何でも来い!?

斜頚のカラスの子を保護して、最初の3日くらいは、朝になったら死んでるんじゃないかとドキドキしてました。

2週間前に比べると、ずいぶん状態が良くなりました。
人間にも斜頚はありますが、調べてみると、セキセイインコやウサギなどでも斜頚は結構あるようです。
原因はいろいろなようですが、治る場合も多いようです。
獣医師からは、3カ月くらいで治るような感じがするけど・・・と言われました。

グーの状態だった右脚は、指を開いた状態で歩けるようになりました。
首はあいかわらず右に傾いていますが、以前より動かせるようになってます。




ここ3日ほど、羽を広げて飛ぶ練習をしているけれど、首が曲がっているため、くるくるとその場で旋回してしまいます。
でも一生懸命バサバサやっているのを見ると、やっぱり空を自由に飛びたいんだなぁと感じます。

今一番問題なのは、羽づくろいができないこと。
一生懸命、羽づくろいの動きはするけれど、羽にくちばしが届かない。
脂腺の脂を羽に塗ったり、羽を整えたりができないと、命にかかわってくることもあるようです。


カラスは特に野生に放しにくいから気を付けるようにと獣医師に言われてました。
カラスが野生に戻るのは大変というより、人間がカラスを手放したくなくなるらしい。。。
カラスはどんどん勝手に懐いちゃうからね~って言われたけど、
本当にもうどんどん懐いて可愛いったらありゃしない。
このままずっと一緒に~と思うこともあります。

そんな誘惑に負けないよう、自問自答します。
私はこの子の体が悪いままでいることを望んでいるの?
それとも羽づくろいも飛ぶこともできる健康な体を望んでいるの?
もちろん自由に動けるようになってほしい。
でもそれは、野生に帰すと言うことです。
寂しいけど我慢しなきゃ。
この子の幸せは、不自由な体でうちに居ることじゃない。


20110723204410カラスの親子5c2s


散歩の時にこんな様子を目にすると、せつない気持ちになります。
この子だって、実の親兄弟と暮らしたかったはず。


傷病野生鳥獣救護ボランティアに申請する際、アンケートがあります。
どんな鳥は飼育できるか?
どんな小動物は飼育できるか?
鳥かごやケージは、どのくらいの大きさの物をいくつ持っているか?など。

一応、鳥は猛禽類以外なら大丈夫と答えました。
野生に帰すことを目的にした場合、猛禽類には生きた餌を与えるそうです。
ハツカネズミとかヒヨコとか、無理無理無理ぜ~ったい無理!

小動物は、家の中で面倒見られる程度の動物なら、と答えました。
私としては、リスとかコウモリなどを想定してたのですが、
「タヌキの子はどうですか?犬みたいでかわいいですよ。」と言われました。
タヌキ・・・

リックも今年で11歳。
考えたくないけれど、あと何年一緒にいられるか。
リックの後は、タヌキの一時保護も有りかな。
同じイヌ科で、成獣で重さ10kg位ってことは、リックの半分くらいかぁ、
などと、タヌキについてちょっと調べてみる。

猫を飼ってみたいと思ったら、エルが家の前に捨てられていて、
大きな茶トラのオス猫っていいな~と思ったら、幸多が現れて、
幸多が死んだら、すぐにハルが来て、
カラスって面白そうって思ってたら、カラスを保護して・・・
なぜか生き物だけは、興味を持つと必ず向こうからやって来る。
いつかきっと、タヌキもうちに来るはず。。。

そんなことを考えてたら、ますます田舎に引っ越したくなりました。
もし引っ越せたら、キョンでもハクビシンでも引き受けますよ~。

あっ、こんなこと書いたら、キョンとハクビシンもきっと来る。。。


関連記事

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)