さらに1匹

野良猫についての聞き込みをしていた時、尻尾の短いサビ母さんは春と夏に出産していて、夏に生まれた子猫は4匹。
そのうちの2匹(三毛とチビ黒)はうちにいます。
残った子はお父さんと一緒にご飯をもらっていると聞いていました。
気になっていたけれど、残った2匹の姿を見ることはありませんでした。

先日、畑の残飯を食べている痩せた小さな猫を見ました。
この前、2階の窓から見た、ハルそっくりのあの猫です。
もっと大きいかと思ったら、ずいぶん小さい。
たぶん三毛やチビ黒と一緒に夏に産まれた子です。

キャットフードをあげようと思って近づいたら、逃げて行きました。
逃げて行った先の畑にいたのは、町内でも猫嫌いで有名な人。
追いかけられて、さらに猛スピードで逃げて行きました。

ああ、こんなふうに脅されてビクビクしながら、やっとで生きているのか。。。
こんな小さいうちから、しっかり人間不信になってるんだろうな。
「うちに来なさい。」
姿の見えない子猫に向かって、気持ちが届くように念じていました。
サビ母さんや大きい子たちにも、見つけて連れてくるようにと学活で何度も言いました。

数日前、お隣の敷地に、大きなバッタを咥えたサビ母さんがいました。
「さっきご飯食べたでしょ!バッタなんて食べちゃダメ!!」
その時、車の下からあの小さなやせっぽちの猫が出てきました。
バッタが欲しいのか、ミャーミャー鳴いてます。

ああ、やっと来た。
急いでフードを出すと、ガツガツと恐ろしいような食べ方をします。
痩せて腿の付け根あたりは骨が浮き上がっているし、毛はパサパサ。


00がりがり061



同じ日に産まれた三毛と比べても、肉付きの違いは歴然。


00きょうだいなのに014 


もう少し来るのが遅かったら、どうなってたんだろう?
1度も姿を見たことのない、あと1匹が心配です。


我が家に集まったサビ母さん一家はこれで総勢8匹。
みんな落ち着いてきたし、ご近所さんも良い方なので、今のところ特に問題は出ていません。
時間的にも金銭的にも体力的にも今は大丈夫です。

もし、これ以上個人の力ではどうにもならない状況になった場合には、新たな覚悟を決めて動きますから、ご心配なく。
なんて言ったら、心配しちゃいますね~(笑)



関連記事

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)