衝撃写真

以前の写真を整理していたら・・・こんな写真を発見!

2016年6月撮影
016おこげのわかいころ019 

まだ若そうな小柄な感じの猫。
アゴと左手先だけがベージュの特徴的な毛色。
んん? これって・・・・・おこげー!!

アフター 2017年1月撮影
017まんまるおこげ021


おこげ、この半年の間に何があったんだー?
あのおうちで、たらふく食べてたんだろうな~。
  あのおうちの記事はコチラ

わが家では外猫8匹分の餌の総量を量って、8個のお皿にだいたい同じになるように分けて、それぞれ1皿ずつ食べるようにしてます。
大皿に盛ると、絶対おこげや茶シローのような大食い・早食いの子がたくさん食べちゃうので
暗黙の猫ルールがあるようで、早く食べ終わっても、他の子のご飯を横取りするようなことはないです。

今は食い溜めできないし、運動量も室内猫に比べればずっと多いはずなので、少しずつ体重は減っていくと思ってます。


こちらはクロちゃんが寝転がってあくびしているところ


0017クロちゃんの口の中072


あ~、クロちゃんの口の中、黒い模様があるんだ~。
これは別に珍しいことではないようですが、エルとハルにはないので、初めて見ました。


口の中が黒いと言えば・・・
官兵衛の口の中も少しずつ黒い部分が多くなってきました。
(写真は撮れてませんが)

大人のカラスは、口の中まで真っ黒です。
口の中が赤ければ、それは1年未満の幼鳥です。


2016年7月撮影 生後2~3カ月くらい
0016官兵衛の口の中030



そう言えば、カラスの繁殖シーズンに入りましたね。
カラスは3歳から繁殖できるそうです。
今の時期に集まってワイワイガヤガヤやってるのは、2歳以下の若いカラスたちで、大人カラスはペアで行動してます。


放熱中016


カラスは元々は恐がりなので、何度もいじめて顔を覚えられない限り、攻撃されるようなことはありません。
ところが、子育てシーズンだけは子どもを守るため必死なので、攻撃的になりやすいです。
知らずに巣の下を通っても、素通りすればまず大丈夫。
ところが、「あ~カラスがいる~」なんてのん気に立ち止まってじ~っと見たりするとダメです。
「ガララララ」というような、明らかにカァカァとは違う警告音を出します。
さらに、上から小枝を折って落としたりして、立ち去るように必死に合図します。
それでもカラス語がわからない人間がそのまま立ち止まっていると、ヒュッと頭スレスレに飛んできたり、時には後頭部を蹴られたりします。
カラスに頭を突かれた~と言うのは間違いで、足で蹴ります。
大けがをすることはまずないけれど、心理的ダメージが大きいので、気をつけましょうね~。

  もう一つ、記事をアップしてます。



関連記事

No title

わ…同じおこげちゃんとは思えないですね~^^;でも、みんないい子ですね。衣食足りて礼節を知る…って、本当ですね。

 ハータンはお口の中にたくさんもようがるのよ^^
でも、お口の中に柄のある子は、案外と少ないですよね。


 カラスの繁殖期、知らない人はカラスの攻撃の意味も分からずに、悪者にしてしまうことが多いんですよね。こういう野生の動物たちの生態を知ると、もう少し寛大な社会になると思うのですけどね。


 タンポポ…可愛いですね~タンポポのほとんどが西洋タンポポとなってしまった今、貴重種ですよね。

No title

こんにちは。

おこげちゃん、かわいいお顔、ふっくらとしていますね。
クロちゃんもコテンと寝ている姿がかわいいです。

カラスのお口の色がっ変化するとは!勉強になりました。
ガラララという警告音もたぶん聞いたことがないです。
やはりむやみやたらには攻撃しないのですね。

ヘビイチゴって食べられるのですよね!
よく学校の帰りに見かけて、たまに食べていたような…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

半年前のおこげちゃんは痩せすぎだけど、今のおこげちゃんは丸々~(笑)
ふっくらしていた方が見ている分には安心出来ますが、ちょっとダイエット必要ですね。
人のお皿を狙わないなんて、偉い子だ。
うちの猫は食べ終わったらすぐに人のお皿に顔を突っ込む子がいるので、油断なりません。

動物も植物も成長の春ですね。

No title

おこげちゃん、去年の写真。
手が太くて顔が細くて野生っぽいです。
ダルマのように丸々とした今の姿とは、あまりにも違う・・・(笑)
woojyanさんは知らない猫でも、ちゃんと写真に撮ってあるのですね。
あの頃は今のような展開になるとは想像できませんでした。

官兵衛くん、ついこの間来たばかりと思っていましたが、もうそろそろ一周年になるのですね。
大人のカラスはペアで行動するとは、驚きました。やはり高等動物なのですね。
カラスは乱暴者かと思っていましたが、襲って来るときにはちゃんとルールがあるのですね。感心しました。

サキゴケ、じゅうたんのようで素晴らしいです。
ワイルドストロベリー、これとそっくりなのがうちの近くにたくさん自生しています。今度よく調べてみます。
日本タンポポは珍しいですね。増えて良かったですね。しかし20種もあるとは驚きました。
ここに来ると、いろんな興味深い事がわかって楽しいです。

まめはなのクーさん

ハータンの口の中には、いろんな模様があるんですか。
クロちゃんの写真を見るまで、口の中の模様なんて気にしたこともなかったので、へぇ~そうなんだ~って感じです。

カラスは凶暴で恐い!って思ってる人が多いのですが、カラスだって人間が恐い!
理由もなく襲ってくるなんてことはないんですけど、勝手に悪者扱いされることが多くて、自称カラス親善大使としては、非常に悲しいです。

タンポポ、黄色くてかわいくて、春だ~って感じがしますよね。
カナダでは、容赦なく抜いて捨てると聞いたことがありますが、日本人はたぶんタンポポが好きな国民なんでしょうね。

nobi8nさん

おこげ、わが家に現れた時には、もう今の姿だったので、半年前の写真を見てもすぐにはわかりませんでした。
毛色に特徴があるので識別できたけど、茶トラとか黒だったら、まったく気づかなかったでしょうね(-_-;)

カラスに限らず、鳥のヒナの口の中が赤いのを見ると親鳥は刺激をうけて、ヒナに餌を与えたくなる、なんて聞いたことがあります。
カラスのヒナの口の中なんて、普通に暮らしていると、見ることなんてないですよね。
カラスは恐いと思いこんでいる人が多いけど、むやみに攻撃仕掛けるわけではないんですけどネ。

ヘビイチゴ、食べても毒はないけれど、まったく美味しくないので、鳥も食べないとか。
試しに食べてみたら、なまのモヤシみたいな感じでした。
学校帰りに食べていたのは、ナワシロイチゴかクサイチゴではないでしょうか?

鍵コメNさん

情報ありがとうございます!
新しい方が入ってこられたのですね。
よくない話ばかり聞いていたので、ホッとしました。
これから良い方向へいろいろ進展していければと思っています。

西洋タンポポに比べると、花弁の枚数も少ないので、ちょっと弱弱しい感じがしますが、そこがまた奥ゆかしいですね。
できれば、西洋も日本も上手く住み分けしながら存続してもらいたいものです。

mikiさん

半年前とは、まるで別猫ですよね!
きずいた時は、私もびっくりしました。
痩せているより太ってる方が体力ありそうで、安心感はありますよね。
でもちょっと太り過ぎで、とても野良には見えない。。。
ハルに比べれば小さいけれど、メス猫としてはずいぶん大柄です。
以前のおうちへはもう通っていないようなので、そのうち徐々にスマートになって来るとは思います。

ロッドさん

見かけない猫や鳥などの生き物や、ちょっと変わった植物など見かけると、つい写真を撮ってしまいます。
このときも、野良猫問題が気になっていて猫を撮っていたわけではなく、たまたま見かけたので撮ったのだと思います。
ははは・・・私も今のような展開になるとは想像していませんでした(^_^;)

カラスは一夫一婦制で、たまにパートナーが変わることもあるようですが、基本的には同じペアだそうです
カラスの事情を知らない人間が、一方的にカラスを悪者にしていると言うことが多いと思います。
お互いにもっとわかりあえれば、いろいろな問題も回避できるんでしょうけど・・・難しいですね。

日本タンポポにもいろいろ種類があるようですが、写真を見ても???よほどタンポポ研究をしている人でなければ見分けられないと思います。
最近は西洋タンポポと日本タンポポの雑種も多いのだとか。
何十年後かには、雑種ばかりになってるかもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)