やっぱりカラスは面白い!

「OAKS-GT」のgifunotakaさんが、家の近所で生まれた子猫を9匹、
やむを得ぬ事情で保護されました。
http://gifunotaka.blog.fc2.com/blog-entry-186.html

2匹は里親が決まったそうですが、残りの7匹の里親を募集しています。
岐阜方面で里親希望の方、ご協力いただける方がいらっしゃいましたら
よろしくお願いいたします。


カラスを保護して2週間経ちました。
もうめちゃくちゃおもしろいです♪

部屋の隅っこからホコリを見つけ出してくわえてきたり、
床にポトッとやったフンを拭こうとティッシュを出すと、走ってやって来てティッシュを引っ張ったり。
ケージに敷いてある新聞は細かく破ってボロボロにするし、
新聞が動かないように留めてある洗濯バサミは引っ張り落とす。

00新聞運び024 


鳥かごではなく猫用ケージを使っていて、移動できるようにキャスターをつけてあります。
おもちゃになりそうなペットボトルのフタとか、キーホルダーなどくわえてひとしきり遊ぶと、ケージと床の間にせっせと隠します。
ときどき奥の方に入れて取れなくなって、ものすごくあせってます

とにかく何か面白いことはないかな?と、いつも考えているような感じです。
そういえば、すべり台ですべって遊んでるカラスの動画が話題になったことありましたね。

ネットで調べると、カラスを飼っている人、飼ったことのある人が意外に多くてビックリです。
そしてみなさん、カラスには手を出さない方がいいと言ってます。
なぜなら、すごーくたいへんだから。
と言いながら、みんなすごーく楽しんでます。


Amazonで中古本を買いました。

00カラス関係の本購入048


どちらも研究者による内容の濃いものです。
「カラスの教科書」は以前の記事で紹介したことがあります。
   「カラスの教科書」の記事はコチラ

そうそうその通り!とか、えっそうなの?とか実に面白いです。
語り口が軽妙で思わず吹き出してしまうことも。
カラスに対する見方が変わるので、おススメです!


カラスの写真や動画をたくさん撮りたいと思っているのに、
カメラを向けた途端、逃げます。
多分レンズが目玉のようで怖いのでしょうね。

スマホじゃないし、私のガラケーではきれいに写らないので、
今現在、デジカメしか写真を撮る方法がありません。
デジカメを怖がらせないようにする何か方法がありませんか~?

もう一つ記事をアップしています。


関連記事

No title

そんなに可愛いんですね。
楽しそうで何よりです。
デジカメを怖がらせないためには、
取り敢えずいつも見える所に置いておいたり、
そしてだんだん距離を縮めてみるのはどーですか?
そのうちカラスさんがオモチャにするかも???

No title

カラスの可愛さの壺、ワタシにもわかりますぅ。
脳みそが多少大きいからなのでしょうか、やることなすこと計算尽くのような行動。
おぬし、どう見られているかわかっているな?と言いたくなります。
ちょんちょん歩きもなんだか楽しそうで観察していて飽きませんよね。
タヌキもキョンも・・・woojyan動物記が書けそう。
そんなことを考えていたら自宅で一時保育をしていたころの子供たちを思い出しました。いろいろな子がいましたっけ。
ワタシのこと、覚えているかなあ。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

カラスちゃん、愛嬌がありますね。
woojyanさんの手ですよね?
かなりなついている感じがします。

良くなって、巣立ってほしいけれども…
ずっと一緒にいたい。
そのお気持ちがよくわかります。
心配ですよね。良くなったとはいっても
障害を抱えて外で生きていくことを思うと…

鳥獣保護ボランティアは多岐にわたるのですね!
たぬきさん、かわいいだろうなあ。
先日、熊の子どもだと思ったら、たぬきだった。
とニュースでやっていました。似ているみたいですね。

No title

私カラスが好きですよ〜(*^^*)
以前、バサバサっと音がして、何かと振り返ったら、ハシブトカラスが私のすぐ肩越しに~(^◇^;)
おまけに目が合っちゃってビックリしましたよ。でも、小首を傾げて私を見てました(*^^*)

どうしたの、ビックリするじゃん〜と、思わず声をかけちゃいましたよ。賢くて可愛いですよね〜

元気になってほしいけど…、でもいつまでも一緒にいたい気持ちもドンドン膨らんでしまう…辛いところですね〜

No title

噂には聞いていましたが、カラスはそんなに賢いのですか!
犬や猫とほとんど同じですね。
同じ鳥類でも他の鳥とはずいぶん違うようですね。
子供の頃、近所に「カアちゃん」と言葉をしゃべるカラスが飼われていて、見に行ったことがありました。
お母ちゃんを呼んでるのか?と思いましたが、カラスのカアちゃんという名前で、繰り返し呼ばれているうちに覚えたのでしょう。

タヌキは田舎だけでなく都会にも多いようですね。
うちの庭におしっこするので、とても臭いです!
昔、飼っている人の話を聞きましたが臭くて大変だとか。
いくら綺麗に掃除をしても、体臭自体が強いので大変なようです。

この前キツネの子を見かけて、とても可愛かったのでネットで調べてみたら、
キツネやタヌキは飼うのに特に許可は必要ないとか。
本当かな?鳥類に比べると規制は緩いみたいでした。

No title

あ~、やっぱり烏は可愛いんですね。
私には10年以上前からの妄想(願望)があって、「烏と友達になること」なんです。
朝雨戸を開けたらおはよう、かぁ~、と挨拶し合って、おやすみ、かぁ~で1日が終わるような感じ。
もちろん烏はお外にいます。

もしかしたら私の妄想(願望)をwoojyanさんがかなえてくれそうですね。

カラスくんも元気になあれ。

ちこさん

今まで手乗りセキセイインコとかジュウシマツとか鶏とか、人懐こいのや小さいのから大きいのまでいろんな鳥の面倒を見てきましたが、なんか今までの鳥のイメージを超越してます(笑)
個人的には、犬でも鳥でも大きいほど好きなので、カラスのこの大きな存在感、すごくいいです♪

カラス飼いの方々の写真を見ると、実に可愛らしく上手に撮ってるんですよね。
うちのカラスはそれほどビクビクと何にでも怖がるような繊細な感じではないと思うんですが、カメラだけはダメ。
すぐ後ろ向きになって逃げていきます。
野生の本能なので、残しておいた方がいいんでしょうが、写真が撮れないのはちょっと残念(-_-;)

ぱぱげーなさん

カラス可愛いんだから~と言っても、本心から同意してくれる人はなかなかいなくて。
都会ではカラスが増えすぎて問題になっているし、小鳥の好きな人でもカラスはちょっと、、、と言う人が多いんです。
まぁ、それが普通なのかもしれませんけど(^_^;)
変な先入観なしに観察すると、身近な鳥の中では一番行動が面白いと思います。

動物記、いいですね~。
20年くらい前からもっといろいろな動物と接することができていれば、さらにいろいろな面白い経験ができただろうな~と思います。
まぁ仕方ないですね、怪獣3匹(笑)育ててましたから。

鍵コメ0さん

カラスって身近にいつも目にするのに、ほとんど興味を持つ人がいませんよね。
黒くてなんとなく怖そうな感じだし、、、いっそのこと三毛だったら、カラスのイメージもすごーく変わると思うんですけどネ。

紹介していただいたブログを見ました。
ブログ内検索機能が付いてないので、なかなかお目当ての記事を探すことができなくて、、、
保護当日翌日くらいの記事だけは読めたのですが、それ以降の様子がわからなくて残念です。
もし、書かれた日付などわかったら、教えていただけますか?

nobi8nさん

なぜかくちばしの周りの部分だけ毛が薄くて、ハゲタカみたいな顔してます(笑)
これもご愛嬌です。
動画に出てくる手は私の手です。
野生に戻した時には問題になると思うのですが、直接指で餌を与えてるので、手を出しても全く平気です。
これから先のことはどうなるか、なるようにしかならないので、しばらく見守りたいと思います。

クマの子だと思ったら実はタヌキの子だったというニュース、知ってます!
タヌキの子、可愛いらしいですよ~。
ただ大きくなったら犬のように人に従ってくれないので、扱いは難しいようですね。

まめはなのクーさん

カラスが好きですよ~と言う人は周りにはあまりいないので、嬉しいです♪
毎日なんやかんやとイタズラばかりしてますが、これは知能が高い証拠ですね。
一般的には嫌われ者のカラスなので、これからはカラス親善大使として、カラスの可愛さを伝えていきたいと思います(^-^*)/

大人カラスの目は全部真っ黒なので、すごく可愛い目をしているんですよね。
体も真っ黒だから、目まで意識して見ることはあまりないのかもしれませんね。
子供カラスは白目の部分がグレーなので、大人カラスよりも目付きが悪いです(笑)

ロッドさん

どういう基準で判断しているのかわかりませんが、カラスの知能は犬より高いそうです。
簡単な三段論法もできるそうですが、人間で三段論法ができるのは幼稚園児くらいからなのだとか。

タヌキを飼っている方のブログを見ると、小さい頃から室内飼いでトイレシートの躾をして、散歩から帰ると毎日シャワーをするので、まったく臭わないそうです。
そこまですれば、タヌキも無臭になるようですが、そこまで世話できる人ってなかなかいないですよね。

鳥獣保護法では①定められた期間(冬季)②定められた場所、③定められた方法、で狩猟することは認められてます。
③は銃や罠の免許が必要で、免許がない場合は素手で捕まえるのは合法だそうです。
上記の3条件そろって捕まえた野生鳥獣は、食べても飼ってもいいそうです(ただし、メジロなどは規制あり)
でも3条件がそろわないと、捕獲も飼育もできません。
幼獣やヒナを捕殺・捕獲されないように、狩猟時期を冬季に定めてあるそうです。
期間限定とはいえ狩猟はよくて、保護はダメ・・・ということらしいです。
内容を熟知していないのですが、何とも納得がいかない規制です。

mikiさん

mikiさんにそんな願望があったなんて!!
カラスなら住宅街でも普通に目にするので、カラスとお友達になるチャンスはあると思います。
よくカラスに攻撃されたなんて聞きますけど、子育て中以外は、まず攻撃することはないそうです。
ただし、しつこくいじめたりすると反撃されるようですが。
カラスは人の顔をよく覚えるので、この人は優しい人と認定されれば、お友達になって、mikiさんの声に返事してくれる可能性はあると思います。

今は猫さんがたくさんいるので無理かと思いますが、いずれmikiさんもボランティア登録してはどうでしょうか?
カラスだけではなく、タヌキやアナグマなどとも生活を共にすることがあるかもしれませんよ~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ0さん

わざわざありがとうございますm(_ _)m
今、読んできました。
いろいろたいへんそうだけれど、楽しそうな感じがします。
参考になりました。

No title

woojyanさん 楽しんでますね~♪
大変なのを 観察して調べて知って 身近に感じとって
楽しめるのがwoojyanさんのすばらしいところですね。
カラス 一般的には大きいし 執念深くて怖いけど
知ってる子は可愛いです。
頭がいいし 顔もちゃんと覚えてくれるし♪
いい人に保護してもらえて良かったよね~ カラスちゃん!
次はタヌキかぁ~(≧ω≦。)
確かに子供の頃は犬みたいかも♪

No title

こんにちは
カラスは可愛い・・ に本心から同意しますよ~(^◇^)
私もカラスや大きな鳥と親密に仲良くなりたいと 小さい時から思っていました。 大勢で飛んで来てくれるだけでなく 一羽と一人でも 仲良くなりたいなぁ・・と・・(*^-^*)
噛むかもしれない嘴の中に手を突っ込める woojyanさんの勇気がすごいな・・と脱帽しました。 大丈夫だと教えてもらった後なら出来ても 最初の勇気が・・  本当に命を救うということは 知識と強い心が必要なのだと改めて思いました。

woojyanさんは いつも 私の父を思い出させてくれます♡ 
父は 家の周りが開発されても 自然農法をしていて 畑の中には怪我をして助けた野うさぎや鶏・・ヤギがいたことも・・ あちらこちらの猫ちゃんや 自由に来る鳥達や 水場には亀や金魚・・  
父も 「ふと思ったら 来ちゃうんだ!!」 と言っていました(*^-^*)  

nekobellさん

楽しいんですよ~、可愛いんですよ~♪
でもめちゃくちゃたいへんなんですよ~(ーー;)
カラスはフンがすごく多いってみんな言ってますが、ホントにそうなんです。
何でそんなに出す?!(笑)
まぁ体も大きくてそれなりに食べるのでしかたないけど。
たぶん、チワワなんかよりよっぽどたくさん食べます。
カラスは一度の10人の顔を覚えられる!なんて書かれてました。
私、一度に10人の顔なんて覚えられません(^_^;)
タヌキは小さいうちはいいけど、たいてい大人になると凶暴になるみたいですね。
そのうち、ブログタイトルが「タヌキとカラスと自由な心」になってたりして(笑)

ねこ眠りさん

カラスは記憶力がいいから、この人はいい人だ~と認めてもらえれば、野生のカラスでも結構仲良くなれるかもしれませんよ。
ただ、家に集団で来られると、ちょっとマズイかも(^_^;)
くちばしも2週間前はもっと柔らかくて力も弱かったけど、近頃はくちばしも硬くなって力も強くなりました。
わざと指をぎゅ~っと噛んでみたり、突っついたりされると、結構痛いです(>_<)
最近はヤンチャばかりしてますが、それだけ元気に成長してるってことなんでしょうね。

今でこそ自然農法の本があったり、有名人がやってたりしますが、お父様がやってた頃は(いつかわかりませんが)周りの理解が得られなくて大変だったと思います。
自然農法にウサギに鶏にヤギ・・・最高の環境ですね(*^^*)
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)