FC2ブログ

マイクロチップ

お盆疲れで体調を崩す方もいるそうですが・・・
ハイ それ私です!
ものすごーく久しぶりに夏風邪ひきました。
丸2日間、48時間のうち40時間くらい寝たら、完全復活しました
何はともあれ眠る!それが一番の治療薬ですね。



今年4月に突然2階の窓に現れたシロル

保護当時 推定6か月
201904IMG_20190418_093713.jpg


飼い主が探してるかと思い、関係各所いろいろ連絡してみたけれど、、、
どこからも捜索願いが出てなくて、うちの子になりました。

19日に去勢手術をしました。
夕方シロを迎えに行ったら、「ご飯は完食してましたよ~」と言われました。
シロちゃん、どんな時でも食欲大魔王です。
いまだにガツガツしててお行儀悪いけど、よく食べる子はそれだけで安心です。


0おおきくなったCIMG1168 (2)


シロちゃん、今回手術のついでに、マイクロチップも入れてもらいました。

初めてリックにマイクロチップを入れたのが13年前。
当時は普通の飼い犬(それも雑種)にマイクロチップを入れるのは、非常に少なかったようです。
マイクロチップ入れても、すべての動物病院や収容施設がリーダー(マイクロチップの情報を読み取る機械)を持っているわけではないから役に立たないと、犬猫を飼っている方から言われたこともありました。

でも、あれから時代は変わりました。
保護したシロを病院へ連れて行った際、迷子かもしれないと伝えたら、まずマイクロチップが入っているかどうか確認されました。
今は楽天やAmazonでも1万円以下でリーダーが買えるので、リーダーを持っている保護団体もあるかと思います。
(ただし、一般の人がチップの個人情報の内容まで読み取ることはできないそうです)

うちの子たちは、不妊手術の際にマイクロチップを入れてもらってますが、別に手術の時でなくてもいつでも挿入できます。
(3000円~5000円くらいが一般的だそうです)
マイクロチップが原因でガン化したという症例は、今のところないそうです。
体に異物を入れるので、体質や体調によっては絶対に副作用はないとは言いきれないと思います。

それでももし東日本大震災のようなことが起これば・・・
首輪は外れるかもしれないし、放浪していれば顔も体つきも毛色も性格も変わります。
そんな時、マイクロチップがあれば、たくさんの犬猫と飼い主が救われます。

6月の動物愛護法の改正で、犬猫のマイクロチップが3年以内に義務化されると聞きました。
飼い犬飼い猫すべてに義務化されるのかと思ったら、ブリーダーが扱う犬猫にだけ義務化されるんですね。

できればすべての飼い犬飼い猫にはマイクロチップを義務化してくれればいいのに・・・
なんて思ってたら、マイクロチップ義務化に反対という意見を見つけました。
  JAVA( NPO法人 動物実験の廃止を求める会)

ここで言われているのは、すべての飼い犬・飼い猫にマイクロチップを義務化すると、チップの入ってない野良犬・野良猫が飼い主がいないと言う理由で、すぐに殺処分される可能性がある、チップの義務化よりもまず殺処分システムを廃止すべきと言うことでした。
飼い主が良心的にマイクロチップを付けることに対しては、全く異論はないそうです。
なるほど、いろいろと考えさせられますね。

時代はどんどん変わるので、もしかしたら10年後は、すべての犬猫にチップが義務化がされているかもしれません。
それまでに殺処分のない世の中になっていて欲しいものですね。



~ちょっと困ってます~
ガーデニングブログ「みどりのゆびに憧れて」の方ですが・・・
「犬と猫」ブログとは別IDとパスワードを入れてログインして書いてるのに、なぜか「犬と猫」のブログ記事の中に保存されていたり、写真ファイルも2つのブログを行ったり来たりになってしまうことが最近よく起きます。
「犬と猫」を書いてる時は全く問題なく、「みどりのゆび」の時だけ誤動作が起こります。
うちのパソコンが悪いのか?FC2が悪いのか?何なんでしょう(>_<)



1年経ちました

お盆のアルバイト終了~
私がバイト中は、夫に仕事を休んでもらって、動物と植物と人間のお世話を頼みます。
帰りが暗くなってからなので、鉢植えの水やりを頼むわけですが・・・
もう毎年、花が枯れてないかドキドキです。
今回はミモザアカシア(銀葉アカシア)のツボミの柔らかい部分が、水切れでカリカリになってました。
とは言え、夫にしては上出来です。



ちょうど1年前、お盆でめちゃくちゃ忙しかったとき、そう、この子がいきなり庭に現れました。


201808IMG_20180818_121958~2_20180818215215
推定 生後6週の麦


どこから来たのか?なぜうちに来たのか?
人慣れしてなかったので、たぶん野良の子だと思う。

とにかくおてんばで動き回ってる子なので、2階の寝てばかりの大人猫の中に入れたら、2階猫たちがきっとストレスで病気になる。。。
そんなわけで、1階で犬とカラスと同居の一人っ子生活?を続けるのかと思ったら、シロが仲間入り。


0おばかちんkCIMG1206 (2)


そしたら何と!麦がすっかり優しいお姉さんに変身しました。


02019きれいCIMG1194 (2)


麦とシロは3~4か月くらいしか違わない。
だけどシロがホントに甘えん坊の天真爛漫なおバカちんなので、ほっとけないみたいです(笑)
今では体の大きさは変わらなくなったけど、やはり麦の方が世話を焼いてます。


0IMG_20190705_095403.jpg
がしっとつかまえて舐め舐め~


その子の性格にもよるけど、麦みたいな活発な子は、猫の仲間がいてよかったと思います。
人間と遊ぶのと、子猫同士で遊ぶのとでは、運動量が全然違います。
人の顔色見ながら強めに噛むところがあったけど、それもすっかりなくなりました。
小さいうちに親兄弟と離れた子は特に、仲間同士での遊びによって学ぶことがたくさんあるのでしょう。
もう数年すれば、こんなにドタバタ追いかけっこすることはなくなるだろうけど、いつまでも姉弟仲良く過ごしてほしいものです。



  ガーデニングブログ
    みどりのゆびに憧れて も更新中です。


姉妹喧嘩

猫は同じ母親から同じ日に生まれた兄弟でも、それぞれ父親が違うと言うことはよくあるらしい。
おたん母さんの子供(トラ・もみじ・クロ)も見事に色柄が違います 。


201708いつもなかよし3ひきCIMG4585 (2)
左・トラ  中・もみじ  右・クロ


唯一の男の子トラちゃんは、誰とでも仲良くできる優しい子。
ところがあとの2姉妹ときたら、すこぶる仲が悪い。

外猫で一番人懐っこいクロちゃん


01抱っこクロCIMG0271


人に対してはとってもいい子なんだけど、猫に対してはキツイ。


何が起きたのかわからないけれど、去年の暮、クロがもみじを庭から追い出し、家に近づくと追い払うようになりました。
同時期に実の母であるおたん母さんもクロに追い払われるようになり、ご飯が食べられない。
仕方なく、冬の間は別の所で2匹にご飯をやってました。

ところが冬が終わるころ、それまではぼ~っとしてたもみじが・・・
I’ll be back!
3か月の追い出され生活を経て、強くなって戻ってきました。
それからは事あるごとにクロとケンカしてます。
といっても、毛は抜けるけど、血は出ない程度。


0鼻にひっかききずCIMG1117
今朝のもみじ、鼻に傷


ご飯は、いつもの場所で2mくらい離れて食べてます、

クロちゃんを家の中の子にしちゃえば解決しそうだけど、、、
クロちゃんは1階のちびっ子たちとも、2階の大人たちとも仲良く出来ないのですよ。
う~ん、困った。。。

今日も夜明け前に、う~うわぁお~と唸り合う声。
外に出ると、お隣のカーポートの屋根の上で睨み合ってました。
よそ様の敷地に入れないし、コラ~ッと大声出すわけにもいかない。
仕方なく、最終兵器を使用。
水鉄砲プシュー、慌てて逃げる猫たち。
あああああ、もういいかげんにして

どちらかが一方的にやられるというわけではないので、このままほっとけばいいのでしょうかねぇ?
でもギャーギャーケンカの声は、ご近所迷惑なので困ってます


お盆頃まで、またいつもの花束づくりのバイトに行ってきま~す。
コメント返信できなかったらゴメンナサイm(__)m


  ガーデニングブログ
    みどりのゆびに憧れて も更新中です。




今年も衣替え

ここ南関東もやっと梅雨明けしました。

ただ今、官兵衛も換羽中で部屋中に羽を舞い散らしてます。


IMG_20190730_115303 (2)


普通の鳥なら自分で羽繕いして、白いストロー状の部分を取るので、こんなにボロボロな姿にはならないはず。
官兵衛は首があまり動かないので、羽繕いができず、白い部分が自然に落ちるまで待つしかありません。
(私が取ろうとすると、怒る!)


この方はセルフサマーカットを終えたようです。

冬のチョモ
201801長毛のちょもCIMG0724 (2)


現在のチョモ
CIMG1050 (2) 


長毛のチョモから短毛のタモにヘ~ンシン
最初の年は病気か?ストレスか?って心配したけど、3度目ともなると、ああいつものね~。


一方、衣替えなしのエル姐さん


201903CIMG0103.jpg
暑そうだ~~

あごの下のフサフサした毛、水を飲むといつも濡れるので、ハサミでジョキジョキ切っちゃいました



ゴールデンウィークの終わりころ、徒長して倒れたり、途中で折れて売り物にならないキュウリの苗を5本もらいました。
しっかり実をつけなさい、じゃないと切っちゃうぞ~~と呪いの言葉をかけて、畑に植えたら・・・
何だか別の意味で呪われたみたいです。
毎日毎日きゅうりが10本くらい採れて、サラダに炒め物に漬物に、、、
食べても食べてもキュウリが増えていく・・・
ご近所さんも畑やってるので、おすそ分けするところも無し。
何か大量消費出来る食べ方ありませんか~?


  ガーデニングブログ
    みどりのゆびに憧れて も更新中です。



蜂が住んでます

大きなツルバラを絡ませてあるトレリスに、アシナガバチが住み着きました。
最初は小さかった巣がだんだん大きくなり、ハチの数も増えました。


0hatinosuCIMG0982 (2)


今はこんな感じ

CIMG1060 (2)


なんか、形がいびつだな~とおもったら、、、
この反り返った特徴的な形の巣を作るのは、コアシナガバチと言う種類らしい。

アシナガバチは大人しいので、こちらから何か仕掛けなければ、襲ってくることはないそうです。
といっても刺されれば、アナフィラキシーショックを起こす可能性があります。

アシナガバチは狩りをして、青虫や毛虫などの芋虫類を捕まえてくれる益虫です。
うちの庭、以前はトカゲやカエルや小鳥など、虫を食べる小さな生き物がいっぱいいたので、虫がたくさんいて困ったと言うことはなかったのに・・・
今は猫がそういう肉食系の小さな生き物を狩ってしまうので、あっちもこっちも虫だらけ~

猫も蜂には手を出さないので、アシナガバチに庭の虫退治を託すことにしました。
青虫毛虫、採り放題・食べ放題だからよろしくね~~。

それでアシナガバチは肉食だとず~っと思ってたのだけど・・・
調べたら、アシナガバチの成虫は、ウエストが細すぎて虫が消化できないそうです

芋虫を捕まえたら、それを肉団子にしてハチの幼虫に与えると、代わりに幼虫が甘い分泌液を出すので、大人はその分泌液を食べるそうです。

天敵はスズメバチで、スズメバチに巣が見つかると、襲いに来るのだとか。
スズメバチはさすがに私も恐いので、どうか巣が見つかりませんように。


春先、菜の花が咲いてる頃は、ハチがブンブン飛び回ってるのに、今はあまり見かけません。
畑にズッキーニを植えてあって、花はわんさか咲いてるのに実がならない
受粉してくれる虫、いないのかな。
バラや夏野菜など、農薬かけることが多い時期だからかなぁ。
一生懸命集めて巣に持ち帰った花粉が薬まみれだなんて、、、考えるだけでも恐ろしい。

以前、いちご園で働いていたときのこと、
ハウス内のイチゴは、12月から花を咲かせ始め、その時期にはミツバチがハウス内で放たれます。
1万株以上の苗の受粉をしてくれるし、はちみつは採れるし・・・
人間では絶対ミツバチの代わりはできません。
ハウス内は真冬でも晴れていれば半袖で作業するくらいの温度があるので、葉の汁を吸うハダニなども現れます。
農薬をかけるとハチが死ぬので、ハダニを食べる肉食性のダニ(人には無害)を放って対処してました。



ふと気が付いて、5月初めのツルバラが咲いてた頃の写真を見たら・・・
あったあった~小さなハチの巣が!


IMG_20190514_085456 (2)_LI
左上のオレンジの〇の中

まだ女王バチだけで巣を作ってた頃なのかも。

秋になると、生殖能力をもったオス蜂とメス蜂が交尾をして、メス蜂だけが冬を生き残り、春になると女王バチとして新しいファミリーを作るのだそうです。
最後に生き残るのは、やっぱりオンナですね


  ガーデニングブログ
    みどりのゆびに憧れて も更新中です。


プチ家出

朝から雨が降っていたので、洗濯物をお風呂場に干しました。
お昼過ぎに雨は止んだけど、どんより曇り空。
洗濯物はそのままにして、畑に行きました。
前日の強風で、あちこちに向いてしまったトマトの枝を支柱に縛らなきゃ。

作業を終えて、ふと家のベランダを見ると、洗濯物が出てる!
ああイヤな予感。
家の前に来てベランダを見上げると、、、窓が開いてる

急いで2階に上がると、猫が階段を降りていかないための柵も全開に。
2階を探したけれど、4匹ともどこにもいない。
屋根を見るとエルとハルがいたので、名前を読んだら中に入ってきました。
この2匹は外からベランダに通って来たことがなく、運動神経もアレなもんで、屋根から下に降りられなかったようです。
チョモとちよはどこへ行った?!

夕方、ちよはベランダに帰ってきて、窓を開けると入ってきました。


201710CIMG5181.jpg


あああああ、またチョモが~~~
半年前、1か月以上の外生活の末、やっと家に戻ってきたあの出来事が再び・・・


チョモは2階の4匹の中で、いちばんの甘えん坊のビビリん坊。
いつも夫か私にベッタリくっ付いて、どこを触っても怒らない。


0harutyomoissyoCIMG3070.jpg
手前・ハル   奥・チョモ

それなのに・・・外に出ると豹変

でもチョモも少し賢くなっていたようで、その日の夜遅く、2階の窓の外に置いてあったカリカリを食べに来ました。
窓を開けて呼ぶと、サッと逃亡。

暗くなるとベランダのご飯を食べて、でも声をかけると逃げる、
そんな生活をして4日目の夜中、自分で家の中に戻ってきました。
そして何事もなかったかのように、べったりとくっ付いて暮らしてます。
もう、いったいなんなんでしょうね。

帰宅翌日、今まで猫と生活した中で見た最大の毛玉が吐かれているのを発見。
色からしてチョモに間違いない。
きっと落ち着かせるためにず~っと毛づくろいしまくってたんでしょうね。
そんなことしてないで、さっさと戻ればいいのに~~

脱走防止柵と窓を開けっぱなしにしてたおばあちゃんは、
「私は2階になんて絶対行ってない!」
・・・そうです


  ガーデニングブログ
    みどりのゆびに憧れて も更新中です。

カラスの羽

外では巣立ちしたカラスの子が、大人ガラスよりも幼い声で、アーアーと鳴いています。
横の雑木林で毎年子育てしていたハシブト夫婦、今年は見かけなかったけど、どこかで子育てしていたようです。

官兵衛を保護したのは、3年前の7月。
大抵の生き物は、子供の方が可愛いのだけど、カラスは例外。
幼鳥は瞳の部分が小さくて、目付きが悪い。


0CIMGかんべ9756


成長すると、目が真っ黒になって可愛くなります


201712虫は食べないCIMG0633 (2)


今年は、例年より早く換羽が始まったようで、抜けた羽が落ちてます。


IMG_20190705_091457羽が落ちだした
光を反射すると青く見えます


これからは、外でも15cm以上ある風切り羽や尾羽が落ちてるかもしれません。
羽っていつでも落ちていそうな感じがするけれど、カラスの場合は年に1度夏に生え変わり、その時だけバサバサと羽根や羽毛が抜け落ちます。
換羽期ではない時に、ケージに羽を引っ掛けて抜けたりすると、血がポタリポタリ


ハロウィン時期になると、カラスの羽を使った飾りや雑貨を見かけるけど・・・
あっ、コレ、カラスの羽じゃない!
本物のカラスの羽は付け根の方が白いけど、黒く染色したカラスの羽モドキは全体真っ黒。
まぁね、本物のカラスの羽を使ってたら、どこでどうやって集めてきたんだ~!?って思っちゃいますよネ。
今年は官兵衛の羽根を集めて、ハロウィンの時に「本物のカラスの羽」って売ろうかな


うちでは、羽のついたオモチャを使って、猫を遊ばせることはしません。
羽で遊ぶのが面白いと思って、官兵衛を襲ったりすると困るので。
今のところ猫たちと官兵衛、お互いケージから出てて目の前にいても興味なし。
床に落ちてる羽にも興味なし。

時々シロが外から官兵衛のケージの中に手を突っ込んで、官兵衛が落とした餌を引っ張り寄せて食べるので困ってます


  ガーデニングブログ
    みどりのゆびに憧れて も更新中です。



プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動物・植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん[たんたん](♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎[トラちゃん](♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ[もみちゃん](♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おこげ[こげちゃん](♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。穏やかな性格。

トメ(♀) 推定2016年夏生まれ?2017年6月に突然我が家に現れて、そのままずっと車庫暮らし。とってもおとなしい。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク