再会

ブログの楽しみのひとつに、実生活ではきっと知り合うことのなかった方々と知り合うことが出来る、ということがあると思います。
会ったことがなくても、長い間ブログを読んでいると、その内容や書き方、コメントなどで、なんとなくその方の人柄などがわかってきますよね。
実際に会って話してみたいな~と思っても、出不精で面倒くさがり屋の私は、オフ会などに出たことがありません。
このブログにコメントを下さる方の中でも、実際に会ったことのある方は1人だけ・・・

前置きが長~くなってしまいましたが、その方と日曜日に再会しました。
ハイッ、komomo姉さんです! 妹さんも一緒でした。
(美人姉妹として有名ですよん

komomo姉妹が看病していたpukkupukuちゃんが40代半ばの若さで亡くなってから早1年3か月。
pukkupukuちゃんの思い出話をたくさんしてきました。

  (pukkupukuちゃんのことを知らない方はkomomo姉さんのブログのカテゴリ 「守りたい命」 の記事を読んでみてくださいね )

Komomo姉さんに渡そうと思って持って行ったバラの鉢植えをpukkupukuちゃんがとっても気に入って・・・


バラ鉢植え375



ホントは病室に根っこのついてる鉢植えを置くなんてタブー
だけどpukkupukuちゃんが喜ぶならということで、ずっと病室にバラの鉢植えを置いてました。
そしたらバラ好きなイケメン医師が、毎日pukkupukuちゃんの部屋にバラの世話に通ってくれたとか・・・
そんな話をしてたら、ホントにいろんなことを思い出しました。

実の親兄弟に恵まれなくて、辛いこととか悔しいこととかいろいろあって・・・
それでもまっすぐに生きて、潔く死んだその生き様は、ブログを読んでいた人たちに本当にたくさんのことを教えてくれたと思います。

私はたまたまpukkupukuちゃんが最初に入院した病院に近かったので、リアルなpukkupukuちゃんと話すことができました。
pukkupukuちゃんのおかげで、komomo姉妹とも会うことができました。
不思議なご縁です。





畑の半分を占めてしまっている冬瓜(とうがん)とヒョウタン。
そろそろ冬野菜の準備にかからなければならないと言うのに、ヒョウタンは、まだまだグングン成長中です。

ピーナッツほどの小さいヒョウタンも含めると、全部で50個以上ありそう
抜いてしまおうか、このままにしておこうか・・・
ただ今、本気で悩み中です。

何の芽が出てくるのかわからない畑で、最近実が付き始めたのはマイクロトマト。
去年、面白そうなので苗を2株買って、育てたもの。
庭で育ててたのに、どうして畑から出てくる?
まぁ、ヒョウタンと違ってこちらは確かに植えた覚えがあるのでいいけれど。



トマトいろいろ001
上段左から千果・イエローアイコ・アイコ・シュガーオレンジ
下段右2個がマイクロトマト


味も形も確かにトマトなんだけど、採って集めるのが面倒になったんだったっけ
大型インコなどを飼っている人にはおススメかも??






おかめを保護してから、2か月半が過ぎました。

    (おかめ保護の様子はコチラ

いまだ飼い主不明のまま、我が家にいます。
卵はどうなったかというと・・・


かめ卵3024



4個のうち1個は、空気が抜けたボールのような状態になってしまったので捨てました。
あとの3個は、腐るでもなく孵化するのでもなく・・・
卵が生きていれば2か月~長くて3か月で孵化するらしいですが・・・
もうすぐ3か月です!! 
いったいどうなるんでしょうね?!


関連記事

No title

闘病記、全部読みました。
この世の中、弱者にはとことん冷たいですね。
私の父の病気のときも似たような経験をしましたが、まったくひどい世の中です!
最初はソーシャルワーカーという存在を知らなかったので、素人では転院その他の手続き、手も足も出ません。医師や看護師は何も教えてくれませんでした。
こんな状態では患者はそれこそ行き倒れになってしまいます。
自宅では生きていけないから入院しているのに
「ご自宅へお帰りになるんでしょ」
なんて言われても、八方ふさがりです。市役所の福祉関係の手続きは時間がかかって間に合わないし、その間に病気はどんどん進行してしまって。
私の場合、弟は東京ですし、母は父の病気を直視する勇気がなくて家に引きこもってしまいました。それで私ひとりで走り回って奮闘して、父の死後は母や弟との関係は最悪です。家族の人間関係は難しいです。

家族がついていてもこれですから、身寄りのない人のご苦労は・・・
去年折り鶴の話をどこかのブログで見た記憶がありますが、今やっとわかりました。大勢の皆さん応援してくださったのですね。

No title

ブログって上手に楽しく利用すればこんなに素敵な出会いの場になるんですね。
Komomo姉妹さんや、pukkupukuさんとの出会いはきっと偶然ではなく、必然であってそれを縁というのでしょうね。

ここまで変化がないってことは生きている可能性も高いですよね。
元気な子亀が生まれるのを楽しみにしています。



No title

闘病中は 本当に大変でしたよね。
komomo姉妹さんがpukkupukuちゃんと出会えたこと。
会ったこともなかったけど 天に感謝し pukkupukuちゃんの
お人柄が 姉妹さんを引き寄せたんだな~と思いました。
とっても可愛くて 明るいバラですね~♪
pukkupukuちゃんと一緒に頑張って生きてきたバラ。
バラを見ながら バラに元気をもらっていたんでしょうね。
人に優しくありたいと たくさんのことを学ばせていただいた。
絆って こういうことですよね。

千果・イエローアイコ・アイコ・シュガーオレンジは育てたことが
あります。
味の感想は やっぱり普通のトマトがいいな~でした(* ̄m ̄)
マイクロトマトは初めて知りました!
こんなちっこいのがあるんですね!
やっぱり皮が硬いのかしら?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

本当ですね。なんとなくお人柄ってわかりますね!
私もお会いしたことがある方もいらっしゃいます。
不思議と初めてお会いしてもたくさんお話できるのですよね。

pukkupukuさんは、たくさんご苦労があったけれど、
いつも笑顔を絶やさないステキな方だったそうですね。
pukkupukuさんを見守るkomomo姉さん、妹さんも
ステキな方ですよね!

亀さんの卵、生まれるといいなあ。
実は、たまに気になっていました。
どうか、無事に!と思います。

ロッドさん

私の父は12年前に亡くなりましたが、やはりソーシャルワーカーについては知りませんでした。
大きな総合病院だったので、もしかしたらソーシャルワーカーがいたかもしれませんが、紹介されることはありませんでした。
ソーシャルワーカーが一般的になってきたのも、ここ数年のことなんでしょうか?
せっかくいろいろな制度があっても、知らなければ活用できません。
また家族以外の人が何かをしようと思っても、どうにもならない現実がありました。

ロッドさんもお父様の件では大変な思いをされたんですね。
ひとり奮闘して苦労して、それでもなかなか外野にはわかってもらえない苦々しさ、お察しします。

おでぶにゃんこさん

SNSも使い方を誤れば危険なことも多々ありますが、上手く活用すれば世界が一気に広がりますよね。
遠く離れた行ったこともない場所に住むおでぶにゃんこさんとこうして知り合えたのもブログのおかげです。
pukkupukuちゃんと出会えたのも何かの必然性があったのだと思います。
いろんな出会いがあるので、私はブログをやっていて本当によかった~と思ってます。

カメさんの卵、生きてる???
そうであってほしいものです。

nekobellさん

本当にpukkupukuちゃんもkomomo姉妹も大変な思いをして頑張ってました。
このバラが病室にあった頃はもう動くこともほぼできないような状態でした。
今はkomomo姉さんのおうちで育ってます。
バラが咲くと、特にいろんなこといっぱい思い出すんだろうな~

うちの夫も大玉トマト派です。
でも私は酸味も甘味も強いミニトマトの方が好きです。
育てるのは私なので、ミニトマトばかり作ってます!ミニトマトの方が栽培が断然簡単だし。
マイクロトマト、やっぱり皮が硬いです、それよりなにより採るのが面倒です(-_-;)

鍵コメさん

私もpukkupukuちゃんの件で、見ず知らずの人たちが一致協力することができるというネットの力を見た感じがします。
ネットは危険もあるけれど、こういう素敵な出会いもあるんですよね。

以前の記事で皆さんで集まっている様子を見ました。
バーチャルな世界から現実の友達になって、生涯付き合える友達になれたなら本当に嬉しいですね。

nobi8nさん

nobi8nさんはいろいろな展示会などに行って、実際にその方とお会いしてますもんね。
実際にお会いするのは初めてでも、それ以前にブログを通してその人となりや関心事などを知っているので、初対面でもたくさんお話ができるんでしょうか。

もし私がpukkupukuちゃんの立場だったら、とてもじゃないけど、あんな風に最後まで笑顔でいられないと思います。
まったくの他人であるにもかかわらず、あれだけのことをやり遂げたkomomo姉妹も本当に尊敬します。

カメさんの卵、ず~っと玄関に置きっぱなしで何の変化もなく・・・はやく決着をつけて~と思ってしまいます(-.-)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

pukkupukuさんが残したご縁はpukkupukuさんが生きた証。
たくさんまかれた種のうちの大事な1つ。
姉妹さんやwoojyanさんそしてpukkupukuさんが生き続けている証、ですね。
ワタシは遺影で見たのが初対面という文通歴20年以上の友人がいました。
今ではご両親から年賀状をいただくようになり、繋がっていますよ。
人生、こんな出会いがあるから優しくなれるのでしょうね。

ぱぱげーなさん

20年以上の付き合いがありながらも、遺影が初対面とは悲しい対面になってしまったんですね。
いまでこそメールで簡単に文章も写真も送れる時代になってますけど、確かに私たちが若かった頃は文通が流行ってましたね。
私も雑誌の文通コーナーなどを通して、数年間何人かとやり取りしてましたが、いつの間にか自然消滅してしまいました。
20年以上続いたならば、お互い顔を知らなくても、その人の性格や考え方などお互いよく理解していたことと思います。
直接会えば、きっと話も弾んだのでしょうけど、本当に残念でしたね。
いつか私もぱぱげーなさんと会える日を楽しみにしてます♪
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)