色変わり

アジサイが美しい季節。
わが家でも、いろいろなアジサイが咲いてます。


アジサイ濃いピンク045  sumidanohanabi085.jpg
紫陽花アナベル024  アジサイピンク・ミセスクミコ043
紫陽花ピンク覆輪405  紫ガク紫陽花023


そんなアジサイの中で、ひときわ異彩を放つ?のが、『フラウヨシミ』。
5・6年前、とってもきれいなピンク色と、フリフリの可愛い花びらが気に入って買いました。
ところが3年前にはこんな色に


ふらうよしみCIMG1684


元の色と変わってきちゃった。。。
アジサイは土の酸度によって色が変わってきます。
これじゃあいけない!元のきれいな色に戻さなければ!!

ってことで、『失敗しない。失敗させない。 〇ちゃん培養土プレミアム』を購入。
プレミアムですよ~、お高いんです!
でもこの培養土、ホントに何でもよく育つ良く咲くことは経験済み。
美しい花を期待して植え替えました。

結果・・・・・

な、何なんでしょう?このビミョーな色は


uhjY2l2sDWMEu9L1434681739_1434681794fusigiiro.jpg


ということで、さっそくコレ↓を買ってきました。


赤アジサイの肥料076


畑は無肥料ですが、庭はさすがに草ボーボーにするわけにはいかないので、少量の肥料をやります。
この肥料は赤いアジサイ専用のもので青専用もあります。
来年は、これでもうちょっとマシな色になるかな?
来年の結果をお楽しみに~~。

ちなみに最初に買った時はこんな感じでした。
https://www.engeiseikatsu.com/detail.asp?sid=10080218

あはは・・・もう別物です


もう一つ記事をアップしました


関連記事

No title

woojyanさん、こんばんは〜♪
私の本「野菜のビックリ教室;井原豊;農文協1986年」
にはジャガイモの項に「バカの早掘り半作の損」と書かれています。
「6月に入ってからジャガイモは一日に反当たり200kgずつ収量が増える」兵庫県を基準にすると適期は6月15日だそうです。
千葉県でも同じぐらいだと思うので、もう過ぎていますね。
肥料の配分によって適期が変わってしまうそうです。
私の経験だと春になって畑を耕したら、去年の芋がまだ腐らずに芽も出ずに地中に残っていました。
あわてて掘る必要はないということでしょうか。
「化成肥料を使った花盛りのジャガイモ畑の芋は、白っぽくて、水くさい」
woojyanさんと同じ考えですね。
この本はユニークでかなり面白いので、まだ入手できるなら買っておくと良いと思います。もし絶版でしたら私がコピーをとってお送りします。

この農文協に勤めておられた金成さんという方は、偶然にも東京時代の私の飲み友達で、ごく近所のアパートに住んでいました。当時もうかなりの年齢でしたが独身でした。とてもスマートで紳士的な方でした。ご出身は宮城だったか岩手だったか。
いつも岩手寿司というお店で一緒に飲んでいました。
当時が懐かしくなってネットで検索したら、農文協・金成で数件ヒットしました。講演会などで全国を回ってかなりご活躍だったようです。農文協の雑誌「現代農業」はとても面白いです。
今はもう退職されていて、連絡がとれず残念です。3.11の被害に遭わなかったか心配です。岩手寿司のご主人も故郷の岩手に帰ったようなので心配ですが連絡がつきません。

ロッドさん

3月半ばに母とタネ芋を半分に分けて、同じ日に植えました。
母の畑のジャガイモの葉はもう枯れたので、先日掘り上げました。
無肥料栽培の私の畑の作物は成長が他よりも遅いのですが、株に負担が少ないので、なかなか枯れないのかな?と思ってます。
これから新たに植えるものもないので、葉っぱが枯れるまで気長に待ってみようと思います。

去年収穫した時に、掘り残した小さなジャガイモが9月に芽をだし、12月初めに卵ほどの大きさのジャガイモが結構採れました。
初夏にたくさん収穫するよりも2回に分けて収穫する方が、冬の間に新鮮なジャガイモが食べられるので、今回はわざと小さい芋はそのまま土の中に残しておこうと思います。

今でこそ肥料と味の関係がいろいろと言われていますが、すでに30年くらい前からそのように主張されている方がおられたんですね。
読んでみますね。

No title

綺麗なアジサイが沢山ですね〜。
お花屋さんにもついつい欲しくなるアジサイがありますね。
色も試行錯誤して楽しそう。
うちに地植えのスタンダードなアジサイがあって、
凄くブルーです。
近所のピンクのアジサイを見てはいいなぁと思います。
無い物ねだりかな?

先週の2匹の小競り合い(笑)
若いなって思いました。年寄り猫になると、
自分のスペースが決まって来て、
一緒に寝る事もなく。小競り合いもなく。
数ヶ月に一度くらいは何やらやってるかなぁ。
そんな感じです。チョットさみしい。

最近、無農薬野菜の通販始めました。
先週と今週はネギに追われてます(笑)
あちらにも色々と都合があるのでしょう(笑)
せめてドロネギだったら植えておくのだけど。
あん。愚痴っちゃう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちこさん

ブルーのアジサイが凄くブルー(笑)なのは、環境がとってもあってるんですね~。
ブルーのアジサイも土が合わないと、紫になったり、くすんだ青になっちゃいます。
アジサイは簡単に挿し木で増やせるので、もし気に入った花の枝がもらえるなら、試してみてください。

猫も年取ると、ケンカもしなくなるのですね。
幸多は年齢不詳で、保護した時に動物病院で診てもらったら、2歳~10歳の間くらいって言われました。
ちょっとちょっと~、あまりにも巾がありすぎじゃありませんか?!
お腹がたぷたぷしてて、中年のおじさんみたいな雰囲気があるけど、エネルギッシュにオモチャで遊んだりもするので、結局やっぱり年齢不詳です(^_^;)

畑の野菜って時期になると一気にできちゃうから。
次はキュウリ・トマトに追われると予言します(笑)

鍵コメさん

アジサイもどんどん品種改良されて、いろいろな種類がどんどん出てますね。
八重咲きとか2色咲きとか花びらにフリルがあったり。
昔からあったアジサイとはずいぶんとイメージが変わりました。
それでもバラなどに比べたら病気にかかりにくいし、暑さ寒さも大丈夫なので、育てやすいと思います。
母の日にはカーネーションよりも、アジサイの鉢植えがおススメです! 来年になっちゃうけど(^_^;)

あっ、ミニキュウリは10日で収穫できるわけではありません。
50日ではなく、40日で収穫できたかも?という意味です。
わかりづらくてすみませんm(__)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

アジサイって、いろんな種類があるんですよね〜以前、アジサイ展なるものを覗いてびっくりしました。どれもみんな可愛らしかったな。
アジサイ、こんなに色が変わってしまうんですね。
赤アジサイ用の肥料なんてあるのね〜

No title

あじさいがきれいな季節ですね。
実家では毎年母の日に贈る紫陽花が家の周りに植えられて増えているのですが、私はお花を育てる才能がないもので、もっぱら外へ鑑賞&撮影に出かけてます。

今年も服部農園に行ってきました。
年々整備されてすごくなっていきますね。
観光バスまで来るようになっちゃって…。

畑の収穫も楽しみですね~。
ズッキーニって食したことがないです。
今度チャレンジしてみようかしら…。

鍵コメさん

了解です(*^ー゚)v

まめはなのクーさん

昔からどこにでもあったアジサイとはかなり違った感じのものがたくさんありますよね。
鮮やかな赤だったり、澄んだピンクだったり。
お店に売っているものは、華やかで洋風なものが主流になったように思います。
今はアジサイではなく、ハイドランジアという呼び方ですもんね。
アジサイの中にも土の変化に敏感な品種とそうでないものがあるようです。
フラウヨシミは特に敏感なのかな?

ねねちゃんママさん

ブログ見ました!
毎年この時期になると、ニュース番組などでも取り上げられてますが、服部農園のアジサイは本当に見事ですね。
どれくらい植えられてるんでしょう?
これが個人の所有だというのがスゴイですね。

ねねちゃんママさんなら、ズッキーニの美味しい料理法を知ってると思ったのに~
ホントにあっというまに育つので、来年は畑に植えてみてくださいネ。

No title

woojyanさんちのお庭にはたくさんの種類の紫陽花が咲いているんですね~!
いいなぁ~、やっぱりこの季節は紫陽花ですよね~!
家に居ながらこんなに綺麗な紫陽花が見られるなんてうらやましいです。
でも、綺麗な色の花を咲かせるにはやっぱりいろいろと大変なんでしょうね。

ズッキーニ、すっごく綺麗ですね~
私はあまり食べたことがないのですが、今度買ってみようかな?
何料理が一番美味しいですか?

ぐうたらかあさん

アジサイの花、好きなんです。
本当は大株にしていっぱい花を咲かせたいんですが、地植えにする広さがないので、ほぼ鉢植えです。

ズッキーニって、私たちの若い頃には売ってませんでしたよね?(笑)
とにかく毎日たくさん採れるので、クックパッド見ながらいろいろ調理してみましたが・・・
夫は、塩コショウ(またはピザソース)+とろけるチーズのソテーが一番おいしいとか。
ぬか漬けも美味しいと思います。
マーボーズッキーニはまずかった~(笑)
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)