もしもの時

今、首都圏では、東京大学地震研究所の研究チームが出した「M7級の首都直下型地震が今後4年以内に約70%の確率で発生する」ということが話題になっています。 
報道番組やワイドショーなどでも、地震に備えて何を準備するべきかなど、いろいろ取り上げられています。
4年以内というけれど、それは今日起きる可能性もあるということです。

東日本大震災が起きてから、あと1か月半ほどで1年が過ぎます。
私の中では、最初のころの緊張感もすっかり薄れてきていました。

我が家は築40年の古い家なので、M7級の地震が来たら、きっと倒壊するでしょう。
東京湾からは10km位ですが、高台なので津波は大丈夫だと思います。
ただ、コンビナートが大爆発して有毒ガスが発生したら、どうなるかわかりません。
東日本大震災の際にコスモ石油化学が爆発したときには、十数キロ離れているにもかかわらず、米粒ほどの鉄の塊がたくさん降ってきました。
  (コスモ石油爆発の記事はコチラ
  
もし、大地震が起きたら、家族では一応こうしようと話してあります。
でも、うちにいる生き物たちをどうするべきなんだろう?


CIMG5027.jpg



震災後の映像を見て、犬や猫を飼っている方なら、一度は考えたことがあると思います。

この地区で避難所に指定されてる小学校は、犬や猫を連れて行くことを許してもらえるかどうかわかりません。
どんなにかわいい「わが子」でも、嫌いな人にとっては邪魔者です。
アレルギーを起こす人もいるでしょう。
東日本大震災の時も、犬猫連れの人の多くが、避難所の駐車場の車で寝泊まりしていたと聞きます。
我が家の場合、たぶんここにいる方が他の人に迷惑をかけたり、自分自身のストレスが少ないと思います。
隣に雑木林と畑があるので、たき火と人間が食べる物は何とかなるでしょう。
これから水と猫缶を、少しずつ買いたしていこうかと思ってます。
リックには猫缶にご飯か野菜を入れて食べさせればいいし、いざとなれば人間だって食べられるし、空き缶も利用できます。
ぴ~ちゃんは、餌を1袋買っておくことにしよう。
カメはしばらく食べなくても大丈夫だし、ミミズなど捕ればいい。
金魚は・・・かわいそうだけど水槽が割れてしまうでしょう。

食べ物の確保は今のうちから少しずつできますが、実際に地震が起きた時、どうやって一緒に外に出るかが問題です。
リックはいつも首輪をしていて、リードにも慣れてるから大丈夫でしょう。
万一離れても、帰ってこられる確率は高いです。
問題はエルです。


CIMG5015.jpg



怖くてどこかに隠れてしまったら、連れ出すのに時間がかかります。
あわてて抱いて外に出て、離れてしまったら帰れなくなる可能性も大きいです。
キャリーケースに入れて連れ出す余裕がはたしてあるのかどうか。
でも、これはすべて私が家にいれば、という前提です。
もし、遠くに出かけていたら・・・

まだ起きていないことをあれこれ心配し過ぎるのは、ストレスになるだけです。
でも、今からできることがあるなら、準備しておかなくては・・・
これがあると絶対便利!というものがあるでしょうか?

首都直下型地震のニュースから、改めて考えました。


関連記事

考えちゃいますよね

去年から 我が家でも にゃんずのご飯&ペットのお水やトイレ用品は 余分に在庫を置くようにしています。
猫缶は きっとリック君も食べてくれるでしょうし 人間でも食べられるようです。
友人は食料を買い出しに行けない時に食べてたそうです(-_-;)
準備を整えても いざという時 私達でさえ きちんと行動できるかわかりませんよね。
それが猫なら・・・ パニックを起こしてキャリーに入れることさえ難しいかもしれません。
呼んで寄ってきてくれる犬なら 一緒に逃げることも可能かもしれませんが 猫は私達からも逃げてしまいますもんね。
首都直下型地震のニュースを聞いてから 私も改めて考えさせられてます。
私達にできること・・・
できる限りの準備と 後で後悔しないために 日頃から愛情を伝えておくこと・・・
昔と違って 何が爆発するかわからない現代だから 怖いですよね(T_T)

No title

そうですね…思えば数カ月は震災への心構えと電池やカイロの買い置きをまとめて置いたりしていましたが、最近はとんと忘れかけていました(>_<)
のど元過ぎれば、とは言いますが、woojyanさんの記事を見て改めてハッとさせられました。
特にwoojyanさんのお宅には、たくさんの子達が居るから、それぞれの特性を考えて備えるのは大変ですよね。

我が家は幸いにも高台にあり、免震構造…とのことですが、強烈な直下型地震には不安を覚えますし、また去年のような物資不足も起こり得ることですよね。
そう考えると我が家のような畑のある田舎って、いいのかもしれませんね(^-^)

No title

woojyanさん、こんにちは。

私もとても気になっています。
あーくんは、大切な家族、なんとしても一緒に逃げたいです。

うちは、海から3kくらいなので、津波が来たらひとたまりもありません。
キャリーは持ち運びにガサになるので、袋と洗濯ネットを用意していますが、緊急時はたして、入ってくれるのか。e-443
妙案はないものか?と気になっています。

No title

人間は救援物資も到着するでしょうし、何とかなると思うんです。
でもペットは・・・・
猫餌の買い置き、トイレの砂、そして今回プレイサークルという折りたたみ式のケージを購入しました。
でもやっぱり一番の問題は一人でどうやって2匹連れて逃げるかということです^^;
うちも今回のような津波が来たらひとたまりもありません。。。


震災で物流が落ち着いた後、水の買い置きをしたぐらいで、
備えらしい事は何もしてません。今はその水もなくf^_^;)
どこか、未だにひと事なんでしょうね。
北海道は大丈夫とか、思ってるのかもしれません。
そうじゃないのに。

実際、恥ずかしながら犬のご飯も買い置きはしてないし、いざという時こいつを抱えて避難できるのか?とか深く考えてないです。
何が起きても不思議じゃない昨今です。反省です。

たしかに、避難した先でペット同伴は肩身が狭いでしょう。
うちの犬は吠える駄犬にしてしまったので尚更居ずらいでしょう。
そう考えたら、こういう事は深く考えなければ受けない事だと思いました。
いい機会になりました。

たくさんペットがいるwoojyanさんは、こういう場合悩みますね。
エルちゃんをいつ起こるか分からない震災のために鎖に繋ぐわけにもいかないし。
いざという時はやはり真っ先にエルちゃんを確保でしょうか。

nekobellさん

去年の震災直後は、このあたりのホームセンターでもドッグフードや猫砂を大量に買い込む人を見かけました。
1か月くらいは、どこのお店でも品薄状態になってました。
一時期にみんなが買い込むとこういうことになるので、今から少しずつ準備というのは大切なことだと思います。
ただ、どれくらいの量を買って、どこに置くか?結構悩みますよね。
あとはやはりどうやって猫を捕まえて安全なところに連れて行くか、これが一番の課題だと思います。
家具が倒れたりしたら、難しいですよねe-441

劣化ウランのこともあるので、コンビナートが大爆発、これが一番怖いです。

蘭丸さん

私も震災後、しばらくはインスタント食品とか缶詰などを買い置きして、すぐ持ち出せるようにバッグに詰めて、廊下に置いてました。
でも、いつのまにか邪魔にならない所に追いやってました。
何だかすっかり他人事のようになっていたんですね。
房総沖は危ないってず~っと言われていたけど、4年以内に70%って具体的に高い確率を言われると、急に恐ろしくなってしまいました。

畑と井戸があれば、何日でも暮らしていけます。
いざという時には、やっぱり田舎が一番です!

nobi8nさん

あんまり気にし過ぎてもしかたないんですけど、やっぱり気になりますよね。
確かに、走って逃げることを想定するなら、キャリーよりも洗濯ネットのほうが逃げやすいですね。
洗濯ネットやエコバッグならかさばらないし、他にもいろいろ使い道がありそうなので、我が家の持ち出し用バッグにも入れておくことにします!
やっぱり緊急時にパパッと捕まえて逃げられるようにできるかどうかが一番の問題ですよね。

おでぶにゃんこさん

そうなんですよね、人間用の食べ物は何日もしない間に届くと思います。
でも、犬用にお弁当もう一つくださいとは言えませんからね(-_-)
海外では、避難の際にペットを連れて行くように指導されているところもあるそうですが、日本の状況ではまだまだ難しいようですね。

プレイサークル、小さくたためて、とくに複数の猫や小型犬に避難先でとても役に立ちますね。

よしでんさん

避難先にリックとエルを連れて行くことは、実際には難しいと思っています。
リックが何かするわけではなくても、存在そのものを恐怖に感じる人もいると思うからです。
どうしても避難所に行かなければならないなら、私も車の中で生活するほうを選ぶと思います。
極限状態では人間優先になっても文句は言えません。

私もいざという時には、まずエルを確保しなければと考えています。
リックは隠れることがないし、たとえ野放しになっても、きっと帰ってくると思えるからです。

No title

本当に衝撃的なニュースですよね。
4年以内は4年後という事ではないのですものね。
今日もまた地震がありましたよね。
私の所は耐震性のある大型マンションなんですが
これがつぶれるようでは、近所の学校の体育館なんて
とっくにつぶれているだろう…と言われています。
なので、猫たちを連れ出す事は考えていないので
食料と飲み物の備蓄を続けてやっておく事かなぁと
思っています。
でも、それも自分がここに居た時に地震が起こる事を
想定した場合の事です。
外出中に起こった場合には、ここへも帰って来られませんものね。
あれこれ考えると不安でいっぱいになりますね。
今回、woojyanさんにこうして書いて頂き、あらためて
「しっかりしなくては!」と思いました。
これからも機会があるごとに情報を交換し合って
備えていきたいですね。 ありがとうございました。

ドロさん

昨日も携帯の地震速報の警告が鳴りましたね。
去年初めて警告音を聞いた時は、何ごとか?と非常に緊張しました。
慣れって恐ろしいですね。

確かに4年以内と聞くと、あと3年くらいは大丈夫かな?なんて思ってしまいます。
でもこれって、大間違いなんですよね。
今日かもしれない、明日かもしれない・・・
心配し過ぎてもしかたないけど、今のうちに準備できることをしておくなら、いざという時、冷静に行動できるのかもしれませんね。
・・・と思いつつも、数か月後にはまたすっかり平和ボケしていそうな気がします。
時々思い出して、お互いに注意を喚起するのも必要ですね。

No title

今朝も地震がありましたね。
山梨の方は震度5だったとか…。

災害時の備え、ちゃんとしなくちゃいけないですよね。
にゃん子達とどうやって非難するかは本当に課題です。

ねねちゃんママさん

ここ1週間は震度4程度の地震がおこりやすいらしいですね。
もう、毎日毎日地震のニュースばかりで嫌になりますね。
いつかは・・・とは思っていたけれど、なんだか急に目前にせまているようにも思えてきました。
地震だけなら、何とかなると思うけど・・・
それ以外のことが重ならないようにと願うばかりです。


Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)