次々と

5日ほど前の夜遅く、「ギャーッ」っという猫の叫び声。
急いで外に出ると、走って逃げて行く尻尾の長い白い猫の後ろ姿。
またオヤジ猫が襲撃に来たんだ。。。

噛まれた子はいないか?探してみるけれど、隠れたまま誰も出て来ません。
動物病院の先生に聞いた話では、噛まれてから6時間以内に抗生剤を処方すれば、まず大丈夫なのだとか。
6時間かぁ、難しいな。

翌朝ご飯に集まって来た子たちの様子を見ると、ああ、もみじがびっこを引いてる。
右後ろ足を噛まれちゃったんだ。

もみじは一番人慣れしていて、手から直接オヤツを食べることができます。
いつもならご飯の時は足元にスリスリしてくるのに、すごく警戒しています。


gohannkeikaityuu067.jpg


捕獲器を用意したけれど、絶対に近寄りません。
病院へ連れて行けそうにないので、常備してある抗生剤をちゅ~るに混ぜて食べさせました。

最初の2日は腫れていて、右後ろ足を浮かしていたけれど、今は普通に走ったり、屋根に上ったりしてます。
腫れもなくなって化膿してなさそうだし、ハゲてもいないので、大丈夫かな?


もみじのきずあと024
噛まれた傷痕


とりあえず2週間続けて薬を飲ませて、それで良くなればOK。


強い猫同士だと、正面から闘うので顔に傷を付けます。
一方が弱い猫だと逃げるので、おしりや後ろ足を噛まれます。
うちでオヤジ猫に噛まれた子は、後ろ足ばかり。
うちにはオヤジ猫と争うような強いオス猫も、お相手になるおんニャの子もいない。
だけどあの性格では、餌付けして一緒に生活させることもできない。
いったいどんな環境にいたら、あんな凶暴な猫になってしまうんだろう。

オヤジ猫の縄張りはかなり広いようで、町会内で我が家とちょうど反対の端っこの方でもよく見かけると聞きます。
この町内には、オヤジ猫と戦うようなオス猫はいないハズ。
なのに、いつも顔に傷があると言うことは、もっと遠くまで行って、ケンカしているのでしょうね。


kennkabakarisiteiru006.jpg
いつも顔に傷があるオヤジ猫


まずは何とか捕まえて、去勢手術をしたいのだけど・・・
どうすれば、あのオヤジ猫を捕まえることができるんだろう?

 もう一つ記事をアップしてます。




母の日のプレゼント

日本各地で大雨が降っているというのに、ここだけまったく降りません。

6月中、雨が降ったのは2回、それもザーザーじゃなくてサラサラ~っと。
7月は0回。
梅雨明けって言うけれど・・・まだ梅雨入りしてないんですけど。。。

天気予報では今日の夜、ついに雨マークが付きました!
今はまだお日さまが出てるけど・・・ホントに降るのかな?



5月の母の日、娘から「お花欲しい?」と聞かれたので
「いらな~い お花のプランターカバーを作りたいから、材料が欲しい。」
とリクエストしました。
「パパ(娘婿殿)がお休みになるまで待ってね~」

先日、夏休み中の娘婿殿がホームセンターで木材を買って、工具持参でやってきました。
材料だけかと思ったら、作ってくれるとのこと。


0nF1zJtTx3mvAcE1500952295_1500952988.png


フェンスのすぐ外側に、いつも花が咲いているようにプランターを置いてあります。l
ところが、いかにも安っぽいプラスチックのプランターが気になる。。。

4月頃の写真
丸見えだったプランター031

でも今回カバーができたので、プランターがバラバラでもまったくわかりません

M8DjoVocSiVYTg41500951330_1500951379.jpg
木製のプランターカバー出来上がり~


リックのところの柵も、新しく作ってくれました


リックの柵ができたよ~214  


リックも今はもう高さ120cmの柵を越えて、脱走することもなくなりました。
婿ちゃん、ありがと~



先日土曜日に、お店でやってる月1のアレンジメント教室に参加しました。
講師は外部から来るヨーロピアンアレンジメントの先生です。

今回はスプレーシェイプと言う形のアレンジでした。


ひまわろのスプレーシェイプ067


まるで花束のように見えますが、花束ではなくアレンジです。
オアシス(吸水性スポンジ)の左側に花を挿し、右側に茎だけ挿してます。

ヒマワリがあると、夏らしいですね♪
帰ってから、下駄箱の上に置いて飾っておきました。

翌朝見ると、ま、まさかの出来事が!!
猫がぐちゃぐちゃにした? イエイエそうではありません!

なんとアレンジが、壁に立ててある

どういうことかと言うと・・・
サンマを焼いて、長細いお皿にきれいに盛り付けて、テーブルに置いといたら・・・
サンマ入りお皿が壁に立て掛けてあった!みたいな。。。
もちろん、サンマはお皿から滑り落ちて形はぐちゃぐちゃに

前日作ったアレンジがそんな状態になってました。
下駄箱の上は、こぼれた水がいっぱい。
まさかそんなことが起こるなんて、誰も予想できない。。。


抜ける、抜ける。

仕事から帰って来て、部屋に入ったとたん、こんなトイレットペーパーが目に付くと、疲れがドドーッと出ます


官兵衛にやられた010


犬や猫がいると、こういうことってよくありますよね。
で、誰の仕業って?
この部屋にいるのはコイツだけ。。。


hadakannbei048.jpg


官兵衛は、普段は猫ケージにいます。
手の器用な猫さんでもドアが開けられないように、輪の中に棒を入れる方式の金具が2つ付いています。

ところが、官兵衛はクチバシで棒をサッと上げて、1秒ではずします。
なので、いつも大きな目玉クリップで、入り口部分を止めています。
これで大丈夫!なはずだったのに、朝ごはんの際に、まさかの止め忘れ
ケージから出て、部屋の中で自由に謳歌していたようです。
まァ私が悪いんですけどネ。


ただ今絶賛換羽中の官兵衛、翼の大きな羽根が出揃ってきました!
と思ったら、今度は顔周りがハゲてきました。
普段は見えない鼻と耳が出没中。


みみもはなもでました175


インコとかアヒルなど、クチバシの付け根付近に鼻があるって見えますよね。
でもカラスは、鼻が見えません。
なぜって、いつもは鼻毛ボーボーだから


201706官兵衛近すぎ~059
普段は鼻は隠してます!


カラスは死肉の臭いを嗅ぎつけてやって来る!なんて言う人がいますが、カラスの嗅覚はほとんど役に立たないレベルだそうです。
その代わり、目と判断力はメチャクチャ良いです。



猫たちも毛がどんどん抜けてます。
ほわほわっと舞っている毛が、あっちにもこっちにも。。。
日頃から熱心に毛づくろいをするエル


毛がいっぱい抜けてますえる049


長毛猫さんと暮らしている方はわかると思いますが、よくぞこんなに大きなものを・・・と思うような毛玉を吐いてます。
猫3匹、せっせとブラッシングしてますが、んん?何か物足りない


昼間は外にいるリック


あつくてへろへろしてますりっく210


やっぱりバサバサ抜けてます。
ひと撫ですると、こんな感じ


一度でごっそり抜けます194


そうそう、やっぱりこれくらい取れないと!
抜け毛の季節は、1度のブラッシングでこれくらい取れます!
身近に電子蚊取りがあったので、比較。


今日はいっぱいあつまりました216


これくらい取れると、達成感があります!
  ああ、この毛、夫に分けてあげたい。。。




nobi8nさんから、茶シローのキーホルダーと、オヤツをいろいろいただきました。


nobi8nsannkaraitadaitamono060.jpg


キーホルダーは車のキーに付けました。


ki-horuda-noomote.jpg キーホルダーのうらがわ062
表と裏


いつも身近に置いて、大切に使いたいと思います。
お心遣い本当にありがとうございます

 

微妙な関係

ハルそっくりなアメショもどきの男の子。


いまさらですが名前変えました098


私はナオトと呼んでいたけれど、夫はコハルと呼んでいました。
そろそろ統一しようじゃないの!と言うことで、今さらながら名前を変更。
小虎(ことら)になりましたよろしく~





面倒見の良い茶シローが急死してから1カ月。


minnnanakayokusiteimasu004.jpg
上から 茶シロー・もみじ・小虎・おちょう


外の猫たちの関係が、少しずつ変わってきました。

おとなしいと思っていたおちょうが、ベランダに上がってくるもみじを追い払う。
クロはおちょうを追い払う。
どうしたもんかなぁ。
寒い時期は、一緒にハウスで寝てたのに。。。
茶シローがいることによって保たれていた均衡が、一気に崩れてしまったようです。

猫って犬ほど社会性はないといわれてるけど、やはりグループをまとめるボスがいるかどうかで、まったく違うんでしょうね。
ご飯を食べに来る7匹のうち、6匹がおんニャの子、それもおそらく2歳以下の若い子ばかり。
唯一の男の子の小虎は1歳未満。
おんニャの園をまとめるには、まだまだ力不足。

外の猫たちどの子も、ハルに対しては網戸越しに平伏します。
ハルだったら、きっとみんニャを上手くまとめるんだろうな。


ふとっぱらおやじねこ001
心も体も太っ腹~(ひっくり返ってるのがハル)



面白い写真が撮れましたので、よ~く見てください。


闇夜のクロちゃん見えません026
闇夜のクロちゃん


見えますか~?

もう一つ、記事をアップしてます。



田舎のレストラン

昨日、久しぶりにお出かけしました。
千葉県の外房(太平洋側)に住む友人と内房(東京湾側)に住む私。
中間くらいに位置する大多喜(おおたき)で落ち合いました。

大多喜は城下町で、タケノコが有名だったり、豪華イタリアンを食べられる2両編成のローカル線があったり。


topimage1508.jpg 
17a390ac11f8555b68238d42f94786eb.jpg
いすみ鉄道HPよりお借りしました

アクアライン(東京湾を横断する道路)を使えば、都心からも近いので、よくテレビのロケもしていますが、実際はすんごい田舎です。

今回ランチに行ったのは「あん風」という可愛いお店


大多喜あん風012

mawarihakonnnakannji005.jpg
前も後ろも田んぼ~

まだいのランチ002
メインは真鯛


食後のデザートは別のお店へ。

「イチジクカフェ・キッチンさわ」
itijikukafesawa006.jpg
やっぱりお店の前は田んぼ~


イチジク農家が経営しているそうです。

イチジク入りのぜんざい&あんみつ
いちじくのすいーつ011


普通のお水代わりに、イチジクの葉っぱを水出ししたものが出されました。
ちょっとトロリとした感じですが、特にクセはなくて飲みやすいです。
イチジクの葉っぱにも効能がいろいろあるそうです。
イチジクはうちにもあるので、作ってみようかな。




ほんの2,3日畑に行かなかっただけで、とんでもないことになってました。
黄色いズッキーニが30cmくらいに成長していて、もはやヘチマ状態。


seityousisuhitazukki-ni014.jpg 


硬くてもう食べられないかと思ったけど、大丈夫でした。
ズッキーニ、カボチャの仲間らしいけど、味も食感も全然カボチャじゃないですよね。
とにかく成長が早くて、あっという間に実が付くので、毎年重宝してます。
が・・・夫の反応はイマイチ。

炒めたり、揚げたり、スープに入れたり、ピザ風に焼いたり・・・
いろいろ調べて料理してみるけれど、
これだったらナスを使った方がおいしいよね?みたいな。。。

どなたかズッキーニだからこそ美味しい!!っていう料理をご存じないですか~?



衣替え②

たいして雨は降らないけれど、蒸し蒸しとした日が続いてます。
犬や猫たちは、さぞかし辛いだろうな。
ファスナー開けて、スポッと毛皮が脱げたらいいのに。

先日、息子②が帰って来た時、猫たちを見て言いました。
「ハルとチョモの区別がつかない。」
何言ってんのよー、身体の大きさも毛の長さもぜ~んぜんちがうでしょーが!!


fusafusakegawaぬぎすてました029
左・ハル    右・チョモ


あれれ、確かに似てる。。。
チョモー、立派な毛皮はどこに脱ぎ捨てたんだ~~?

保護時、エルより毛が長いね~って言ってたのに・・・

今年3月、保護直後に撮ったもの
mxdqYZ3Ki4DqK2S1490451352_1490451396.jpg
プロフィールと同じ写真です。


いつの間にかチョモのふっさふさの襟巻きがなくなっちゃった。


長毛じゃなくなっちゃったよ027


なんだか別の猫みたい。
体重は今の方が増えてるのに、前より細く見えますね。


同じく長毛族のエル嬢はというと・・・・・


夏になってもゴージャス襟巻き038


どんなに暑くても、襟巻きははずしません!


sVWGc4wnC1hVfuI1498834708_1498834736.jpg
ゴージャス腹毛も健在


一年通して、モフモフのまんまです。


チョモは寒くなると、また長い毛皮を着るのかな?




おでぶにゃんこさんから茶シローを偲びながらみんニャで食べてくださいと、たくさんのフードを送っていただきました。


おでぶにゃんこさんから一杯もらったフード031



先日、おでぶにゃんこさん家のしんのすけくんも、19歳で旅立ったばかりです。
今ごろ、一緒に空から見てるかな?
おでぶにゃんこさん、お気遣い本当にありがとうございました



世の中には、猫神様から絶大な信頼を置かれている人がいるもんです。
(彼女いわく、呪われてる?!)
3月に千葉県木更津市で行われた地域猫セミナーに参加した時にお会いした、千葉市で保護活動をしている方。
保護団体ではなく、個人で活動している方ですが、スゴイことになってます!
もう家から出ると、とにかく子猫に出会う出会う・・・今季だけで41匹の子猫!!
(もちろん、大人の保護猫もいます)
ブログはコチラ→ポチッ


まめはなのクーさんのおうちの庭に来ていた美系親子3にゃんも絶賛里親募集中


保護ママネコ
若い美人ママさん

保護猫オンナの子  保護猫オトコの子グレー
女の子             男の子


みんニャ、素敵な家族が見つかりますように。

 もう一つ、記事をアップしてます。




黒い花とアジサイ

官兵衛を飼うようになってから、なぜか増えてく黒系の花や葉っぱ。
カラス〇〇なんて名前が付いていると、一気に目が行きます。


からすばみせばや013
カラス葉ミセバヤ


くろいだりあひとえ022
黒いダリア


くろ?いミニ胡蝶蘭123
ミニ胡蝶蘭


201705銅葉のアンスリウム101
黒葉のアンスリウム


でも、洋服とかインテリアには、黒はまず選びません。
いったいどういう基準なんでしょうね~?


梅雨時にはやっぱりアジサイ。
地植えしているのは、柏葉アジサイとアナベル。


今年もアナベルがモリモリ咲いた031
アナベル

柏葉紫陽花咲いてます032
カシワバアジサイ


鉢植えのアジサイもきれいに咲いてます♪


観葉アジサイの花が咲いたです081
葉っぱがライムイエローの観葉アジサイ


 雨に唄えばとみさき小町013 
   (左)雨に唄えば (右)美咲小町
 

000廃棄品のおおきながくあじさい014 ガクが大きなガクアジサイ今年はブルー094
去年はピンクだった冬咲きアジサイ、今年はブルーになりました


001704くれないさきはじめ014 001704紅かいました015
ヤマアジサイ・紅   咲き始めは白い花が最後は真っ赤になります


名前のなかった山アジサイ008  
品種不明のヤマアジサイ  ピンクの花に白い絞り模様


明日から南関東は暑い日が続くのだとか。。。
アジサイもそろそろ終わりですね。




プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)