芸は身を助ける??

今から29年前、それまで勤めていた会社を退職して、結婚しました。
生活が少し落ち着いてからパートに出ようと思ってたら、妊娠。

夫も父も母も働いていて、子供が生まれるまでは家に私一人。
この状況では動物も飼えないし・・・ヒマだヒマだヒマだ~~~

ああそうだ、花でも植えてみよう。。。
それが今のジャングル生活の始まり始まり。

その頃は、まだ花を育てることが「園芸」と呼ばれてました。
そして「園芸」はお年寄りのやる趣味とされていました。
「趣味は園芸」なんて言おうものなら、おばあちゃんみたい~と笑われました。
  こんなこともありました→ポチッ

それがいつしか「ガーデニング」という言葉になって、世の中変わりました。
毎年、タネをまいて苦労して育てていたパンジーやペチュニアなどの花苗が、今は100円以下で買えます。
あの頃、高くて苗を買えなくて、タネをまいて育てるしかなかったストレチアが、100円ショップに売ってます
あの苦労は何だったんだ~
でも、あの時覚えた知識や経験が、確実に今の仕事に役立ってます

でも最近の植物は、難しい横文字の名前が多いですね。
例えば・・・プシュードランセマム・レティクラツム・オヴァリフォリウム

9b609964b97b7deafa9ae3494ce584d1.jpg
沖縄県花卉園芸農業協同組合より画像をお借りしました


もうどうやったら覚えられるの~~~


 

昔は小さくて可憐な花が多かったけど、今は大きくて派手な花をたくさん育ててます。
ハイビスカスとかアンスリウムとか大輪のランとか。

JFlXegmCFnggjnE1474117684_1474117722.jpg
銅葉のアンスリウム


鮮やかな南国の花を見ていると、
「小さいことを気にするな~!元気出せ~!!ほらっもっと明るく~~!」
そんなエールを送ってくれているような気がします。
だから冬でも室内に赤や黄色の明るい花をいっぱい咲かせます。
「いっぱい」の量がホントにいっぱい過ぎですけどネ。


関連記事

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)