ダイエットします!

陽生、最近なんだか幅が広くなったような・・・


00生協さんのカタログの植え021
生協のカタログがすっぽり隠れます


体重を測ってみると・・・

わわわっ、なんと8,4㌔
もうおデブじゃなくて、大デブ。

うちはエルが療養食なので、ハルにも基本おやつをやってません。
他の方からいただいた時に食べさせるくらいです。
7,4㌔になった時から、これ以上太らせないように、ご飯の量もしっかり量って、むら食いエルのお残しも食べさせないようにしていたのに、どうして?
野良時代、少ない量でエネルギーを溜めこむような体にしていたとか?

もともと骨格が大きい子で、保護当初の痩せっぽち状態で5,8㌔ありました。
7㌔くらいがちょうどいいのかな?と思っていたのだけど・・・
やっぱり8㌔超えはマズイ。。。

遺伝的に茶トラ猫の7~8割がオスで、体が大きい子が多いようですね。
読売オンラインの発言小町にもこんなのがありました
  http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0627/421195.htm


だけどやっぱりおデブは万病の元なので、ダイエット始めます!
カロリーが少なくても、しっかり栄養はとれて、さらに満腹感が得られるというコレ

00ダイエット食091
ロイヤルカナン・満腹感サポート


8㌔猫で1日の摂取量が75g。
今まで食べてたピュリナのインドアキャット用フードよりも、ずいぶん少ない。
でも、今のところ「飯くれ~~」と騒いだりしないので、やっぱり満腹感があるのかな?

獣医さんのブログに、1カ月につき50gの減量が好ましいと書いてありました。
1カ月50gとすると、1㌔減量するのに20カ月ってことね。
先が長い。。。
2年後には、以前のような筋肉質なハルに戻ってる・・・かな?


RwqtyRuCGuPoAGs1455805077_1455805101.jpg
マッチョだった野良時代


一応ハルの名誉のために・・・
ハルは運動できるおデブさんです。
毎日エルと追いかけっこして、キャットウォークもトントンとジャンプして上がれます、今のところ。

何のかんの言って、我が家で一番ダイエットが必要なのは、いまだに育ち盛りのお父さんだゎ~


  もうひとつ、記事をアップしてます。


関連記事

No title

お外時代も ハルくん ガリガリではないですもんね。
まさしくマッチョ(≧ω≦。)
男の子は大きい子が多いから 適正体重がわからないけど
背骨や肋骨が撫でた時に触れない状態は太りすぎって
思うようにしています(^_^;)
ご飯を変えても 減らしても いい子にしてるんだね~♪
ハルくん いい子だな~♪
ダイエット 頑張るんだよー!!! 応援してるからね!


理解してくれる 話を聞いてもらえる そんな当たり前の
関係が保てない介護生活だからこそ うんうんって
思いやりの会話がしたいだけだよね。
認めてもらえない関係って すごく疲れるもんね。

No title

うちで生まれた茶トラ君は生まれた時から
大っきかったです♪

今1.5ヶ月だけど手足がおっきいからきっと
陽生のよう立派な男の子になるのでしょうね(^^)v

nekobellさん

野良時代は日々縄張りの見周りや侵入者を追いかけたり、食べ物を探しまわったり、今とは全く運動量が違いますもんね。
ハルを保護した当初は、そっと上から手を置くだけで、背骨の一つ一つがわかるような感じでした。
それでも6㌔近い体重がありました。
今は・・・背骨、行方不明中(ーー;)
いなくなった背骨やろっ骨に帰って来てもらうようにしたいと思います。

月に1度のケアマネ訪問の時に、「私は何一つやってもらってません!」と訴える母。
ちょっとムカッとしたけど、もう何とも思いません。
ご飯も洗った服も、勝手に出てくるようです(笑)
むしろ発せられることのない「ありがとう、いつも悪いね」という言葉を期待して、うつ状態になっている多くの方のブログを読むたびに、心が痛みます。

藤子さん

そうですね、藤子さんのところで生まれたベビーにゃんたちの中でも、茶トラくんがやはり一番大きいですね。
恐るべし、茶トラ遺伝子!
と言っても、科学的に証明されているわけじゃないようですが(^_^;)
小さいときから大きい子って、やっぱり普通より大きくなるんでしょうね。
陽生も幸多もすっかりおとなになってから飼い始めたので、小さいときのことはわかりませんが、藤子さんのところの茶トラくんを見ながら、きっとこんな感じだったんだろうな~と思ったりしてます。

No title

ハルちゃん、写真で見る限り普通ですけど(^_^;)
結構スマートだと思いますが、体重8.4キロとはビックリ(@_@;)
この前テレビで8キロの猫を見ましたが、動けないほど太っていて驚きでした(^_^;)
それに比べるとまだまだ大丈夫かな、という感じ。
元々骨格が大きいのですね。
ダイエット用の餌は有害物質が含まれているとの噂を聞くので、ちょっと心配です。
ライオンのような大きい猫っていうのも、自慢になっておめでたい気分になると思いますよ〜(笑)

しかし、うちのトラキチが4.5キロですから、8キロオーバーというのは想像がつきません。トラキチの場合は女の子で小顔で骨格が小さいので、これでもデブの部類です。
私は大きい猫が好きなので、「トラちゃん大きくなってネ♪」
と言って餌はふんだんに与えています(笑)
でも、昔親戚の家へ行ってアメリカンショートヘアのオス猫の巨大なのを見たときには、怖くて近寄れませんでした (°◇°;)

認知症、これは大変難しい問題です。
私の父は脳梗塞で全身マヒだったので、口で暴言を吐くだけだったのでまだ良かったですが。
「これは病気なんだ」と割りきって考えるしかないですよね。単なる老化現象とは明らかに違います。
woojyanさん、ストレスをため込まないように、例えばブログとかでどんどん口に出して言っちゃってください。

No title

8.4㌔?デッカ~い(^◇^;)

ハータンは3.5㌔ですからね…想像することもできましぇ~~ん(;^_^A
ダイエットですか…ダイエット前に抱っこしてみたいなぁ〜

赤トラさんは骨格が大きい子が多くて男の子が多いですよね。で、フニャフニャ~ではなく、筋肉質で体の硬い子が多いです。


介護はつらいです。時に心が踏みにじられてしまうようなこともあるしね。でも、確かに介護の苦労をされている方の気持ちは…痛いほどわかる気がします。仕事を続けるのも難しくなりし、自分を失ってしまうこともね…難しいですよね。

No title

woojyanさん こんにちは~🎶

あらら~
ハルくん、いつの間にやら大きくなっちゃて!
にゃんこにも、幸せ太りってあるんですね(⌒・⌒)ニコニコ

家猫になって、安心しきって、「3食昼寝付き」なんだから当然かな。
って、そんなこと言っている場合じゃない?

ハルくん、と言うより、woojyannさん、ダイエット頑張ってくださいね~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ロッドさん

5㌔が適正体重の子が8㌔になるのと、7㌔の子が8㌔になるのでは、大違いですもんね。
やっぱりハルは体そのものが大きいので、体重があってもそんなに太っているように見えないんでしょう。
幸多はハルより2㌔くらい少なかったけど、幸多の方が見た感じは太ってたな~って思います。
もともと茶トラは大きくなりやすいみたいだし、洋猫の血が入っているようなので、ほっとくと9㌔超えてしまいそうです(ーー;)
猫のダイエットフードに有害物質の噂、ネットで調べましたが、特に出てきませんでした。
もし何か情報があったら、教えていただけますか。

せっかく再起して始めたこのブログを不満だらけの内容にしたくないので、もしどうしても耐えられなくなったら、こそっと別名で別ブログを書くことにします(^_^;)

まめはなのクーさん

ハータン、3.5㌔ですか、4㌔前半くらいかな?と思ってました。
ハータン2匹よりハルの方が重いんですね(^_^;)
ハルは抱っこも嫌がりませんが、重すぎて私の方がずっと抱っこしていられません。
ずっしりと漬けもの石のような感じです(笑)
エルしかいなかったときに、友達からやっぱり女の子はふにゃ~っと柔らかくて抱き心地がいいわね~と言われました。
その時はそんなに違うものなのか?と思いましたが、ホントに全然違いますね。

もの忘れ外来の母の担当の先生からは、仕事は絶対にやめないように!と強く言われてます。
家のこの状況から離れた世界を持つことは、ホントに大切だと思います。

コイズミヤクモンさん

こんなに痩せっぽちで可哀そう~と思ったのもつかの間、あっという間に大きくなっちゃいました(^_^;)
野良さんの頃は、縄張りの見回りとかご飯探しなどで歩きまわっていただろうし、去勢手術もしたから、太る条件はそろってましたが・・・
幸せでも太り過ぎではいけないですよね。
ご飯が少なくて可哀そうに、お腹すいてるんじゃないか~?と夫が同情してます。
絶対量った分だけしかあげちゃダメだから!と夫に言ってます。
こう言う時は、女の方が情け容赦ないんですよね。
あれっ、うちだけ?(笑)

鍵コメ0さん

良く食べる子って、元気でいいのですが、やはりどうしても太ってしまいますよね。
人間同様太るのは簡単だけど、痩せるのは難しい。。。
テレビなどでダイエットが必要な犬猫を見るたびに、犬猫が勝手に冷蔵庫を開けて盗み食いするわけじゃなし、食べ物を与え過ぎる飼い主が悪いんだ~!って思ってました。
まさか自分の身に降りかかってくるとは(>_<)
ステアライズドアペタイトコントロール、あまりおいしくないんでしょうか?
お互いに情報交換しましょう(^-^*)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

追加説明します。
友人にダイエットと名の付くキャットフードは買わないほうが良いと言われました。
その友人に直接聞いてみれば、詳しく教えてくれると思いますが、私はそれ以上は聞いていません。ものすごく詳しいです。
ここに直接リンクを貼ると迷惑になるかもしれないので、私のブログのリンク(Gさんです)を見てください。
その人は市販のキャットフードは使わずに、大変な手間をかけてウズラの肉とか酵母・薬草とかの自然食のみでやっています。

私はそこまではできないので、市販のキャットフードで何がお薦めか?聞いてみたのですが、ドイツ製の超高価な物を薦められました。とても私には無理なので、独自に調べてペットラインのメディファスにしました。前は一番安いキャラットでしたがメディファスにしてから前より一層健康になりました。
昔サイエンスダイエットというのを使ったことがありましたが、あまり喜んで食べず、やめました。
他の事柄でも私の経験では、ネットで調べると業者に都合の悪い情報はほとんど出てきません。そういうふうに管理されているような気がします。
人間の場合ですが、母が中国製の減肥茶を飲んだら確かに痩せましたが血圧が200まで上がってしまって危険な状態になりました。これは有害物質が入っていて新聞紙上で問題になりました。
大豆を食べると食欲が押さえられるので、日本人が西洋人より肥満が少ない要因だろうと言われています。味噌とか豆腐が良いそうです。

鍵コメNさん

知らぬ間にどんどん大きくなってました(^_^;)
まるでライオンの子供のようです。
伏せていると、下半身が広くて尻尾が長いので、マンタみたいにも見えます(笑)
これだけ重量感のある猫はめったにいないので、抱き上げるたびに重さを楽しんでます。
ただこれ以上重くなると体に良くないので、やはり1㌔くらい減量しないと。。。

母はデイサービスに通ってますが、そこのスタッフさんには本当に頭が下がります。
スタッフさんのような対応ができればいいのですが、肉親だとかえって難しいですね(-_-メ)

ロッドさん

追加情報をありがとうございます。

市販のキャットフードは、保存料など何かしら問題は必ずあるので、きちんとした知識の上で作った手作り食が一番健康のために良いと思います。
犬や猫に毎日手作り食を与えている飼い主さんのブログを見ると、本当に尊敬します。
ただ私の現状では、猫に必要な栄養や手作り食に関する知識がなく、厳選した素材を購入できるような金銭的な余裕もないので、今は市販のフードを購入するしかありません。
でも気になるので、どのような有害物質が入っていて、どの程度影響を及ぼすのか、調べてみたいと思います。

No title

こんにちは
ハルくん 運動量が少なくなっても、前と同じように 少量でもエネルギーをためる体質のままなのかも知れないですね! 同じく おデブさんになったオバさんを知っています(はい 私です(^-^;)

どんな介護も大変ですが 「体は元気で口も達者な攻撃型の認知症」の親御さまと暮らすのは 一番大変で 精神的に辛いのでは・・と思います。 以前に ご主人さんが耐えれないと言っておられるとの記事を読んだ時にも 相当お辛い思いをされているのだと思いました。  幼い時からの愛情も 深い恩義も覆されてしまうような攻撃的な認知症へのストレスは ほんとう多大だと・・・  別名で別ブログなんて・・でも もしそうされたら 教えて下さいね! でもwoojyanさんの認知症介護のお話が ぐち には全然思えないです・・(*^-^*)  

ねこ眠りさん

今は私も肉体労働の仕事で、仕事中は動き回っているので何とか標準体型を維持していますが、仕事を辞めると途端に太ります。
若い頃は全然太らなかったのに、今は水飲んでるだけで太る!(笑)

うちの場合はたぶん認知症うんぬんよりも、元々の親子関係に問題がありました。
きちんと衣食住を与えられ、教育も受けさせてくれました。
それなのに幼い時からの愛情も、深い恩義も・・・残念ですが感じないのです。
「あなたはお母さんと同じことを決して自分の子供にしないように」とカウンセラーの先生から強く言われました。
カウンセリングを受けて、自分でも心理学の本などたくさん読んで、これまでずっと普通だと思っていたことが、実はまったく普通ではなかったことに気づきました。
母が認知症になる前に気づいてたら、いろいろ違っていたかもしれません。

No title

何度もすみません(^_^;)
↑のねこ眠りさんとのやりとり、とても深く共感しました。
私もwoojyanさんと同じなんですよ!
共感するって、とても大切な事ですよね。生きる希望が湧いて来ます。

うちの場合は、父親が頑張って良い仕事をしてくれたおかげで、お金には不自由しなくて学校もちゃんと出させてもらえました。
でも、愛情というか心というものがおろそかになっていたと思います。
お金と物さえ豊富にあれば、それで幸福なのだ。それで親は義務を果たした。心の問題は自己責任だから関知しません。そういう家庭でした。
悩みも聞いてくれないし、友達関係などなど、たとえば「弱い者いじめはダメだよ」「相手の気持ちを理解しなさい」
そういう事は一切忠告してくれませんでした。
だいたい、心のそういうデリケートな問題や重要な話は避けて通るんです。
真面目な話は聞いてくれず、テレビ漬けの毎日で、つまらないバカ話ばかりでした。

No title

再度になり ごめんなさい(^-^;
友人が 「大好きだった母親が憎くなったことが悲しくて辛い」と言っていたので 同じように思ってしまいました。 
私は 義祖父(認知症)と父(癌で・・)と母(現在)の介護なのですが 実は介護とは呼べないようなことしかしていないので 本当の介護の大変さもよく分からずに 偉そうに書いてしまい・・ 
 一緒に暮らす家族の攻撃的な・・ が 一番辛いのでは・・と思ったのは、認知症とは違うけれど 子供の頃からの兄や 義母の攻撃的な言葉や 何かされることが辛かったからですが woojyanさんのお母様とのいきさつは また違うことだったのですね。 的外れなコメントをしてしまい ごめんなさいね(^-^;

ロッドさん

この年になって、今さら親がこうだから私がこうなった~なんて言っても仕方がないので、他の人に話すことはほとんどないのですが・・・意外とたくさんいるんですよね。
外から見る限り、きちんとした両親のそろったごく普通の家庭なのに、機能不全家族。

母の言うことは絶対で、言う通りにしないとすぐに手が飛んできました。
素直な姉はすぐに泣きながら謝るので許してもらえたけど、私は強情で謝らなかったので、さらにたたかれて。
母にしたら、思い通りにならない私は育てにくい子でした。
何で同居したのか? ああそうか、認められたかったんだ、とずいぶん後になってわかりました。
でも何をやっても当然のことと言われるだけで、常に「家に居させてやってるのに」「家も建てられないくせに」という言葉が出てきます。
親子問題の本に、「認めてもらおうと思うのは無理です」とはっきり書かれていて、かえってスッキリしました。
母に認められなくても、私は自分の人生を楽しく生きていく!と今は思ってます。

ねこ眠りさん

こちらこそ、気を使わせてしまってごめんなさいm(_ _)m
ねこ眠りさんの前回コメントのように思うのが、ごく普通のことだと思います。
お友達の「大好きだった母親が憎くなったことが悲しくて辛い」という言葉をいろいろ考えました。
優しかった、明るかった母親が、認知症によって以前とは全く違った人格になってしまった事だけでもショックでしょうが、何より大好きだったのに憎しみさえ感じることが、本当に辛いと思います。
私の母は認知症になって性格上のイヤな部分が増大しましたが、元々の人格はそのままです。
ですから、お友達のように自分の感情が受け入れられなくて苦悩することは、ないように思います。
考えようによっては、私の方が精神的ダメージは少ないかもしれないと感じました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)