見捨てられた猫

リックを動物病院へ連れて行きました。
犬の義務である狂犬病注射をして、フィラリアの検査ついでに腎臓肝臓その他の血液検査と、心臓のエコーをお願いしました。
元気いっぱいにみえても、もう10歳半。
人間に換算すれば60代半ばくらい?
生後3~4カ月だったリックが、いつの間にか私の年をすっかり越えてしまいました

検査結果はどこも悪いとこナシ。
健康優良爺、まだまだ若いもんには負けません!


00027571571.jpg
売られたケンカは買います!!




近所の完全室内飼い猫が脱走して、4年前から野良生活を送っています。
   脱走猫の記事はコチラ

脱走直後はポスター貼って探していて、その後、家周辺にいるのもわかっていました。
ところが「捕まらないんですよね~」と言って、そのまま放置。
いくら警戒心が強いといっても、本気で捕まえる気があったらできたはずです。

その子の飼い主さんは、うちの近くの一軒家を借りているカップル。
ところが、最近引っ越していなくなってました。

先日、脱走猫ちゃんが、その家の塀の上に座っているのを見かけました。
何を考えているのかな?
きっと見捨てられたってわかっているはず。

完全室内飼いだったし、不妊手術もしているから、それなりに可愛がられていたと思うけど・・・
とうとう飼い主がいない野良ネコになってしまったんだね。


のらになったねこ0001602


うちの周りにいつもいますが、とっても警戒心が強く、近寄れません。
夜、車庫に置いた入れ物に猫のドライフードを1食分入れておくと、いつも朝には空っぽになってます。
ただ、食べてる姿を見ていないので、ほんとにこの子が食べているのかどうかはわかりません。

勝手な元飼い主の尻ぬぐいをするのは腹が立ちます。
ただ、見捨てられた猫が不憫です。

  もう一つ、記事をアップしてます。




関連記事

No title

woojyanさん こんにちは~🎶

腹立ちますね~
無責任な飼い主に!

脱走したことさえ、意図的だったのではないかと、
疑わしくなってきますよ。

警戒心が強いことから推測すると、
もともと人懐っこくなかったのかも・・・
犬とは違うことを理解していなかったのでしょうか?
それが見捨てられた原因だったら、悲しいですね。

追伸:肥料をやらず、耕さず、雑草とバクテリアの力で野菜を育てる栽培方法は、なかなか理解されないみたいですね。

うちみたいに自宅の庭でやるならともかく、虫害や病気の原因にされてしまい、まわりから迷惑がられることが多いようですよ。

しっかり周囲とのコミュニケーションを取られているみたいなので、めげずに頑張ってくださいね(*^_^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

うちのもえちゃんも近所の飼い猫であったと思われます。
子供が無責任に飼っていて親は放置って感じでした。
もともとご飯だけは貰っていたみたいですが、外に出るのは自由だったので引っ越しの時に放置されました。
避妊もせずに年に何度も妊娠して産んだ仔たちはいったいどこへいったのやら。
でもあの家で飼われるよりは我が家で面倒見た方がよほど幸せだと思います。
いい加減な人たちには生き物(人も含め)を面倒見る資格はないです。

何もしない畑、「奇跡のリンゴ」の方法ですね。
安心安全が一番良いですよね。

No title

こんにちは。

お家の子からお外の子へ…
苦労が多かったでしょうね。よく頑張った!
警戒心が強くなるのもわかります。本当に切ないですね。

サニーレタスってこんなに大きくなるんですか!
つい3日前くらいに食べたばっかりですけれども…ビックリ!

きっとwoojyanさんの畑には心のこもったお野菜が生るのですね。
種とか、人為的に作ってしまって大丈夫なのでしょうかね?

No title

リック君 健康はな丸えらいぞぉ~♪
元気が一番だもんね♪
・・・って 売られたケンカは買うんかいっ(≧ω≦。)
若いなぁ~(^_^;)
猫さん 探しても見つからないのと違って 姿を現していたのなら
本気で捕まえようとすれば捕まえることができたと私も思います。
捕まえる気が そもそもなかったんでしょうね。
置いていかれた子って わかってると思います。
すごく感情のない目をしている子が多いです。
心無い人の尻ぬぐいをするのは とても腹が立ちますが 自分で
責任を取ってくださいと突っぱねると 脅迫に『保健所』を出してくる。
心無い人は どこまでも卑怯ですよね。
そんな人のために動いてるんじゃない。
私の友人も 保護活動をしながら 葛藤してます。

No title

 リックさん、健康状態は満点みたいですね!すごいよ、リックさん^^

 見捨てられたネコさん…切ないですね。
見捨てられても「平気だもん!一人でも頑張るもん!」と必死に頑張って、いるような気がして…。

 いつも猫を拾っては家の中が猫だらけ、犬だらけになっていた我が家。同じようなことを感じていました。
 一緒に生活した子たちへの執着がないって…逆にうらやましいくらいですよ。そんなふうになれたら、心が痛むこともなくて、のんきな気分でいられるんだろうな…

 でも、ニャンコには居場所が必要ですよね。頑張ってほしいけれど、お外の子は警戒心が強くなければ生きても行かれないでしょうしね。

コイズミヤクモンさん

元々警戒心が強かったのか、野良生活をしているうちに警戒心が強くなったのか?
どちらかわかりませんが、捕まらなかったんじゃなくて、捕まえなかった、ですね。

本当の農家の畑の近くで自然栽培をやると、かなり文句が出ると聞いたことがあります。
うちの周りは、趣味でやっている方ばかりですが、化成肥料はダメだけど有機肥料ならいいと言って鶏糞などをバンバンやってます。
でも農薬は使わないので、野菜が栄養過多で虫だらけになってました。
周りでは白菜の病気が出てましたが、うちだけちゃんと育っていたので、不思議がっていました。
自然栽培はどうやらいいらしい!と思っているようですが、きちんとした方が多いので、雑草だらけの畑にするのが心情的にイヤみたいです(^_^;)
いつかご近所にお仲間ができることを期待してます。


鍵コメ0さん

が家も何度か脱走させてしまったことがあるのでわかりますが、捕まえるまでの心配といったら・・・
完全室内飼いだから、外に出たらパニックになって、最初のうちは飼い主さんの声にも出てこなかったのかもしれません。
でも飼い主さんの家の敷地内に来て、ご飯ももらっていたようなので、捕まえようと思ったら捕まえられたはずだと思います。
でも捕まえなかった、だから置きざりにしていくこともできたんでしょう。
ああもう一生何も飼わないで!!
ところで、お探しの猫さんは見つかりましたか?

今年もミニトマトの苗が予定外に多く育ってしまって、結局全部植えました。
今年もミニトマトが主食になりそうです(ーー;)

鍵コメKさん

リック、今まで病気やけがで病院へ行ったことがなく、狂犬病と混合ワクチンの年に2回の通院だけです。
ところが爪切りをされるのがイヤで、病院の中に入るのを拒否します。
やっぱり、元気がなによりですね。

引っ越しで置き去り・・・よく聞く話ではあるけれど、ずっと他人事だと思っていたから、自分が関係するとは思いませんでした。
確かにホントに可愛がっていたなら、こんなことしませんよね。

イチゴ、量が少ないのに高いので買えません。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
バナナならイチゴと同じ値段でお腹いっぱい食べられるのに~

mikiさん

もえちゃんも置き去り猫なんですか。
だいたい子供が面倒みるから~なんて本気で思ってる親は、無責任と言うしかありませんよね。
子供にもよるだろうけれど、きちんと世話したり躾したりできないだろうし、不妊手術のことなんてわかりません。
そういうことを考えないで放置する親って何なんでしょうね?
子供のこともほっぽらかしなのかな?って思ってしまいます。
もえちゃん、今はmikiさんの家でちゃんと病院へも通って、ほんと幸せだと思います。

何もしない畑、これが結構面倒で、手間と時間がかかります。
でもこの手間もなかなか楽しいです♪




nobi8nさん

もともと野良母さんから生まれた子も大きくなるのは大変でしょうけど、おうち育ちの子が生きていくためのスキルを身に付けるのは、もっと大変かなと思います。
野良生活をしていくためには、警戒心がなければ生きていけないんでしょうね。
幸多もハルも家の子になってからは、ものすごく甘えん坊になったけれど、野良の時は警戒心いっぱいでしたから。

そこらじゅうに畑がある所に住んでいるか、自分で野菜を作らない限り、あまり野菜が花を咲かせているところって見ないですもんね。
どんどん品種改良されて、遺伝子組み換えもされて・・・そんなものを食べ続けていたら、いずれ体の小さな生き物から何か異常が出てくるのではないかと不安です。

nekobellさん

はいっ、売られたケンカはもれなくお買い上げ~
自分より小さい犬にいくら吠えたてられても別に動じませんが、同じくらいの大きさの犬にはやはり対抗心を持つみたいです。
自分よりすっごく大きな犬(グレートデン)と出くわしたときは、見えないふりしてました(笑)
とりあえず身の程を知っているようです(^_^;)

知り合いの猫ボラさんも言ってました。
「じゃあ保健所に連れて行きます」そう言えば何とかなると思ってる、ほんと卑怯ですよね。
残念だけど、そんなこと言う人にいくら責任だの命が大切だの言ったところで通じないんですよね。
ほんとにボランティアさんの活動には頭が下がります。
猫を飼う?じゃあ里親募集の猫から探そう~って考えが広まるといいですね。



まめはなのクーさん

リック、今まで病気知らずで10年過ごしてきました。
これからも少しでも長く元気に楽しく生活してほしいと思ってます。

ほんとにそれまで一緒に生活してきた子に対する愛情はないのかと不思議に思ってしまいます。
品物と同じような感覚で動物を捨てられる人なら、心なんて傷まないですもんね。
そういう人って、どんなことに心を痛めるのかな?
きっと自分のことしか考えないんだろうな、って思います。
野良ねこで人慣れしている子は、虐待を受けやすいと聞きます。
野良ねことして生きていくためには、警戒心は必要なんでしょう、なんだかため息が出ます。

No title

うちのトラキチのお母さんも同じでした。
引っ越しのとき置き去りにされたんです。
ですが、前の飼い主も気になっていたらしく、夜中にそれらしい人(夫婦?)がやって来て、そうすると親子みんなで後をついて行くんです。そうすると道端に餌を置いて2人は去って行きました。
6匹いた子猫はなぜか次々と姿を消し、不審に思っていましたが近所の獣医さんが里親さがしをしていたらしいです。
お母さん猫も、隣町の農家へネズミ捕り役としてもらわれて行ったという噂です。

たしかに無責任な飼い主ですが、どうしようもない事情もあると思います。それなら最初から飼わなきゃいいんですが、みじめな子猫に出会ったならば、見捨てるわけにもいかず。
まあ、この話の飼い主はちょっとどうかしてますが、一般論としてはどうしようもない場合も多いです。
現にこの私がそうでした。持ち家がなくペット禁止のアパートではどうしようもありません。どうしても猫を飼いたければ、公園へ行ってダンボールハウス生活しかありません。
それで、冬が厳しいのは承知の上で、妻と別居して今の場所で一人で住むようになったのでした。
すべては猫優先、自分の生活は犠牲になっています。

この国では持ち家率が低く、ペット可の借家がとても少ない現状では、八方ふさがりです。ペットを飼える環境に住める人は、言い方少し悪いですがこの社会では上流階級ですよ。

ロッドさん

突然の災害や病気など、本当にどうしようもない場合があります。
でも一般論としてどうしようもない場合とは、どういう場合を言うのでしょうか?
引っ越し、家族の反対、経済的事情、世話が大変、飽きた、ペット禁止の所で飼っているのがばれた、など?
あくまで私の見方ですが、それらの多くはある程度予測できることで、それをどうしようもないから仕方ないと許してしまうと、不幸な犬猫が増える一方で、保護ボランティアさんなどがその尻ぬぐいをすることになります。
私が厳しい見方をするのは、リックの元飼い主にあります。
かわいそうだからといって野良犬を引き取り増やしたあげく、生活できなくなり、みな保健所に連れて行ったそうです。
わが家に引き取られたリックだけが生き残りましたが、何度もそこへ犬を見に行ってた私の中ではトラウマになっています。
途中で投げ出すくらいなら、手を出さない方が賢明だと思います。
だったらかわいそうな犬猫を見つけても知らんぷりするのか?と聞かれたら、そうです!とも答えられません。
結局、何が最善なのか答えを見いだせません。

私は持ち家に住んでますが、母の大反対で40代後半まで猫を飼うことができませんでした。
エルを飼い始めましたが、二男と、すでに家を出ていた娘と娘婿に強い猫アレルギーがあることが発覚しました。
結局、娘は出産の際に里帰りすることができず、私が娘の家に通いました。
ペットを飼っている人は「仕方ないよね」と言いますが、そうでない人は「娘と猫とどっちが大事なのよ!」みたいな言い方をする人もいます。
借家だから飼えない人もいれば、持ち家でも飼えない人がいます。
不条理ですが、自分の状況を受け入れるしかありません。

No title

woojyanさん
丁寧なお返事ありがとうございました。
でも、話が広がりすぎてわかりにくくなってしまいました。

私が言いたかったのは、問題の90%は経済的な事情だということです。お金に余裕があれば自分の家を持てますが、それができないんです。庶民の生活はどんどん苦しくなっています。
仕事が不安定で、しょっちゅう引っ越し、収入は減る一方。自分の家なんか永久に持てません。そんな生活していれば性格だって歪んできますよ。

この猫の飼い主とか、リック君が生まれた所の多頭飼いなんかは倫理的に問題外ですが、私のように本当に真摯にペットを大切にしたいと思っても、自分の居場所がなければ、どうしようもないんです。
私の今の家も持ち家ではないので、いつ追い出されるかわかりません。そうなれば軽トラで寝泊まりする移動生活になってしまいます。熊本の被災者の人たちのお気持ちがよくわかります。
この日本にはペットも人間も、とても住みにくい時代です。
これは政治の責任ですよ!!
個人の力ではどうしようもありません。だからみんなで選挙に行って、真面目な人に投票して、日本を変えましょう!

ロッドさん

失礼いたしました。
お互いの立場や生活環境が違うので、論点が違っていたようです。

生活の不安定さがそのままペットの生活に大きく影響しているということは、私も同感です。
都市部では、探せばペット可のアパートやマンションなどが結構あります。
ただし、敷金も家賃も一般より高くなりますから、せっかく見つけても、経済的な余裕がなければ住むことはできません。
さらに地方では、ペット可の住まいを見つけることさえ難しいことは想像できます。

このブログでは、記事として政治と宗教については取り上げないようにしていますが、個人的には政治に対して考えることはいろいろあります。
この国は、少数のお金持ちには優しい国なのでしょう。
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)