梅雨の晴れ間

半月間、ずっと雨ばかり降り続いた後に、いきなりの猛暑。
そして次は台風、目まぐるしくお天気が変わります。

いつもの散歩道で可愛い鳥に会いました。
何の鳥でしょう?


正面から093


正面から見ることって、意外に少ないかも?

コレでわかるかな?


横から084


後から見ると・・・


uLnBPeUw71ztfu11437047183_1437047226usiro.jpg 


これでわかりますね、カワセミです。
文鳥ほどの大きさで、実際に見ると、たぶん思っているより小さいです。

カワセミって、見た目でオスとメスがわかるそうです。
クチバシが上下とも黒いのがオス、上が黒で下が赤いのがメス。
ヒナ~幼鳥の時は足が黒っぽく、成鳥になると朱色になるそうです。
ってことは、上の写真はまだ幼鳥のようです。
どこかで親鳥が見ていたんでしょう。
写真を撮っている時に、別のカワセミが近くでチィチィ鳴いてました。
いつも単独行動しか見たことがなかったので、ここで繁殖しているとわかって、とても嬉しかったです


用水路脇にきれいなオレンジ色のノカンゾウやヤブカンゾウが咲いてます。


用水路のカモさん031
カモさんもいます


一重咲のノカンゾウ
 ノカンゾウ012
あらら、カメラケースが入り込んじゃってる


八重咲きのヤブカンゾウ
籔甘草014



ニッコウキスゲやへメロカリスと同じ仲間です。
この美しい花を見ていると物も忘れると言う故事から、「わすれ草」とも言われ、万葉集や古今集に何首も出ているそうです。
(忘れな草とは別物です)
若芽とか蕾はとっても美味しいですよ~。



ホントはもっとじっくりと写真を撮りたいのだけれど・・・
なんせこの方が一緒なものだから、落ち着いて写真が撮れません


快晴036
そろそろ落ち着いたらどうなのよ


だからと言って、1人ではなかなか・・・
なぜかというと、こんな山道を通らなければ行けないから。


yamamichi128.jpg


リックと一緒なら何てことないけど、私ひとりで行くにはちとコワイ。


家に帰ったら、うわっ、部屋の中に大きなゴキブリ
・・・と思ったら、クワガタのメス。


kuwagata♀015


どうして部屋の中にいるんだろう
とにかく、エルに食べられなくてよかったネ。

関連記事

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはようございます。
何と羨ましい。自然がいっぱいですね。カワセミってオシャレな鳥ですね。雌は、紅をさいてお化粧してるみたいね。

No title

リックくんの牽引力、相当ありそうですね。
だって あの笑顔ですもの!!
手ブレしたってOKOK(*^_^*)

水がきれいなんですね。
カワセミなんて明治神宮の森で見たっきりです。
小魚を咥えて岩に打ち付けているところも見たことがあったりしますか?
失いたくない自然がいっぱいですね。

No title

おはようございます(^o^)

かわせみのカメラ目線の正面顔
以外に四角い頭なんですね~♬

リック君の笑顔にわたしも(●^o^●)


No title

自然がいっぱいでカワセミまでいるなんて素敵なところですね


おでぶにゃんこ地方もかなりの田舎なのにこういう生き物にまったく遭遇しないのは

私の目が自然に向いていないからなんでしょうね。

日々もったいないことをして過ごしている??かな

万葉集早速調べました。

またまた勉強させてもらいました!!

No title

最初見たときはムクドリ、いやコムクドリ?
と思いましたが、少し違う・・・
カワセミですか!
それはすごい。私はこれまでたった一度だけ、千曲川の支流で見たことがあります。
うちの近所の池に最近カワセミ観察用の施設ができました。
これは地域のミニコミ紙に載りました。と、いうことはカワセミがいるという証拠?
でも一度も見たことがありません。カワセミは単に予算獲得の手段だったのかも?
身内の仲良しグループでバードウォッチングの真似事をして、バーベキューパーティをやるための場所だったりします。

コクワガタのメスなら、うちの玄関横にも昨日いましたよ〜♪
コクワガタは稀に見かけますが、他の種類のクワガタは全然見たことがありません。
信州でも環境破壊は確実に進んでいます。子供の頃に比べて虫の種類はそれこそ何十分の一に減ってしまいました。
「自然豊かな信州」なんてもう過去の幻想です。悲しいです。
これを見て思いますが、千葉県のほうが自然環境は豊かだと思います。

鍵コメさん

この山道で出会うのは、せいぜいタヌキかウサギくらいで、追いはぎに会うこともまずないと思います(^_^;)
それでも昼でも薄暗く何となく怖い感じがします。
リックが何かしてくれるわけではないけど、一緒にいると心強いです!

カンゾウは中華料理や薬草としても使われてます。
若芽を茹でて食べたら、ちょっとぬめりがあるけどクセがなくておいしかったですよ~。
機会があれば試してみてください。

ピーちゃんこさん

いつもすごい田舎風景の写真ばかり載せているので、どんな田舎に住んでいるの?!って思われるようですが、我が家はちょうど工業団地と農家の集落との間の地域にあります。
散歩はもっぱら田んぼ方面に行ってます。

カワセミのメスはクチバシに紅をさして・・・
なるほど~、そう覚えていれば、赤いクチバシがオスかメスか忘れることがなくていいですね。

ぱぱげーなさん

リックは9歳ですから、人間に換算するともう結構いい歳したおじさんです(^_^;)
ところがいつまでたってもじっとしていられないようで、写真撮るから待って、と言っても聞こえないフリ (#`ε´#)
いつもいつも片手だけでカメラの操作です。
と言って、リックがいなければきれいな写真が撮れるかと言うと、無理な気がします。

カワセミが何か咥えて飛んでいるのは見たことあるけれど、岩に打ち付けるのは見たことありません。
小さくてもちゃんと知恵があるんですね。

うらら姫さん

カワセミの顔が四角い!!
ほんとだ~、気が付きませんでした。
正面の顔は、何枚か撮ってたまたま撮れたものですが、いつものイメージとはかなり違っていてびっくりです。

リックのアホ顔でよければ、どうぞ癒されてくださ~い(^o^)

おでぶにゃんこさん

私もリックの散歩がなければ、絶対にこんな山や田んぼへなんて行かなかったと思います。
行ったとしても年に何度か、山菜取りなど目的がある時でしょうね。
天気が悪くなければ平日ほぼ毎日言ってるからこそ、いろいろな生き物に出会うことが出来るのだと思います。
それから、犬がヘンなものを食べたりしないように、下を見ながら歩くことが多いので、普通に歩くよりもいろいろなものを見つけることが多いのかもしれません。

万葉集、さっそく調べれれたんですね。
そんな時代から人々に愛でられていたなんて・・・と思うことがステキですよね♡

ロッドさん

カワセミと言えば、きれいな青い羽のイメージがあるので、正面からの地味な色ではわかりにくいですよね。
日本全国にカワセミの写真を撮っている人がたくさんいるので、個体数は多いのかもしれません。
ロッドさんの近所の池でも見られるといいですね。

この辺りでは以前のようにヘリコプターで農薬散布することもなくなったし、農薬の規制も厳しくなったし、家庭菜園でも無農薬や無化学肥料栽培をする人が多くなったので、農薬の影響は少なくなったのかな?と思います。
ただ、山を削って宅地にしたり、山奥の見えない所に産廃場を作ったり、何と言っても日本一ゴルフ場のある地域なので、自然のままの環境は、こちらもずいぶん減ったと感じます。

No title

こんにちは。

カワセミの写真が撮れたのですね。
とってもキレイな色ですよね。(≧∇≦)

そうそう、先日のカラスの記事を拝見してから、
口ばしをチェックしています。
この前は、窓から家の中を覗いていました。
よく見るとかわいいですね。

リックくん嬉しそうですね。(≧∇≦)
満面の笑みでお散歩しているのですね。

nobi8nさん

カワセミの羽の色、ホントきれいですよね。
羽そのものの色ではなく、光が当たるときれいに発色するのだそうで、ブルーだけじゃなくエメラルドグリーンに見えたりすることもあるのだとか。
何だか不思議ですね。

nobi8nさんの家は街中なので、やっぱりハシブトカラスでしょうか?
あらら、カラスに家の中をチェックされてるのですか?!
光るものが好きだと聞くので、貴金属を盗られないよう気を付けてくださいネ。

No title

ユリの季節ですね。
よそのお宅の、お庭に植えてるユリのいい香りが漂います。
私が宅配してもらってる無農薬野菜ですけど、
全て露地栽培だそうで、
今年の梅雨の長雨で、トマトの配達が無いそうです。
woojyanさんの記事とリンクして、なるほどなぁ〜と納得です。

久しぶりにブログ更新したので、見てね〜。

No title

追加
woojyanさんの方ではヘリコプター散布無くなったんですか!
良いですね〜。本当に。
こちらは25日に散布予定だそうで。
田んぼから500m離れたうちも影響ありありです。
愚痴でごめんなさい。おほほほ。

ちこさん

ブログ見ました!!彼氏と一緒に住むことになったんですね(笑)
以前のコメントに書いてあったあの気になる子のことですよね?
おうちの子にしてくれたんですね、よかった~、とっても嬉しいです。
まだ若いようなので、これからどういう風になっていくのか楽しみにしてます♪

あのトマトの記事を書いた後、なぜかいきなり暑くなって梅雨も明けて、トマト疫病が何とか止まってくれました。
当初よりだいぶ少なくなったけど、実も収穫できそうです。
本業の農家だと、他の野菜に病気が移らないように、早々にトマトを除去したのかもしれませんね。

以前は農薬の空中散布が〇日に行われるので・・・という回覧板が回ってきましたが、もう何年も回って来なくなりました。
ヘリコプターの音もしないですね。
ただ小型のラジコンヘリコプターを使って散布しているところもあると聞くので、まったくなくなったわけではなさそうです。
散布後、犬や猫が農薬の上を歩いて具合が悪くならないかと心配ですね。

No title

こんにちは、ななくろんのきゆこです

お久しぶりです。ブログにコメントをいただきながら、お返しもせずに失礼しました。
今日から細々と更新しようと思ってます。
ろんも15歳ですし、いなくなってからでは遅いですもんね
暑い夏本番ですが、頑張ってのりきりましょー

きゆこさん

お久しぶりです♪
みんな元気にしてるのかな~?って気になってました。
ろんちゃん、もう15歳になるんですか。
最初見た頃と全然変わらないように見えるけど・・・

私のブログも記録として残しておきたいと思って書いてます。
もう少し更新ペースを上げたいところですが、なかなか(^_^;)
きゆこさんのブログ、楽しみにしてま~す(^^)/
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)