犬の遺言

ねこ眠りさんのブログで、「犬の遺言」という動画を見ました。
作者不明ですが、結構有名で多くの方がアップしているようです。
初めてみて・・・思わず涙が出ました。





犬ではないけれど、きっと幸多も「猫の遺言だよ」と、こんな風に言ってくれたんじゃないかな、と思いました。

幸多が死んで、1カ月もたたないうちにハルを保護しました。
幸多がハルに会わせてくれたと思いました。
これが幸多の意志だと感じました。

こんなに悲しい思いをするなら、もう2度と犬を飼わない。
あの子の代わりなんていないから、あの子に悪いから・・・
その気持ち、理解できます。
でも、その悲しい気持ちを癒してくれるのも、犬や猫です。
その子のことを思って泣き続けている間に、たくさんの犬や猫が死んでいってます。
どうかこの犬の遺言を思い出してください。


猫の恩返し

ひと月ほど前から、小柄なサビ猫を見るようになりました。
サビ猫なので、99.99%メス猫。

慣れていないので、人を見るとすぐに逃げてしまいます。
なんとか不妊手術をして、この辺りで穏やかに暮らせないかなぁ。。。

敷地内の、よその家からは見えない屋根のある場所に毎朝晩ご飯を置いてたら、そこを住みかに決めたようです。
ちょっとずつ距離が縮まってきました。
といっても、2mがやっとくらい。

ある日、ハルが外を見ながらニャ~ニャ~いうので見ると、
ベランダに、あのサビ猫が!!

網戸越しにパチリ
00sabisabineko064.jpg


それから時々、2階のベランダにやって来てました。


 おとといの朝、洗濯物を干そうとベランダに出たら・・・
うわっ、なに、これっ?!

1匹のネズミが窓のすぐそばに置いてありました。


075akamaru.jpg


わざわざ持ってきてくれたんだね。
大切な獲物だっただろうに。

ありがとう、その気持ち、とっても嬉しいよ。
でも、ほんとにほんとうに気持ちだけでいいから。。。


    もう一つ、記事をアップしてます。



ハロウィン

私が子供の頃にはなかったハロウィン。
何のお祭りなのか詳しくはわからないけれど、何だかみんな楽しそう

我が家の玄関にも、もらったり育てたりしたカボチャと
朱色の花に黒葉のハロウィンカラーのベゴニアを並べてみました。

00げんかんにならべてみた058



ここに官兵衛が一緒に写ったら、言うことないんだけど、
もちろんそんな協力的なことは、してくれるはずもなく。。。

00かんべえよこみ111
「いたしません!」


官兵衛が来てからというもの、何か可愛いカラスグッズはないかといろいろ探しています。

唯一仕事場で見つけた飾り
00からすのかざりもの046



「カラス 雑貨」などで検索して出てくるのは、リアルな怖そうなカラスの置き物とか、カラスよけに使うカラスの死体?だったり。

そうだ!ハロウィン時期なら、カラス雑貨があるかも?!
と見回ってみたけれど、ドクロに乗ってるカラスとか、気持ち悪いものばかり。

どこかに可愛いカラス雑貨があったら、教えてくださ~い。




パート先のお店で月に一度、外部の先生によるアレンジメント教室があります。
私、アレンジメントを先生に習ったことはありません。
(スタッフに教えてもらったことはあります)
担当しているのはガーデニング部門なので、切り花を扱うこともほとんどありません。

今回は、カボチャを使ったアレンジメント。
何だか面白そう♪ということで、私も参加させてもらいました。

花材はオレンジ&くろーっ!のハロウィンカラーではなく、
白いカボチャと白い花、あとは木の実でした。
とっても落ち着いた色合いの組み合わせです。
最近は、中間色やくすんだ色を使った花束やアレンジが多くなりましたね。


00白カボチャのアレンジメント024




あれから3カ月

鳥の獣医さんに、初めて官兵衛を診ていただいた時、
「3カ月くらいで、治るような感じがする」
と言われました。

あれから3カ月・・・
グーのまま開かなかった右脚の指は、今ではちゃんと開いて、歩いたり止まり木にとまったりできるようになりました。

相変わらず、首は右に傾いていて、頭が体より低い位置になってます。
全体に右側の力が弱いようです。
普通、鳥の翼は尾より高い位置にあります。
官兵衛の翼は左は正常で、右は尾より低い位置に下がっています。
それでも少しは飛ぶことができます。

床がすべったり、足場が悪いと、右脚の方だけズルズル~とすべってしまいます。
それでも普通に歩く分には、問題ありません。

羽づくろいは、左の翼の一番外側と左足の付け根の部分だけしかできません。
最初は体のどこにもクチバシが届かなかったので、これでもずいぶん良くなりました。
現状はこんな感じです。


PCKw9Xm60BVhF031476624559_1476624588.jpg  



我が家のすぐ先にある雑木林を縄張りにしているハシブトガラスの家族がいます。
大きな木のてっぺんから、鉄塔の一番上まで飛んで行ったり、急降下したり。
官兵衛にはとてもできそうにない。。。

自然に帰せるかどうか、3カ月を目安に判断しようと思っていました。
「ねぇ官兵衛、うちの子になろうね。」

もしかしたら、これから30年?
覚悟して、毎日の大掃除と水浴びに付き合っていきます

  
   もう一つ、記事をアップしてます。

 

ともだち

久しぶりに友人たちに会ってきました。

出会った頃はまだ十代で、
お金はなかったけど、時間と体力だけはいっぱいあって、
一緒にいろんな所へ行きました。
(船で片道28時間の小笠原とか)

ほぼ大人だけど、責任なんて何もなくて
将来にたくさんの夢と希望を抱いてて・・・
楽しかったな~。

あの若くてピチピチだった女の子たちが今や・・・
いやいや、恐ろしや~~。

会えば今でも〇〇ちゃんと呼び合って、あの頃と同じ。
だけど会話の内容は、親の介護だったり夫の早期退職だったり、、、

次に会う時は、〇〇が痛いとか☓☓が悪いとか、自分の健康の話題ばかりだったらどうしよう、なんて心配したり。

卒業して、それぞれ別の所に就職して、結婚して、子育てに追われたり、ご主人の海外勤務に同行したり・・・
これまでいろいろあったけど、こうしてまた元気に会えたのは、すごいことだよね!ってうなずきあったり。

それぞれ立ち場も状況も違うけど、お互い羨むことも、卑下することもなく、ありのままを認め合う、そういう関係を大切にしたいなと思える友だち。

ランチにmikiさんおススメのレストランに行ってきました。
   お店はコチラ

久々の生ガキ、ふっくら甘くてと~ってもおいしかったです


思うようにはいかない(>_<)

普通の猫さんなら十分は入れる大きさの段ボールハウス


00小さなハウスで寝てみる007 


でも巨体のハルには入りきらない。
それなのに、なぜか気に行ってほぼ毎日ここでお昼寝しています。



ハルでも十分入れるものを作ろう!!
ということで、職場から段ボールを持ち帰ってきました。

00大きな段ボールがきた005 


ハルが入っても、余裕の大きさ~

00ハルが入っても広い011 


今回は細長い形を生かして、遊んで寝られるトンネルハウス?にしました。
造形したわけでもなく、ただ入り口と窓を開けただけ。
壁と一体化させて圧迫感がでないようにと、残してあった壁紙を周りに貼りました。

00小さな穴がある021 00こちらがいりぐち023

・・・で、猫さんたちの様子はというと・・・

00hakonouedeneru003.jpg


エルがいつも箱の上で寝てます。
長座布団を敷いたら、ますます気に入ったようです。
ハルは素通り~。

箱の中は未使用状態
こちらの思うようにはいきません。
今度、箱の中に毛布でも入れておきましょうか。



壁で爪とぎされたため、部屋全体をペット対応の壁紙に貼り替えたのが去年の5月。
あれから1年5カ月経ちましたが、壁は無傷です!!

さすがペット対応壁紙!すばらしい!!
(私が購入したのはリリカラ・スーパー強化+汚れ防止壁紙)
猫さんに壁を引っ掻かれて困っている方におススメです。
(リリカラの回し者じゃないですよ)
   

   もうひとつ、 記事アップしてます。
      下の記事「ヌカカにご注意!」が表示されないというコメントがありました。
        皆さんはどうでしょうか?
      

ヌカカにご注意!

「ヌカカ」をご存知ですか?
私はつい先日まで知りませんでした。
海外のお菓子のような名前ですね。

漢字だと「糠蚊」と書きます。
そう、蚊なんです。


おとといの朝、官兵衛の部屋に行くと、網戸に何やら小さな虫がいっぱい張り付いていました。
黒ゴマをさらに縦に半分にしたくらいの大きさ。

イメージ 2
バイク時々猫、読書 よりお借りしました

網戸の目をすりぬけて、外と内を行ったり来たりしていました。

羽のあるアブラムシ?と思いながら、ティッシュで拭くと、血が付きました。
ええっ 血といっても、ほんの少量、尖った赤鉛筆で「」と書いたくらい。
ところがその虫の数ときたら、何百匹?
こんな吸血虫、今まで見たことない。

とりあえず、見える分だけ全部潰して、ネットで調べると・・・
ヌカのように小さい蚊という意味でヌカカ。
ヌカカにはたくさんの種類がある上、日本全国にいるそうです。
おまけに、ヌカカは蚊柱となって大群を成して移動するそうです。

いくら少量の血と言っても、こんなに刺されて。。。
人が刺されると、普通の蚊以上にかゆく、それが一週間くらい続くそうです。
官兵衛は、自由に頭を動かして、かゆいところを掻くこともできません。
いったいどのくらい刺されたんだろう?

リックと官兵衛は廊下を挟んですぐの所にいます。
たぶんリックもたくさん刺されたハズ。。。

今までずっと官兵衛やリックの所は、夜は網戸にしていました。
今までは何もありませんでした。

おとといは官兵衛の部屋の小さな常夜灯を点けたままにしていました。
ヌカカは光に反応して入ってくるそうです。
まさか、あんな小さな灯りに反応した?

電子蚊取りをつけていたら、そこら中にヌカカが落ちていました。
もう大丈夫だと思いますが・・・本当に可哀そうなことをしました。

皆さんもお気をつけください。



プロフィール

woojyan

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2016年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)