どんぐりころころ

1週間ほど前はきれいに咲いていた彼岸花も、もうほとんど終わってしまいました。


CIMG3547のコピー



秋になると、散歩の楽しみが増えます。
なぜって、いろんな実が落ちてるから。
以前、ドライフラワーのお仕事をしていた時は、散歩の時に大きな袋を持って、せっせせっせと木の実拾いをしてました。
仕事をやめたのに、やっぱりど~しても木の実が気になる・・・


風が強かった翌日は、ドングリの実がたくさん落ちてます。


CIMG3107_edited-1-1.jpg
左上   クヌギ   右上 マテバシイ 
左下  コナラ      右下  スダジイ  


スダジイは渋みが少なく、食べやすいです。
マテバシイはちょっと渋みがあるけど食べられます。
他も食べられないわけではないけど、渋みが強く、アク抜きがたいへんなようです。

私が一番のお気に入りのドングリはコレ


CIMG6172.jpg
アカガシ・帽子がビロードのようにフカフカ

アカガシのドングリは大人気で、いろんな人から欲しい~って言われます。

以前、息子の前にドングリを並べて、
「これがコナラでこれがスダジイで・・・」
と説明していたら、
「そんなの覚えたって何の役にも立たないじゃん。」
と言われ愕然とした私。
「山で遭難した時、どのドングリが食べられるか知ってるかどうかで、生死が分かれるかもしれないでしょう 難しい単語覚えるのもいいけど、生活の知恵も身に付けなさい!!」

実際にドングリ食べて生き延びなきゃいけないような事態になっては困るけど、絶対ないとは言えない。


 見上げると大きな栗の実が顔をのぞかせていました。


CIMG3503.jpg 


栗ごはん、食べたいな~と思いつつ家に帰ったら、親戚からどど~んと届きました。


CIMG3601.jpg
箱いっぱいのくり~ 


去年、栗むき専用のハサミのようなものを買いました。
栗ごはん、おいしいけど、作るのは結構面倒くさい



関連記事

No title

woojyanさん、こんにちは。

はずかしながら、こんなに様々な種類のどんぐりがあることを知りませんでしたe-330私が見かけるのは「マテバシイ」かな?スダジイって「須田爺」と思い浮かんでしまいます。
アカガシとってもかわいいe-266ふかふか帽子ですね。

どんぐり、食べたないです。渋いナッツみたいな味かしらe-465

No title

お散歩しながらそういう気づきができるって素晴らしい!
単語知ってても山じゃ何の役にも立ちませんものね。
woojyanさんと息子さんのやりとり、いつもほほえましいです。^^

もし私が山で遭難したら、真っ先に息絶えてしまうだろうなぁ。。。
知識も脂肪もないし~(^^;)

No title

どんぐりころころどんぶりこ

いろんなどんぐりがありますね。
でも、やっぱり「どん」がつかない栗がいいなぁ~。

この前、ランチのおまけについてきた
栗の渋皮煮がすごくおいしくて
作ってみたいなぁ~って思ったんですけど
その後買い物にいけてません。
woojyanさん代わりに作ってぇ~。

No title

エルたんのお家もステキで感動しましたv-258どんぐりでもいろいろなものを作るのでしょうね。ハロウィンやクリスマスに因んだ物などかわいいものが出来そうですね。今から楽しみにしていますよ~v-10それにしても栗の量がハンパではありませんねv-150「手仕事の秋」が一気にやってきた、という感じですわ。

nobi8nさん

須田爺←思いきり笑いました。
これからシイの実を見る度に、須田さんちのお爺さんを思い浮かべてしまいそう。

ドングリって、山にも公園にも学校にも身近にあり過ぎて、気にとめない人が多いようですね。
以前夫は、ドングリという名前の木があると信じていましたから・・・e-350

ドングリの実、うゎ~おいしい!っていうほどのモノではありません。
特にシイの実以外は、わざわざ食べようと思えるものではないと思います。

smilekumiさん

あらま~、私なんて脂肪だけで生き残れそうだヮ~

このブログ書いたあとで、ふと思いました。
その後、息子から「でも英単語を知らなきゃ、外国でなんの役にも立たないでしょ!母さんも少しは勉強したら!」って言い返されなくてよかった~
何事も幅広~い知識が必要ってことですねe-456

ねねちゃんママさん

いろんな工作にはドングリは可愛くていいけど、食べるならやっぱり「栗」ですよね~

栗の渋皮煮、おいしいですよね~
もうずいぶん昔に作ったことがあります。
最近は近所の方が毎年作って持ってきて下さるんですが、それが本当に上手なんです。
ということで、ここ何年も作ってませんe-351

栗料理って、皮をむく作業ですでにヤル気がなくなってしまいます

ぱぱげーなさん

一年中、リースや飾り物を作っていたんですが、やっぱりクリスマスシーズンになるとリースを飾る方がど~っと増えますよね。
私自身はバラなどの花を使った華やかなものより、木の実をたくさん使った地味で自然なものの方が好きです。
11月に入ったら、少しだけリースを作ってみようかなと思ってます。

栗はものすごい量なので、せっせとご近所さんに配りました。
栗もピーナツくらいの感じで皮がむければ、もっといろいろ作る気になるんだけど・・・

No title

私もwoojyanさんのだんな様と似たようなもので
どんぐりという名のどんぐり(木の実?)があると思っていました。
以前はさくらんぼもんぼってつくから桜の木の
子供で桜の花が終わったあと実がなるんだと
子供のころから思い込んでいました。
おとなになってからは、桜にも銀杏の木のような♂♀あって
家のほうの桜の木は実のならない木しかないんだと
ず~とず~と思っていました。
だからwoojyanさんのようにいろいろなことを
さらっとご存知な方って尊敬のe-317
あこがれています。e-415
また教えてください。楽しみにしてます。

No title

ああ、札幌市内に出没するヒグマたちに分けてあげたい!

今年はドングリの不作で人里に降りてきてるというので
全国からかき集めて山にばらまいて…
無理ですがw

クリおいしそう!クリご飯にモンブラン!
こういう木の実の類いを見つけると秋だな〜と思いますね。
山には人間が生きていけるだけ豊富な植物があるのですね。
私もこういった親戚が欲しいです。

うららにゃ~ん♪さん

仲間がいた~って、きっと夫が喜びます(^◇^)

私は動物や植物が大好きですけど、専門的に学んだわけではないので、どれも見たり聞いたりのモノばかりなんです。
以前は外国名の花の名前なんかもすぐ覚えられたのに、最近は・・・ハァ
うららにゃ~んさんは、どんなことが好きなんでしょうか?
機会があったら記事にしてみてくださいね。

よしでんさん

どこの場所か忘れましたが、山のクマたちが人里に下りてこないように、全国からドングリの実を集めて山にまくという活動をテレビで見たことがあります。

北海道って私から見ると、すご~く自然がいっぱい残っているところというイメージがあるんですけど、どこもクマさんにとっては厳しいんですね。

栗の皮、誰かむいてくれたらモンブランでも甘露煮でも作っちゃいますよ~

No title

どんぐりって可愛いですよね(^-^*)
私も一昨年拾ってお部屋に飾っていたら、ある朝ノミで開けたような穴と、その穴の狭さにはあまりに不釣り合いな、ぷっくぷくの幼虫が発生していました…(-_-;)
可愛いどんぐりを安全に(?)長く楽しめる秘訣とかってあるのでしょうか(^-^;)ちなみにトラウマから、去年も今年も拾えません…

栗、どど~んにも程がある量ですね(*_*;)!!
これを包丁で剥いたら、きっと人差し指と親指の間の筋肉がつっちゃいそう…私も迷わずハサミを購入します(^-^;)

蘭丸さん

ドングリや栗をそのまま置いておくと、白くてぷっくりした虫が穴をあけて出てきますよねe-447
でも、マテバシイはほとんど虫が入ることがないので、私はいつもマテバシイを使います。
マテバシイは大きな実で、よく公園に植えてあります。
他のドングリとは帽子の部分が違うので、すぐわかると思います(画像を確認してくださいね)
他のドングリを使いたい時は、茹でてから乾かすか、1週間ほど冷凍します。
でもこれ、結構たいへんなので、どこかでマテバシイ見つけてみてくださいね。

すご~い♪

箱いっぱいの栗なんて 見たことな~い(゜o゜)
栗って美味しいけど 食べるまでが大変ですよね(^_^;)

名前までは知らなかったけど アカガシのどんぐりは私も大好きです♪
かわいいんですよね~(^。^)
以前 勤めていた職場で 上司にどんぐりを拾わされ 指示されるまま煎って食べた経験があります(笑)
「なぜ? 仕事中に? どんぐりを洗う?」
不思議に思いながらも 言われるまま・・・ 戦時中の話を聞きながら どんぐりを煎っていました(^_^;)
子供時代は 美味しいおやつだったとか・・・・
戦争の話もほとんど聞いたことなく育った私だったので ちんぷんかんぷんでしたが どんぐりが食べられるっていうのには驚きました!

nekobellさん

上司の方、職場でドングリを見て、急に食べたくなっちゃったんでしょうかね~?
なんだか楽しそうな職場だったんですね。

調べると、ドングリを使ったクッキーの作り方など出てくるけど、味はどうなのかな?
興味はあるけど、なかなか作るまでには至らない・・・
やっぱり私は天津甘栗が一番好きですe-266
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)