通院記録

幸多を病院に連れていってきました。
今回は記録として書いておきます。

昨夜、お気に入りの爪とぎの上で香箱を組んで居眠りしている幸多を見て、何か違和感。
いつもより、呼吸のたびに大きくお腹が動く。
目をつぶって寝ているのに、頭を起こしたまま。
室内で警戒心のない猫が寝る時は、下に頭を付けて寝ます。

そういえば、その1時間前くらいに撮った写真でも、頭を上げたまま寝ています。


0000suto-bunomae003.jpg


ネットで調べて見ると、呼吸が苦しいと横になって寝られなくなるとありました。
原因として考えられるのは、心臓病、肺やお腹に水がたまってる・・・


今朝、病院で診察してもらいました。
先生も呼吸が大きいことがすぐに見てわかったようです。
横からと仰向けでCTをとり、血液検査をしました。


000検査結果035 000幸多の血液検査結果034


結果、特に異常が確認できない。
熱はなし、下痢・嘔吐なし、食欲も変わりなし。
可能性としては猫ぜんそくが疑われるので、3日間ステロイドを試してみましょう、ということになりました。

もしぜんそくならば、ステロイドはとてもよく効くそうです。
3日後、良くなっているようなら猫ぜんそく確定。
効かないなら、もっと精密な検査が必要になります。

ステロイドは人や犬には副作用が出やすいけれど、猫には少ないそうです。
ただ、多飲・多食になることが多いと言われました。

それから、今回の先生は今まで診ていただいた先生とは別の方ですが・・・
幸多、年齢ははっきり確定できませんが、10歳~15歳くらいと言われました。
10歳以下ということはないですね、と。
幸多~、もっと若いと思ってたのに・・・おじぃちゃんだったのね

病院では、いつも幸多はいい子です。
威嚇したり、暴れたりすることなく、されるがまま。
悟りの境地にいるような。。。

でも、よほどストレスだったようで、家に帰った途端、私から全力で逃げました。
隣の部屋のベッドの中にもぐりこんで出てきません。
すっかり嫌われました。

関連記事

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)