やっぱり強かった!

エルとハル、毎日大人猫2匹でダラダラと過ごしていた中に、1歳になるかならないかの若猫チョモが入って来て、いろんなことが変わりました。

相変わらず、エルはチョモと仲良くなる気がないみたいで、無視してます。
ハルはチョモの毛づくろいをしてあげてると思ってると・・・喉元にガブリ。


20170430のど押さえ込み007


チョモはされるがまま・・・と思ったら、反撃開始。
お互いしっぽブンブン振りながら、にらみ合ったと思ったら、取っ組み合いが始まります。
今までエルと幸多、エルとハル、2匹ずつで生活してきたけど、取っ組み合いなんてしたことないから、遊びなのかケンカなのかがわからなくてドキドキ。

唸ったり、ギャーって叫び声を出したり、毛が抜け落ちてることはないので大丈夫らしいけど・・・
ホントに大丈夫?



昨日の晩のこと、ご飯の支度をしていたら、2匹の猫の唸りあう声が・・・
急いで外に出ると、何と声はベランダから聞こえます。
チョモを噛んだあの凶暴なオヤジ猫、ついにベランダまで来たのか。
ところで、もう1匹は誰?暗くて見えない。
オヤジ猫にやられてばかりの庭の猫たち、ついに反撃に出た?!

大急ぎで2階に上がって電気をつけると、何と網戸越しにハルがすごい唸り声をあげて、応戦してました。
チョモは離れた所から心配そうに見てるだけ。
網戸(ワイヤーネットで強化)がなかったら、本気で正面から戦ってたでしょうね。

保護してからこれまで、ハルは誰に対しても、一度としてシャーッと言ったり、噛んだり、爪を出したことはなく、非常に温厚な子です。
外の子たちにも、なぜかとっても慕われてます。


20161221茶シローとハル074
茶シローとハル


それなのに、、、ハルって体も大きいから、野良やってる時はかなり強かったんだろうな。
今まで知らなかったハルの一面を見てびっくり。
だけど、ハルとチョモのケンカもどきは、全然ケンカじゃないってことがよ~くわかりました。
これからは、勝手にやらせておこうっと。


家猫修行中のチョモ、パソコンに向かっていると、膝に乗ってくるようになりました。


20170510ひざのりちゅう043
膝乗り中

だけど、こちらから近づくと逃げます
甘えたいけど怖い。。。
小心者なりに頑張ってるんでしょうね。

  もう一つ、記事をアップしてます。


関連記事

No title

ハルちゃんは大きな子だけど心優しい赤トラ君(*^^*)
そのハルちゃんが唸り声ですか?ちょっとビックリですね。

でも。優しいからみんなを守ろうと頑張ってたのかもしれませんね。チョモさんの面倒も見てくれてるのか~面倒見のいい子ですね!
エルさんはひとりで寂しくないかな?

チョモさんも、少しずつ距離をちぢめてくれているんですね。
大丈夫よ、チョモさん!安心して甘えん坊してごらん(*^o^*)

No title

こんにちは。

ハルちゃんは、強くって優しい子なんですね。
強い子は、普段は穏やかなのかもしれませんね。
くろちゃんもそうでした。穏やかだけど強かった!

イチゴ、おいしそうですね!1パック分くらいはありますね!
最近は、スーパーで買うイチゴしか食べたことないなあ。
農家のとれたてのイチゴは甘みも香りも強いんじゃないかな。

シャクヤクって、やはりゴージャスなお花ですね!
なんだか叶姉妹を思い出します。笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まめはなのクーさん

ハルも野良時代はたくさんケンカしていたと思います。
でも今まで唸ったりしたことがなかったので、まさかハルが?!とビックリしました。
これまで誰にも唸ったりしてなかったのに、ケンカを売られて買っちゃったのか?それとも誰かをいじめてるのを見て腹を立てたのか?
偉そうにしてるエルに対しても手を出さないのに、オヤジ猫に対してはよほど気に入らなかったんでしょうね。

チョモはこちらから近づくと、ビューンと逃げちゃいます(>_<)
それでも野良出身としては、かなり速いスピードで人慣れ化しているのでしょうね。
あまりハードルを上げ過ぎないように、見守りたいと思います。

nobi8nさん

犬でも弱い犬ほどよく吠えるって言われてますからね。
猫でも人間でも同じなんでしょう。
その気になれば、エルなんてあっという間に服従させることができるだろうに、そうしないのはハルの器が大きいのでしょうね。

イチゴは1パックより多いけど2パックには足りないくらいの量が採れます。
大きくて形が良いものはそのまま食べて、小さいものは冷凍して、ある程度量がたまったらジャムにしようと思ってます。
スーパーのイチゴ、当たりハズレがあると思うけれど、私が食べたのは美味しくなくて。。。
やっぱりイチゴ狩りに行って、熟したイチゴを採ってすぐ食べるのが一番ですね。

可能姉妹!(笑)
確かに、この色は妖艶な感じがしますね。

鍵コメNさん

普段はのほほんとして小さなことにこだわらないけれど、いざとなったら前面に来て守ってくれる、こういう上司いたらいいですよね~。
ドラマにはよく出てくるけど、実際にはこういう上司はめったにいないような?

相変わらずハルとチョモは一緒に寝てるかと思ったら、絡んでたり(ーー;)
でもきっと、仲良くなった証拠で、チョモの方にも余裕が出てきたんでしょうね。
エルは猫より人間の方が好きなようで、猫友達は要らないみたいです(>_<)

No title

チョモ君、うちのヒメと比べたらずっと家猫化が早いですよ。
ヒメなんか未だに手を伸ばすとまず逃げます。
そしてうちで外猫警備係はメイ。 網戸を押し倒して野良猫を追いかけた事があります。
ハル君とチョモ君の首噛み、うちでもメイにマックが時々食われてます。(笑)
あれってなんでしょうねえ、食われてる方が負けと認めてるのでしょうか。

↓ 私も休みの度に庭仕事です。ただバラが終わると花がなくなり、もっぱら雑草との戦いになります。
いちごはこの時期は露地栽培のですよね。 味が濃くて美味しいでしょうねえ。 昔は家の前が農家さんの畑で、5月はイチゴで美味しかったです。
桃も同じで熟れる前に採り店に並ぶので、木で熟れた味を皆知らない。 本当に熟してからが美味しいけど、流通には向かないので残念です。

No title

いちご、家で作った物は味がなくて美味しくありませんでした。
肥料が足りないんだな、と思っていましたが、やはり素人では美味しい物を作るのは難しいですね。

ハル君、おうち猫になっても縄張りはしっかり守っていますね。
喉に噛みつくのも愛情の表れでしょうか。
うちでも喉に噛みついて遊んでいますよ(笑)
見ている方はちょっと心配になりますが。

チョモちゃんもだいぶ慣れてきて羨ましい。
我が家のくるみさんは相変わらず家庭内ノラしています凹

REIさん

チョモは外では本当にビビりだったので、家猫にするのは難しいだろうな~と思っていたので、嬉しい誤算でした。
私よりも夫の方が好きで、二人一緒だと、たいてい夫の横に寝そべってます。
ちょっと悔しい。。。(>_<)
メイちゃんは外猫警備係だったり、マックくんを仕留めたり?なかなか勇敢なおんニャの子ですね。
人間界も猫界も女の方が強い?(笑)

トマトの出荷を手伝っていた時も、半分も赤くなってない状態で採って出荷してました。
出荷して市場からお店に並ぶまで時間がかかるから仕方ないけれど、残念だな~と思います。
そう言えば、ブラジルから来た人が、日本のバナナはまずい!って言ってましたね。

mikiさん

イチゴ園の仕事をしている時、家庭菜園でここまで手間をかけることはなかなかできないだろうな~と思いました。
でも同じように手間をかけて家庭菜園で作ったら、お日さまをいっぱい浴びてる分、ハウス栽培のイチゴよりもっと美味しいものができると思います。
肥料の種類にもよりますが、肥料が効くと、実が苦くなることがあります。
かといって鉢やプランター栽培だと、どうしても肥料不足になるし・・・難しいですね。

ハルとチョモ、お互いに慣れてきたからこそ、乱暴な遊びもできるようになったんでしょうけどネ。
見てるとハラハラしてしまいます。
といっても、一度も流血してないので、うまく力を加減しながらやっているんでしょうね。

No title

凶暴なオヤジ猫がベランダまで来たので、いつもは怒らないハルちゃんがすごい唸り声をあげていた!
私はそう解釈したんですが、写真を見ると窓の外には茶シローちゃん。これは夜ではないですよね。
上の話とこの写真は無関係なのですね。
まさか茶シローちゃんと喧嘩するわけはないですから。

チョモちゃんも懐いて来て良かったですね♪
かなり人懐っこい性格のようです。

イチゴは、今頃の季節には店頭にはあまり出ませんよね。
傷みが早いので扱いにくいのでしょう。
せっかくの旬の味を味わえないのは残念です。

昔、街中に住んでいた頃は、畑を借りていろいろ作っていましたが、イチゴは大成功でした。
ですが、こちらに引っ越して来てからはダメなんです。
年々衰えて、ついに今年はまったく期待できなくなりました。
新しい品種の苗を買えば良いのかもしれません。
気候が厳しすぎるのも原因かもしれないし、土の質も悪いですからね。

ロッドさん

ハルとオヤジ猫の解釈は、私も同じように思ってます。

猫は背後から襲いかかられるのを避けるために、信頼していない人や猫に対してはお尻側を向けることはないそうです。
猫がお尻の方を向けるのは、敵意はありません、信頼してますよ~の証だそうです。
以前の外猫との学活風景では、みんな私の方を向いていて、お尻を向けている子は1匹もいませんでした。
最近は、お尻を向けて座っていたり食べていたりということも、よく見られるようになりました。
ハルと茶シローの写真は、茶シローがハルにわざわざお尻を向けていた場面です。
ハルが外の子たちに信頼されていると言うことを示したかったのでこの写真を載せましたが、わかりづらかったですね、すみませんm(_ _)m

イチゴ、去年はランナーだけを植えたので、実も大きかったし味もよかったけれど、今年は手抜きして親株も残してたので、やはり味も大きさも落ちました。
北海道でもイチゴの露地栽培をしていると聞くので、寒くても大丈夫みたいです。
土が悪いのは一番の問題かもしれませんね。
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)