鳥の贈り物

バラの鉢植えの中に、アザミの芽が出てきたので、庭の隅っこに植え替えました。
そのアザミ、150cmくらいになって花が咲きだしました。


azami006.jpg


花はきれいなんだけど・・・
このアザミの葉っぱのトゲトゲは特別スゴイです。
ガーデン用の厚いビニール手袋も突き破ってしまうほど。
何種類もアザミを見てきたけど、こんな強い葉っぱは初めて。

調べてみたら、アメリカオニアザミ(西洋オニアザミ)のようです。
アメリカじゃなくて、ヨーロッパ原産だそうです。
だいたいアメリカとか西洋と名前がつくモノは、在来種よりも大きくて丈夫なものが多い。
やっぱり要注意外来生物に指定されていました。



時々、庭に植えた覚えのないものが芽を出すことがあります。
鳥さんの落し物? いえいえプレゼント

たとえばコレ

sanekazura005.jpg
秋になると赤い実がきれいなサネカズラ。


こんなのとか

akebi003.jpg
フェンスに絡んで実をつけてるアケビ


こんな花とか

simotuke022.jpg
富士山にも咲いているというシモツケ 


それから万両 南天、柊南天、ピラカンサ、クワ、コウゾ、山桜、ケヤキ、ヤツデ・・・
残念だけど、全部を育てるわけにはいかないので、気に入ったものだけ残してます。

そういえば、プランターに生えてきたこの木


nannoki027.jpg


何となく見覚えあるのだけど、何の木かわからず、そのままにしてます。
園芸品種ではなくて、山に生えているものだと思います。
ご存知の方、いらっしゃいますか~?




薬を使わないので、うちの庭にはそりゃーもうたくさんの虫がいます。
だからよそに比べてうちの庭には鳥さん訪問率が高い!

数年前はキジバトがよくやって来てました。


batoVm8at6KOzw8fg4P1435745195_1435745251kiji


まったくの野生のハトなのに、だんだん慣れて、手から餌をもらってました。
今は姿を見せなくなって残念です。

小鳥も好きだけれど、大きな鳥はもっと好きです。
ハトとかカラスとかフクロウとか遊びに来てくれないかな~



   もう一つ、ブログ記事をアップしました。


関連記事

No title

ゆとり世代ね…結構話題になってるけど、円周率が3.14でも、3でもそれがなんだというのか私にはよくわからなくて~

 人が人として生きる知恵、心が育てられれば計算高くて打算的で、独りよがりで、偏差値が高いと傲慢になるよりずっと人間として信頼できると思うんだけどな~

 ゆとり教育って、実はそのやり方考え方が間違っていたよな気がします。ガンガンと詰め込むのではなく、心や感性を育成するためのものだったと思うのだけど、実際は目に見えない心や感性を養う教育は蔑ろにされて、結局塾がゆとり批判して不安をあおり、少ない時間で一生詰め込みに拍車がかかっちゃったような気がします。
 命の教育、差別の問題、自然と親しむ教育、食の教育…いろんなやるべきテーマはあったと思うんだけどな~

 所詮官僚の考えることは,中途半端で総括もされないまま切り捨てられてしまったけどね。

 
woojyan さんみたいな方が、教壇に立ってもらえたらいいのにな~

No title

おはようございます。
鳥さんのプレゼント良い物でしたね。我が家にも植えてないのに可愛い侵入者がいるのは、もしかしたら鳥さんのプレゼントかな?
大きく育ったみかんの木も有りましたがトゲが怖いから切って貰いました。もしかしたら柚子だったかもしれません。ちょっと残念!!

娘ふたりともゆとり世代でした。そんな事気にせずに世の中へ出て行って結婚もしましたよ。そんなに気にしなくても大丈夫ですよ。
言いたい人には、言わせておけばいいんです。それでその人の人生が決まる訳の無いと思ってます。

No title

我が家の息子たちもどっぷり「ゆとり世代」デス(^_^;)
ゆとり世代に誰がした?!
あーでもない、こーでもないといじくりまわされ
受験の仕方もいったい全体、これでどーなのよ!と言いたくなりましたっけ。
挙句に一括りですかい?という感じです。
本人たちの意図しないところでの言わば実験台。
迷惑なことですよね。
それでも長男は「昭和の男」と言われつつ頑固を通しましたから、
言わせたい奴には言わせておけっ!!でしょうかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ゆとり世代も そうでない世代も 結局は家庭や周囲の環境だと
思いまーすヾ(。・ω・。)
今時の若い子は・・・って よく聞くけど 公共の場所で常識外れな
ことをしてるのは 年配の方が多いように思います。
そういう方の常識で育った家庭の問題ではないかな~?と。
見た目がパンチのある子でも 思いやりのある優しい子はいるし
頭の回転の速い子だって たくさんいる!
要は「ゆとり」の考え方をきちんと理解して取り入れられなかった
オエライさん達の問題(知識不足)ではないかと・・・。
キジバトが手から餌をもらうなんて すごーい!!!
woojyanさんの庭は 植物園のようですねヽ( ・∀・)ノ

No title

アザミはおひたしにして食べたことありますが、
味は美味しかったですが、トゲが(≧ω≦*)
もちろん若い新芽の部分だけを食べました。
いちいちトゲを除去しないと食べられないので、美味しいのに利用できなくて残念!
うちのほうに生えているアザミは西洋の物ではないと思いますが。
woojyanさんのアケビすごいですw(*゚o゚*)w
何年目で実が成るのですか?相当な年数がかかりそう。
シモツケ綺麗ですね〜♪
自然にいろんな植物が生えて来るなんて、とても楽しいお庭ですね〜
そういう私の庭でも正体不明の植物がドンドン生えて来ます。でも山奥なので外来種は少ないです。西洋タンポポとシロツメクサぐらいです。
鳩ちゃん可愛いですね(^◇^)
最近は神社などのドバトが減ってキジバトが増えました。不思議ですね。

ゆとり世代。
最近よく聞くようになった言葉です。
学校教育にも問題あったかもしれませんが、家庭の影響・個々人の性格のほうが要因としては大きいと思います。
しかし、私が問題を感じたのは、
県内で最高レベルの高校で、横浜国大に合格した子の周囲の友人たちの会話。「横浜って何県?」誰も知らないのですよ〜
一般常識のレベルが低すぎます。因数分解とか微分積分とか知らなくても生活には困らないけど、もっと他にやるべき基礎的な勉強があると思います。借金や利子の知識、労働法なども。
実は先生方もこれは苦手分野なのです。採用試験に出すべきだと思いますよ〜 今の現状では進路指導なんかできません。

まめはなのクーさん

心や感性を養うことって、教科書では難しいと思います。
もちろんよい本を読んだり、美しい絵を見ることなどによって感性は養われます。
でもやはり実体験が何よりも一番影響を及ぼすと思ってます。
遊んだり、動物を飼ったり、スポーツしたり、自然の中へ出かけたり・・・そのような体験なしに小さい頃から知識ばかり与えられたのでは、偏った人間になってしまいますよね。
詰め込み教育には反対ですが、柔軟な脳を持つ子供に教える知識を敢えて少なくすることにも反対です。
興味を採ったことに対しては、どんどん知識を得ていくことが出来る環境があれば一番いいのでしょう。

ゆとり世代は円周率を「3」で習ってるというのはデマで、目的によっては「3」で計算してもよいという主旨でした。
ちゃんと一般的な3.14で習ってますよ~(*^ー゚)v

ピーちゃんこさん

そうなんですよね、普段は別に気にすることもないんですけどね。
ことさら「ゆとり世代は~」って強調されると、何だかイヤーな気分になります(-_-;)
もちろん世代ごとによく言われるような傾向があるのは認めます。
「上司に飲みに誘われても断ってしまう」なんて、確かにありそう(^_^;)
でも一人一人見れば、やっぱりみんな違いますもんね。
まあいつの時代にも年上の人間は年下に向かって「だから〇〇は~」って言いたくなるものなんでしょう。

No title

こんにちは。

大きな鳥さん、訪問してくれるといいですね!
woojyanさんのお庭、ユートピアみたいです。( *´ 艸`)

「ゆとり」世代と仕事をすることがありますが、
気持よく仕事を手伝ってくれる方が多い気がします。

学校教育ってどんどん変わっていく気がするのです。
有名な先生の授業はオンラインで聞ける時代になる。。
わざわざ通学して学ぶ意味ってなんだろう?
と思うのです。
命の大切さとか…
周囲との関わりとか…
学べるほうがいいのではないかって。



ぱぱげーなさん

「昭和の男」ですか~、一本筋が通ってそう^m^
それに比べて「平成の男」は草食系?・・・って言う思い込みが私にもあります。
こういう意識がそもそもいけないんでしょうね、気を付けなきゃ(-_-;)
まぁ私たち世代も「新人類」なんて言われてましたからね。
ゆとり教育が疑問視されてから当時の文科大臣が中学生に向かって「ゆとり教育は拙速すぎた」って謝ってましたよね。
そのニュースを見て複雑な思いだったのを覚えています。
まさしく実験台でしたね、で結果は失敗だったと??
そんないいかげんな大人の政策に負けず、しっかり自分の道を歩いてほしいですね。

鍵コメさん

ゆとり世代って、薄~い教科書であんまりお勉強してないおバカな子が多いって思われてるみたいです(o´_`o)ハァ・・
確かに我が子の絵ばかりの薄い教科書を見た時には、不安になりました(-_-;)
でも実際はおっしゃる通り、親世代より必死に勉強している子が多いように思います。
根性がないとか、コツコツ努力しないとかいろいろ言われてますが、個人差ですよね!
なんのかんの言っても、錦織圭くんとか田中まーくんとか、羽生結弦くんとか、ゆとり世代が世界で頑張ってますよね!

No title

アメリカオニアザミですか・・・
「オニ」って付くとすごく強そうなイメージですね。
アザミ・・・と聞くと、中島みゆきの「アザミ嬢のララバイ」を思い出してしまう私です。

鳥さんの贈り物・・・なんかいいですよね。
何が育つかお楽しみ~♪・・・みたいな・・・

でも野生の鳩を手なずけるなんて、さすがwoojyanさん。
そのうち、カラスやフクロウまでも手なずけられるかも・・・?

ゆとり世代に関わらず、どんなことでも一括りにされるのは嫌ですよね。
主人はよく「女の人は車の運転マナーが悪い」と言いますが、
「女だからと一括りにしないで!
男の人でもマナーの悪い人はいっぱいいるじゃん!」
・・・と、いつも反論しています。(笑)

nekobellさん

時代ごとに〇〇世代とひとくくりにしようとするけれど、結局各個人によって違うということですよね。
今の若者は・・・なんて言っている年長者の方がマナーが悪かったり、オレ様だってこと結構ありますからね。
今となってはあの「ゆとり教育」って何だったのかな?って思います。

ハトって公園にいるドバトも山にいるキジバトも、たぶん他の野鳥に比べると警戒心が少ないんでしょうね。
餌をもらえるってわかると、とってもフレンドリーになりますよ(笑)
もう我が家はこんな庭にしたい!なんてテーマがなくて、野草も園芸種も何でもアリのカオスガーデンになってます(笑)
早く広い所に引っ越さないと、多鉢崩壊します(^_^;)

ロッドさん

アザミっておひたしに出来るんですか!
知りませんでした~、でもこのアザミは茹でても口の中を切ってしまいそうです (>_<)

アケビは父が生きていた頃、何年も経ってるのに実が成らないって話したのを覚えています。
父が亡くなってから14年になりますから、たぶん20年くらい前からここに根付いているのかと思います。
ちょっと調べたら、アケビを実生で育てると、花が咲くまで7~10年かかるのだとか。
そんなにかかるなんてΣ(゚д゚;) 私もびっくりです!

ここの所クイズ番組ブームで、とにかく幅広い知識を持つ人に驚かされることも多いのですが・・・
う~ん、受験科目以外には全く興味ナシって子も多いんでしょうか(-_-;)

nobi8nさん

大きな鳥だとカラスとハト以外には、すぐ隣の雑木林にキジやコジュケイなどがいるんですけど、さすがに庭には来てくれません(-_-;)
やはりカラスかハトと仲良くなれるようにしたいと思います。
写真で見るよりずっと狭い庭にいろんなものを詰め込んでいるので、実際にはかなりごちゃごちゃしてます(^_^;)

各教科を学習するだけならオンライン授業で十分かもしれませんね。
学校と言う集団の中だから出来ることって何なんでしょうね?いろいろな意見が出ると思います。
個性を伸ばすという点では、日本の学校教育では無理かな?と感じます。



ぐうたらかあさん

確かに~、オニという名がついて弱弱しいものってないですね。
オニオコゼとかオニヤンマとか、いかにもゴツイですもんね。

鳥さんの贈り物、そうなんです、何かが出てきて初めておおっ?って感じで見つけて、今まで我が家の庭や畑にはなかったものだと、なんだかとっても嬉しくなります♪
と言っても90%くらいはこれはいらないな~ってものなんですけどね。
それでもあとの10%にお宝が紛れ込んでいて、写真のプランターに出た木のように、何だかわからないものもあって、それはそれで面白いです。

カラスはきっかけがあれば仲良くなれるかもしれないので、なんとか気を引きたいと思ってます(*^ー゚)v

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)