硬い? 柔らかい?


すっごく珍しいわけではないけれど、あまり見かけない花(切り花)が入荷しました。

CA3F0336ノーブル 



パッと見てすぐに分かった人は、かなりのお花通です。
ヒントは茎と葉っぱかな?


答えはコチラ


CA3F0339のーぶる 


こちらは普通の八重咲きのユリ

CA3F1242八重咲のゆり



猫を飼うようになってから、ユリを家に飾ることはなくなったけど、やっぱり華やかで素敵だと思う。

きれいなバラには棘がある。
きれいなユリには毒がある・・・悲しいなぁ。




猫を飼い始めて、びっくりしたのが体の柔らかさ。
もう犬では考えられない姿勢になる。
グニャっと前屈したり


お手入れ中vFo222LxwJpoXDz1378736675_1378736921



足をピーンと上げて毛繕いしたり


足ぴーんQpLAczU55S8E3ty1378737034_1378737066 


猫ってこんなものだと思ってた。
ところが幸多の毛づくろいはエルと何かが違う。


なんか変EYjTtwjzA9HNjpQ1378736467_1378736530



エルのようにピーンと足が上げられない。
必ず足を手で支えてる。
おまけに、いつも壁にもたれかかったところで毛づくろいをする。
太ったからではなくて、最初からこうだった。



よいしょ023



幸多、体が硬くておまけにバランス感覚も悪い。
そのくせキャットウォークの上で変な格好してるので、時々落下します

もちろん個体差はあるでしょうけど、幸多、猫としてこの体の硬さはいかがなもんでしょうねぇ?
それともエルが普通だと思い込んでただけで、幸多の方が一般的?
メスよりオスの方が体が硬いとかあるのかなぁ?
みなさんのおうちの猫さんはどうですか?


関連記事

No title

毛づくろい場所に猫猫で違いがあるんですね。
争いにならないよう、お互い気を遣っているのかな?
幸多君は無防備でいるといつ何者かに襲われるかもしれない、という環境の中にいた時間が長かったせいでしょうか。
それだけに自分自身にとっても危ない場所でのグルーミングになっちゃうのかもしれませんね。
我が家のキャロルは怖いものなし状態なので、他人の通り道でもヘーキでゴロン&パッカーンしてます。
女子的には「それでいいのか?!」って感じですYO

No title

幸くんのように足を手で支えるグルーミング初めてみました~
これはこれで一生懸命さが伝わってきてとってもかわいいですv-10
ふたりでグルーミングしあう姿が見たいですよね~
我が家も見たいけど・・・無理だろうな~

No title

初めて見ました!
綺麗な百合ですね~♪
花も種類が多くて 好きな種類しか覚えられませ~ん(*-∀-)ノ゙
以前 年配の学者さんが大きなバラの花束を見て「キレイなチューリップだね♪」と満面の笑みで言いました。
その後も 見事なカサブランカの花束をも「大きなチューリップだね♪」と笑みを浮かべた後 「ボク 花はチューリップが好きだな」と嬉しそうに私に語ってました(≡ε≡;)
種類がわからなくても 花って人を笑顔にしてくれますよね(* ̄m ̄)

うちも長毛のだ~ちゃんがエルちゃんタイプだと思います。
二つ折りしたような前屈姿で毛づくろいしますよね?
・・・が そんな柔軟性のあるだ~ちゃんの娘は そんな前屈はできません!
たぶん骨格の違いなんじゃないかな~と思うんです。
スコ座りもだ~ちゃんだけですし(*¨*)
両手で足を支えて 毛づくろいしてる幸くん! 可愛いー!
でも でも・・・ キャットウォークの上は危険だぞぉ~(。・o・。)ノ

No title

 あら~確かに幸多君、体が固いかもね^^でも、幸多君の毛繕いは可愛いわ~四日買って必死にアンヨ抱えてますね~その不器用そうなところが可愛い^^

 長毛の子のほうが、体が柔らかい気もするんだけど…モワモワしているからそのせいかしらね?短毛種の子に、体の固い子が多かった気もするのよね~
 うちのハータン、ゴンちゃん毛は長めです。お空に行ったボクチンは短毛種です。前者のふたりは、フニャリンコ、ボクチンは固かったですよ。

No title

こんにちは。

一瞬、食べ物かと思いましたが、ユリだったのですね!
我が家も立派なユリをもらうと困ってしまいます。
結局は、どなたかに差し上げるハメに。( *´ 艸`)
でも、いいのです。食べたら大変ですから!

幸ちゃん、面白いですね!
足を持っているのですか!笑
あーく氏どうなのでしょう?身体硬いかしら?
よく私に寄りかかって毛繕いしています。
すーっと退いてみると、、ひっくり返ります。笑

No title

えぇ~、ユリですか∑(゚д゚;)
何だか全然違うイメージですね。
よく品種改良される前の原種を見ると「あれれ?」っていうくらい地味なものがありますが、もしやこのユリも品種改良前…とかですか?

トトはエルちゃんタイプで、柔軟性を活かした毛づくろいをするタイプです。
…が、私は幸多君タイプが好きかもしれません~(〃∇〃)
おててで支えながら一生懸命毛づくろいなんて!!
あまりにいじらしくて、ギュッとしてなでなでしたくなります♡←多分、毛づくろい中だと迷惑行為ですが…

No title

わが家の2ニャンズは体柔らかいですねぇ。
特にちゃちゃの方は毛づくろい中も柔らかいなぁと感じますが、
抱っこしててもくたくたした感じがします。

ぱぱげーなさん

我が家のお嬢猫もどこでもへそ天します。
こちらが注意しないと、踏んづけてしまいそうなところでも平気で寝てますね。
夏は廊下で寝てたりするので危ない危ない!
幸多も無防備に寝てるように見えるけれど、そう言われれば、人が通るようなところでは寝てないですね。
それまでの生活で身に付いた習性なんでしょうか。
幸多も運動神経が悪いとはいえ、猫なので高い所が大好きです。
キャットウォークの一番高い所でのグルーミング、見ている方がハラハラドキドキしてます。

おでぶにゃんこさん

最初に見た時は、ヘンな格好で毛づくろいしてるって思ったのですが、毎度毎度のことなので、見慣れるとコレが普通なのか?と思えてきてしまいました。
やっぱり普通じゃないみたいですね(^_^;)
グルーミングし合う姿・・・うゎ~いいですね!
でもまだまだ目標が高過ぎです(-_-;)
まずは体のどこかが触れていても気にしないってところからクリアしないと。
まだまだ先は長そうです。

nekobellさん

その学者さん、専門の勉強ばかりし過ぎて、一般的な知識が~~
でも何とも可愛らしい方ですね。
世の中にはチューリップとヒマワリとサクラくらいしか花がないと思ってたりして(^_^;)
たまにお客さんでもいますよ、そういう方。

体の柔らかさと毛の長さの関係!なるほど~、気がつきませんでした!
だ~ちゃんとエルは見るからに同じ体型だし(笑)
言われてみれば、へそ天してる子って短毛よりも長毛が多いですよね?
エルに比べると、幸多は毛づくろいするのが大変そうだな~っていつも思います。

まめはなのクーさん

やっぱり長毛の子の方が体が柔らかい説が有力ですかね~?
猫は体が柔らかいものだと思い込んでたので、幸多の毛づくろいを見た時は、あれれ?って感じでした。
前屈でペタ~って前につかないし、足は上がらないし。
すっかり体が硬くなった太目の中高年が一生懸命体操してるような・・・
↑あっ、私のことだ(^_^;)
本人は必死にやってるんだけど、なぜかおかしくて。
1kg痩せたら、少しは違ってくるんでしょうかねぇ?

nobi8nさん

ははは・・食べ物だと思いましたか?
そう言われれば、作り物のような気がしないでもないですね。

幸多やエルもよく私に寄りかかって毛づくろいしてます。
体を預けられてると身動きできなくて、だんだん体が凝ってくるんですよね(-_-;)
エルは何にもない床の上でも平気で全身の毛づくろいできるけど、幸多はお腹の方の毛は無理かも。
もしかして、もしかしてあーくんも幸多の仲間だったりしてe-350

蘭丸さん

八重でも巨大輪でもユリはユリだとわかるのに、このノーブルはユリとは思えないですよね。
ノーブルは原種ではなく、突然変異のユリなんだそうです。
日本にはヤマユリとかオニユリとかスカシユリとか、原種のままでも十分きれいなものがたくさんあります。
シーボルトが日本から持ち帰ったユリがヨーロッパで大人気人気になって、品種改良が進んだのだそうですよ。

幸多の毛づくろい姿には、ついつい見入っちゃいます。
本人は一生懸命なので、笑っちゃ失礼と思いつつ、やっぱり笑ってしまいます。


No title

ユ、ユリですか・・・っ!
変わったユリですね~、初めて見ました!(^O^)

エルちゃんは、本当に体が柔らかいですね~
今まで猫はみんな体が柔らかいものだと思っていましたが、
こうして見ると、かなり個体差があるような・・・
猫にも体が「かなり柔らかい」猫と「柔らかい」猫と「普通」の猫がいるのかな?
うちの猫たちは、みんなエルちゃんほど柔らかくないと思います。
でも、幸くんの必死で毛づくろいしている姿、可愛くて思わず見とれてしまいそうですね。
転がらないように、そっと手を添えてあげたくなります。
母性愛をくすぐられちゃうなぁ・・・(*´∀`*)

ねねちゃんママさん

↑長毛さんの方が柔らかいのでは?というコメントいただきましたが・・・
ねねちゃんもちゃちゃちゃんも、思いっきり長いですもんね。
やっぱり柔らかいですか。
エルも抱っこしてもグニャリって感じです。
幸多とは全然抱いた感じが違ってます。
ますます長毛柔軟説が有力になってきましたね!

ぐうたらかあさん

コレがユリって言われると、びっくりしますよね。
茎や葉っぱは確かにユリなんだけど、花が原型をとどめてないと言うか・・・
突然変異らしいですが、何とも不思議な感じですね~。

なるほど~、体が柔らかいにもランクがあるんですね(笑)
猫さんがたくさんいると、いろいろ違いがわかって面白いですね。
幸多はランク外の「硬い」に相当するかな?
エルが「かなり柔らかい」なので、幸多の硬さがますます目立ってしまうのかも(^_^;)

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

萌音さん

ご訪問ありがとうございます。
どうぞまた来てくださいネ。
お待ちしてます。
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)