FC2ブログ

もう無理なんだってば

コロナのため、今月も母のショートステイ(宿泊)はなくなりました。
デイサービス(日帰り)には今まで通り行ってます。
ってことで、必然的に母が家にいる時間が増えました。

母は朝起きると、着替えもせずにそのまま外に出ます(真冬でも)
そして前の空き地や雑木林の雑草をバケツいっぱい抜いてきます。
いま特にお気に入りなのは、毒草の洋種ヤマゴボウ。
赤や黄色のきれいな花が咲くそうです(←ウソ)

それをどうするかというと・・・庭に植えまくる。
花壇にも、やっと芽が出たプランターにも、観葉植物の鉢植えのすきまにも。
私が植えた球根は抜き捨て、しゃがみこんで植えるので、新芽が伸びた草花はお尻でボキボキ。
雨さえ降っていなければ、そうやって朝から真っ暗になるまで繰り返しやり続けます。
デイの日も、帰宅して荷物を玄関に置いたら、即バケツ持って開始。

何を言っても聞かないし、見ると腹が立つだけだから、母が外に出ている間、私は家の中にいて外を見ないように、と夫は言います。
そして母がデイに行ってる間に、植えられた雑草を抜き、抜かれた球根や苗をもとに戻す、毎日その繰り返し。


ゴールデンウィーク中、デイから電話がありました。
「脇腹にダニが付いてます。皮膚に食い込んでいてここでは取れないので、病院で取ってもらってください」
当番医を探して、デイに迎えに行って、連れていく。
医師から「マダニには怖い感染症があるから、もう藪に入らないように」と言われ、「はい、もうやめます」と母は答える。

家に着くなり、素足にサンダル(つっかけ)で雑木林に向かいます。
ダニで病院へ行ったことなんて、全く覚えてないどころか、私がウソの話をしていると怒る。

この1か月のあいだに、1週間ごとにデイから電話があって
「またダニに噛まれた跡があります」✕4回


昨日も母が仕事!?を終えて家に入ってきたのは、夜8時過ぎ。
玄関を上がったところに、大量のナガミヒナゲシのさやの束が置かれていて、そこら中にタネが散らばってました。
毎年、花壇にも畑にも大量のナガミヒナゲシのタネをばらまかれ、どれだけ私が苦労して抜いていることか、、、
見た瞬間に腹が立って、「こんなの持って来ないでよ!」と言ったら
「うるさい、私のやることに文句を言うな!」と怒って、リックにガラスの器を投げつけようとしました。
判断力はないのに、何をしたら私が一番嫌がるかはわかってます。


もうとっくに限界は越えてます、いつまで続くのかな、こんな生活。
一緒に愚痴を言い合った介護友達のところは次々と施設入居が決まり、残っているのは私だけ。
ケアマネージャーも探してくれたけど、認知症で、メチャクチャ動けて、暴言暴力があって、おまけにいまだに物盗られ妄想のある母が入れるような施設がありません。
テレビ番組で、寝たきりの人はどんどん受け入れるけど、足腰丈夫で歩き回る認知症の高齢者は満室と言って断わります、と介護施設の経営者が言ってました。
徘徊してスタッフが付ききりになったり、動き回ってケガのリスクも高いからだそうです。
コロナのクラスターになった施設でも、困ったのは認知症の人が部屋から出て、そこら中歩き回って感染を広めてしまうことだったと言ってました。
寝てばかりの生後2か月の赤ん坊と、走り回る2歳の駄々っ子、どちらの方が大変か?そういうことですね。


大急ぎでリックと麦とシロを一番奥の部屋に避難させると、ガタガタガッシャーン!
母が包丁でピアノをガンガン叩いたり、テーブルに突き立てたりして暴れてました。
8年間、毎日アルツハイマーの薬とともに精神安定剤も飲んでるけど、効いてないのか、効いててこの程度なのか?
こういう状況になると、私の感情は停止。
怖いとか、腹が立つとか、そんなことは何も感じず、ただ夫が帰宅する前にやめてほしいと思うだけ。
(残念、まだ暴れてる最中に夫が帰ってきました)

明けない夜はない、とか
きっといいことあるから、とか
そんな言葉いらない!

だからほんとにもう無理なんだってば!!

 ※コメント欄は閉じてます

抜けてます

抜け毛の季節、家の中では毛が舞ってます。
一番抜けるのは、リック。


0台所デリックCIMG2224 (2)


やっぱり体が大きい分、しょうがないかな。
プードルやヨークシャーテリアなど、ヘアカットが必要な長毛小型犬は、抜け毛があまりないそうですね。
和犬雑種のリックは、そりゃもう毛がわんさか抜け替わります。

最近、耳がすっかり遠くなったリックは、寝ている横で掃除機をかけても知らんぷり。


リックと掃除機IMG_20191224_092956


すっかり歳をとったけど、まだまだ元気に散歩してます。


IMG_20190625_171815.jpg



チョモもただ今、セルフサマーカット実施中。


IMG_20200525_214816.jpg


部屋の隅っこに、ふわふわと毛のかたまりが漂ってます。


0抜けますCIMG0928


ところで皆さんにお聞きしたいのですが・・・
うちでは長毛のエルとチョモは、うん〇と見間違うような大きな毛玉を吐きます。
短毛猫たちが毛玉を吐いたのを見たことないのですが、
短毛猫も大きな毛玉を吐きますか?
もう一つブログ記事をアップしてます。


帯化とアジサイ

毎年、こぼれだねで咲くジギタリス。


0IMG_20200526_134003.jpg


ヨーロッパの妖精が登場する話によく描かれている花です。
(強心剤としても有名)

( ,,`・ω・´)ンンン?何か変なジギタリスがあるぞ!

0IMG_20200512_062923.jpg


茎がひらべったく帯状になって、異常にたくさんの花が付いてます。

あらら、帯化(たいか)現象だ~。
(綴化(てっか)、石化(せっか、いしか)などとも言われます)
何らかの作用で、成長点に異常が生じて、変形したものです。

初めて見たのは、今から30年位前。
大きなカサブランカ(ユリ)の球根を植えたら、それが帯化して、100輪くらい花が咲いて、そりゃもーびっくり!
初めて見ると驚くけど、それほどすごく珍しいことではありません。
やたら平べったくて横広のイチゴとか、花が2つくっついて咲いてるガーベラとか、見たことありませんか?


0IMG_20191202_114723-COLLAGE.jpg


帯化を固定して、鑑賞用になっている植物もいろいろあります

我が家のサボテン
IMG_20200528_151745-COLLAGE.jpg
左は品種不明、右は100均の斑入りウチワサボテン

平べったいトサカケイトウや、生け花で使われる石化柳などもそうです。
散歩のとき、帯化した雑草も見かけます。
ちょっと不気味な帯化現象だけど・・・怖くないですよ。



バラの花の盛りがあっという間に過ぎて、アジサイが咲き始めました。

霧島の恵み
0kirisimaCIMG0058.jpg
今年はブルー

ヤマアジサイ紅        フユアジサイ
IMG_20200526_134415-COLLAGE.jpg  


八重咲カシワバアジサイ
IMG_20200527_073633.jpg


もう梅雨の季節なんですね。
季節が過ぎるのが早すぎる~。

新しい訪問者

ここ1週間ほど、周りのカラスがうるさい。

ハシブトガラス
0hasibutoCIMG2874.jpg


暖冬だったので、いつもより早くひなが巣立ちしたのかな?
カァーカァーと大きな鳴き声とアーアーと幼い鳴き声が聞こえます。

お隣のご主人が、
「うちの庭に置いてたソラマメ、みんなカラスに盗られたよ。woojyanさんとこの庭にも入ってたよ」
うちにはソラマメないし、、、池の水でも飲みに来たのかな?

昨日の夕方、外猫に餌をやってたら、電線の上からカラスが見ています。
ああそうか、猫の餌をねらってるのか。
猫が食べこぼしたものを3粒ほどポイッと庭の方に投げたら、大急ぎで取っていきました。
可愛い~ ←と思うのは私だけ?
でも、カラスを餌付けなんてしたらダメダメ!!
woojyanさんち、猫だけじゃなくてカラスまで来てるよ!なんて大ひんしゅく!

カラスが来ると、外猫もみちゃんがすっごく警戒してじ~っと見てました。


IMG_20200504_132542もみじ


さすがにカラスサイズになると、外猫でも襲わないんですね。
(キジバトは襲います)



ロッドさん、こちらが庭で普通に見かけるカエルです。

20140429232017e8fsいけかえる 20110625205856fa3sさんぽかえる
クリックすると大きくなります

アカガエルで間違いないですか?

もう一つブログ記事アップしてます。


タネをまきながら日本の将来を憂う

まったく何て大げさなタイトルなんだ!(笑)

ステイホームで園芸が大人気になっていますね。
私も野菜のタネをいろいろ蒔きました。
今回買ったのはこちら


IMG_20200501_174944.jpg


花のタネは1代交配種(F1)も買うけれど、野菜のタネは固定種ばかりです。
あとは去年自分でタネを採った固定種のミニトマト・カボチャ・トウガン・ゴーヤ・フルーツほおずき。
※1代交配種(F1)・固定種って何?という方はこちら→★ポチッ


世界中でコロナが蔓延すると、食糧不足になるという話も出てきてます。
そうなると、どの国もやっぱり自国の救済が一番になりますよね。
先進諸国の中で自給率が異常に低い日本、もし輸入がなくなったら・・・

以前紹介した「自殺する種子」の本、久々に読み返したら、やっぱりムカつくムカつく。
 ※自殺する種子の記事はコチラ→★ポチッ

この本が出版されたのは2009年、世の中の動きを見ていると、種子や農薬を扱う巨大企業がどんどん勢力を強めているのを感じます。
種苗法が変わるのは、本当に農家のためなのかな?

これを使えばぐんぐん成長します、これ1本で殺菌も殺虫もできます、これをまくだけで草が枯れます、と便利な化学薬品が並ぶ。
ほんとにそんなにたくさん必要ですか?操られていませんか?

お店で売ってるのはF1種子とF1苗ばかり。
「たねを制する者が世界を制する」と言われてます。
F1だけに頼ると、農家は毎年種子を買うために、種苗会社の言いなりになるしかありません。
農家が固定種を維持しないと、大変なことになります。
得体のしれない遺伝子組み換え植物をつくるより、より質の良い固定種の研究をしてほしいと思います。



今年はポンポンダリアのタネをまきました。
球根を買った方が早いのだけど、球根1個とタネ1袋が同じ値段、
ならタネを買います!
ダリアはタネから育てても、夏に花が咲いて、秋には球根ができます。
1袋から30本以上の芽が出ました。


IMG_20200519_091433darianado.jpg
下のトレーはダリア、上の左半分はモロヘイヤ、食用ほうずき等


こんなに要らないのだけど、、、
ダリアに限らず、花色が混合になっているタネは、種類によって芽が早く出たり遅かったり、葉っぱが大きかったり小さかったりします。
大きい芽だけ選んで育てると、同じ色の花ばかり、なんてことになります。

大家族!!

ねこねたねのnobi8nさんのブログ9周年企画で、我が家の生き物たちの動画を作っていただきました。
この9年の間にお星さまになった子たちも、動画に入ってて、とても嬉しくて懐かしくて、、、
これさえ見ればwoojyan家の仲間たちがわかります!






何せ大家族なものだから、他の方の何倍も制作時間がかかったと思います。
nobi8nさん、本当にありがとうございました。

nobi8nさんとはブログを始めたのがほんの数日違いで、一番古いブログ友達です。
更新が止まったままになったり、フェイスブックやインスタグラムに移行して、つながりがなくなってしまった方もいますが、、、
みなさん、これからもぜひブログを続けていきましょうね~!


 もう一つ記事をアップしてます。

いろいろ咲いてます♪

温度が上がったので、せっせせっせと鉢ものの植え替えをしています。
数がもう尋常じゃないので、やってもやってもまだまだある。。。
でもこの作業、かなり好きです♪
おお~こんなに根が成長したのね♡と自己満足の世界に浸ってます。

バラの季節ですね。
去年の台風でかなり折れたり、場所移動せざるを得なくなったりで、花の数はすくないけれど、咲き始めました。

IMG_20200504_132131-COLLAGE.jpg
左上・ゴールデンセレブレーション、  右上・金蓮歩
左下・スパニッシュビューティ、 右下・パーマネントウェーブ


小さなプラスチック池のスイレン

0池のすいれんrCIMG9917

すっごく優しい色♡
一瞬池のヌシが潜っていく後ろ姿が見えました!
後ろ足にまだら模様があったけど、、、
ウシガエルかアカガエルか?確認できず。


珍しい茶トラ猫色のガザニア

IMG_20200508_144810.jpg


サントリーフラワーズのサフィニアアート「とらネコ」よりもトラ猫っぽい?


シレネ・スワンレイク

0しれねすわんれいくCIMG9935


暑さも寒さも丈夫な多年草。
カーネーションに似た花が垂れ下がって咲きます。

でもウリハムシが食べちゃうの~(T_T)


今期最後の胡蝶蘭

IMG_20200513_184817.jpg



IMG_20200513_184654 (2)
毎年やたらもりもりに咲くマイクロ胡蝶蘭
 

この前ブログで「この葉っぱ何ですか~?」と尋ねたら
REIさんから「うちにあるのと似てる」とブログに写真を載せてくださいました。
スピードリオン!
そうそう、これよこれ。
REIさん、ありがとうございます、わかってスッキリしました!!

新芽が出てきたので、一回り大きな鉢(直径18㎝)に植え替えたら、地下茎から新芽が次々出るわ出るわ、、、

IMG_20200512_063257.jpg


これじゃ共倒れになると思って、芽を少なくしても、やっぱり出る出る~。
これ、ミントのように、地植えにしたら恐ろしく増えて侵略していくタイプね。

もし全然違う花が咲いたら、、、爆笑です。



プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動物・植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん[たんたん](♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎[トラちゃん](♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ[もみちゃん](♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

トメ(♀) 推定2016年夏生まれ?2017年6月に突然我が家に現れて、そのままずっと車庫暮らし。とってもおとなしい。

お☆さまになりました

おこげ[こげちゃん](♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。穏やかな性格。2019年10月にお☆さまになりました。

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク