この国に思う

今日は重いことを書きますので、気持ちが落ち込んでいる方はスル-してくださいね。


東日本大震災から、もう半年過ぎました。

あの日のあの時刻、私はリックと散歩に出ていました。
周りの大きな杉の木がぐらぐら揺れていて、用水路の水が下流に向かって流れるのではなく、左右に激しく揺れていました。
揺れている時間がとても長かったので、船酔いのように気持ちが悪くなってしまいました。

帰宅してしばらくすると、ものすごい大爆音があり、家が揺れました。
窓を開けると山の向こうに、コスモ石油の製油所が炎上しているのが見えました。 

 

CA3F0300-1のコピー



コスモ石油から我が家まで、直線距離で12~13㎞くらいだと思いますが、製油所から近い多くの家では、爆音で窓が割れたそうです。 
 


それから4か月ほどして、パソコンで何気なく見た誰かの質問に、心底びっくりしました。

「市原市には大量の劣化ウランがあるそうですが、市民は交付金をもらっているのですか?」

えっ、劣化ウランって何のこと?
40年以上この市に住んでいるけど、今まで1度もそんなこと聞いたことなんてありません。

調べてみると、爆発したコスモ石油製油所の隣にあるチッソ石油化学の工場内に劣化ウラン765kgが貯蔵されていて、 コスモ石油の火が劣化ウランの貯蔵庫に引火し、屋根が焼け落ちたと6月末の県議会で報告があったのだそうです。
そんな大量の放射性物質がこんな身近な所にあったなんて、その時までまったく知りませんでした。
私のまわりの人たちも、誰一人として知っていた人はいませんでした。

劣化ウランは原発ほどではない、とあったり、劣化ウランが爆発していたら首都圏は取り返しのつかない放射能汚染被害にあっていた、とか情報がいろいろです。

ただ、これほどのことをニュースでも全く取り上げず、市民でさえまったく知らないという状況は、異常だと感じます。
そして、放射性廃棄物は全国のいろいろなところにあるけれど、公開されていないそうです。


チェルノブイリの事故の際、情報公開せず秘密裏に処理をしようとしたソ連に対し、まったく社会主義国は・・・などとちょっと見下げた思いを持っていました。
でもソ連では、原発事故の避難の際、人と家畜が一緒に避難したのだそうです。


これからの日本、どうなるのでしょうか?


関連記事

むぅぅ

woojyanさん、こんにちは。

市原市に劣化ウランが貯蔵されていたこと、市民の方々が知らなかったこと、両方とも初めて知りました。。
「情報を公開してe-269」というと、「むやみな混乱をさけるため公開時期を待った」とかいうんでしょうね。。お上は。
真実を公開したほうが混乱をさけられるように思うのですけど、私は甘いのでしょうか?

私も、情報公開されない国の民はかわいそうだよねe-350と思っていましたが、この震災で「なんだ日本も同じだ!」とビックリしました。震災直後の報道には、ちょっと閉口させられました。

震災ちょっと前に「失敗の本質」という大東亜戦争の本を読んでいたのですが、(ちょっと専門的な部分は、私には難しかったe-330)この失敗と、とてもよく似ていてなんだかゾっとしました。

そうなんですよね

放射性廃棄物・・・ 意外と身近な場所に存在してます。
しかも ほとんどの方が身近にあることを知らされていない。
悲しいことに 暗黙の了解のごとく 「聞かれれば教えます」的な対応が当たり前のような状況が現実ですよね。
しかも この廃棄物をどうしていくか・・・
計画はあっても はっきりと形がないのが 現状を見ればわかります。

便利と引き換えに 危険と隣り合わせ・・・
多少は不便でもいいんじゃないかと 思ってしまう私です。

コスモ石油の製油所 あんなに間近に・・・ 怖かったでしょう!
私は帰宅難民でした。 でも まだまだ続いているんですよね。
被災地の方が 1日でも早く普通の生活を取り戻せますように・・・。

No title

アノ日、製油所炎上のころ「有毒な煙が出るので外にでないように」といった内容のチェーンメールがワタシのケータイにも来ました。woojyanさんはワタシよりもっと怖い思いをされたのですね。劣化ウランとは、ワタシも初耳でした。自治体は口止め料として某かを受けとっているのでしょうか?! 「何かオカシイ」と首を傾げつつも、事実を知らされずに(知らされたとしても、ずっと先)静かに弱ってゆくのは、いつの世も罪無き市井の人。事実を欲さないと得られない・・・今後の放射線量に注目ですね。 

nobi8nさん

私も今回の震災で、日本でも情報が操作されていることに驚き、悲しくなりました。
初めての原発事故で専門家でさえもわからないのでしょうが、あまりにもあいまいで、「大丈夫、特に問題ではない」という言葉に、かえって疑問がわいてしまいます。
韓国では原発事故の後、風に乗って韓国に放射性物質が届くという日は、学校も会社も休みになったそうです。
日本が無防備すぎるのか、外国が過剰反応なのか・・・何年か経ってみて初めてわかるのでしょうね。

nekobellさん

私も便利と引き換えに危険と隣り合わせになってしまうなら、便利さはいりません。
東京電力管内では、電気が足りなくなるということで、お店の明かりが少し暗くなったり、エアコンの温度が上がったりしましたね。
でも、普通に生活していけるんですよね。
今までどれだけ無駄な生活をしていたのかと、今回の件でいろいろ考えさせられました。

ぱぱげーなさん

何も知らないというのは恐ろしいもので、コスモの工場が炎上していても、家からは距離があったので、まったく危機感がありませんでした。
後で劣化ウランのことを知って、ぞっとしましたが、屋根が焼けただけで、放射性物質は出てないそうです。
原発事故があってしばらくの間、東北、関東の各地の放射線量が報道で伝えられていましたが、その際、千葉県では市原市で測定が行われていました。
県庁所在地でもなく、理工系の大学もないのになぜここで?と不思議に思っていました。
Secret

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)