怒り心頭

もみじがオヤジ猫に噛まれた後も、夜中に聞こえる猫の叫び声。
オヤジ猫、近頃は毎晩やって来ているようです。
このままほっといたら、大変なことになる!

家の周りに捕獲器を置くと、うちの猫ばかり入ってしまうかもしれない、
オヤジ猫の縄張りは広いので、家から少し離れた所に置くことにしよう、
そんなことを考えながら場所を探して歩いて行きました。

町内のはずれにあるお宅の奥さんに会って
「実はこうで・・・・・この猫を捕まえるために・・・・・」
とデジカメ内の写真を見せたら、
「あら、この子、あそこの借家の〇〇さんの猫じゃない? いつも猫を何匹も飼ってるのよ。前にご主人が、コイツが意地悪いから他の猫がみんないなくなっちゃったよ、って言ってた。」

? オヤジ猫が飼い猫ですって?!
オヤジ猫の写真をプリントアウトして、そこのお宅に行きました。

古い小さな借家が数件、この中のどの家だろう?
と迷ったのはほんの一瞬、なぜならオヤジ猫がその家の前にいました!

明け放した窓際に、70歳くらいの男性が一人、テレビを見ていました。

「この猫は、こちらで飼っている猫でしょうか?」
写真を見せて尋ねると、
「ああそうです、うちの猫です。」
「実は・・・・・なんです。」
「そうですか、それは申し訳ないです。今度見たら、石でも投げて追い払ってください。」
「そう言うことじゃなくて・・・・・とにかく、まずは去勢手術をしてください。」
「わかりました。娘が飼っているので、娘に伝えておきます。2,3日中になんとかしますので。」
娘さんと直接お話ししたいので、と携帯の番号を渡しておきました。

2,3日中になんとかなるとは到底思えない。。。


先日、もみじは2週間の抗生剤の投与を終えて、傷もきれいになりました。


もみじごろごろ141


やれやれと思っていたその2日後、今度は首のところに2か所傷があるのを発見しました。


 069oyajinekonikamaretakubi.jpg


真っ白な毛のところなので、ほんの少し血が滲んでいるのがわかりました。
手足ならびっこを引くのでわかるけれど、それ以外だと見落としてしまいがち。
たぶん、色のついた毛のところでは、わからなかったと思います。

「猫の噛み傷って、見つけにくいんだよね」
動物病院の先生もそう話していました。
猫の皮膚は弾力があって噛んだ傷はすぐにふさがるので、皮膚内で膿がたまって、破裂して膿が出てきて始めてわかることが多いようです。
(エルもトメもそうでした)
もみじ、再び投薬です。

その翌日の夕方、今度はクロがびっこを引いてあらわれました。


体がだるいくろちゃん208

あきらかに右後足が腫れています。


あしのさきまではれている109


抗生剤をちゅ~るに混ぜて食べさせようとしたけれど、まったく口にしません。
この時期、このままではあっという間に化膿して命取りになります。


寝ているクロが気になる小虎103
元気のないクロを心配する小虎


庭の子たちは、玄関を開けると中に入ってきます。
クロちゃんが入って来たところで扉を閉めて、隅に追いやって洗濯ネットに捕獲。
兄妹で一番すばしっこいクロちゃんが思ったより早く捕まって、やっぱり具合が相当悪いんだな。
終了ギリギリに病院へ行って、コンべニアを打ってもらってきました。

さすがに私も怒り心頭!
翌朝早く、再びオヤジ猫の飼い主のところへ行きました。
娘さんは早番でもう出勤してしまったとか。
「すみませんねぇ、この前捕まえてカゴに入れてたんですけど、逃げちゃって・・・その後捕まらないんですよ。」

3回訪問しましたが、娘さんには一度も会えず。
もちろん電話はありません。
こちらからのショートメールも無視。

家の中や外周りの散乱した様子から、だいたいの生活の状況は想像できました。
何より絶望的に思えたのは・・・・・軒下に子猫が数匹、サッともの陰に隠れたのが見えたこと。

無責任な飼い主がいる限り、猫問題はなくならないのでしょう。

 
関連記事

No title

ああ、ピッタリ同じ! なんでこんなに同じ家があるんだろう・・。

うちの庭にくるおやじねこ、これがぴったり同じ様にに飼ってるんだか飼ってないんだか判らない飼い方で、飼ってる爺さんの姪夫婦というのが隣の家(建物は一緒)で何匹も猫を飼っているらしく、家の外に積んだ段ボールや古い家具の間に猫が何匹も。 
殆どメス猫と子猫。 家の中にはまだ10匹以上いるとか。
手術しましょう、協力するからと申し出て本人も手術すると言ったのに、その後は居留守で一切連絡なし。
はちねこさんに預かってもらったぶっきーちゃんがそこの出身。
他にも不審な点があって、一人では対応できずに放棄したままです。

この地域、手術した猫達も10匹以上いたのに、今は3匹だけ。
その地域の猫嫌いがいて地域猫化もできず、餌やりを黙認してくれた家に嫌がらせの電話され、餌やりの場所が使えなくなり・・。
猫増やし放題の家があり、猫嫌いの家があり、餌やりだけは何とか続けてますが、猫問題は一人ではできる事が限られていて正直もうこれ以上はできません!状態です。

猫の噛み傷、うちでも以前の猫でパンパンに膨れるまで病院でも判りませんでした。 責任とって術後の入院一晩無料にしてくれましたけど当然ですね。 皆、早く良くなりますように。 



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

困りましたね。。
おやじ猫さん、なんでそんなに乱暴なのかしら?

みにゃさん、傷のほうはいかがですか?
どうか早く治ってくれますようにと思います。

困ったかかわり方をする人間がいると、
結局は、猫さんたちに被害が及んでしまうのだと思います。
おじいさん、なんとかならないものですかね。。


せめて、去勢できたら、おやじ猫さんは少し
穏やかな子になるのかなあ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

woojyanさん、ご苦労様です。
猫の管理はできても、人間の管理まではできませんよね。
オヤジ猫、飼い主にも捕まらないって、どういう事?
つまり飼い主じゃないって事ですよね。
まったく管理できていなくて、半ノラ状態で餌をやるだけ。
だいたい、自分の猫に「石でも投げて追い払ってください」
なんて言えるのがおかしい。
こういう人が一人でもいると、地域猫活動も保護猫活動も水泡と化してしまいますね!
また子猫が生まれてましたか(~_~;)

皆さまへ

コメントありがとうございますm(_ _)m
お盆を控え、ただ今超激務のため、申し訳ありませんが、まとめて返信させていただきます。

おかげさまで、クロははすっかり元気になりました。
もみじも今現在、まだお薬を飲ませていますが、何事もなく元気に過ごしています。
昨日の朝、夫がオヤジ猫を見たそうですが、手術しているかどうかはわかりませんでした。
飼い主からの連絡はまったくありません。
今のところ、夜に猫の叫び声は聞こえてないので、もう少し様子を見てみようと思っています。
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)