立ち話

買い物に行ったときに、声をかけられました。
確かに見覚えはあるんだけど・・・え~っと誰だっけ?
頭の中でグルグル思い巡らし、ああ、そうだ、子供の同級生のお母さんだと気付きました。

縦も横も大きかったのに、すっかり細くなっています。
聞くと、ご主人のお母さんに認知症の症状が出て、同居して・・・
すっかりスリムになったそうです。

記憶障害、見当識障害、被害妄想。
体は元気で口も達者な攻撃型の認知症、うちの母と同じです。

夫にお姑さんのことを言うと
「それくらい聞き流しておけばいいだろう。」

友達に言うと、
「何でもハイ,ハイって言う通りにしてればいいのよ~」
「〇〇さんに甘えてるのよ~」

自分の親からは
「もっと大変な介護をしている人だっていっぱいいるんだから、我慢しなさい!」
もちろん彼女の親は、介護経験なし。

よほど腹に溜まっていたらしく、店先で1時間くらい立ち話をしました。
彼女の気持ち、わかるなぁ。
こうすればいい、なんてアドバイスが欲しかったんじゃない。
そうだよね、たいへんだよね、頑張ってるね、って共感してほしかったんだと思う。

最後には彼女はノイローゼになり、離婚するか施設に入所させるか、どちらか選んでと夫に迫ったのだとか。
少し前にお姑さんは、グループホームに入ったそうです。


私は60代でガンで亡くなった父の介護をしました。
大変だったけど、こちらが精神を病むことはありませんでした。
認知症の場合は、介護者の方が精神を病んでしまうことが多くあります。
今はもう吹っ切れましたが、私も心療内科のカウンセリングにずいぶん助けられました。

私の友人は結婚と同時に義両親と同居したそうですが、お姑さんはたいへん優しくて、認知症発症後も一度もイヤなことを言われたことはないそうです。
そういう人もいるので、認知症は・・・とひとくくりにはできませんね。

認知症患者の介護者へのアンケートで
「介護を経験して良かったと思うことは何ですか?」
ダントツで1位になった答えが
「何もない」

この介護の経験が生かされる!という積極的なとらえ方よりも、自分の時間と体力と精神的な消耗にくたびれ果てている人の方が、ずっと多いということなのでしょう。

一つだけ良かったことは、他の介護者の気持ちがわかるってことでしょうか。
でももしできるなら、そんな経験しないで人生を歩んでいきたかったな。


カラスの勝手に親善大使

カラスの魅力と言えば・・・
①なんたって可愛い♡
②面白すぎて、見ていて飽きない。

えっ、①に同意できない?!
私、これからはカラス親善大使として、カラスの可愛さを伝えていきたいと思います!


官兵衛、相変わらずのカメラ嫌いで困ってます。
普段は部屋に放すと、ほぼ私から1m以内の所で、あれこれやってます。
私が移動すると、ピョコピョコ付いてきます。
それなのに、カメラ(小さいコンデジ)を向けた途端、急いで離れる~


00逃げろ逃げろ~~014 



私が休みの時は朝・昼・夕の3回、仕事の時は朝・夕2回、ケージから出して遊ばせます。
毎回、官兵衛の部屋に入る時はドキドキ・・・


 00ぼろぼろぼろ013


毎度盛大に散らかしてくれてます。
床にはちぎった新聞紙、散らかした餌、こぼした水、大小の羽にフケのような羽の粉、フンのかけら。。。
元気になったからこそ、こんなこともできるようになったんだから、まぁしょうがない。
毎回掃き掃除&拭き掃除。
日に3回も拭き掃除してる部屋なんて、この家ではここだけだヮ。
なんて思って黙々と拭き掃除してると、横で官兵衛がゴミ袋を突っついてる。。。
「コラァ、ゴミ袋あさるんじゃない!!それじゃカラスみたいじゃないの
と、思わず怒る。

さらに最近やたら羽が抜けて、部屋の隅っこにかたまってます。
大きな羽根もあるけど、ほとんどが1cmに満たない小さな黒い羽と灰色の綿毛。
写真が撮れなくて残念ですが、顔や頭の毛が抜けて、なんだかハゲタカみたいなブチャイク顔になってます。
なんだろう?皮膚病?栄養失調?ストレス?
ネットで調べたら、どうやら換毛(トヤ)のようで、ホッとしました。

官兵衛と同じハゲ顔のカラスの幼鳥写真がありました
  http://blog.livedoor.jp/rocky1708/archives/51201322.html 


主食は九官鳥フード&ドッグフードを半々ですが、やっぱり野鳥たるもの、虫を食べなきゃ!
虫自体は全然恐くないので、捕まえるのは平気です。
ただ頭からきれいに食べてくれればいいけれど、大きい幼虫を真ん中から食べてブチュ~なんて、ああ見たくない。
野鳥を飼うにはまだまだ修行が足りません

とりあえず、モンシロチョウのアオムシ程の大きさの何かの幼虫を2匹捕まえて、官兵衛の前に置いて見ると・・・
やっぱり真ん中から食べたけど、1匹目、完食。
2匹目も完食、と思ったら・・・
コラ~ッ、私の足の指の間に、のど袋から出した幼虫を隠すな~
カラスと一緒なら、毎日がエキサイティングです

あれっ?親善大使の役割果たしてない??



官兵衛は飛ぶ練習を一生懸命にしてました。
なんとかケージの上(80cmほど)まで飛んで上がれるくらいになってました。
ところが1週間ほど前、ケージの上から飛んで床に着地する時にバランスをくずして、頭から床に落ちてしまいました。
やっとここまで良くなってきたのに、また元に戻ってしまうかも、、、
ドキドキしましたが、大丈夫でした。
今まで通り歩いているし、ご飯も食べてます。
ただそれ以来、まったく飛ぶ練習をしなくなってしまいました。
ショックだったのかなぁ? 羽がどこか痛いのかなぁ?
なんとなく・・・やっぱり官兵衛は野生に戻せないような気がします。

  もう一つ、記事をアップしてます。



動物の心

こんな本を借りました。


51jZlUpj_RL__AC_US200_.jpg 


動物たちがどのくらい仲間の「死」を認めているか?ではなく、
感情を動かしているか?悲しんでいるか?という観点で書かれた本です。

ここに出てくるのは、野生鳥獣、家畜、ペット、爬虫類、海洋生物など様々です。
彼らが仲間の死をどのように感じ、どのように行動しているか?
人類学者の著者の見たことが載せられています。

人間だけに高い知能と豊かな感情があるわけじゃない。
動物にも、みんな感情がある。
動物と暮らしている人ならば、普通に感じることかもしれません。
でも、そう思わない人が多いのも事実です。

この本を読むと、小さな生き物たちがどれほど心を傷つけ悲しんでいるのか、改めて考えさせられます。
特に、将来を悲観して自ら死を選んだイルカやクマの話は、本当に辛くなります。

人間が何よりも一番偉いと思っている人間が、一番愚かだと感じます。




あれから8カ月

夫が棚に置いてある幸多の写真の前に、ちゅ~るを何本か置いていました。
最後の数日間、ちゅ~るだけで命を保っていた・・・
あれから8カ月。
目の前の幸多の写真を見ていたら、何かを思い出したわけでもないのに、涙が出てきました。
幸多はこの数日間、戻って来てたのかな?

幸多が連れてきた(と思う)ハルは、すっかり家になじんでます。

幼児の相手もそつなくこなします


00お相手してます043


ブラッシングしてもらってると言うより、させてあげてる
よく見れば、イカ耳になってるし。
忍耐、忍耐、ハル、えらいぞ~~。

その頃エルは避難中


00隠れてる?036 
隠れてるつもり?


保護当初、細マッチョ体型だったハル。
1年後にはお腹タルタルになっていなければいいけれど、なんて危惧していましたが、安心して下さい!
1年なんて必要ありませんでした

まったく同じ体型、同じポーズで寝る人間オヤジと猫オヤジ


00nakayosioyaji004.jpg


保護当初の問題行動は、今は何ひとつありません。
あの時、家に連れてきて本当に良かった。

大人猫はなつかない? 
そんなことはありませんからっ!!


  もう一つ、記事をアップしてます



甘いトマトを作りたい

台風が通過するというので、庭に置いてある高さのある鉢物をあらかじめ倒しておきました。
大きな葉っぱがボロボロに千切れてしまうのがイヤだったので、三尺バナナは室内に非難。

00ばななひなんちゅう016



三尺バナナなので、高さは鉢を含めて120cmくらい?
葉っぱには、茶色い模様があります。
関東の一般家庭にバナナ。。。
あまり見ない光景ですよね。

バナナ、よく増えるんです。
タケノコのように、根元からニョキニョキと新しい株が出てきます。
捨てるのはかわいそうなので、株分けして、育ててくれるという方に押し付けてます

葉っぱが20枚くらい出れば花が咲くそうですが、花が付いたことがありません。
いつになったら、自家製バナナが食べられるかなぁ?


去年植えたオレンジ色の1代交配種のミニトマト・サンゴールドから採ったタネを育てたら、2代目はいろんなトマトができました。
  色とりどりの2代目の実はコチラ
  
8株育てたけれど、去年のサンゴールドと同じ姿・味のものはありませんでした。
その中で1株、とっても甘い実が成るものがあるけれど、実の付き方が去年とは違います。

00サンゴールド整列2632 002だいめさんごーるど023
 1代目             2代目

1代目は一つの茎に整然と実が並んでいるのに対し、
2代目は一つの茎からたくさんの茎が分かれて先に実がたくさん付きます。
粒が小さ目ですが、今年はこの株からタネを採ることにします。
さて、来年はどんなトマトができるのか楽しみ~


固定種の赤いミニトマト・ステラはとっても甘くてお気に入り。
毎日どんどん収穫できていたのに、ここ3日ほど赤い実がない!
赤くなりかけた実はたくさんあるのに。。。
食べごろを次々盗っていくのは誰?
人間じゃなければ、許しますよ~。


クロウしてます

 
犬と猫がいますと言うと、動物好きな人と思われます。
カメ3匹とウーパールーパーもいますと言うと、ちょっと変わった人?と思われます。
カラスもいますと言うと、かなり変わった人!と思われます。
かなり変わった人!と自覚しているので、別にいーんですけどネ

動物好きと言いながら、カラスはちょっと、、、と言う人が結構います。
まぁね、見た目怖そうだし、新聞やテレビで取り上げられる時は、たいてい悪者だし。
もし、カラスが三毛猫みたいな色だったら、イメージもずいぶん変わると思うけど。。。
そんな嫌われ者のカラスですが、世の中にはカラスが好きで好きで、、、という人が、実はたくさんいるんです。

こんな雑誌があります


00くろう049 


カラス = CROW ≠ 苦労
内容は全部カラスのこと。
よほど物好き、カラス好きじゃないと買いません。



さて、官兵衛さん、日に日にたくましくなってます。


kYXL8j9J2unx3Qd1470665394_1470665443.jpg



カラスを飼ったことのある人が、
「カラスはすごく可愛い♡ おもしろい♪ だけどやめた方がいい」
と口をそろえて言うのが、わかってきました。

何と言うか・・・2歳児みたいな感じ?
ホント可愛いし、おもしろい、けどめちゃくちゃたいへん。

文鳥のように、飼い主のそばでチチチ・・・なんてこと、絶対ありませんから
官兵衛のうん〇をティッシュで拭いたとたん、手元からくちばしで咥えて逃げる。
取り返すとグェーグェー怒る

獣医さんに、ビタミンをしっかり摂るよう気を付けてくださいって言われてるので、トマトやカボチャを餌と一緒に入れると・・・
それだけくちばしでつまみ出して、隙間に隠す。
口に入れると、一旦のど袋に入れて、それから出して、やっぱり隠す。
仕方ないので、つぶして九官鳥フードと混ぜて小さな粒にして、のど袋に戻さないように、のどの奥の方へ突っ込む。
ハハハ、負けないんだから
美味しいものだけ食べてればいいんじゃないのよ!
野菜嫌いの子供に何とか野菜を食べさせるために、細かく刻んでハンバーグに入れてるお母さんのようだヮ。

だけど、ご機嫌な時はグフフフ~と声をだして笑って?ます。
嬉しいとギャロップしながら走って来ます。
無視すると、くちばしで突っつかれます
「痛っ」と怒ると、あっヤバイって思うのか?
身を低くして羽を開いて小刻みに震わせて、グェェェェと口を大きく開けます。
(↑ヒナが親鳥に餌をねだるポーズ)

なんだかとっても刺激的な毎日です

  
  もう一つ、記事をアップしてます。


暑さに負けない!

暑い!! 朝からカンカン照り
仕事に行って開店準備が終わったら、長靴はいて、屋外の鉢物・苗物にホースで水やり。
ときどき、自分の手に水を掛けて体を冷やしたりしながら、午前中いっぱい水やりをします。

お昼休み、お弁当を食べていると、いきなり真っ暗になってゴロゴロゴロ
そしてバケツをひっくり返したような雨。
汗だくになって水やりをした私の苦労は何だったんだ!
ああ、無情~~


よく晴れた夏の日には、ヒマワリやハイビスカスのような大きな明るい花が似合います。
我が家のタイタンビカス


00たいたんびかす2702 


タイタンビカスは、モミジアオイとアメリカフヨウの交配選抜種です。
1日花ですが、直径20cmほどの大きな花を、毎日わんさか咲かせます。



ここはハワイや沖縄よりも、最高気温が高いから、ハイビスカスもお疲れ気味。

二段咲きハイビスカス・フラミンゴ
00フラミンゴ咲き606 

00pinnkhibiskas001.jpg 



そう言えば、何年か育てたマタタビの鉢植えが、この暑さで一気に枯れました。
(水を切らしたわけでもないのに。。。)
寒さには強いようですが、暑さには弱いようです。



母の日が終わって、次に忙しいのはお盆時期と思っていたら・・・
あっという間に、もうお盆の週になってました。

ここの地域は、海側は工業地帯に勤める人が多く住んでいますが、内陸部は昔からの農家が多くあります。
特に冠婚葬祭が派手なことで有名なところです。

以前勤めてたお店でも、お盆前になると、本家の奥さんがお寺やお墓参りのために、たくさんの花束を買いに来ました。
お花だけでウン万円、それから集まって来る人たちをもてなして・・・
両手で抱えきれないほどの花束を持って帰る姿に、
「頑張ってくださ~い!」と心の中でエールを送りました。

さて、私も今週から休みなし、頑張れ~~。


OAKS-GT」のgifunotakaさんが、家の近所で生まれた子猫を9匹、
やむを得ぬ事情で保護されました。
http://gifunotaka.blog.fc2.com/blog-entry-186.html

2匹は里親が決まったそうですが、残りの7匹の里親を募集しています。
岐阜方面で里親希望の方、ご協力いただける方がいらっしゃいましたら
よろしくお願いいたします。


プロフィール

woojyan

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)