怒涛の一年

今年は怒涛の1年でした。

年明け早々に幸多が死んで、1カ月もたたないうちにハルを保護。
家猫修行を開始したのはいいけれど・・・
叫ぶは暴れるはそこら中マーキングするはで、もう散々でした。
が~、今ではすっかりいい子になって、犬とも猫とも人間とも、上手にやっていける接待部長に昇格しました。


00お相手してます043


7月、うちから車で1時間ほどの所にある友人の家に行ったとき、お隣の庭にどしゃ降りの雨に打たれて動かないカラスの子がいました。
お隣の方「可哀そうだけど、どうすることもできなくて・・・」
保護犬猫を飼っている動物大好きの友人も
「カラスはちょっと・・・」
「じゃ、私が連れて帰ります。」
ってことで、家カラス修行を開始したのはいいけれど・・・


 00kamifubukimattemasu001.jpg


毎日掃除・掃除・掃除で、そりゃ~大変でございます。。。


9月ごろ、2匹のサビ猫が庭に来るようになりました。
避妊手術して増えないようにしてあげよう、
ってことで、餌付けを開始したのはいいけれど、  
予想外の大家族になっちゃった~。
      &        


みんなでせいぞろい00080



1年間いろいろあったけど、無事に終わりそうです。
  ご訪問ありがとうございました。
楽しいコメントや実際的なアドバイスをいただき、本当にありがとうございました。
個別にご挨拶できませんが、どうぞ、楽しい年末年始をお過ごしください。

来年は4日ごろ更新予定です。
また、来年お会いできることを楽しみにしています。

  今年中に返信コメントが書けそうにないので、今回はコメント欄を閉じ
  ます。


   年賀状を出すのは放棄しました、すみませんm(_ _)m



憧れの猫団子

~~*~~飼い主さんを探してます~~*~~

12/17日16時ごろ、千葉県流山市宮園陸橋の上で、
車にひかれたネコちゃんを保護された方が、飼い主さんを探しています。
保護主さんのブログはコチラ→ 
きぃのブログ


「いい?夕方には必ずご飯を食べに来るのよ。」

先週日曜日の午前、そう言い聞かせて、おちょうを外へはなしました。
おちょうは家のすぐ前の広場を走り去っていきました。
もし、もう2度と現れなかったらどうしよう。。。

1時間後、ちょっちゃん(おちょうのニックネーム)の陰が2階の窓に見えたので、窓を開けたら、いきなりスタスタ入ってきました。


00いきなり侵入006


こ、こら~~~。
と、あせりつつも、まずは写真をとってしまうのがブロガーの性。
ちなみに、保護してたのは1階で、2階に連れてきたことはありません。

そしてハルにスリスリ~、スリスリ~。
(ちょっちゃんはエイズ・白血病ともに陰性で、10日間見てた直後なので、病気の問題はないと思います。)

XFQV0eM5mNrhWT11482657586_1482657610.jpg



その様子をエルは上の方から、こんな顔して見てました。

顔がこわいよ~
00にらんでる008



寛容なハルは、外の子たちに人気です。
いつも屋根にやってくる子たちを網戸越しに見ていますが、まったく怒ったりしません。
そしてどの子もハルには友好的です。


00クロがお腹をだしている069
大黒がお腹を見せて、すり寄ってます

野良の頃は、面倒見の良い親分だったのかな?

一方エルは、どの子に対してもウーウーシャーシャー。
まったく仲良くする気なし。
小さい頃からひとりっ子として育った期間が長かったので、仕方ない

たぶん、ハルはどんな猫でも(犬でも)上手くやっていけるんだと思う。
エルは、適度な距離をとって同居はできても、一緒に寝るほど仲良くはしない。
エルとハルが猫団子になるのを見るのは、無理だろうな。
猫団子、ああ憧れの猫団子~~

トイレの窓を開けて外を見ると、そこには憧れの・・・・


00ぎゅうぎゅうづめ004
ぎゅうぎゅう詰め~


直径30cmほどの、さほど大きくないハロウィンの箱がなぜか大人気。
1匹で入るとちょうどいいくらいのサイズなのに・・・
ハハハ・・・あったかそう。
新入りのハル似の茶トラも仲間に入れてもらえて、良かったね。


  もう一つ、記事をアップしてます。


馬のように・・・

3年ほどほぼ放置状態だった母が借りていた畑を、秋から私が使い始めました。
もちろん、無肥料・無農薬の自然栽培。

ホームセンターに、根が回って安くなってた(48円)カリフラワーのポット苗がありました。
紫とかオレンジとか渦巻きとか、なんだか得体の知れない品種のカリフラワー4種8株を買って植えたのが9月。
ところが予想外にぐんぐん成長して巨大化しました。
畑を休ませていたあいだ、バクテリアが一生懸命働いてくれていたようです。

カリフラワーを初収穫しました。

大きく育った紫カリフラワー110 


茹でたら、緑色になっちゃいました

00ゆ8でたらこうなった235 


それから他の野菜も収穫

m85rKLoIiTxTz6A1482662872_1482663538.jpg


これ、中高年3人の1食分の野菜です。
って言うと、驚かれます

大根煮て、菜の花は炒めて、カリフラワー茹でて、ネギはみそ汁用、エンダイブはお弁当用。
ずら~っと並んだ野菜に、夫はため息つきながら
「肉いっぱい食いたいなぁ。
こんな食生活していると、そのうち馬になるかもしれない。。。」

・・・って言うけど、夫は太ってます



今年も残すところあと1週間!
最後の週は31日まで休みなしだとわかっていたけれど・・・
え~っ、今年は最後の週って、日曜から土曜まで7日間ぎっちりあるじゃないの~~
と気付いたのは、12月の半ば。
もう今年中は休みはないのね。。。

ハハハ・・・また今年も大掃除しませーーーん



手術後のおちょうさん

~~*~~飼い主さんを探してます~~*~~

12/17日16時ごろ、千葉県流山市宮園陸橋の上で、
車にひかれたネコちゃんを保護された方が、飼い主さんを探しています。
保護主さんのブログはコチラ→ 
きぃのブログ

o0960053913823314530.jpg

現在、入院中です。
お心当たりのある方は、保護主さんへご連絡をお願いいたします。



おちょうの避妊手術をしてから、今日で9日。
まだ家にいます。

左耳にⅤカットが入りました
00ヴぃかっと026


手術してもらった病院の先生は、
「10日間、家で見てください。10日過ぎればまず問題はありません。
野良猫の場合、それが非常に難しいのはわかっています。
その日のうちに野外に戻しても、たいていは元気に過ごしています。
でも、それは私の方針ではありません。」
とおっしゃいました。

飼い猫ならば、抜糸するまで1週間か10日位は気を付けて見ています。
できれば外猫にも同じように、ということなのでしょう。
ごくまれに、縫合糸にアレルギー反応を起こす猫もいるそうです。

でもはっきり言って、10日もケージで様子見することは無理だろうと思ってました。
なんたって、家を破壊され、絶叫夜鳴きでノイローゼ寸前に追い込まれた経験が2回あるので

ところがおちょうさん、静かでいい子です。
ご飯はしっかり食べて、いいウン〇もしっかり出してるので、体調も良さそうです。


00ケージに箱055


上段に上がるための踏み台にと、段ボール箱を下向きに置いておきました。
跳んだ拍子に箱がひっくり返ったようで、いつの間にかその中に入り込んでいました。
そうか、隠れ場所があった方が落ち着くよね。
ということで、踏み台を急きょハウスに変身させました。

段ボールのカスタマイズも、砂のまき散らしも、夜鳴きもしません。
威嚇もしないけれど、相変わらず、触ろうとすると逃げます。

明日で10日。
天気も良いようなので、明日放すつもりです。


  もう一つ、記事をアップしてます。


人慣れ計画

先週末、サビ猫おたん母さんが左前足を浮かせて、びっこを引きながらご飯にやってきました。


 00たんたんかあさんなおった148


その日の夜、おたん母さんはベランダに置いてある段ボールハウスの中で寝たようです。
翌日の朝ごはん、おたん母さんはベランダから下を見ているだけで降りてきません。
足が痛くて、下に降りられないのかな?
ご飯を持って行くと、食べました。
動かなくてよいように、ベランダにトイレと水を置いておきました。

その日の夕方も、次の日の朝も、やはり降りて来なかったので、ベランダにデリバリー。
よく見ると、段ボールにほんの少し血の跡が付いてます。
これはマズイな。
仕事から帰ったら捕獲器でつかまえて、病院へ連れて行こう。。。

仕事から帰ると、おたん母さんがどこにもいません!
仕方ないので、いつもリックがお世話になっている動物病院に事情を話すと、抗生剤をくれました。
夜遅く、おたん母さんがやって来たので、缶詰に薬を混ぜ込んで食べさせました。
数日間、そんなことをしていたら、すっかり良くなりましたよかったね


今回、おたん母さんはベランダにいたので、ご飯を食べることができました。
「具合が悪い時は見えない所に隠れるのではなく、わかる所にじっとしているように」
学活で繰り返し言ってます。

どうしても家猫に比べて、病気や怪我の発見、治療は難しくなります。
警戒心が強いと、捕まえることもできません。
やはり、触れるようにならないといけないと強く思いました。


nekobellさんの助言に従って、猫じゃらしで慣らし中~
今のところ、まだ一匹しか釣れません


ErO5EdB73qJJayO1481985100_1481985136.jpg  



おたん母さん以外はみんな1歳未満(おたんも1~2歳?)
ほれほれ、みんな遊ぼうよ~~

初めての・・・

今朝、おちょう(尻尾の長いサビ猫)の手術のために、病院へ預けてきました。


00お蝶これから出発097


今はもう手術も終わっているはずです。
今のところ何も連絡がないので、特に問題はないようです。


00べらんだのおちょうさん060 


初めて野良猫の捕獲をして、手術をしてもらいました。
すごく気が重いです。


エルもハルもリックも、みんな去勢・避妊手術をしています。
それなのに、なんだろう?この気持ちは。
飼い猫でもないのに、手術をさせてしまった負い目?

人が勝手に生殖機能を奪うのは許せない!という考えの人もいます。
でも、今の現実の社会の中で野良猫が生きていくためには、不妊手術を受けさせるしかありません。
それ以上に良い方法が見つかりません。
ああ・・・気が重い。。。

明日の午前中に迎えに行きます。
まずは、美味しいものでも食べさせてあげることにしよう。

  もう一つ、記事をアップしてます。



さらに1匹

野良猫についての聞き込みをしていた時、尻尾の短いサビ母さんは春と夏に出産していて、夏に生まれた子猫は4匹。
そのうちの2匹(三毛とチビ黒)はうちにいます。
残った子はお父さんと一緒にご飯をもらっていると聞いていました。
気になっていたけれど、残った2匹の姿を見ることはありませんでした。

先日、畑の残飯を食べている痩せた小さな猫を見ました。
この前、2階の窓から見た、ハルそっくりのあの猫です。
もっと大きいかと思ったら、ずいぶん小さい。
たぶん三毛やチビ黒と一緒に夏に産まれた子です。

キャットフードをあげようと思って近づいたら、逃げて行きました。
逃げて行った先の畑にいたのは、町内でも猫嫌いで有名な人。
追いかけられて、さらに猛スピードで逃げて行きました。

ああ、こんなふうに脅されてビクビクしながら、やっとで生きているのか。。。
こんな小さいうちから、しっかり人間不信になってるんだろうな。
「うちに来なさい。」
姿の見えない子猫に向かって、気持ちが届くように念じていました。
サビ母さんや大きい子たちにも、見つけて連れてくるようにと学活で何度も言いました。

数日前、お隣の敷地に、大きなバッタを咥えたサビ母さんがいました。
「さっきご飯食べたでしょ!バッタなんて食べちゃダメ!!」
その時、車の下からあの小さなやせっぽちの猫が出てきました。
バッタが欲しいのか、ミャーミャー鳴いてます。

ああ、やっと来た。
急いでフードを出すと、ガツガツと恐ろしいような食べ方をします。
痩せて腿の付け根あたりは骨が浮き上がっているし、毛はパサパサ。


00がりがり061



同じ日に産まれた三毛と比べても、肉付きの違いは歴然。


00きょうだいなのに014 


もう少し来るのが遅かったら、どうなってたんだろう?
1度も姿を見たことのない、あと1匹が心配です。


我が家に集まったサビ母さん一家はこれで総勢8匹。
みんな落ち着いてきたし、ご近所さんも良い方なので、今のところ特に問題は出ていません。
時間的にも金銭的にも体力的にも今は大丈夫です。

もし、これ以上個人の力ではどうにもならない状況になった場合には、新たな覚悟を決めて動きますから、ご心配なく。
なんて言ったら、心配しちゃいますね~(笑)



プロフィール

woojyan

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2016年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)