夏は来ぬ

窓辺はいつでも猫たちに人気。
今回は2にゃん並んでお昼寝中

00仲良くお昼寝中04;


我が家のお嬢さん、おんなじベッドで寝るなんて、絶対許しません!
かろうじて隣ならOK?
これでもずいぶん寛大になりました



雑木林の中を通って、田んぼまで散歩に行きます。
いつものように山の中を歩いていると、いきなり視界が開けました!

00山がなくなった030 


木が、木が~~ない!
小学校の校庭くらいの広さ分、木がすっかり切られていました。
上に送電線が通っている(かすかに見えますよね)ので仕方ないのだろうけれど・・・
キンランとかギンランとかウラシマソウとか、絶滅危惧種もいろいろ生えてたのに、残念です。


用水路の流れの早い場所には、なぜかいつもザリガニがいっぱい。

00ザリガニがいっぱい集まってる013 


まだ赤くなっていないけど、アメリカザリガニだと思います。


この季節、野山は白い花がとにかく多いです。
野バラの次に咲きだしたのは、ウツギの花

00水路のうつぎ0059 
00うつぎのはな咲いた017 


ウツギの花を見ると、毎年思い出す「夏は来ぬ」の歌。
  
  卯の花の 匂う垣根に
  時鳥(ホトトギス) 早も来鳴きて
  忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ

卯の花=ウツギの花(オカラじゃないです)   
忍音=その年に初めて聞くホトトギスの鳴き声、 だそうです。
若い人はこの歌を知ってるのかな?

木に絡んでいるスイカズラ

00すいかずら054 


咲き始めは白く、だんだん黄色っぽくなります。
昔、まだ砂糖がなかった頃は、砂糖代わりに用いられたんだとか。

シロツメクサが花ざかり~

00クローバーのなか56 


雑草といわれるけれど、花は何でもきれいです。


  もうひとつ、記事をアップしています。



とりあえずドライフラワー

天気がよい日が続いています。
ドライフラワー日和です。
たくさん花が咲いているので、とりあえずいくつかドライフラワーにしてみました。


00クリスマスローズのドライフラワー1558
クリスマスローズ

000ちどりそうのドライつくった047  00やぐるまぎくでドライフラワー000046
左・千鳥草      右・矢車菊


こちらは毎年ドライフラワーにするために育てているラグラス。


00はたけのらぐらす024
別名 うさぎのしっぽ。


生の状態では、ほんとにうさぎの毛のようにフワフワです。
乾くと少し硬くなるけれど、ねこじゃらし(エノコログサ)のように硬くはありません。


00ラグラスのドライがいっぱい026


可愛いので、リースを作る時にはよく利用します。



今とっても困っていること・・・
去年の秋、安曇野に行った時、たまたまフラワーマーケットが開かれていて、そこで小さなポット苗を買いました。


00これはなんでしょう?075


こともあろうに、これが何の植物だったか全く思い出せません
葉っぱの感じからすると、コレオプシス?宿根スターチス?
そこらへんで手に入るものをわざわざ旅先で買うことはないので、たぶん、珍しいものだったと思いますが・・・
う~ん、なんだろう?
どなたかわかる方、いらっしゃいますか~?

見捨てられた猫

リックを動物病院へ連れて行きました。
犬の義務である狂犬病注射をして、フィラリアの検査ついでに腎臓肝臓その他の血液検査と、心臓のエコーをお願いしました。
元気いっぱいにみえても、もう10歳半。
人間に換算すれば60代半ばくらい?
生後3~4カ月だったリックが、いつの間にか私の年をすっかり越えてしまいました

検査結果はどこも悪いとこナシ。
健康優良爺、まだまだ若いもんには負けません!


00027571571.jpg
売られたケンカは買います!!




近所の完全室内飼い猫が脱走して、4年前から野良生活を送っています。
   脱走猫の記事はコチラ

脱走直後はポスター貼って探していて、その後、家周辺にいるのもわかっていました。
ところが「捕まらないんですよね~」と言って、そのまま放置。
いくら警戒心が強いといっても、本気で捕まえる気があったらできたはずです。

その子の飼い主さんは、うちの近くの一軒家を借りているカップル。
ところが、最近引っ越していなくなってました。

先日、脱走猫ちゃんが、その家の塀の上に座っているのを見かけました。
何を考えているのかな?
きっと見捨てられたってわかっているはず。

完全室内飼いだったし、不妊手術もしているから、それなりに可愛がられていたと思うけど・・・
とうとう飼い主がいない野良ネコになってしまったんだね。


のらになったねこ0001602


うちの周りにいつもいますが、とっても警戒心が強く、近寄れません。
夜、車庫に置いた入れ物に猫のドライフードを1食分入れておくと、いつも朝には空っぽになってます。
ただ、食べてる姿を見ていないので、ほんとにこの子が食べているのかどうかはわかりません。

勝手な元飼い主の尻ぬぐいをするのは腹が立ちます。
ただ、見捨てられた猫が不憫です。

  もう一つ、記事をアップしてます。




夏野菜を植えました

今回はじゃが芋は母の方に任せたので、3月末~ゴールデンウィークくらいまで、私の畑の半分くらいが野菜を植えてない状態でした。
で、その間どうなっていたかというと・・・


00荒れた畑?039
ピンクの花はフクロナデシコ


よその畑はみんなすっごくきれいに草を取っていて、野菜以外何も生えてません。
それに比べ、私の畑だけ野菜以外のものがいっぱい~~
花のタネをまいたわけではなく、全部勝手に出てきたものです。
もう目立つ目立つ。

こんな荒れた畑にしてるのは誰だ~?と皆さん興味あるようで、いろんな方から声かけられます。
肥料をやらず、耕さず、雑草とバクテリアの力で野菜を育てていること、連作障害がほとんどないことなど、自然栽培について簡単に話します。
へぇ~そんなやり方があるんだねぇ、なんて感心して言います。
でも、明らかにそんなので野菜ができるはずがない!と思ってるのが見え見え~
いいんです、もう慣れましたから。
どんどんメンタル強くなってきました


やっと夏野菜の苗を畑に定植し終わりました。

今回育てたものは、
●ナス(中長、久留米、翡翠)
●キュウリ(品種不明の自生え、ラリーノ)
●ズッキーニ(バンビーノ)
●ミニトマト(ステラ、サンゴールド、カナリーベル)
●姫冬瓜
●カボチャ(黒皮甘栗)
●オカヒジキ
●モロヘイヤ
●オクラ(エメラルド)
●青はぐら瓜
●ゴーヤ

ピーマンのみ、苗を購入しました。
落花生はまだまいていません。

交雑しやすいタネ(大根や白菜など)は購入しますが、それ以外はできるだけ固定種にして、自分でタネを採るようにしてます。
5年くらい繰り返すと、その畑に合った独自の性質に進化するのだとか。

それにしても野菜のタネって、ほとんどが交配種。
最近の品種改良は、種苗会社の陰謀さえ感じられます
主要なタネがみんな交配種になって、自家採取できなくて、世界中の農家が毎年タネを買うことになったら・・・
タネを制したものが世界を支配できるとも言われているとか。
タネ議論をしたら際限なくなってしまいそうなので、置いといて。。。


サニーレタスとエンダイブは、こぼれダネで毎年芽が出てきます。
食べる分だけ下から葉っぱを取っていくと、長い間ずっと食べられます。


00さにーれたすじばえ043



このサニーレタス、そのまま花を咲かせると、1m以上の高さになります。


000きょだいかさにーれたす2244
真ん中がサニーレタス

000サニーレタスの花2299 00さにーれたすのわたげたね2245
サニーレタスの花と綿毛のタネ

野菜売り場の姿からは想像できませんね。


イチゴは放置してたら、いろんな場所にランナーを伸ばして、すっかり野良イチゴになりました
でも放任がよかったのか?結構大きな実がゴロゴロ。

指と比較して、イチゴの大きさを想像して下さいね~
00benihoppe041.jpg
これは紅ほっぺ


イチゴ狩りに行くと、こちらに向かって実がたわわに成っていますよね。


Ejc85zP_ZMqjmAJ1419866756_1419866809itigo.jpg


イチゴは実がなる方向が決まっているので、必ず実が採りやすい方向に苗を植えます。
・・・って知っているのに、ぜんぜんやってない
来年は、畑の一角にイチゴスペースをとって、きちんと世話します!たぶん。。。



プレゼントいろいろ

終わった、終わった~、1年で一番忙しい日が終わった~
いつもならゴールデンウイークが終わった次の週に母の日が来るのに、今年はゴールデンウィークからそのまま母の日に突入

毎日大量入荷するカーネーションと格闘しましたよ~
毎晩シップ貼って寝てるけど・・・
おばさんの筋肉痛は、忘れた頃にやってくる~~



「ねこねたね」のnobi8nさんのブログ5周年企画に何と当選しまして、プレゼントをいただきました。


000nobi8nさんからプレゼント018


nobi8nさんは私とほぼ同期にブログを始めました。
nobi8nさんはマメなので、毎年〇周年プレゼントを企画をしています。
それで、今回初めて当選しました

真ん中2つは、リック・エル・幸多・陽生の栞付きチョコレート。
気になるのが、一番右の猫の肉球の香りがするというハンドクリーム

000肉球クリーム055


気になる香りは、ポップコーンに甘さをプラスした香りだそうです。
かなり甘~い香りがします。

さて、本家肉球の持ち主はこの香りにどんな反応をするでしょうか?
エルに嗅がせてみると・・・


000エルの、前に置いて見る056



この後、顔を突っ込んで舐めようとしたので、すぐに離しました。

ハルの前に差し出すと・・・


000ハルは無反応058


無反応。。。

どうやらおんニャの子に人気の香りのようです
nobi8nさん、ありがとうございました。


それから私の5周年企画に当選した「ちゃっぷだぺー」のnekobellさんから、絵のお返しをいただきました

000エルちゃん 
エルで~す♪

エルの特徴が良く出てます。
nekobellさん、ありがとうございました。



ところで、皆さんは母の日に何か贈り物をしましたか?
あるいは何か贈り物をもらいましたか?

やはり花束もアレンジメントも鉢花も、カーネーションを選ぶ方が圧倒的に多いです。
花を育てるのが好きなお母さんには、アジサイやバラやクレマチスの鉢植えが多かったです。

少し前、私が夫に買わせた買ってもらったのがコレ


000斑入りのハラン061


ハランの鉢植えです。(前にある白い斑入りの大きな葉っぱ)
ハランの大きな葉、花束やアレンジにはよく使われるけど、鉢植えはほとんどお店に出ません。
おまけに白い斑入りの葉は珍しいくて、きれいです。
それがスーパーの店先で、障害者施設で出している花苗の中に、ポンッと置いてありました。
一応花は咲きますが、イソギンチャクみたいで全然観賞価値なしです。
普通の人は、母の日にこう言うのを選びませんよね
 


カエルの合唱

山にはフジの花がたくさん咲いています。

000今盛りの藤070 


田んぼでは、この前までクヮックヮックヮッと大合唱していたアマガエルたち。
今日は合唱団のメンバー交代をしていました。

これはシュレーゲルアオガエルの声、聞き覚えがありますか?

[広告] VPS


千葉県では準絶滅危惧指定になってます。
アマガエルより少し大きくて、可愛い顔してます♡
(鼻から目の後ろに黒い線があるのがアマガエルです)

CIMG0551.jpg CIMG2286sのコピー
シュレーゲルアオガエル       アマガエル    


あ~のどか~~

毛市の花の前047


なんて思っていたら、大変なことになっていました。


000田んぼやめました046


一見きれいに見える田んぼですが、去年の秋、稲を刈った時のままの状態です。
手前右の荒れ地も、3年前は稲を植えてあったところです。
水を張って田植えの準備をしてあるのは、右上端の白く見える所だけ。
そこ以外はすべて田植えをしないようです。

この辺りの田んぼのお世話をしているのは高齢者ばかり。
リックといつも散歩に来る大好きなこの場所、
景色も生態系もずいぶん変わってしまうのが切ないです。


  もう一つ、記事をアップしてます。

季節の花々

仕事上の目下の悩みは、エプロン。
お店のスタッフは、みんな同じ黒いエプロンを付けてます。
今までのエプロンは、ジャンパースカートのような前も後ろもある形でした。
5月からは気温も高くなるので、背中の部分がないエプロンになります。

それがですね、胸のところが深くⅤ字になったホルダーネックのエプロンなんです。
ボンキュッボンの若いお姉さんなら格好いいけど、引力に逆らえないダルダル体型のオバサンにはツライ
これからは着るものを全部黒にして、エプロンと一体化しようかと思案中。
それより、まめはなのクーさんの提案通り、陽生を抱えてスクワットに励むべきか



我が家の今年のバラの二番手が咲き出しました。
(一番はいつもモッコウバラ)


0000おおむかしからあるばら062 
中大輪咲きのツルバラ・品種名わからず


我が家が建ってすぐの頃、母が近所の方から枝をもらって挿したものだそうです。
特に世話することなく40年以上咲いている、ものすごーく丈夫なバラです。


黄色いボタン・ハイヌーン


Gkx3Q5DlMMrVrs91462030612_1462030653.jpg
こちらは廃棄品復活組


まぁるい形が可愛い♡オオデマリ


000おおでまり083
こちらも廃棄品復活組
(左上の白いネットで囲まれているところが、おかめちゃん邸)


こぼれダネでどんどん増える世話要らずの草花たち


000おるれあむらさきおだまき007
オルレア(白)とオダマキ(紫)


おととい、もらってきた咲き終わりのガクアジサイ


000廃棄品のおおきながくあじさい014


写真ではわかりませんが、花(正確には額)の大きさがテニスボールほどもあります。


花屋では、季節感がぐちゃぐちゃになります。
普通ではアジサイの花が咲くのはまだまだ先ですが、鉢植えのアジサイは今並んでいます。
一般家庭で咲くころには、もうありません。

本当は今ごろタネまきをするものが、もう花付きの状態で入荷します。

自分で育てたり、周りに植えられている植物をよく見ていないと、実際にその花の咲く時期がわからなくなるという困った状況に陥ります。



プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2016年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)