再起動

突然ですが・・・仕事を辞めました。

先日、母のデイサービスのスタッフから、具合が悪いので迎えに来てくださいと連絡がありました。
これで、何度目だろう?
今回は血圧が下がりすぎて、めまいがしたのだとか。
もしかしたら、朝、降圧剤を飲んでないと思い込んで、自分で出して飲んでしまったのかもしれません。

ここで母のことを書くと、いつも暗くなる、重くなる。
これから書くこともきっと重くなってしまいそうな気がします。


小さい頃から厳しい母でした。
素直で従順な姉に比べ、私は育てにくい子だと言われてきました。
特に何か悪いことをしたわけではないけれど、たぶん母の望むようにしなかったからだと思います。

私の結婚と同時に同居を始めました。
どうして同居しちゃったんだろう?

同居したことのない人は、実母と暮らせるなんてラクでいいわね~などと言うけれど、独身で一緒に住んでいるのと、結婚して一緒に暮らすのはまったく別です。
夫婦で決めたことに何かと口を挟んでくる、そんなことが日常的。

結婚してから二十年くらい、母に言われてイヤだと思っても、言い返したりせずずっと黙っていました。
それが家庭内の平和を保つための最善の方法だと信じていたから。
信じていたことが間違いだったと気づいた時から、私は母と闘い始めました。
壊れつつある自分を修復するために。

母がアルツハイマーと診断されたのは1年3か月前。
今でも体はピンピンしていて、自転車に乗って買い物に出かけてしまいます。
昔から行き慣れたところであれば、迷子になって帰れなくなったことはありません。
相変わらず口も達者です
だから知らない人は、母が認知症だとは分からないようです。
だけど、記憶力の方はどんどん低下して、新しいことはまったく覚えられません。

先日も親戚から母に電話があり、電話口で「長く患っていた」とか「家族葬」と言いながら、涙ながらに話していました。
電話を切った後、「誰が亡くなったの?」と聞くと、「えっ、誰か亡くなったのかなぁ?」

週に1度、月曜日の午前中に歯医者に通ってます。
カレンダーには「歯医者 〇時」と書いて目立つようにしていますが、用をなさなくなりました。
診察後のお昼の時、「歯医者に行くのを忘れた。」「午前中に行ったよ。」「あら、そうだった?」
ご飯を食べ終わると「たいへん、歯医者に行くのを忘れた。」「行ったから大丈夫」
2階のベランダで洗濯物を入れていると、着替えた母が外に出ています。
「今から歯医者に行ってくるね。」
そして翌日はまた「歯医者に行くのを忘れた。」という会話が繰り返されます。
こう書くと、まるでコントのようですが、まったく楽しくはありません。

今の母は、自分が言ったこと、やったことも忘れてしまい、その場の感情で言うことがコロコロ変わります。
「ああ言われた、こうされた」と言ったところで、母の記憶の中にはありません。

母と闘うことはやめました。
もう闘う相手ではなくなってしまいました。

だから、私の中にある、これまでのことはシャットダウン。
そして再起動。
以前の記憶が消されるわけではないけれど、少しずつ変わっていかないと。


家にいても、体は動くので特に介助する必要はなし。
週三回、デイサービスにも行ってます。
でも、こんな状況で働けるところもないし、いつ呼び出されるかもわからない。
私はどうすればいい?
老人介護をしている専業主婦の9割が鬱になるなんて話を聞いたこともあります。

まずはここ数年、大掃除を放棄していた家と、リアルナチュラルガーデン化した汚庭をきれいにする。
そして春から公民館のサークルに入る。
洋裁を習ったことがないので、できれば洋裁サークルに入って、自分の普段着と犬猫用の介護服とかちょっと面白い服などが縫えるようになりたいな。

なんてことを長男に話したら、
「それはいいと思う。
 ただしもうひとつ、古典とか歴史の講座とか、自分の能力より少し上と思うような所に入って勉強したほうがいい。
 じゃないと母さんは絶対アホになる」 

えーえー、おっしゃる通りでございます!!
どんどん脳細胞が死滅していってるのを、毎日感じてますとも。
人の名前はもちろんのこと、花の名前も思い出せない。

え~っと、この花の名前は・・・・・
Streptocarpus.jpg
ストレプトカーパス
 

1年後にはどうなっているかわからないけれど、頑張りすぎないように頑張ります


関連記事

No title

これは難しい問題です。
義母さんかと思っていましたが、実母さんなのですね。
身内の場合は互いに甘えがあるから難しいと思います。
私も経験者です。
こういう公共の場でプライベートな事あまり詳しくは書けませんが、9年前に他界した私の父。
性格が豹変してタチの悪い酔っぱらいのように、鬼のようになってしまいました。どうしようもなくて、もう処置なし!!
私たち家族は初めての経験で予備知識もなかったので、父に冷たく当たってしまったのが原因だと思います。
他人と思ってお客様のように接して、機嫌よく闘病生活を送れるようにすべきでした。私達の悪い対応が病気をますます悪化させてしまいました。
単なる老化現象ではなくて、病気なのですから本人が一番つらいのだと思います。
病気と割り切って、ある程度事務的に対応するほうが良いかもしれませんね。
woojyanさん、お仕事辞めたのは残念でしたね。
でも前より時間には余裕ができるのではないでしょうか。
ブログに書くのもガス抜きになって良いと思いますよ〜
みんな応援してくれるはず。

No title

未経験なので、頼りになれませんが、
実の母親の介護。嫌です。
母は将来私に介護をして欲しいと直接言いますが、無理です。
本当にその言葉が重くてがんじがらめな気持ちでした。
考えるだけで無理。
母に言われる度に無理ですと言い続けています。
今別居です。
最近兄が実家を建て直し、二世帯にして自分も住むと言ってます。
本当にホッとしました。
建て直しの間、母がウチに泊まりたいと言って来ました。
それも無理だと断りました。
母が私の心に及ぼす影響力は凄い。
母の小さなお小言が心に刺さる。

woojyanさんが幸せじゃあないと、介護されるお母さんも幸せじゃない気がします。
woojyanさんも決して無理されませんように❤️
どんどん愚痴こぼして下さいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはようございます。私も主人の両親と同居してました。私さえ我慢すれば丸く収まると思い続けていた事が大きなストレスとなって爆発しました。一旦爆発したらもう元に戻れず、鬼嫁の正体がバレてしまいました。小出しに爆発させていればその方が長持ちしたかなって思う事があります。
ですから、今は思う事を結構正直に話すようにしています。
私って怖い女だったのかと自分でそう思いました。
これからのお母さんとの生活が大変ですね。ブログで発散出来る事は、書いてね。コメントしますから。

No title

あー。なんか昨日偉そうな事書いちゃった。
幸せとか。。。
多分、woojyanさんはそんなの分かってるけど、
いろいろ心配なんですよねぇ。
囧rz

No title

つらい決断でしたね。
母と同居しなければ浴びなくて済んだ言葉や味わわなくて済んだ苦しみがいくつあったことでしょう。
「無理だから」と断る強さを持つ人にどんなに憧れたことでしょう。
「自分のお母さんでしょ?姑さんのことかと思った。」と何度言われたことでしょう。

施設で完全に生活介護をしていただくのがイチバンだと思うのですが。
お母様にはショートステイのようなところから徐々に施設慣れしていただいて入所の方向で動くわけにはいきませんか?
・・・そうは言っても「先立つもの」も必要ですし、考えてしまいますよね。
介護度が低いより完全に寝たきりになってくれた方がラク、とよく言われます。
ワタシも介護保険課の窓口で涙ながらに相談を持ちかけたクチですからwoojyanさんのお気持ちは痛いほどわかります。

気持ちが重たくなったときにはどんどん毒を吐いちゃってくださいね!きっと「そうだ!そうだ!そのキモチわかります!」の大合唱が湧きあがると思いますよ(*^_^*)

No title

介護をする多くの家族が 仕事から離れ 家という空間で介護に疲れ 悩んでいますよね。
身内は普通に生活していた頃の姿を知っているからこそ ギャップにも悩み振り回される。
病院とは違って 普通の民家での一般生活を送りながらの介護は大変なことが山盛り。
私の叔父は 丸1日行方不明になって捜索願いを出すほど徘徊が進み 暴力やトイレ以外での排泄など 一時も目が離せない状況ですが 認定の聞き取りの時など 他人の前だと状態が良くなっちゃうんですよね。
なので 周囲に理解されにくいのも この病気の問題点(T_T)
私も祖母の介護の時 仕事を辞めた口なので woojyanさんの気持ち すごーくわかります。
woojyanさんって 洋裁は素人だったんですか?
イカキッカーなんて上手に作ってたので 習ったら すごーく素敵な洋服が作れそうで楽しみですね♪
洋裁は考えるし 手先も使うし 集中力も鍛えられて 達成感もある!
日常的にも役に立つし 素晴らしい習い事だと思いますd(≧∀≦*)
woojyanさん ストレスを溜めないように 上手に息抜きして 健康に気をつけて過ごしてくださいね。

No title

義母より実母の方が大変だと私も思います。

義母に対しては多少なりとも遠慮もありますが実家の母となるとそうはいきません。
義母と同じことを実家の母がしたらとうにブチ切れていることでしょう。

行くと言ったデイサービスの予定は玄関まで施設の方が迎えに来ておられても今日は行かないと言い張る。
3度足を運ばれたそうです。(本人は覚えていません)

横断歩道のない道路も突っ切る(足は元気なんです)、踏切のないところでも線路を横断する

これが一番困ります。。。

何度言い聞かせても忘れるんですからどうしようもありません。。。

あげくデイサービスは私の行くところじゃないと!!契約直前までいって破棄

今は薬の管理も、通院の付添も私がしています。。。。

今はまだこの程度ですが、今後どんどん増える負担に対応するためにもデイサービス、ショートステイまで上手に移行したかったのですがそれも無理そうです。

今年届いた年賀状には介護の文字が、あっちにもこっちにも踊っていました。
いよいよそういう年代にさしかかったんですね。

woojyanさん、どうか一人で抱え込まれませんように!!
ここで吐きだしてください。
私も吐かせてもらいますから!!






No title

昨日からずっとコメントしようか迷ってました
私も実母とは気が合わずというか
昔からストレスの原因の8割は母です(ヒステリー・酒による暴言等)
もう同居は無理って感じで、実家をでました
ただ週に2・3度顔を出してましたが・・ ・
夏に自分の病気発覚後も(癌でした)、数々の傷つくことを言われ
さらに先週は酔った勢いでしょうか、面と向かって 〇ね! と
さすがにもう早く入院したい、開放されたいって
家に帰ってから 一人で泣きました(母は認知症というわけではありません)
すごく暗い話でごめんなさい 私もちょっと愚痴が言いたかった

みんなwoojyanさんの味方ですよ 毒でも何でもOK!(^^)!
ストレス発散して 穏やかな日々が続くことを願ってます
再起動いいね♪ 私も身体の再起動が待ってます(=^・^=)

〇←不正と判断されたので・・・ご想像通りです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ロッドさん

ここ数年で、認知症に関する情報は格段に増えましたね。
もし予備知識が無かったら、本当にどうしたらよいかわからず苦悩するばかりだと思います。
家族ではどうしても感情的になってしまいますから、プロの方にお願いした方が、お互い気持ちよく過ごせますよね。
今はたくさんの専門施設もあり、母もデイサービスに嫌がらず行ってるのでとても助かってます。

時間を合わせられる仕事があればいいのですが、そんなにうまい具合にはいかないでしょう。
介助の必要はないので、今までよりずいぶん時間ができました。
まずは終わらせてしまいたいことがいろいろあるのですが、何となくぼ~っとして時間が過ぎてしまってます。
このままでは、本当に長男の予言通りになりそうなので、そろそろ動き始めます(^^)/

ちこさん

母と娘の関係って、なかなか微妙ですよね。
実は以前のコメントで、「シズコさん」の本を紹介していただいた時から、ちこさんも母娘関係に何か問題があるのかな?と感じました。
あの本を読んで全く共感できない人は、とても恵まれた親子関係だったんでしょう。
共感できた人は、大なり小なり何か問題を抱えた経験があるのだと思います。
生活をし始める前からもう絶対無理と思う程であれば、本当に無理です。
そこに至るまでの責任はお母さんの方にあるのでしょうから。

私は大丈夫です!腹をくくると、もう思い悩んだりしないしない方なので。
今与えられている時間を有効に楽しく使って行こうと思います。

コメントバックのコメント

woojyanさん優しいよぅ。
逆に慰められちゃったわ^_^

鍵コメ①さん

今の状態に納得しているかどうか?難しいですね。
いろいろな状況を考えた上での判断なので、自分で納得して決めたことです。
でも、好きでこうしているわけじゃない、という気持ちもあります。
同時に私がやらなきゃしょうがない、という責任とあきらめの気持ちもあります。
介護だって育児だって立派な仕事だけど、やっぱり社会から切り離されてしまうような漠然とした不安はあります。
でも頭を切り替えると・・・まだまだ介助が必要なわけでもなく、時間がいっぱいできた~o(^▽^)oという嬉しい状況なので、今までやりたかったことを今のうちにやりたいと思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ピーちゃんこさん

ご主人の両親と同居していたんですか、たいへんでしたね。
自分さえ我慢すれば・・・という気持ち、わかります。
桜島みたいに時々噴火して、灰を降らせて、灰を取り除いて、また日常生活に戻って・・・
そんな風に生活するのがいいんでしょうね。
だけど、なかなかそんな理想通りにはいかないですもんね。
ピーちゃんこさんがもともと恐い女だったわけではなく、そうならざるをえなかった状況があったんだと思います。
もし同居してなければ、そういうストレスなく生活できたわけですから。
私も同居していなくて、たまに遊びに来るくらいだったら、きっともっと優しくできていたんだろうなとつくづく思います。

ぱぱげーなさん

認知症の進行を緩和する薬が効くのは1年半が目安と、医師から説明されていました。
薬を飲み始めて1年3か月になりますが、去年末くらいから認知力が格段に低下しているのがわかります。
これからは、どんどん悪くなる一方だと思います。
どんな風になるかはわからないので、その時々で対処していくしかなさそうです。
幸いなことに、週3回のデイサービスは楽しいと言って、休まず通ってくれています。
同じ敷地内にショートステイが出来る施設もあり、その施設の催し物にもよく参加するそうです。
無理なく利用できるところがあると思うだけで、気持ちがラクになります。
負担が大きすぎて私自身が耐えられないと思う前に、次の策を考えていきたいと思ってます。
ぱぱげーなさんのところも、早く決まるといいですね。

nekobellさん

お祖母さんの介護で仕事を辞めたんですか?!大変でしたね。
自分の親でもいろいろあるのに、すごい自己犠牲です。
先日、市の介護認定委員さんが審査に来られ、昨日はケアマネージャーとデイサービスの責任者の方が担当者会議?で来られました。
おっしゃる通り、その方たちの前ではやり取りもシャキッとしているし、身体的にはどこも不自由はないし。。。
もしかしたら介護度が下がるかもしれないと言われてしまいました(-_-;)
こういうのって、一緒に住んでいる人にしかわからない部分が大きいんですよね。

せっかく時間があるのだから、趣味と実益を兼ねた技術や知識など学んでおきたいなと思ってます。
ホントはね、電動工具駆使した木工がやりたいんですけどね~(o^^o)

おでぶにゃんこさん

なんだか・・・おでぶにゃんこさんの方が大変な状況ですね。
遠慮しないでブチ切れられる方がいいのかもしれません。
去年、徘徊中の夫(91)が鉄道事故を起こして、その賠償金を一人で面倒見ていた妻(85)に支払わせるという判決が出ましたよね。
あのニュースを見ていて、「こんな判決を出せる人は、介護なんてやったことない人なんだろうね」と夫と話したことを思い出しました。
デイサービスの契約も取りやめになってしまったんですか。
今はきっと頑固になってしまっておられるんでしょうね。
どんどんストレス発散して下さいね。

うらら姫さん

勇気を出してコメントして下さり、ありがとうございます。
こうしていろんな方のコメントを読んで初めて、皆さんそれぞれ悩みや問題を抱えていたり、経験したことがわかりました。
なかなかマイナス体験は書きにくいですもんね。
お母様は何か介助をしなければならない状況なのでしょうか?
もし精神的な圧力を掛けられているだけならば、しばらくの間距離を置かれた方がよいのではないでしょうか?
状況を理解していない無責任な言葉になっていたらすみません。
どうぞ入院中は穏やかに時間を過ごして、体と心を癒してください。

鍵コメ②さん

みなさんのコメントを読んで、ずいぶんと励まされました!
この記事を書いてから少し時間が経ちましたが、何だか元気になりました。
結局、イヤな面に目がいってしまうとどんどんマイナス思考になってしまいますが、見方を少し変えると、そんなに言うほどのことでもないって感じがします。
もしかしたら1年後にはすっごい大変なことになっているかもしれませんが、今のところは大丈夫だし。
デイに行ってしまえば私の時間♪
何が何でもうちで・・・という考えはないので、無理ならプロの方にお任せしようと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)