額絵 & 写真サークル

またまた羊毛フェルトの講習会に行ってきました。
うちの子のそっくりさんを作ろう!の第2弾。
今回は額絵です。


エルの額絵157
実際より薄茶の毛が赤っぽく写ってますが


ちょこっとエルの毛を刺し込んで、思いも込めて作りました。
世界にひとつだけ・・・それって嬉しい。




前回、皆さんから意見をいただいた写真サークルへ行ってきました!
やはり、一度見てから決めようと。。

メンバーは20名弱で60代~70代で、女性も数名いました。
それぞれがA3サイズ?ほどの大きな写真を持って来て、講師の先生がそれを見ながら良い点と改善点を講評していくという感じでした。
何もわからない私は、へぇ~、ほぉ~と驚くことがいっぱいで、大変勉強になりました。

結論から言いますと、サークルには入らないことにしました。
一番大きな理由は、目的が違うということ。
やはり、みなさん、作品としての写真を撮っているわけです。
梅の花ひと枝を撮るのに、枝ぶりとか背景とか角度とか考え、余計なものが写り込まないように、細心の注意をして撮ることを求められています。

もし池を撮るなら、水面に浮いてる枯葉や枯れ枝を取り除き、乾いた石が近くにあるなら、水をかけて濡らしてから雰囲気のある写真を撮るのだそうです。
まさに美しさを追求した芸術作品としての写真です。

私なら水面の枯れ枝も枯葉もゴミも全部そのまま撮ります。
ありのままの方が面白いと思うから。
撮って楽しいと思うのは、普段の生活の中の面白いこととか、偶然出会った生きものなど。

スーパーに駐車中の車の上にウサギが!!
ウサギの運動場145
買い物中、ここで遊ばせて待っているのだとか。


残念ですが、目的と感性が違いました。
ということで今まで通り、構図も背景も無視して、私が撮りたいと思うものをカメラまかせで撮っていくことになりました。
Going my way


関連記事

No title

あら。エルさんソックリ〜。
シマシマが大変そうですね。
写真サークル凄いですね。
自然のままといいながら、余り自然なものは感じないですね。
私がいい写真と思うのは猫が可愛いく撮れた時。
背景、、、全然ダメです♪( ´θ`)ノえへへ。

ちこさん

そうそう、模様を作るのが難しいんですよ~。
でも、白だけとか黒だけの子よりも、特徴を出しやすいからいいのかも?

やっぱりね、私みたいにきれいに写真が撮れたらいいな~♪くらいの気持ちじゃダメ。
絶対に美しい写真を撮るんだ!という気構えがないとやれません。
美しいものをさらに美しく撮るために、そんな細かいところまで気を使って・・・って驚きました。
素顔でも十分きれいなのに、さらに化粧してドレス着て最高級の美しさを表現する、みたいな感じです。
ありのまま~と思っている私には、技術の問題以上に気持ち的に無理かなって思いました。

No title

こんにちは。

わー!エルちゃんだ!
リックくんもエルちゃんもそっくりです。
今度は幸ちゃんの番ですね。
羊毛フェルトはすごく難しいそうですね。
裁縫の得意な友人が
「あれは難しい。思いにもよらないものが出来上がる」
と言っていました。笑
woojyanさん、すごいお上手だと思います。

nobi8nさん

一番最初に作ったマカロンケースのマスコットは一応トラ猫にしたんだけど・・・
幸多とは全く別物だったので、次は幸多に挑戦しますね(^O^)/
羊毛フェルトは裁縫とは全く別物で、どちらかというと、工作に近いように思います。
裁縫ができても、編み物が出来てもぜ~んぜん役に立ちません(-_-;)
今回のような額絵は、絵を描いている人が断然有利だと思います。
nobi8nさんなら上手にできると思いますよ~。
思いもよらないものが出来上がる(笑)ほんとそうなんです!
頭の中にイメージはしっかりあるのに、指先に伝わらなくて、あれれ~Σ(゚д゚;)
でも結構やり直しがきくので、ごまかせます(^_^;)

No title

写真サークル、どんな雰囲気かよくわかりました。
いろんな趣味の人がいて、それで良いのだと思いますよ〜
写真趣味にも十人十色です。
男性に多いパターンですが、高価なカメラを持ってるのにロクな写真を撮らない人がいますよ〜(笑)その人は写真が好きなんじゃなくて機械が好きなんだと思います。

写真雑誌「アサヒカメラ」を一冊買ってみてください。似たような雑誌に日本カメラというのがありますが、あれは面白くないです。
高い雑誌なので、BookOffなどの古本屋で昔のを150円で買えば十分です。
これは面白いです!写真とはこんなに奥が深くて面白いものかと、感性の世界が広がります。
いろんな感じ方いろんな作風があって良いんです。

木村伊兵衛賞の若い女性写真家、梅佳代さん。
「うめめ」でGoogle検索してみてください。画像たくさん出て来ます。これが本当の写真!(写心)だと私は思います。
彼女は道具(カメラ)にはこだわりません。昔流行った女子高生愛用の「写ルンです」レンズ付きフィルムの、あのノリの延長なんですよ。
格調高さはないかもしれませんが、とても生き生きとした生命力に溢れる作品ばかりです。

ところで、ウサギが気になりますが、車の屋根の上ですか?
リードが付いてるか、ケージに入ってるんでしょうね。

No title

やらせの芸術もどきはなんだか興ざめです。

以前、霧吹きで花に水滴をつけて撮影している人を見ましたが
あれってどうなの??
って思ってました。教えられてるんですかね?

背景や構図には気をつけるけど、あるがままにその時の状況が面白いのかな~って思ってます。
偶然の雲の形とかお天気とか、お花の咲き具合とか…。
それこそ一期一会ってやつですかね。

woojyanさんのお散歩写真もですよね。
うさぎが車の屋根にいるなんてまさにだわ。

No title

 エルちゃんそっくり~!^^フワンフワンで、クリクリのオメメもエルちゃんそのものですね!

 写真倶楽部、よかったですね^^
目的の違いが分かって、自分のやるべきことがよりはっきりと自覚できたということですもんね!スッキリした感じなんじゃないかな~^^!

 私もありのままの写真が好きだな…それが一番美しいのだとも感じます。

No title

えるたん、生き生きとしたそっくりさんができましたね!
あったかい♪作品ですね。

一口に写真サークルといっても いろいろあるんですね。
鉄道写真家の世界でさえ、かたや人間味あふれる撮り方、かたやきっちり構図に嵌めて撮る手法、いろいろあるんですもの。
woojyanさんがwoojyanさんらしくなくては元も子もありませんから!
今まで通り 嘘のない、命への慈愛に満ちた写真をどんどん撮って見せてください<(_ _)> 楽しみにしています。

No title

エルちゃんだ~♪
こうして額に入れる羊毛フェルトもいいですねd(≧∀≦*)
すっごい可愛いー!!! 似てる♪ 似てる♪
世界に一つだけの肖像画(?) いいな~♪
エルちゃん 貴婦人みたいだよ~んヾ(*・∀・`)o
サークルは写真を撮るためのテクニックなどかと思ったら
そうではなかったんですね。
私も 写真は作るものではなく 自然のありのままの
一瞬を撮るものだと思っていますので 私もたぶん
違うな~って思っちゃうな。
写真のために手を入れちゃうと 魅力が半減しちゃう
気がしてね。
たま~に おぉぉーっ!!!って写真が撮れるからこそ
感動が大きいのよね♪

No title

エルちゃんかわいい~♪
顔の角度もプロフィールの写真とそっくり
長毛さんのえりまきも豪ジャスです =^_^=

全部が本犬猫の毛ではないのでしょうが
毛玉をボールにしてとっておくなんて
知らなかったから、いまさらながら後悔です
家なんか夏はライオンカット(丸ボ~ズ)だったから
貯めておけば実物大は余裕でしたよね
幸多君の羊毛フェルト作品も楽しみにしてまーす

うさぎは遊び道具も一緒に移動ってことなんですか?
こんな車がいたら二度見三度見してしまいますね\(◎o◎)/!

芸術はさっぱりわかりませんが
趣味は楽しければいいということですよね!

ロッドさん

「うめめ」さん、面白いですね~、こういう写真家もいるんですね。
プロの方に失礼かもしれませんが、私が撮りそうな写真で、思わず笑ってしまいました。
私が撮りたいのはまさしくこういう写真です!
おススメの「アサヒカメラ」、先ほどアマゾンの中古本を1冊ポチッとしました。
1円のものもありましたが、風景とかヌードには興味がないので、14年12月号の「身近な野生の王国を写そう」というタイトルのものを購入しました。
私向きですよね(^_^;)

うさぎの飼い主さんが車中にいたので聞いてみたら、車上遊びに慣れているので、リードをつけなくても降りたりしないそうです。
カーペットのようなものが敷かれて、右側のウサギハウスは屋根に固定されていました。
聞いてませんが、まさかこの状態で運転するとは思いませんが。。。

ねねちゃんママさん

あくまで美しさにこだわるか、ありのままの姿にこだわるか?
出来上がった写真を見ると、手を加えて整えて撮った写真の方が、きっとより美しく見えるのだということは想像できます。
どこまで手を加えるのか、まったく加えないのか、個人個人の好みや感じ方の違いなんでしょうね。

一期一会、いいですね~。
私もその時々の「偶然」とか「たまたま」を撮るのが楽しいなと思ってます。
うそでしょ!?って思うような場面を撮れたらサイコ―ですo(^▽^)o
でも偶然なんてそんなにそこら中にあるはずないので、やっぱり自分で探す努力はしなきゃダメみたいですね。

まめはなのクーさん

そうですね、スッキリしました(^^)/
犯罪と倫理的に問題アリな事柄を除いては、やろうかどうしようかと迷っている時には、やった方が絶対いいですよね。
それにメンバーの方々が、真摯に写真と向き合っている姿も刺激になりました!
年配になっても、ああいうふうに真剣に取り組めるものがあるということに、とても感心しました。
私もぼーっとしてたらダメッ!もっと頑張りなさい!と励まされたような感じです。
たぶん今後、別の写真サークルにも入ることはないと思うけど、自分なりに楽しみながら取れたらいいなと思います。


ぱぱげーなさん

私が行ったサークルは、かなり本格的な感じがしました。
主婦がメインで、子供をかわいく撮るとか雑貨をきれいに撮るというような感じのサークルなら、また全然違っていると思います。
息子が言ってた構図や背景を気にすると・・・という意見もまんざら間違いではなかったみたいです。
絵でも書道でもその人のクセというか個性が現れるように、写真にもきっと撮った人それぞれの個性があるんでしょうね。
コンクールに出せるような写真は撮れないけれど、いつの日かいかにもwoojyanさんの写真だ~って他の人からわかるような写真が撮れるようになったらいいな~って思います♪

nekobellさん

ひとつひとつの写真を見ながら、この場合はシャッタースピードを〇〇にして・・・とか、レンズは〇〇を使った方がいいとか、そういう技術的なアドバイスなどもありました。
もちろん私はちんぷんかんぷんでしたが(^_^;)
被写体選びや構図などはある程度センスの問題かもしれないけど、適切なシャッタースピードなどがわかったら、それだけでも写真は綺麗になるんだろうな、なんて思いながら聞いていました。
先生はセミプロの方でしたが、先生の見本として、コンデジで撮った写真も持って来てました。
やっぱり時々撮影でコンデジも使うそうです。
私のコンデジもいろいろ機能がついていることは知っているけど、全然使い方を把握してなくて、ほぼオート状態です(-_-;)
機能を使いこなせるようになるだけで、写真を撮る楽しさも増えると思うんだけど・・・ハイ、頑張ります!

うらら姫さん

エルの額絵は、プロフィールの写真を見ながら作りました。
犬毛や猫毛をフェルトにして作品を作れるそうですが、やっぱり羊毛を入れないと、うまくできないみたいです。
一部でも、本物のその子の毛が入っているだけで、思い入れが違ってくると思います。
一応次は幸多を作ろうと思います。
エルやリックは毛色に特徴があるので、何となくごまかせるところもあるけど、幸多はシマシマ模様が難しい割には、幸多だ!!という特徴を出すのは難しそうです(-_-;)

ウサギの横にあるのはハウスで、車上に固定してありました。
「車の上 ウサギ」で検索すると、twitterにも登場してました。
結構有名なんだよって飼い主さんも言ってました。

No title

おはようございます。確かめてこられたんですね。私もありのままで撮るのが好きです。そこにその時しかない思いも写るように思うからです。
いまNHKで写真の撮り方をやってますよね。あと半分くらいあと思うのですが京都を題材に風景、人物、建物とか撮り方を説明していますよ。一眼レフの使い方ですが、バカチョンでも役に立つ情報がいっぱいあっていいかもよ。

No title

twitter見ました。このまま車を走らせてるみたいですね。(笑)

羊毛フェルト も~ほんと芸術的センスが必要なんですね。
益々woojyanさんの愛の籠った幸多君楽しみです。!(^^)!

ピーちゃんこさん

はい、やっぱり実際に行ってみてから決めようと思ったので。
ちょっと私向きではなかったけれど、いろいろ勉強になったので、行って良かったと思ってます。
写真って見たままの姿が写るので、そこに自分の思いも写すのってすごいことだなと思います。
でも、ちゃんと写るんですよね!
おんなじ子供を撮っても、親が撮ったのとあかの他人が撮ったのでは、やっぱり何かが違うと思います。
NHKで写真講座やってるんですか?
知らなかった~(>д<;)見て見ますね。

うらら姫さん

さすがにウサギを乗せたままではないでしょうけど、ハウスはしっかり固定されていたので、常にこの状態のようです。
やっぱり目を引きますよね~。
うちの子も見たことはないけど、ウワサで聞いたことはあるって言ってました。

羊毛フェルト、作業自体はとっても単純です。
必要なのは忍耐力かな?
幸多ね~、おデブ具合が難しそう(笑)

No title

羊毛フェルト第2弾も素晴らしい出来上がりですね~!
エルちゃんにクリソツではないですか?
しかもエルちゃんの毛まで入ってるなんて!
もう大切な宝物ですね。

私は羊毛フェルトはやったことないのですが、
楽しそうですね♪

私も写真はそのままを撮るほうかな?
その方が楽しいような気がします。

車の上にうさぎって・・・?
びっくりですね!!(^◇^)

ぐうたらかあさん

自分のうちの子のものは、やっぱり愛着が出ますね~。
ずっと大事に飾っておきたいと思います。
羊毛フェルトを習うようになってから、今まで犬猫をすごくアバウトに見ていたんだなと痛感しました。
毎日見てるのに、いざ作ろうと思うと、毛色や模様の位置がハッキリとわからないんですよね。
どういう分野の作品にしても、こういう観察眼が必要なんだと思いました。

車上ウサギは初めてでしたが、軽自動車の屋根にコケを貼って、花を植えているのを見たことが何度かあります。
絶対写真に撮りたいって思ってるけど、最近全然会わないんですよね~。
たぶん、車検が通らないと思うけど。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

犬毛や猫毛でフェルトを作ることもできるようですが、やはり100%猫毛だと、とても扱いづらいそうです。
少しだけ本物を入れてというのが、いいですよね。
これからもずっと大事にします。

食べ物はやはり安全でないといけないですよね。
虫食いがあったりすると極端に嫌がる人もいますが、農薬いっぱい使っているよりず~っと安全でおいしい!
見た目だけじゃないんだからって、もっと多くの人に知ってもらいたいですね。
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう→おちよ(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。穏やかな性格。

トメ(♀) 推定2016年夏生まれ?2017年6月に突然我が家に現れて、そのままずっと車庫暮らし。とってもおとなしい。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク