FC2ブログ

爬虫類とか両生類とか

暖かくなったので、かめ吉爺さんも絶好調!

0かめきちCIMG2618 (2)

毎日ご飯をパクパク、天気の良い日は日光浴。
毎年初春に1年使った甲羅が模様ごとにペリペリッとはがれて、きれいな甲羅になります。

IMG_20210317_115101.jpg
はがれた甲羅

木の年輪のように、亀の甲羅の脱皮後の線を数えると年齢もわかるらしい。
かめ吉つぁんは我が家に来てから29年、29本の線があるかな?


外の鉢を移動したら、ヤモリベビーがいました。

0やもりIMG_20210415_100534

どうか猫に見つからずに大きく育って。


最近ずーっと気になってるカエルの声。
ゲロロロロゲロロロロ・・・これ、シュレーゲルアオガエルの声だよね?
声のする方に近づくと、鳴くのをやめてしまうので場所が特定できません。
毎日探して、ついに姿を発見!

0シュレーゲルIMG_20210429_120505 (2)
体に付いてる斑点は模様じゃなくてゴミ

カエル、可愛いですね♡



先日、母宛てにコロナワクチンの接種予約票が届きました。
予約受付は4/28からで、ネットができない高齢者も多いため、受付は電話のみ。
予想はしてたけど、朝9時スタートと同時に電話してもまったく繋がらない。
28日は意地になって100回電話したけど、最後まで「こちらはNTT・・・大変繋がりにくくなって・・・もう一度・・・」と流れるだけ。
29日は祝日で、30日は30回電話したところで疲れて諦める。
対象者85500人に対して先着5000人。
80代90代の高齢者のみの世帯では、電話するのだってモタモタして予約なんて無理でしょう。
だいたいゴルフだ!テニスだ!旅行だ!とアクティブな60代と、80代90代を一斉によーいドンで受付始めるのってどうかと思う。
それより、医療関係者でワクチン2回終わった人はまだ2割に満たないとか。
娘の旦那様は救急隊員だけど未接種です。
どう考えてもおかしいでしょ!!

もう一つブログ記事をアップしてます

種まきは楽しい♪

4月半ば、いろんなタネまきスタート!

0たねまきIMG_20210418_075407

カボチャやヘチマ、切り花用のヒマワリやアスター、庭用の草花、ブロ友さんにもらった花など。
タネには幸せが詰まってるというけれど、それよーくわかります!

うちでは大量にネームプレートが必要なので、代わりに100均の仕切り板を使ってます。

0らべるIMG_20210411_102549

表面がツルツルの場合は、紙やすりで軽くこすってから使うと名前が消えにくくなります。


いつもより半月くらい早くバラの季節になりましたね。

0gせれぶIMG_20210501_133918 (2)
ゴールデンセレブレーション


我が家は外猫やカエルやヤモリがいるので、薬剤は使いません。
そんな中で生き残るのは病気に強いバラだけ。
全体の植物の割にバラがとても少ないです。
バラ大好きなんですけどね~、仕方ない。


こぼれダネで増えるオダマキ

0たわーぴんくCIMG2612 (2)
フリフリ可愛い♡


メディニラ・マグニフィカの花が咲きだしました。

0メディニラマグニフィカCIMG2725


ひとつひとつ小さな花が咲きます
0メディニラの花IMG_20210418_080406かきこみあり


あと10個以上つぼみが付いてます。
メディニラはお店のお客様にいただきました。
  その時の記事はコチラ→
★ポチッ
そのお客様、私より5歳ほど年上だったけど、去年病気で亡くなったそうです。
大事に育てなきゃ、なんだか責任感じます。

広くなった部屋で

官兵衛がいなくなり、リックがいなくなり、、、
お世話がたいへんトップ3のNo.2とNo.3がいなくなって、すっかり脱力しています。
(No.1はもちろんあのお方)

官兵衛のケージを片付け、リックの布団とトイレを片付けて、、、
がらんとした部屋の広さにまだ慣れません。

0何もない部屋nCIMG2742
麦はどこにいるでしょう?

官兵衛のケージに敷いてた新聞と、リックのトイレシートで45Ⅼのゴミ袋が1日でいっぱいになってたのに、、、
今は小さなゴミ箱で十分です。
そういうこと一つ一つが悲しい。

だけど、うちにはまだ11匹の猫と長老亀と不動のウーパーがいて、超パワフルなラスボス様とも日々戦わねばならないので 今までと変わることなく過ごしています。

猫には猫の良さがあって比べる気はないのだけど、犬には犬だからこその従順さや寛容さがあります。
2時間おきに服を着替えさせることができたのは犬だったから。
痛い治療もじっと我慢してたのは犬だったから。
でも、もうよほどの事情がない限り、犬を飼うことはないと思います。
・・・と言いながら、よそ行き用のリードと首輪を捨てられず、きれいに洗濯しました。
どうかどうか、「もうよほどの事情」がありませんように


nobi8nさんが、官兵衛とリックのスライドを作ってくださいました。









ああそうそう、こんな時もあった~と思いだしながら見ていました。


おでぶにゃんこさんから、素敵なプリザーブドフラワーの写真立てをいただきました。

IMG_20210416_144157.jpg

にっこり顔のリックが引き立ちます。
nobi8nさん、おでぶにゃんこさん、お忙しい中ありがとうございました。

これまでリックのことを可愛がってくださったすべての皆様、本当にありがとうございました。

もうひとつ、ブログ記事をアップしてます

記念樹

ブロ友の海月さんは、一緒に暮らした子が亡くなると、記念に花や木を植えます。
その真似をして、官兵衛の記念花としてツボミ付きのミルトニアを買いました。
その花が今きれいに咲いてます。


rるーじゅおあのあーるCIMG2735
ミルトニア・ルージュオアノアール

光の当たり方によって、花の色が赤に見えたり黒に見えたり。
そういう種類なのか、プロが育てたからなのか、とにかく花がデカい!
1輪の花がテニスボールほどの大きさがあります。


リックの記念樹はどうしよう、何を植えよう。。。
なぜか急にキウイフルーツがいい!と思い立ちました。
キウイは以前植えてたのだけど、20年くらい前に物置を設置するために切ってしまいました。
あの時と同じ「香緑」が欲しい!

ホームセンターへ行って、香緑あるかな?と探したら、一株だけあるじゃありませんか!
香緑に合うオス苗・トムリも1株だけ残っていて、無事購入。

kouryokunaeIMG_20210417_155216.jpg


たくさん実が付いたら、リックを可愛がってくださった皆さんにもおすそ分けできるかな。



いつもよりずいぶん早いけれど、花が溢れるように咲きだしてます。

sagigokenohanaCIMG2653.jpg


おととしの台風でフェンスごと倒れたモッコウバラも復活

0もっこうばらIMG_20210412_082022



モッコウバラの次に咲くのは大きな花のつるバラ・スパニッシュビューティ

IMG_20210421_140522.jpg


ことし最初の睡蓮の花

202104suirenn.jpg


庭のどこかで2匹のシュレーゲルアオガエルの鳴き声がします。
去年、睡蓮鉢で育ったカエル?
だったら嬉しいな♪

青い空

何回目だろう?
ここに来る日はいつも真っ青な空が広がっている。
青い空に向かって、煙が上がっていくのをしばらく見ていた。
リックは走るのが速かったから、もう虹の橋に着いたかな?


4月6日夜に、リックは旅立ちました。
前回ブログを書いた4日には、まだ朝昼晩とご飯を食べて、家の中をトコトコ歩いていたのに、
5日の晩ご飯を半分残し、ずっと寝ていました。
それでも夫が帰ってくると、フラフラ歩いて夫のところまでやってきました。
足に力がなかったので、夫が体を支えるようにして寝床まで連れて行きました。


00なでなでCIMG2711 (2)


横たわってるリックの所にシロが来て、すりすりゴロゴロ。


00しろとりっくCIMG2686


お互いにもうお別れが近いことがわかっていたのかもしれません。


6日朝には起き上がることができず、朝ごはんをほんの少し。
お昼前から目は大きく見開いているけれど視線が合わない。

いつもより夫が2時間ほど早く帰ってきて、2人でずっとリックの様子を見ていました。
静かな呼吸をしているかと思うと、口を開けてあえぐように息をしたり、
こういうのをチェーンブレスと言って、そろそろお別れの合図らしい。
じっと一点を見つめたまま、だんだん呼吸が浅くなって、静かに呼吸が止まりました。
「死んじゃったね」
瞼を押さえて、目を閉じさせました。



火葬場で体重を計ると、16,5㌔でした。
若いころは23㌔くらいあって、10歳過ぎてからもずっと20㌔くらいだったのに、
こんなに痩せちゃったんだ。。。

リックと最後のお別れをしました。


IMG_20210407_135725 (1)最後のお別れ



小さくなったリックが家に帰ってきました。
(事前に示された骨壺がとても大きかったため、砕骨して少し小さめの骨壺に入れてもらいました)


IMG_20210408_121029祭壇


終わったね。
15年と6か月、最期の数か月はきっと苦しかったと思うけど、よく頑張ったね。
たくさんの楽しい思い出をありがとう。



00000CIMG1417 (2)


またね。

リックの現状

そうですね、なかなかたいへんです。
ほとんど寝ていることが多いけど、人のいる場所に歩いてきたり、水を飲んだり。


003gatunorikkuCIMG2427 (2)


リックは人間で言えば90歳以上。
全身麻酔はリスクが高いし、手術してもそう長く生きるわけでもないし。
痛い思いをするだけなら、家で最後までのんびり過ごせばいいと思いました。
その選択が正しかったのかどうか・・・

去年11月頃、首の下の腫瘍はピンポン玉くらいの大きさでした。
その当時は本当に歩くこともままならず、年を越すことはできないだろうと思ってました。
1月の初めごろからリックの体から肉の腐った臭いがするようになりました。
生きている体から腐臭がするなんてビックリです。
ああもう死んじゃうんだ。。。

ところがその後、食欲が出て元気になって、散歩も3㌔くらい歩けるようになりました。
元気になるにつれ、腫瘍もどんどん大きくなって、今ではグレープフルーツ大です。
問題なのは、それが潰瘍となって皮膚が破れ、中から肉瘤が出て、常に血と膿が出ていることです。
その臭いが凄まじく、家に死体でも隠してあるのかというほど。
今は暖かくなったので、日中は窓を開けて換気してますが、朝一でリックのいる所に入ると、ウッときます。

2~3時間おきに服やガーゼを全部新しいものに取り換えてます。
ガーゼだけではとても足りないので、服と同じ形に薄いトイレシートを切り、裏地のような感じで服に両面テープで貼り、その上におむつシート(人間用)、さらにその上に医療用の不着脱脂綿を貼って、それを着替えさせます。
午前中いっぱいかかって、その日に着る分の服を作り、着替えるたびに洗濯をして、、、毎日そんな感じです。

人間でも乳ガンなど手術せずに末期になって表面に出てくると、ひどい臭いに悩まされると聞いたことはありました。
でもまさか、リックがこうなるとは・・・
3月にはもうこれ以上長期にわたって抗生剤を使い続けることはできなくなりました。
この状態で抗生剤が使えないとなると、すぐに感染症になるんだろうな・・・
と思ったけど、今のところ熱もなく大丈夫みたいです。


004gatunorikkuCIMG2555.jpg


まだ腫瘍が小さかったときに手術してれば・・・
って思うけど、今さら「たられば」言ってもしょうがない。
正直言って、こんなに長生きすると思っていませんでした。

夜、夫が帰宅した時に、リックの気分が良いと散歩に行きたいアピールをするので、ご近所300mくらい歩いて帰ってきます。
ご飯は食べるけど、もう栄養を摂りこむことができないようで、どんどん痩せていってます。
多飲多尿で、ウンチももう形になったものは出ないので、毎日一番大きいトイレシートを十数枚取り換えてます。

こんな風に書くと、もうすっごい大変そうですが、、、
トイレシートもちゃんと使ってくれてるし、着替えに抵抗して逃げたり噛みついたりするわけでもないし、
うちのラスボス母に比べればなんてことないです
大丈夫、リックのことは最後までしっかり看取ります。

仲良し写真

1週間ぶりにブログ更新しようと思ったら・・・
なんと2週間経ってた!
マズイな、もうボケボケだ~


一都三県の緊急事態宣言が解除されたけど、、、
東京のコロナ感染者がどんどん増えてます。
一都三県に住んでいるというだけでとっても肩身が狭い。

最近は東京から離れた場所でも変異型が急増してますね。
千葉でも変異型のクラスターが出てます。
高齢者の昼カラオケですって、もういい加減にしてほしい。
若い人たちが部活も修学旅行も成人式もなく我慢してるのに。
平時ならみんなで会って楽しく過ごすのはいいことだけど、
出かけずに一人だけで楽しめる趣味を持っておくことも必須ですね。



複数飼い、みんな仲良くとはいかないけれど・・・
仲良くしている姿を見ると和みます。

エルとハルがくっついてる珍しい光景
00なかよしはるえるCIMG2014


麦とシロのわちゃわちゃコンビ
00なかよししろむぎIMG_20210127_115647 (2)


外の猫たち
004hikiCIMG2373.jpg
下・とめ、 上左・トラ、上右・おたん、トラの後ろ・もみじ


リックとトラ(2020年11月初め頃)
00000ならんでCIMG1883

こんなふうに、また一緒に散歩できたらいいな。

もう一つ、ブログ記事をアップしてます。

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動物・植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん[たんたん](♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎[トラちゃん](♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ[もみちゃん](♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

トメ(♀) 推定2016年夏生まれ?2017年6月に突然我が家に現れて、そのままずっと車庫暮らし。とってもおとなしい。

お☆さまになりました

おこげ[こげちゃん](♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。穏やかな性格。2019年10月にお☆さまになりました。

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる