お久しぶり~

エルが窓にくっ付いてます。

観察中008


何?なに?

なになに?005


よーく見たら、あらまぁヤモリさん(♂)お久しぶり~


ヤモリ発見1505002 


毎夏、台所の窓にやって来るヤモリさんとは同一かどうかわかりませんが・・・
2階にわざわざやって来て、窓の明かりに集まってくる小さな虫を狙ってるヤモリ。
そのヤモリを狙ってるエル。

エルさん、お嬢様なフリしてますが、実はまさかの食虫猫
家の中で虫を見つけたら、追いかけまわして大騒ぎ。
上手く捕獲できると、そのまま口の中へ
カメムシをいじめて、部屋中が汚臭に包まれたのも1度や2度ではない!!

その点、幸多は虫には特に興味を示しません。
きっと野良時代に飽きるほど見てた(食べてた?)んでしょう。


先日、リックの散歩の時、こんなのに出会いました。


ノコギリクワガタ♂042
ノコギリクワガタのオス


子供が小学生の頃、飼ってたクワガタが産卵すると、朽木からひとつひとつ取り出して、それぞれビンに入れ替えて育ててました。
ノコギリクワガタは成虫になると越冬できないので秋になると死んじゃうけど、オオクワガタやコクワガタは冬越しして2~3年生きてました。
幼虫から成虫になるのに2年ほどかかるので、トータルで4~5年。
ってことは、ハムスターよりずっと長生きです。

むか~しむかし、もう30年以上前、熱帯魚専門店で2年ほどアルバイトしたことがあります。
もちろん熱帯魚だけでなく、爬虫類・両生類・昆虫など扱ってました。

その当時、オオクワガタは1万円くらいしてました(大きさによるけど)
夏休みに田舎のおじいちゃん・おばあちゃんからお小遣いをもらった小学生が、1万円札持って、オオクワガタを買いに来てました。
30年前の1万円って、今の1万円とは価値が違うわけです。
ええっ、ほんとにクワガタ買っちゃうの?!
って貧乏学生だった私は、ボーゼンとしたものです。

ちなみに、このアルバイト、スカウトされて始めました
スカウト?
お客さんがカブトムシの幼虫を欲しいって言ってるのに、アルバイトのお姉さんが幼虫を掴めなくて困っているので、代わりにヒョイと素手で取ってあげました。
そしたら、店長にスカウトされました


   
  ブログ記事をもう一つアップしてます。



 

個性いろいろ

自然栽培を始めたのはいいけれど、ハッキリ言ってすんごいたいへんですはぁ~
毎日毎日、ひたすら草を刈ってます。
刈っても刈っても草の成長に追いつかないで、あっというまに草ボーボー。
抜いてしまえばどんなにラクだろう・・・なんてふと考えてしまいます。

だけど雑草の働きのおかげで、今日も野菜が採れました。


ウリ科いろいろ003


黄色いズッキーニ以外、全部キュウリです。
卵のような形のものは、クロアチアのエアルームきゅうり(品種名ドラゴンズ・エッグ)です。

エアルームというのは、その地方だけで昔から栽培されてきた野菜で、もちろん固定種です。
簡単に言うと、加賀野菜や京野菜の外国版です。

エアルームきゅうり、皮が軟らかくて甘味があって美味しいです!
でもね~、これ、ほんとに育てるが難しい。
成長が遅いし、ツルが絡まりにくいし、早々うどんこ病が出ちゃうし。
長いきゅうり(聖護院節成り胡瓜)も固定種ですが、10倍くらいの速さで成長しました。
やっぱりその土地に合った品種を作るのって大事ですね。


こちらは旧東ドイツのエアルームミニトマト


トマトの花618052 


もう冗談でしょ!って言うくらい一枝にたくさんの花が咲いてます。
このまま実になったら、一枝に300個くらいできて枝が折れそう。
トマトの最初の花を摘花すると後々の実成りが悪くなるそうなので、実が付いてから摘果することにします。
同じエアルーム種でも、キュウリとは大違い。
味が良ければ、残留決定


それにしても思うのは、固定種のタネが非常に高いこと。
今回のエアルームきゅうりは6粒で864円。
エアルームトマトは15粒702円。

固定種ってことは、タネを採るのに1代交配種のような手間をかけないでいいわけです。
一株あれば、ものすごい数のタネが採れます。
それなのに、なんで1代交配種より固定種の方が高いんだろう?
自分でタネなんて採らないで、1代交配種を毎年買ってね、
という種子業界の作意を感じてしまいます。



先ほどブログを書くために、収穫した野菜の写真を撮っていたら・・・
突然、タカアシグモ登場~


タカアシグモ登場004


家の中で見かけるものすご~く大きい蜘蛛です。


さわるな~007
エル、食べるな~っ!!


大きいので恐そうだけど、毒はないし、糸を張ることもないし、何よりゴキブリの天敵です。
タカアシグモが2・3匹家にいると、ゴキブリがいなくなるとか。
うちでは大事なお客様です


色変わり

アジサイが美しい季節。
わが家でも、いろいろなアジサイが咲いてます。


アジサイ濃いピンク045  sumidanohanabi085.jpg
紫陽花アナベル024  アジサイピンク・ミセスクミコ043
紫陽花ピンク覆輪405  紫ガク紫陽花023


そんなアジサイの中で、ひときわ異彩を放つ?のが、『フラウヨシミ』。
5・6年前、とってもきれいなピンク色と、フリフリの可愛い花びらが気に入って買いました。
ところが3年前にはこんな色に


ふらうよしみCIMG1684


元の色と変わってきちゃった。。。
アジサイは土の酸度によって色が変わってきます。
これじゃあいけない!元のきれいな色に戻さなければ!!

ってことで、『失敗しない。失敗させない。 〇ちゃん培養土プレミアム』を購入。
プレミアムですよ~、お高いんです!
でもこの培養土、ホントに何でもよく育つ良く咲くことは経験済み。
美しい花を期待して植え替えました。

結果・・・・・

な、何なんでしょう?このビミョーな色は


uhjY2l2sDWMEu9L1434681739_1434681794fusigiiro.jpg


ということで、さっそくコレ↓を買ってきました。


赤アジサイの肥料076


畑は無肥料ですが、庭はさすがに草ボーボーにするわけにはいかないので、少量の肥料をやります。
この肥料は赤いアジサイ専用のもので青専用もあります。
来年は、これでもうちょっとマシな色になるかな?
来年の結果をお楽しみに~~。

ちなみに最初に買った時はこんな感じでした。
https://www.engeiseikatsu.com/detail.asp?sid=10080218

あはは・・・もう別物です


もう一つ記事をアップしました


固定種vs交配種

5年後にはこの土地に合った野菜になるようにタネを採って育てる!!
そう思って、今回はほとんど固定種のタネにしましたが、F1品種(1代交配種)も何種類か買いました。
F1品種で買ったのは、大玉トマトとミニトマト、ズッキーニとキュウリを各1種類ずつ。
黄色いズッキーニは英語の説明に小さくhybridと書いてあったのを見落としました
後の3種は納得しての購入です。

F1ズッキーニとF1ミニキュウリの収穫が始まりました。

とったど~
ズッキーニとみにきゅうり収穫070


さすがF1、成長が早いです!!

ミニキュウリ、サイズは普通のキュウリの半分ほど。
隣の畑のご主人に、もう少し大きくなってから採れば~って言われました


みにきゅうり049


タネをまいてから50日ほどで実が採れるようになりました。
といっても最初の10枝くらいまでは株を成長させるために全部花を摘みました。
摘花してなければ、さらに10日くらい早く実ができていたと思います。

ミニキュウリ、育てやすくておいしくてたくさん採れます。
F1でも、良い特徴が出ているものを選抜しながら5代くらい育てると、ある程度固定できるそうです。
やってみたいな、自分だけのブランド野菜。
だけど、それをやれる土地の広さがない


ズッキーニは、他の野菜に比べてぶっちぎりで成長が早い!!


ずっきーにきいろ017


あっというまに大きくなって、夏の間に終わる短期決戦型。
実が付き始めると、毎日毎日採れます。

そう、昨日もズッキーニ。

カレー風味の炒め物
カレー炒め072

今朝もズッキーニ。

ぬか漬け
ズッキーニときゅうりの糠漬け074


そして明日もきっとズッキーニ


ジャガイモは、周りの畑はみんな掘ったようですが・・・


ジャガイモ72075
ジャガイモと千鳥草(青)と雑草


うちはまだ葉っぱが枯れてきません。
いつ収穫すればいいんだろ?

ジャガイモのところにたくさん生えている雑草の中に、こんなのがありました。
めずらしい斑入りです。


fuirimehisiba058.jpg



鉢植えにして観葉植物です!って言ったら、みんな信じちゃうかも?


2匹だから

2匹の猫、それぞれお気に入りの場所があります。
エルは南の窓の前に置いてある爪とぎの上。
幸多は東の窓の前に置いてある小さなテーブルの下。

幸多が下で寝ているテーブルの上にエルがのったら、幸多が文句を言い始めました。


文句099


まったくもう、どうでもいいようなことで小競り合いが始まります。


平行線103


まぁどっちにも言い分はあるようで・・・


開始105


シャーシャー言いながら向かうエルと、ニャーとひと声で圧倒する幸多。


睨106


エルも最初は強気で行くけれど、体の大きな幸多にグイッと迫られると大急ぎで逃げます。


逃107


逃げた先は脚立の上。


脚立の上094


暑くなってというもの、部屋の天井にとまっている蚊を退治するため、いつも脚立を置いてあります。
高さ1mほどなのに、なぜか幸多はこの脚立に上がれません。

エルにできても、野良生活の長かった幸多には出来ないことがいくつもあります。
膝の上に乗ることとか、一緒に布団の中で寝ることとか。

抱っこは20秒くらいなら出来るようになりました。
でも抱き上げるとフニャッと力を抜くエルに対し、幸多は体をグッと硬くするのがわかります。

見慣れないものがあると、まず確かめに来るのは必ずエル。
エルの様子を見て大丈夫と思ったら、幸多もやって来ます。

階段の柵を開けると、エルはさっさと下に降りるけど、幸多は1度も降りたことはありません。
でも一人残されると、ず~っと大声でニャーニャー大騒ぎ。

ところが最近幸多だけしか出来ない技を身につけました!
隣の部屋の息子のベッドの中に入り込むこと。


ベッドの中qfqobsKSMyddiZz1434079531_1434079934


エルはベッドカバーの隙間から入ることが出来なくて、いつもベッドの上。
これが幸多は妙に嬉しいらしく、何かとベッドの中に入り込んでます♪
「エルには出来ないだろ~」と優越感に浸ってるのがわかります 。

この2匹、仲が良いのか悪いのか?
でも2匹だからこそ経験出来ることもいっぱいあるのでしょうね。


   
↓もう一つ記事をアップしてます。

ホタルと原発問題

リックと田んぼの中の用水路脇を散歩しながら、ずっと気になっていたことがあります。
この用水路には、カワニナという細い巻貝がたくさんいます。


用水路の貝062 
カワニナ066 


カワニナと言えば、ホタルの幼虫のエサです。
こんなにたくさんのカワニナがいるってことは、ホタルもいるかも??

ホタルがいるなら今の時期。
そんなことを考えながら、用水路から田んぼに水を引き込むU字溝を見てたら・・・


 ゲンジボタル?


ゲンジボタルの幼虫??
型が何種類かあるようで、確信が持てないので、違ってたら教えてください。

ホタルは月明かりのない湿度の多い日にあらわれるのだとか。
用水路のあるところは、こんな家も電灯もない田んぼ道です


今日の散歩611061


真っ暗な獣道を通ってホタルがいるのかどうかここまで確認しに来る勇気がないので、いまだ真実はわかりません

こんなのどかな田舎に見える場所ですが、実は東京湾のコンビナートから直線距離で4㌔ほどしか離れていません。


日曜日に市長・市議の選挙がありました。
今、もっぱら話題になっているのは、お隣千葉市の埋め立て地にある東京電力の敷地に、放射能で汚染され除去した土を保管するという話です。
お隣の市といえど、現地から私の利用する最寄駅まで4㌔しか離れていない場所です。
もちろん、住民は反対してます。

ゴミ処理場にしても、産廃施設にしても、生活になくてはならないもの。
それはわかっていても、いざ自分の居住地にその施設が出来るとなると、どうぞどうぞ~とはなかなか言えません。
ましてや放射能・・・悩ましい限りです。
処理する場所さえ決まらないのに、なぜ原発を再稼働させようとするのでしょう?


カラスってどんな鳥?

小学生の頃、隣に住んでいたおばあちゃんがカラスのヒナを拾って育てました。
ゴミ捨てに行くときも、「かーちゃん、かーちゃん」と呼びながら、おばあちゃんの後を付いて行ってました。
その記憶があるせいか、カラスを恐いとか気味悪いと思ったことはまったくありません。


 嘴細カラスとカモ066
ハシボソガラスとカモ


でも、カラス、嫌われてますよね~。
ゴミをあさるから?
ゴミを放置しなければ問題ないでしょ。

他の小動物を食べてしまうから?
生きていくためだもの、タカやフクロウだって同じでしょ。
それなら餌十分の飼い猫が小動物をいたぶって殺すのはどうかなぁ?

隣家の猫が持って来たメジロのひな
CIMG1562メジロの雛



顔が恐い?
人それぞれ感性の違いなので、どうしようもないけど・・・
一番多い理由はこれかもしれません。



この辺りにはハシフブトガラス(嘴太烏)とハシボソガラス(嘴細烏)の2種類がいます。


yun_5933hasibuto.jpg  電柱の上のはしぼそ047
ハシブトガラス       ハシボソガラス

嘴が太い方がハシブトガラス、細い方がハシボソガラス。
頭から嘴のラインがデコッパチのハシブトと、なだらかなハシボソ。
カァカァ泣くのがハシブト、ガァガァなくのがハシボソ。
見慣れれば、聞き慣れれば、どちらかすぐに見分けがつくようになります。



ネットを見ると、カラスに関するいろんな情報が出てます。
カラスをいじめると、顔を覚えていて仕返しされるって聞くけど・・・
実験で、15人の顔写真のうち1人の写真だけに餌を仕込んで食べさせ、3週間後に再度15人の顔写真を並べたら、ちゃんと前回と同じ写真を選んだのだとか。
えっ、私、覚えていられませんけど

興味を引いたのは、ハシブトガラスの性格は犬的、ハシボソガラスは猫的というもの。
へぇ~、ハシブトカラスの方が愛想がいいのかな?
これはぜひ野生のカラスさんとお友達になりたい!
ってことで、こんな本を借りてきました。


教科書カラスの


カラスの生態、面白い! ますます興味がわいてきました。

カラスは繁殖期だけでなく、ずっと夫婦ペアで暮らしているけど、ごくたま~に離婚する夫婦もいるのだとか


放熱中016


カラスが人を攻撃するのは、子育て期に危険を感じた時で、
後から飛んできて嘴で突つくのではなく、足で蹴るそうです。
だから子育て期に巣の近くに行かなければ、襲われることはまずないそうです。
(あんまりイジワルすると、仕返しされるかもしれないけど)

記憶力がいいから、逆に危険な人間ではないと認定されると、遊び相手になってくれる!かもしれない。
思い込みでカラスは恐いって思ってる人、案外多いかもしれません。
身近なカラス、偏見なしに観察すると、とっても楽しい生き物です♪

「カラスはなんとなく嫌い、怖いと思われている。でも、カラスが面白いと思えれば、日常がなんとなく楽しくなる。嫌いなものが多いより、好きなものが多いほうが人生は楽しい」

インタビューで著者が言ったこの言葉に共感しました。


   
 
↓もう一つ、記事をアップしてます。 


プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2015年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)