇ(-_-;)
山を切り崩して別荘地にするとか、ゴルフ場にするとか、ソーラーパネル設置するとか。。。
そういうのばかり、見聞きしてしまいます。
日本ももう少し本気で自然保護に取り組まないと、たいへんなことになるだろうに・・・
自然に対する国民性の違いを感じてしまいます。
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう→おちよ(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。穏やかな性格。

トメ(♀) 推定2016年夏生まれ?2017年6月に突然我が家に現れて、そのままずっと車庫暮らし。とってもおとなしい。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク