猫専用 / 真冬に咲く花

今が一番寒い時期、やっぱり暖房は欠かせません。


ハロゲンまえ017


ところが犬や猫がいると、ドアを閉めっ放しにできなかったりします。
さらに猫は器用なので、ドアノブを自分で開けて入ってくる子も多い。
開けられるのなら、閉めてくれ~~~

わが家はレトロな家なので、昔ながらの引き戸が多い。
特に2階の部屋は、ガラスの引き戸がほとんどです。
一番下のガラスを一枚はずすと、猫の通り道になります。


通り道


カッコよくはないけれど、猫にも人にも好都合です。





1年間に買う花代が過去最低になったのだとか。
みなさんは自分のために花を買いますか?

私は、切り花は彼岸とお盆とお正月以外、まったく買いません。
切り花代は年間で3000円くらいかな?

鉢花・苗物は処分品をもらってきてたし。
 
処分品を復活させて、自己満足に浸るのが幸せ~

今、家の中で越冬中の鉢物がどれくらいあるんだろう?
数えるとショックを受けるので、数えないことにしてますが、たぶん3ケタ


朝の最低気温8℃、日中は暖房なし、陽当たりは良好の部屋で、熱帯植物の花が咲き続けています。
何年も過ごしているので、この環境にも大分慣れたような感じです。
季節を感じさせてくれる花も好きですが、冬も絶え間なく咲いてくれる熱帯植物も大好きです。


 アンスリウム アンスリウム・ミストラルの花
アンスリウム           アンスリウム

0八重咲ハイビスカス赤107 mini001.jpg
ハイビスカス          セントポーリア


おととい1月31日は「愛妻の日」だそうです。
「愛妻の日」には、妻に花を贈ろう!とラジオで宣伝してました。
このブログの読者である数少ない妻帯者の男性方~
結婚後に、奥様に花を贈ったことはありますか?

花束を持っているごく一般の男性って、退職祝いかお墓参りのイメージしかない。。。
でも10年後の1月31日には、そこらじゅうに花束を抱えた男性が歩いているかもしれません。

花屋にいた頃、高齢の男性から真っ赤なバラ50本の注文を受けたことがあります。
金婚式に奥様へプレゼントするんですって。
当日受け取りに来て、真っ赤なパラの花束抱えて帰っていきました。
カッコイイ~~

関連記事

No title

お花ですかあ。
昔は結婚記念日の度にバラの花1輪、買ってきたものですが、今では仏花オンリーかな。
鉢花は枯らすと補充、で買っていますが。woojyanさんのように年代物の鉢は・・・ありました!今は亡き義理の母が育てていたゼラニウム2鉢。何十年物でしょうか。盆栽のようです。

エルたんと幸多くんが並んで温まっている光景、心がほっこりしますね。

No title

エルちゃんと幸ちゃんの共同生活は woojyanさんの気配りでうまくいってますね~♪
こういう姿を見ると ほっとしますねヾ(*・∀・`)o
ガラスの引き戸 便利ですねー!
うちは私の部屋だけ 親子がドアに挟まるといけないので引き戸にしてありますが 猫ドアはな~い( ̄_ ̄)
動物のいる家って 寒いし プライバシーないですよねヾ(。・ω・。)
私の部屋は いつでも開けっ放し&父親も出入り自由です(6 ̄  ̄)ポリポリ
お花は父が一番買ってます! 仏花だけど・・・(* ̄m ̄)
送別会でも お花をもらって困るって男性もいますよね。
せっかく用意したのに・・・ 結局私が持ち帰ったことがあります。
一人暮らししていた事は 一輪挿しに欠かさず飾ってました♪
花のある暮らし ちょっと心にゆとりがもてますよね♪

No title

奥様へのプレゼントに真っ赤なバラ50本

素敵~

うちの主人に爪の垢飲ませたいわ~


そうか!!ガラスだと外せるんですね。
それは便利ですね

冬でも花に囲まれる環境が羨ましいです!
個人的に好きな色は暖色系なのですが、花は紫、青系が好きなので、
このセントポーリアですか?この色すごく好みです。

もらってみたい、花束!バラとは言わないけど一度は貰ってみたいなぁ…。
明日うちは20年目の結婚記念日なのですが、冬だし花という発想はしてもらえなさそうです。

ヒーターの前でまったりする猫の図って、本当にほっこりしますね(=^ェ^=)
仲良く並んでる姿、和みます!

ぱぱげーなさん

屋を飾るために切り花を買うってとっても素敵だけど・・・実際はなかなかできませんよね。
どうしても生活必需品が先になってしまって(-_-;)

何十年物のゼラニュームとはスゴイですね~
お義母さんの気持ちがこもっていて、枯らすわけにはいきませんね。
ヨーロッパの方では、ウィンドウボックスから溢れるようにゼラニュームが咲いていて、とっても憧れます♡
気候が違うので、あんな風にはとてもできませんが。
海外で盆栽が流行しているとか。
ゼラニュームの盆栽仕立て、いいかもしれませんよ~(*^.^*)

nekobellさん

そうそう、nekobellさんのお部屋、近頃にしては珍しく引き戸なんだ~と見てました。
猫たちがドアに挟まれたりしないためなのかな?と思ってましたが、やっぱりそうだったんですね。
風が吹いてもパタンッと閉まったりしないし、ペットのいるお宅では引き戸はおススメですよね~。
今から引き戸の下の方に、穴開けちゃう?( ̄m ̄*)

一人暮らしの男性だったりすると、お花をもらってもかえって迷惑になるってこともあるんですね。
送別会にはとりあえず花!じゃなくて、相手によって臨機応変にしなくてはね。
nekobellさん、一輪挿しに欠かさず花~うゎぁ素敵~(✿ฺ◕‿◕ฺ)

おでぶにゃんこさん

イマドキの若い人ならいざ知らず・・・
中高年の男性が、妻のために花束を自ら買うなんてことは、めったにないんじゃないかな?
少なくとも私の周りにはいませんね~(^_^;)
うちの夫だったら、たぶん「買って」とお願いすれば買ってくれると思うけど、その際にも「自分で好きなの選べば~」って言って、お金だけ渡してくれると思います。
50年は先が長いので・・・今から30年目には30本のバラの花束が欲しい~~って呪文のように繰り返して言い続けましょうか(笑)

よしでんさん

あら~、明日で20周年ですか?!
おめでとうございま~すe-398 節目の年ですね。
バラなんて海外からどんどん輸入しているので、真冬でも関係なくいくらでも手に入りますよ!
このブログをガイチさんに見せて、「うゎ~、花束いいな~」とつぶやいてみるとか。
どうぞおいしいものでも食べに行ってくださいね~。
あっ、コメント欄は見せちゃダメですよ~ ( ̄m ̄*)

セントポーリアは暑さ寒さに弱く、弱光線で育つので、暑い関東よりも北海道の方が育てやすいかもしれませんよ。



No title

女性と男性って、そんなに違うんでしょうかねぇ。
私の妻は女性ですが(当然です・笑)花には興味ないし、でも猫は一応好きです。
私は一応男性ですが(笑)花が大好きです。これは個人の趣味の問題じゃないでしょうか。それとも私はオネエ系?(;゜ロ゜)エェ??(爆)ゼッタイに、そういう趣味はありません(^_^;)
仕事の都合で人付き合いが多い妻が、職場から持ち帰って来た花を、私が枯らさないよう世話をしているのが現状です。
小さな鉢植えだったジンチョウゲなんか立派に育って、挿し木で増やして、20年もたってスバラシイ事になっていますよ〜(*^^)v
でも妻の名誉のために言いますが、裁縫なんかはマメにやりますよ〜倹約家です。靴下までつくろって最後まで大切に使います。妻が捨てたそのボロきれを、私がさらに再利用。お掃除や車磨きに使います。これが楽しいんですよね(笑)こんな夫婦で、結構うまくいってるのかも(^_^;)
お墓参りの花は夏と秋は自宅の庭の物で間に合います。
気候が厳しいので野菜はほとんどダメだけど、花は豊富にあるので節約に役立っているし、日本古来の花でお墓のご先祖様も喜んでいると思います。3月のお彼岸には花が無いので買っています。
日本全国みんながこんな生活してたら、経済活性化なんて死語になってアベノミクスは沈没(≧ω≦*)
私たちは非国民と言われてしまいますね。ゴメンナサイm(_ _)m

猫ちゃんの出入口。
昔は障子を短冊型に切っていましたね。うちは猫を飼っていなかったけど、隣の家で見ました。
今の私の家は、猫はすべてフリーパスです(^_^;) 何でもボロボロにしてくれますヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ 家主が猫で、私は下僕ですので
(;一_一)

ロッドさん

そうですね~、個人の趣味の問題はあると思います。
一般的にガーデニングと言われる分野では女性の方が多いかもしれないけれど、果樹とか畑になると男性の方が多いように思います。
実際に農業を本業としている人は、男性の方がずっと多いですね。
植物を育てるということでは、男女あまり関係ないと思います。

ただ、花束をもらって喜ぶのは、やっぱり女性の方が多いのでは?と思います。
男性も嬉しいと思うのでしょうが、女性ほどは喜ばないような・・・
うちの夫が花束だったらビール券の方がいい!なんて常々言っているので、そう思い込んでしまったんでしょうか(-_-;)

わが家は、夫は虫や両生類はニガテで、まず素手で触ることはありませんが、私は平気です(笑)
でも電気工事とか長距離運転などは、夫に丸投げです(^_^;)

わが家も経済活性化には全く貢献できませ~ん(´`)=3

No title

確かにお花は買わないですね…仏花くらいですね。

 鉢物は手入れができないので、買わないしな~


 赤いバラ50本なんて贈られたら、私感激しちゃうな~

No title

おはようございます。温かいお家で良いですね。花が咲いてると幸せな気分になりますね。
主人に花束なんかプレゼントして貰った事ないですよ。親戚から戴いた花束がどれだけ嬉しかった事か、生花だから・・・短い命だからもう頭の中で生き続けています。それくらい嬉しいのに・・・・。主人に言っても解ってもらえないのですよ。

No title

花束をプレゼント…一度もありませ~ん(^_^;)
そうそう!プレゼント自体が大変珍しい夫婦なのですが、先日、急に手袋を買って帰ってきました。
曰く「あかぎれがヒドイから…」とのことでしたが、どうやらしもやけと混同しているみたいです(・ω・`)

我が家もトトが全てのドアを開け放てるので、冬場はちょっと困りますね(-_-;)

No title

こんにちは。

猫さん扉、良いですね!
ガラスを1枚外せばできるのがとてもよいです。
ドアだと、削って付けなくてはなりませんものね。

我が家は、お花をよく買おうほうかもしれません。
母はいつも仏壇にお花を生けるので、
週一くらいのペースで買いに行っています。
菊やカーネーションが多いですけれどね。
私は、ぽんぽん菊がお気に入りです。( *´ 艸`)
ハイビスカス咲いているのですね!!

まめはなのクーさん

お花があれば、気持ちが安らぐし華やかになるから、庭の花を切って飾りはするけれど・・・
特別なことがない限り、切り花を買うことってやっぱりないですよね。
お花を買うより、犬猫のご飯が優先です!

赤いバラ、大輪のバラだったから、すご~く大きくてずっしり重い花束でした。
一生に一度くらい、そういう花束もらってみたいですね~。

ピーちゃんこさん

冬の間はこの辺り特有の乾いた強風がよく吹き荒れてます。
でも陽当たりはとってもいいので、窓を閉めていれば昼間はポカポカしてます。
暖かい時期は数鉢の観葉植物を除いてあとはすべて戸外に出してしまうので、冬が一番華やかですe-420

確かに生花だから、はかない命だからかえって印象に残ることがありますよね。
プリザーブドやシルクフラワーには絶対に出せない魅力が、生花にはあると思います。
ブログを読む限りご主人はとっても優しそうな方なので、きっといつかはわかってくれると思いますよ(*^.^*)

蘭丸さん

手袋ですか!
蘭丸さんが手を赤くしながら一生懸命に家事と育児を頑張っている姿、ちゃ~んと見てわかってくれているんですね~。
気持ちと言葉があれば、物をもらわなくたって幸せですが・・・
やっぱりプレゼントされると嬉しいですよね~o(^▽^)o

まさしくトトくんはドアノブを自分で開けて入って来る猫さんですもんね。
全開にされるのは、勘弁してほしいですよね~。
障子はロッドさんのコメントにある、障子紙をのれん状にするというのも良い方法だと思います。

nobi8nさん

古い家なので使いづらい所がたくさんあって、若い頃はこのガラスの引き戸もオシャレじゃなくて大嫌いでした。
猫を飼ってから、まさか格好悪いと嫌っていたガラス戸がこんなに便利だったなんて!初めて気づきました。

nobi8nさんのハイビスカスはどうですか?
去年末にポインセチアの小さな鉢を買いましたが、それ以外の植物は全部1回以上冬越しを経験しているものばかりなので、我が家の環境に慣れていて、普通よりも耐寒性が増していると思います。
南国の花は季節問わず咲く花が多いので楽しいですよ~♪

No title

二度目で失礼します。
古い家なので・・・昔はオシャレじゃなくて・・・というお話。
私もまったく同感です。今は考えが変わりましたねぇ。古い物の本当の良さが、少しだけですがわかってきました。
古い物、修繕しながら長く使うのは粋な事だと思いますよ〜

私は両親を反面教師としていますので、男女平等という事を一番大切に考えています。亭主関白だった父だけでなく、隷属的だった母も問題だと思っています。
どうせ嫁にやるんだから、とか、所詮女だから大学なんか行かせなくても・・・そういう話を親戚どうしの酒の席などで聞いて、子供の頃でしたがとっても嫌な気分になっていました。
同じ人間なのに、どうして?

だから私は長男ですが妻の姓に変えたし・・・
でも男の私が花とかぬいぐるみが好きで、妻はぬいぐるみが嫌い、正反対だというのも・・・他人には笑われてしまいますが変な事ですねぇ。こんな事を書くとますます私がおネエ系だと思われてしまいますねぇ〜(笑)
珍しいタイプの女性との縁があって、良かったと思っています。

妻は毎年桜の花が咲いた事にも気づかないんですよ。仕事があまりにも厳しすぎるのかもしれません。毎日13時間も職場に拘束されていますからね。土日出勤も多いです。でも残業はつかないんです。公務員なんですけど、とても厳しい職場です。早く定年退職になってほしいです。
今度妻の誕生日に花を贈ってみましょうか?どんな反応を示すかな?

ロッドさん

私も男女平等は尊重されなければならないと考えています。
教育や職業などの機会は、男女の区別なく均等に与えられるべきだと思います。
男だから・・・女だから・・・とひとくくりにするのはおかしいと思いますが、好みの傾向はある程度存在していると思います。
ロッドさんのぬいぐるみ好きや私の爬虫類好きは、たぶん一般的な傾向からははずれているでしょうねぇ。
でも人それぞれ、それでいいと思っています。

奥様に花束、ぜひお試しください。
ただし、受け取ってまったく喜ばなかったとしても責任はとれませんが(-_-;)
いきなりプレゼントに花束だけど~んと渡すのではなく、アクセサリー&ミニブーケなどで反応を見られてはいかがでしょうか?
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)