ひきこもり中

トメちゃん、我が家に現れた時に、耳と耳の間の部分にポチッと小さなハゲがありました。


NqZA_azmC2hIBfJ1498309018_1498309215.jpg


ダニにやられちゃったのかな~なんて思いながら様子を見てたら・・・
そこから少しだけ血が出てて、、、あらら、掻いちゃった?
それがかさぶたになったと思ったら、数日後、頭から白い膿がダラダラ流れててビックリ。

どうする?どうする?
いやいや、ためらってるとロクなことがない。
捕獲器を出して捕まえて、ネットに入れて病院へ連れて行きました。

「噛まれてるね~」
はぁ~、またですか。
オヤジ猫の仕業? それとも別のところで噛まれた?

傷口の消毒をして、抗生剤の注射を打ってもらいました。
ついでに採血して、腎機能とエイズ・白血病の検査もしてもらいました。
結果、すべて問題なしでホッ。

トメちゃん、大人しいです。
結構痛かったと思うのですが、唸りもしないし全く抵抗もせず。

家に帰って、ケージに入れたら、段ボール箱の中に入り込んで、ただ今引きこもり中。


201706ただ今引きこもり中069


ご飯を上げようと思ってケージの扉を開けたら、シャーって言われました。
病院に連れていく係の私、きっとまた思い切り嫌われてしまったんだヮ
隠れて姿を見せないけれど、ご飯もきれいに食べてるし、トイレも使ってあるから大丈夫でしょう。



ブログ友達のmikiさんから、茶シローのお供え及び外猫のために、と猫用オヤツをたくさん送っていただきました。


0おやついっぱいもらった04
こんなにいっぱい~


mikiさんのところでも、病気の猫さんがいてたいへんなのに・・・
本当にありがとうございます。
外猫たちとの仲良くなるために、活用させていただきます。


 もう一つ、記事をアップしてます。



関連記事

No title

トメちゃん、ケガをしてたんですか…化膿していたら痛みもあったでしょうね。不安で助けを求めて来たのかもしれませんね。

早く良くなってみんなと過ごせるといいね。

官兵衛くんお久しぶり!エヅク官兵衛くん、中におっさんが入ってる?
見てみたいなぁ〜(^◇^;)

No title

サビ同士?仲良く食べてますね。
案外血縁があるのかな?
雄猫の移動範囲はけっこう広い様なので、何らかの繋がりはあるかもしれないですね。
保護して病院に連れていくと、対外「嫌いな人間」認定されるのが悲しい・・。 
でもとめちゃんはお利口なサビだから、直ぐに良い人だと判るでしょう。

↓ なるほど、カラスも換毛期ですか。 自分で抜けないのが痛々しい。 助けてもらって良かったですね、官兵衛君。
以前の職場に来ていたカラスは近くの犬の鳴き声を覚えて、ワンワンと鳴いていました。 官兵衛君はニャーと鳴くようになるかしら。
えずく様な鳴き方、たまに聞きますね。

まめはなのクーさん

今回は熱を量らなかったけれど、チョモが噛まれて化膿していた時は、40℃くらいあったので、たぶんトメちゃんも熱があったと思います。
チョモはご飯を食べなくなったのでとても心配しましたが、トメちゃんは飢えていたのと野良猫のたくましさで、他のどの子よりもたくさんご飯を食べています。
ご飯がちゃんと食べられれば元気になるので、回復は早いと思います。

官兵衛のえずき声、ホント最悪です(-_-メ)
チャンスがあったら録音しておきますね。

REIさん

うちでご飯を食べている外猫7匹中4匹がサビ猫です。
うちのまわりで見かける野良猫は、サビ猫・茶トラ・茶白が8割くらい占めているような感じがします。
しっぽが中途半端に短いとか、目と目の間が狭いとか、目尻が上がってるとか、なんとなく同じような特徴があるので、元をたどれば何代か前のご先祖様は同じような気がします。
ただ、トメちゃんだけは、目と目が離れてて、鼻が低いのっぺりした顔で、みんなと顔のつくりが違うので、たぶんどこか遠くから来たんだろうな~と思いました。
チョモは私が何度も病院へ連れて行ったので、いまだに夫の方がずっと好かれてます。
私だけ「嫌い」認定されるのは、なんだか不公平ですよね。

官兵衛は猫とは接してませんが、リックとは柵越しに見える場所にいるので、ワンワンと鳴く可能性はあります。
えずくような鳴き方、昔、カトちゃんが酔っ払いのコントをやっていたのとそっくりです(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

トメちゃん、早速もう動物病院へ(~_~;)
いろいろあって大変ですね。
でもトメちゃんはお利口で手がかからなくて良い子ですね♪
噛まれた傷なんでしょうか?引っ掻かれた?
普通のケガと違ってバイ菌が入ってしまうのですね。

昔うちのミケ丸も、似たようなのがお尻にできて獣医さんに処置してもらいましたが、やはり同じ事を言われました。
「噛まれてるね〜」
完全室内飼いなのに、どうして?
蜂にでも刺された?いや、そんなはずがない・・・
内因性のおできだったようです。

官兵衛くん久々の登場でしたが、ツヤが良くて元気そう。
前と違ってカメラを嫌がらなくなったようですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

トメちゃん、痛かったし辛かったでしょうね。
良くなってきましたか?
お外の子は、噛まれてけがをすることも多いですね。

官兵衛ちゃん、お久しぶりです!
クリクリのおめめがかわいいですね。( *´ 艸`)
白い綿みたいなものが見えていますね。
カラスの羽って、こんな風になっているとは!
グエェェなんて!woojyanさんのお家に毎日
酔っ払いがいるみたいですよね。笑

鍵コメMさん

そうなんです、鳥にとって羽づくろいできないのは、非常に危険なことなんです。
首を上下左右にはできるけれど、くるんと回すことができないんです。
よく鳥背中の方にクチバシを突っ込んで寝てたりするけれど、ああ言うことは全くできません。
本来なら尻尾の付け根にある脂腺の脂を羽に付けることによって、お手入れしなくちゃいけないんでしょうけど。
お手入れしないので、換羽前はかなり羽が擦れたり切れたりして傷んでましたが、今はきれいな長い羽が出てきたので、身体がちょっと大きく見えますo(^-^)o

トメちゃんの傷も良くなったので、お外に出しました。
若いので、治りが早いです。

ロッドさん

もう病院通いばかりで、受付の方にも、今日はどの子ですか~?って尋ねられます(^_^;)
先月はゴールデンウィークや母の日があったので、いつもの月の倍くらい諭吉さんがやって来ましたが、あっという間にサヨナラしました。
でも、もしあの時・・・って自分が後悔するのはイヤですもんね。
猫の皮膚は弾力があるので、膿がいっぱいに溜まって、皮膚が破れて出てくるまで何日もかかる、と以前説明されました。
私も頭を噛まれた?って疑問がありましたが、爪なのかもしれませんね。

官兵衛、少し成長して物怖じしなくなりましたが、その分、気に入らないと攻撃するので困ります(-_-メ)


鍵コメNさん

なぜか病気かケガの子ばかりがやってくる(-_-メ)
まるで病院引き継ぎ所のようです(苦笑)
捕まえて病院送りするものだから、私はすっかり嫌われ者になりました。
なんだか納得いかない。。。
そうそう、病院通いもトメちゃんで止めてほしい!!

カラスの成熟は3歳と言われているので、官兵衛は今は中学生くらい?
最近は自己主張が強くなり、文句が多くなりました(ーー;)

nobi8nさん

トメちゃん、傷もきれいに治ったので、お外に放しました。
やっぱり相変わらず、ず~っと車の下にいます。
あのオヤジ猫さえいなければ、みんニャ平和に暮らせるんですけどネ。
なかなかうまくいかないですね。

カラスって目が真っ黒で、とっても可愛いんですけど、怖い!というイメージが先行してしまってるので、目付きまで悪いと思っている人が多いんじゃないかな?
白い綿のようなものが、内側の羽毛です。
外側の羽根も白ければ、カラスの印象もずいぶん違ったものになったでしょうね。
酔っ払いオジサン、、、一家に1人だけで十分です(笑)

No title

コメント有難うございます。ならねこの枠外で今まで気にかかっていたことをします。宜しくお願い致します。

でも変ですよね、習志野生活環境研究会のブログをfc2で作ったら「けんねこ」の管理ページには入れなくなってしまったのにコエントの名前は「ならねこ」と出ています。(@_@;)

ならねこさん

今までいろいろとありがとうございました、そしてお疲れさまでした。
野良猫を含む生活環境の改善の取り組みについて、いろいろと学ばせていただきたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)