名前が変わりました

ご心配をかけて、申し訳ありませんでした。
少しお休みをいただいて、元気に戻ってきました



メイちゃん(メイプル)は、とっても美人さん。


0170116めいぷる110


一番のビビりで、ずいぶん長い間、私がいるだけでご飯を食べることができませんでした。
今でもご飯のお皿を次々に置いていくと、一番最後に置かれた皿を食べます。
本当に奥ゆかしいおんニャの子・・・ってずっと思ってたのに
なんと、まさかの男の子でした!!
長毛だし、いつも尻尾をおろして歩いていたから、つい最近まで気づきませんでした
でも、そうだとわかると、私の気持ちの負担も、お金の負担も軽くなる
ところが・・・・・

先日、我が家から150mほど離れた所に住んでいる方に、
「まだ野良猫が来ることがありますか?」と聞いたら
「黒っぽい大きな猫が庭を横切っていくわよ。」と言われました。
「うちにいる真っ黒い猫じゃないですか?」
「真っ黒じゃなくて、黒と茶色のまだらの猫」

黒と茶色のまだら=サビ猫=メス猫!!
ああ、なんてこった、1匹でもメス猫がいれば、また増えていく。。。
黒っぽいサビ猫を探してあちこち探し回っていると、見つけた!!
追いかけていくと、猫に餌をやっていると噂のある家に入って行きました。

その家のご夫婦の前で
「今、黒と茶のまだらのメス猫を探しているんですけど、見かけませんか~?
猫が増えると目の敵にされて、ひどいことをする人がいるみたいですよ。
何とかそのメス猫を捕まえて、手術をしてやりたいんです。
うちで毎日朝晩ちゃんと餌をやってるから、食べるものがなければそのうち必ずうちに来るはずなんですけどね。」
とつぶやいてみる。

何度か野良猫のことで聞いてみたけれど、餌をやっているとは絶対に言わない。
でも、猫好きには違いないし、増えたら困るとも思っているはず。

3日もしないで、サビ猫はご飯を食べにやってきました。


017おこげ0101034


メス猫にしては顔や体が大きいけれど、とても大人しい子。
うちに居る猫たちとも顔見知りのようで、仲良くご飯を食べています。
名前は 「おこげ」 ちゃん、にしました。。



ほっとけなくて、面倒を見始めた野良猫たち。
一生懸命に考えて、福を引き寄せるような名前を付けたのだけど・・・
 (猫の名前の記事はコチラ
何たって記憶力に問題大アリの中年夫婦だから、瞬時に名前が出て来ない。。。
結局、茶白が~、長毛が~、黒が~、になってしまう。
と言うことで、 何匹か改名しました。

茶白は 「茶シロー」
長毛は 「チョモ郎」
チビ黒は 「クロ」

7l8SExAkiiWUD4B1485009021_1485009423.jpg


ハルそっくりの茶トラは 「直人(なおと)」


016ずいぶんふっくらしました144



直人はタイガーマスクの「伊達直人」から。
「虎だ、虎だ、お前は虎になるのだ!」←わかるかな?
ガリガリに痩せこけてたけど、しっかり食べて、今は普通体型になりました。
 (1カ月半前の写真はコチラ

改名させられた子たち、ゴメンネ。
でもこれで、瞬時に名前を呼べるから許して

   
    もう一つ、記事をアップしてます。


関連記事

No title

お忙しそうですね。

メイちゃん、男の子ですか?可愛らしい坊ちゃんですね。私もすっかり女の子だと思い込んでしまいましたよ〜(^^;;

伊達直人君、すっかり立派になって表情に余裕も出てきたように感じます。環境が整うと、みんないっそう愛らししさが増しますね。

サビちゃんもたっぷりとご飯をもらえていた子なのでしょうね。穏やかでふっくらして…(^_^*)

ご近所のご飯をあげていたお宅は、もしかしたら以前にご飯をあげていることでイヤな思いをされた経験がおありになるのではないでしょうか?私の知人に餌をまくなと怒鳴り込まれたことで、庭先へのご飯も外からはわからぬように、周辺へのご飯も夜中にコッソリ…そしてそれをひた隠しにしてらした方がいますよ。

ご近所付き合いが苦手な方…とかね。

でも、かなりのノラちゃんが把握できましたね。地域猫として共生できるようになれば…みんな幸せになれるんですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

結果が出るまでお辛い思いをされましたね。
結果シロで本当に良かったです。
そんな中でも猫たちのために動いてくださって、ありがとうございます。

家の猫も年明けに手術をしようと思っていたら、年明けと共に春がきてしまって焦った事がありました。
大黒ちゃんもオトコとして実家を巣立ったのでしょうか。
用を済ませたら戻ってきて欲しいです。

おこげちゃんはとてもふっくらとしていてご近所さんに餌を貰っていたのですね。
無事にwoojyanさんの所に来てくれて良かったです。

メイプルさん、まさかの男の子でしたか。
とても美人さんだから写真でみて女の子だと思っていました(笑)

まめはなのクーさん

そうなんです、メイちゃん改めちょもは、小顔でお目目パッチリだし、性格も猫家族の中で一番の気弱なので、もう絶対おんニャの子だと思ってました。
直人は一番最後にうちに来るまで、さんざんいじめられたと思うので、凄く警戒心が強いんだろうと思ってましたが、大らかな茶トラの血筋なので、今はずいぶん大胆になりました。

とにかく猫の存在が許せないという人は案外多くて、そういう人が近くに住んでいると、本当に苦労しますよね。
私の町会は高齢者世帯が多く、野良猫に対する見方は厳しいです。
個人が勝手に餌やりして増やした猫を、どうして町会で面倒見なきゃいけないんだ!!増やした人に責任取らせろ!!
一方で餌をやってる人は知らんぷりです。
現状としては、地域猫は無理と町会長さんに言われてるので、個人で頑張ります(^-^*)/

鍵コメRさん

サビ猫を見た瞬間、あっ「おこげ!」っておもいました(笑)
夫も周りの人も、みんな納得してくれます。
もうどうせ手術やるんなら、一気に済ませてしまった方が、精神的にラクですね。
お金も一気にかかるけど、どうせ最終的に払う金額は同じなわけだし。
あと2匹男の子が残ってますが、簡単に捕まえられると思う子たちなので、もう終わったような気になっちゃってます(^_^;)

知人の方とは別のところですが、とても近いです(^_^;)

mikiさん

結果が出るまでのあの期間が、何ともイヤですね。
自分でネットで調べたりすると、よけいに悪い方にばかり考えてしまいます。
なにかとグズグズと後回しにしてしまうのですが、今回はちょっと焦ってしまいました。
猫が増えないようにと集めたのに、もっと増えてたのでは話になりませんから。
まだ小さい男の子たちが残ってますが、可能性のある子たちはみんな手術が終わったので、ひとまずホッとしました。
大黒のことは、どこで何をしているのか?元気なのか?心配です。
茶シローは手術の際、4.5キロと言われましたが、おこげはそれよりさらに大きいので、5㌔くらいありそうです(^_^;)
ちょもはどう見てもおんニャの子顔ですよね~。


No title

最初、上の記事を見て笑ってしまいました(^◇^)
「おこげ」ちゃんなんて、面白い名前、ピッタリのイメージです。
和風の名前考えるのがお上手ですね。

それから下の記事を見て、ショボーンとなりました。
woojyanさん、私がちょっとシビアなコメント書いてしまったのは、その異変が気になり出した頃だったのかもしれませんね。
あのとき私も何か予感がしてしまったのですよ。
woojyanさんが万一入院でもしてしまったら、猫たちはどうなるんだろうって・・・
猫の心配ばかりですみませんm(_ _)m

実は私も一昨年の暮れに、変なしこり(何年もかかって大きくなった)を手術したのでした。
私の代わりにトラキチの面倒を見てくれる人がいないので
(妻は仕事が超多忙)
餌と水とトイレをたくさん準備して入院しました。
手術が終わると、先生に無理を言って1泊2日で帰って来ました。
幸い悪性の物ではなく簡単な手術でしたが、家が遠いのでものすごい大変でした。
手術が終わったばかりの体で、バス停から1時間も歩いたのです!
トラキチの事はすべてに優先。
もう、どんな病気になっても絶対に入院しないと心に誓いました。

woojyanさん、検査の結果に安心しましたね。
本当に良かったです!
今後もお互い、健康には気をつけましょうね。

ロッドさん

おこげ」ちゃん、色柄をみて、誰もが納得の名前ですよね。
ふざけた名前ですが、愛情はこもってます(*^^*)

以前、ロッドさんのブログに病院に1泊したと書かれていたので、どうしたのかな?と思っていました。
いろいろと大変だったんですね。
私もすぐに考えました。
子どもたちはみんな成人してる、母は姉にまかせればいい。
犬猫の散歩やご飯は夫がやってくれるだろう、でも猫を捕獲して手術に連れていくのは無理。
猫の手術が最優先事項でした。
結果オーライになりましたが、元気だと過信してはいけないとつくづく思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

かわいい猫さん達がたくさんいますね!
どの子もみんにゃ、個性に合わせた素敵なお名前を
いただいたのですね。( *´ 艸`)
大きな黒猫さんはどしたのかしら?心配です。
とても精悍なお顔のイケメンですね!

体調を崩されていたのですね。
リンパ節が腫れている…痛みはないのかしら?
検査結果がなんでもありませんように…
応援しています。きっと大丈夫!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

検査結果が心配なくて本当に良かった。
結果が出るまで さぞ不安だったことでしょう。
これからも くれぐれも無理をされないよう 疲れを溜めないよう気をつけて過ごしてくださいね。
男の子は未去勢だと行動範囲が広いですよね。
多頭いると 把握が大変だと思います。
サビちゃん… いい体格でいらっしゃること(笑)
地域で状況を理解してもらえるようになって 少しずつでも協力体制が取れるようになってくるといいですね。
でも 本当に無理をしないでくださいね。
お大事にー!

No title

こんにちは
検査結果が心配なくて 本当に良かったですね(*^-^*)
私も 年代的にも他人事とは思えず・・読みながら ほっ として とても嬉しかったです。
これはいけないかも・・と思われてから 良い結果を聞くまで 不安で辛い思いをされたと・・ でも もう 絶対に大丈夫です!! 忙しくて疲れをためすぎないように気をつけて下さいね!

どんな時も 猫ちゃんたちのために動かれたwoojyanさんがすごいです。
もうじき立春♪ ますます良い運気の春が近づいてきているような気がします♪(^-^)v




 

鍵コメMさん

私は大丈夫!なんて過信してはダメですね~。
とりあえず親の役割はほぼ終わりましたが、犬猫の世話は他人任せにできないですもんね。
この子たちのために、まだ頑張らないと!
検査の結果は、とりあえずそんなに心配するようなものではないということです。

この辺りの野良猫はエイズキャリアが結構いるので、大黒、ケンカしてなければいいけど・・・
それが心配です。

nobi8nさん

みんな可愛いですよ♡
おちょうとおたんは似てるけど、その他の子たちはみんな色柄が違ってバラエティーに富んでます。
2、3匹なら外国語のちょっとおしゃれな名前などもいいけれど、8匹となると覚えられません。
結局、やっぱり見た目のままの名前になっちゃいました(^_^;)

体調は特に変わらず、ただ首の腫れだけがどんどん大きくなっていくという状態でした。
タートルネックの服で首を隠して、仕事にも行ってました。
結局、腫れてたのはリンパではなく別のところでしたが、今はもうすっかり腫れもなくなりました。
大丈夫です(^-^*)/

鍵コメ0さん

私もその病気かもしれないと思っていましたが、大きい病院ではリンパとは関係のない病名の可能性を言われました。
急激にしこりが大きくなって、しばらくするとまた小さくなって、今はほとんどなくなったので、まず心配はいらないようです。
結局、他に症状が出てないので、何が原因なのかわからずじまいです。
更年期? 自律神経の乱れ? ストレス? 
念のため、1カ月後は必ず検査に行ってきますね。

「しろい~マットの~ジャングルに~」
タイガーマスクの主題歌の動画を見てしまいました、なつかしい~~。

nekobellさん

それほど心配しなくてもいいようだし、体調もまったく悪くないので、結局何だかわからないけれど大丈夫!っていう結論になりました(*^-゚)v
虫の知らせ?というか、なんとなく不安。。。と言うのを感じないので、きっと何でもないのだと思ってます。

未去勢の男の子は女の子を追いかけて遠くまで行ってしまう、知識としてはありました。
でも実際に未去勢のままの猫を飼ったことがないので、本当にある日突然いなくなってしまうと深くは考えてませんでした。
他の兄弟よりも体も大きくしっかりしてたので、成熟も早かったのだと思います。

一応フードの袋に書かれているの通りの量を量って一皿ずつ食べるように出しているのですが、なぜかどの子もみんな丸丸としてます。
寒さに対応できるように、しっかり脂肪を蓄えているんでしょうかねぇ?

ねこ眠りさん

いつまでも自分だけ若いつもりになっていてはダメですねぇ、と反省しました。
あと、自分でどんどん病気を調べるのもやめた方がいいですね。
必ず最後にはその症状のある中の、一番悪い病気にたどりついて不安をあおることになるので(-_-;)
でも、これからのことをいろいろ考えるきっかけになりました。

バタバタとしましたが、おんニャの子たちの手術が終わったので、かなり気持ちがラクになりました。
ああ、そういえばもうじき立春なんですね。
お店には、すでに色とりどりの春の花がたくさん入荷していて、楽しくなります♪


No title

ご無沙汰しております
毎回ブログ拝見しておりました

woojyanさんの生き物に対する献身的な活動、凄いな~と(゜o゜)
私は今朝もベランダの手すりに鳥のふんが並んでるのを見つけて、ぷりぷりしながら、えさやりさんやめてくれ~!と思ってしまっていました

家の周りのお外猫は、地域(=^・^=)的にみんなで秩序ある可愛がり方的な感じだったのですが、数年前ある猫嫌いの人が毒餌をまき、何匹か犠牲になってしまいました。慌ててボラさん達が手分けして無理くり家に引き取ったと、後で聞きました。癒しの存在だったのでさみしかったけれど、みんなそれぞれのお家に慣れてくれたようだったので結果よかったのかな?

年齢的にホルモンの関係で体調が変わる時期ですよね。心配するような病気じゃなくてほんとうに良かったです(^-^)
まだまだ寒い日が続くようなので、インフルやノロなどお気を付けてくださいね!(^^)!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

検査結果も良く、腫れも引いて良かったですね。

28日の土曜日はお身体、諸々のご事情が宜しければ、いらしてくださいね。いまのところは地域猫にするのを無理かも知れませんが、良い結果が出てくれば地域の方達の見方も変わってきます。習志野で地域猫にした方は最初の頃殴られそうにになったこともあったようです。やはりお年寄りの多い団地でしたからね。今では町会主体の環境対策として、地域猫活動に取り組んでいます。

28日 13:00~16:00市民総合福祉会館3階講習室
                (木更津市潮見2-9)
もし、いらっしゃられたら携帯ならして下さい070-6960-4815です。宜しくお願い致します。

うらら姫さん

こちらこそご無沙汰して、すみませんm(_ _)m
ブログはいつも見ていますが、未経験の私がコメントするのは難しくて。。。

鳥のフン? マンションのベランダだとハトですか?
猫に毒餌・・・うちの町内にも数年前、何匹か猫が不審な死に方をしていたと聞きました。
普通の会話の中に、「猫が花壇を荒らして迷惑。」「だったら餌に毒を入れてまいておくといいのよ。」なんて言う人がいます。
ごく普通の主婦だったり、社会的地位のある人だったり、恐ろしい限りです。

年ごとに無理がきかなくなって、疲れやすく回復しにくいと思い知らされてます(-_-;)
お互いに、頑張り過ぎないように頑張りましょうね(^-^*)/

鍵コメNさん

特に体調が悪い所はありませんので、大丈夫です。
ありがとうございますm(_ _)m
無理せず、がんばります!

ならねこさん

ありがとうございます。
地域猫についてもいろいろと勉強したいので、参加したいと思っていましたが、木更津市のHPでも連絡協議会のお知らせでも、参加は木更津市民または在勤在学者となっていました。
なので私は参加できないと思っていたのですが、どうなんでしょうか?

町内の猫嫌い、特にお年寄りは厳しいです。
趣味の家庭菜園を守るためには、猫なんて殺してもいいと平気で口にし、それが正義だと思っています。
そういう人が歴代の町会長を務めていた人だったりします。
でも、私の町会も変わるかもしれないという期待は持ち続けて居たいと思います。

No title

こんばんは❣
私のブログは殆ど愚痴ぶろぐになってしまってますね(笑)
当時とても混乱してしまい、優しいwoojyanさんを巻き込んでしまい、本当に申し訳なかったですm(__)m

鳥は日の出と共にあらわれカーテンを開けると飛び立つので、ちゃんと確認できてません
が、フンが3種類残ってまして、8割がお線香の灰のようブツ、あとが緑っぽいべちゃっとしたのと子犬の糞のような黒いブツです
最近急に増えたんですよね。夜間洗濯物が干せなくなってしまいました(>_<)

外ネコちゃん達人馴れしていたから、毒餌にやられやすかったみたいです。犯人もおおよそわかっていましたが証拠がなかったので事件にもなりませんでした。犠牲猫を増やさないようにボラさん達の行動は特急便で、あっという間に外ネコちゃんがいなくなり、顔見知りのボラさんに話を聞くまでわかりませんでした。ご飯も足りていたはずだし、喧嘩もなく糞でも迷惑かけてなかったと思うんですけれどね。。。

woojyanさんの活動が実を結ぶといいですね(=^・^=)
でも時々は身体も心もしっかり休めてくださいね☘

うらら姫さん

遅くなってすみませんm(_ _)m

ブログは他の人を傷つけたり、嘘の情報を流したりしない限り、書いている人の思う通りに書けばいいと思います。
だから私も、愚痴愚痴言ってもな~、なんて思いつつ、やっぱり愚痴ります(-_-;)
書くことで、気持ちが軽くなったり、愚痴であっても共感してくれたりすると、嬉しいですもんね。
ただ、病気とか災害とか事件とか、そういうシビアな体験に対しては、想像でコメントするのは誰かを傷つけちゃうかもしれないな~と思ってます。

3種類の鳥が来てるんですか。
緑っぽいべチャッとしたのは、大きければカラスの可能性アリです!
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)