幼虫顛末記

(今回も幼虫写真が出てきます)


前回、とってもきれいで不思議な模様の幼虫の写真を載せて、この虫の名前を知りたい!と書いたら・・・

049.jpg



皆さん、気持ち悪くなりながらもいろいろ調べてくださったようで、本当にありがとうございます。
夜、うなされませんでしたか?

おかげさまで、名前がわかりました!
ナシアシブトハバチという大きな蜂の幼虫でした。
この蜂、見かけはスズメバチそっくりだそうですが、刺すことはないそうです。
いや~、もうホントすっきりしました!!

nekobellさんがナシアシブトハバチ?って言ってたけど・・・
画像検索すると、出てくるのは真っ黄色な体の背中に1本の黒い線がある幼虫ばかり。

確かにね~、顔がよく似てるので葉蜂の仲間なんだろうなって思ったけど、色が全然違うので別の種類だと思ってました。
もう幼虫の顔をまじまじと見るのなんて、ホント久しぶり

そしたらその後、ちこさんが幼齢幼虫の写真を見つけてくれて、まさにコレッ!!
この幼虫、成長するにしたがって色や模様が変わるんです。
アゲハチョウの幼虫が小さいうち(幼齢幼虫)は黒いのに、大きくなる(終齢幼虫)と緑になるというアレと同じです。

虫一匹のためにお手数おかけしましたm(__)m

疑問も解けてスッキリした翌日のこと。
ナシアシブトハバチの幼齢幼虫がいたところを見ると・・・
うそでしょ~~~


ナシ足ブトハ蜂053



最初からこの姿だったら、こんなに苦労しなかったのに~~

でも、スゴイことがわかりました!
千葉県では1968年~41年間見られなかったというとても珍しい虫なのだとか。
  
http://www.47news.jp/CI/200905/CI-20090505-00387.html


この幼虫、桜やボケや梨の葉っぱを食べるそうです。
幼虫がいるのは、おかめ桜の木。
その隣には大きな葉っぱの陽光桜があって、すぐ近くには大きなボケもあるのに、おかめ桜から離れてくれません。


葉比較102
葉っぱ比較  左が陽光桜  右がおかめ桜


おかめ桜の木ってただでさえ弱弱しいのに。。。
仕方ない、ここで大きくなって立派な蜂になってください。


そのおかめ桜の木に、小さな黒い実が付いているのを見つけました。


 オカメ桜実021



観賞用の桜の木の実って食べられる?
毒はないので食べても大丈夫だけど、渋みの強い実はタンニンが多いのでやめた方がいいそうです。
小学生の頃食べた校庭の桜の実は、渋かったな~。
味は品種によっていろいろで、美味しいものもあるそうです。


ふふふ・・・これは試してみないと!!
では、おかめ桜の実、試食してみます!

あれ?甘~い ちょっと意外でした。
甘い桜の実は、果実酒やジャムにもできるそうです。

もしかして、甘い実のなる木は葉っぱも甘い?
だからナシアシブトハバチの幼虫は、おかめ桜から離れないのかなぁ。




昨日、カメラを双眼鏡代わりにして、はるか上空を飛ぶ飛行機をのぞいていたら・・・
見慣れない飛行機を発見!


ana60yearasspecial099.jpg


機体に可愛い絵、どこの飛行機??

私は知らなかったのですが、ANA60周年記念機体デザインコンテストの大賞作品だそうです。
   
http://www.ana-pr.jp/2013/02/0225/


こういうのを見つけると、何だかハッピーになりますね


花移り

この田んぼ道をリックと散歩するようになって早9年。


kawaranai039.jpg


ここには〇〇の木があって、5月になったらあそこに◇◇の花が咲いて・・・


 のいばらとリック094
満開の野バラ


時々おもしろい生き物や植物を見つけたりするけれど、たいていは毎年変わらない景色。
今年も香りのよいイボタノキの花の周りには、アオスジアゲハがたくさん集まっていました。


ibotanoki027andchou.jpg


いつも見慣れた景色をぐるりと見渡して、ふと気がつきました。
色が変わったんだ・・・・・
変わったのは緑の濃さだけでなく、花の色。

早春に撮った自然の中に咲く花は、タンポポ・菜の花・ヘビイチゴ・ノゲシ・・・
圧倒的に黄色が多かった。


タンポポがいっぱい008



今、咲いているのは・・・野バラ、ウツギ、ホオノキ、ガマズミ、スイカズラ、ハルジオン、シロツメクサ・・・
白っぽい花ばかり。


朴花014
  がまずみのはな058
ホオ               ガマズミ 
 mankainoutugi041.jpg   nindou072.jpg 
ウツギ            スイカズラ


何気ない景色の中に、その時々の色があります。
「景色」という言葉に「色」が使われているのは、こういうことなのかと勝手に納得。

今咲いている花が終って梅雨に入ったら、景色は何色に変わるのかな?



桜の葉に作り物のようにきれいな色の幼虫がいました。

虫がダメな人はスルーしてください。
049.jpg
↑写真をクリックするとおおきくなります。

何の幼虫なのか知りたいと思い、思いつくあらゆる検索ワードを並べて画像検索すること数十分。
ところが出てくるのは、気持ち悪い毛虫ばかり
ああ~もう毛虫の大群が夢に出てきてしまいそうな気がしたので止めました。
どなたかこの虫が何なのか知りませんか~?

翌朝、夫から「昨日は寝言でうなってた」と言われました。
全然覚えてないけど・・・やっぱり毛虫の悪夢をみてたのかも

 
  ↓もう一つアップしてます。

くだものいろいろ

きれいな花が咲くと嬉しい
そのうえ美味しい実が付くと、もっと嬉しい

暖地サクランボに美味しそうな実がなりました。


暖地桜桃実081 


山形で栽培されている佐藤錦やナポレオンとは系統が違うそうで、1本でも実がなります。
ソメイヨシノよりも1週間ほど早く開花して、1本植えでも実がなってるのは、たいてい暖地サクランボです。
(最近は品種改良が進んで、1本で結実する品種も増えましたが)

暖地さくらんぼ開花038


でもサクランボ農家の方が、暖地サクランボはサクランボのじゃない!不味いと言ってました。
ええっ、そうなの?私は美味しいと思うんだけど・・・
だって、サクランボってめったに食べたことないので、違いがわかりません
考えようによっては、我が家の暖地サクランボは美味しい♪と思って食べている方が、幸せかもしれませんね

写真を撮った翌朝、さぁ食べようと思ったら・・・
ない!ないない!ひとつもない!
鳥さんは、いちばん美味しい時を知っていて、日の出とともにやって来る



何年か前、友達の庭に勝手に生えてきたというクサイチゴをもらってきました


kusaitigonomi.jpg


花は可愛いし、実も酸味がなくて甘い


くさいちご043


ところが地下茎と種で恐ろしいほど増えます。
ミントよりすざまし勢いで広がって、毎年抜いても抜いてもどこかしら出てきて、あっという間に大きくなってます。
しかもトゲがあるので、素手で抜けない困り者。
クサイチゴ、地植えするのは要注意です



3年前、爪楊枝ほどの小さな細いサルナシの苗を買いました。
去年までとっても弱弱しくしてたのに、なぜか今年になっていきなり大暴れ。
ただ今、母の作業小屋に侵入中です。


小屋侵入005


今年初めて花も咲いて、ものすごい数の実もなってます。


さるなしのみ007


マタタビの仲間ですが、猫はまったくやって来ません。
実はキウイと同じ味がするそうです、食べたことある方いますか~?



ここは暖地なのでリンゴ栽培に向きませんが、ミニリンゴのアルプス乙女なら育てられます。


アルプス乙女の開花016
八重桜の頃に咲いてました


鉢植えなので、実がなっても3個くらい。


アルプスおとめ未熟果004


秋には小さいながらも真っ赤になって食べられます。



先日、親類が亡くなり、香典返しにカタログギフトが送られてきました。
せっかくなので自分ではお金を出しては買わないものを選ぼうと思いました。

いろいろ迷って決めたのはコレ


リンゴの木オーナー051
長野県安曇野市のリンゴの木のオーナー権


リンゴ園に収穫に行けば、シナノスィートを最低でも130個収穫できます。
(行かなければ80個送ってくれます)
秋が楽しみ~~


在来種・外来種

いつも夫とリックがやって来る散歩コースの池です。
50cm以上あるコイがあちこち跳びはねています。


池の周り037 


夏になると、池の中に倒れている木の上にカメがよく甲羅干しをしているのを見かけました。
たまにヘビが、ひなたぼっこしてたり(-_-;)


さてさて今日はどうかな?

大きなアカミミガメ女子
  日向ぼっこ中の赤耳ガメ030


黒化したクサガメ男子
甲羅干しのくさガメ 



続いて、いつもの田んぼ道でリックが遭遇したのは・・・


リックとくさガメ022
10cmほどのクサガメの子供

さらに用水路には・・・


小亀013
クサガメの赤ちゃん

可愛い~~♡
くさガメの子供014
絶対大きくなるんだよ~



さてさて、うちのカメさんたち、みんな元気にしてます。
無事に冬眠から覚めたアカミミガメ女子のおかめちゃんも、餌をもりもり食べるようになりひと安心。


025.jpg
身体の割に小顔の美人です


先日、生物多様性地域戦略協議会の市民委員の募集がありました。
これに選ばれると、市の戦略会議に出ることが出来ます。
環境問題にはとても興味があるので、ぜひ応募してみたいと思いました。
生物多様性の保全に関する作文と面接によって、3名ほど選ばれます。

生物多様性ねぇ・・・・・

このあたりでは日本固有種であるイシガメはもう何年も見ていません。

イシガメ
800px-Mauremys_japonica_faseいしがめ
(wikipediaよりお借りしました)


よく見かけるクサガメは、江戸時代に中国や朝鮮半島から持ち込まれたものだと言われています。
だからクサガメは外来種。

雑草の9割は外来種だというし、米や多くの野菜や樹木、ダンゴムシやミジンコやスズメなどのごく身近な生き物も外来種だとか。
日本の生態系には非常に多くの外来種が組み込まれているので、外来種が悪いわけではありません。

問題となっているのは侵略的外来種で、爆発的に増えて在来の生物の数を減らしたり置き換わったりしてしまう生き物たちです。

かめ吉やおかめちゃんのようなアカミミガメは、侵略的外来種に指定されてます。
でもアカミミガメだって、本来の生息地にいれば、ごく普通に生活してるわけです。
散歩コースの池に住んでるコイだって、アメリカでは侵略的外来種なのだとか。

そこにやって来て増えちゃったのは、彼らの責任ではないのです。
でも、その地の多様な生物環境を守るために、侵略的外来種がいては困るのも事実です。
そのことを考えると、いつもジレンマに陥ってしまいます。
結局、考えがまとまらず、作文を書くことが出来ませんでした。

多様な生物環境を守るためにやるべきことは、人間が何もしないことなのかもしれません。    

      
    
もう一つ記事を書きました。

花盛り

先月、直射光で萎えてしまった野菜苗ですが・・・

熱傷010


あれから1ヶ月経って、トマトは復活しました

トマト苗074


生命力の強さに感謝です!

ナスやピーマンはなかなか成長しないけど、引き続き育てていくことにします。

なすぴーまん072 

いろいろご心配いただき、ありがとうございました

その他にも、今年はいろいろな固定品種のタネを取り寄せてみました。
外国産の珍しい品種も試しに撒いてみました。
この中から育てやすくて味の良い品種を選んで、自家採取していこうと思ってます。
さぁて何が残るのかな~?


4月5月はどこも花盛りです。

毎年恒例のモッコウバラとリック

TTx_zzElemUp9zT1431264457_1431264582木香薔薇とリック
全てのバラに先駆けて咲きます


2番目に咲いたのは、一重咲き大輪のバラ・デンティべス

デンティベス089


 
結婚15周年の時に、京成バラ園でひと目ぼれして買った鮮やかピンクのバラ・うらら

うらら0404021
四季咲き大輪で病気に強いおススメ品種
毎年、春から初冬まで、とにかくたくさん咲いてくれます。


こちらはバラ・テディベア

テディベア049


普通は八重咲きなのに、1鉢だけ突然変異なのかとっても珍しい花の咲き方をしていたので購入。
咲き始めは茶色で、日ごとにピンクに変わっていきます。


oobeniutugi095.jpg oodemari002.jpg
オオベニウツギ             オオデマリ

芍薬004 牡丹はいぬーん011 
シャクヤク                             ボタン

w水連003 ガザニァ2種087
睡蓮              ガザニア


今日は母の日ということで、夫からいただきました、5000円
自分で気に入った花を買って来いと。
まぁ無理もないです、夫は家にどんな花があるのかなんてわかってないから。
これが一番合理的?
母の日が終って花屋さんも少し余裕ができるので、元店長の花屋に行って物色してきます

変遷

のんびりとキャットウォークの上で寝ているエル。


キャットウォークで寝るエル044 


んんん? なんか違う、いつもと違う?


ごく普通の部屋046


気がつきましたか?
そうなんです、またまた壁紙貼り換えました。
ほんの少し前までこんな感じ


キャットぅオーク上の幸多とエル031  


なぜ貼り換えた?その理由は・・・


以前、私たち夫婦の部屋は1階にありました。

猫がエルだけで1階にいた頃
catwalkele1838.jpg
ヒノキの壁


2年前、幸多を保護したことによって、2階暮らしが始まりました。
2階の南東の部屋は陽当たり抜群だけど、ザ・昭和の部屋。

息子が使っていた頃
017子供部屋
茶色い合板の壁


何とかしたくて、壁紙貼ったのが2年前。


部屋の猫たち052
夫の希望で木目調の壁紙


これがクッションフロアを薄くしたような感じで、壁紙としては少し厚めで、板目模様にそって凹凸もちゃんとありました。
ところが猫さま達、この数か月の間にあることに気付いたようで・・・
こうなりました


ボロボロ001
爪とがれた~002
この壁紙で爪とぎすると気持ちいい


部屋の中で猫たちの写真を撮ろうにも、この貧相な壁が~~
前回壁紙を貼る時に、合板の壁の隙間にしっかりパテを塗り込んだので、元の合板に戻すこともできない。
もういっそのこと、珪藻土でも塗っちゃおうかと思ったけれど、万が一オシッコでもされたらたいへん!
ということで、やっぱりいつでも気軽に換えられる壁紙にしました。

今回はどんな模様の壁紙にしようかな~なんて迷いません
とにかく爪とぎしない壁紙、条件はそれだけです。
探すとあるんですね~、猫の爪とぎに負けない壁紙が!!
同じ悩みを持っている方も多いようです。

今回貼ったのはリリカラのスーパー強化+汚れ防止壁紙。
(参考までに楽天の某店で税別で、のり付き1m550円でした)
見た目はごく普通の壁紙、触った感じもごく普通。
ところが通常の壁紙よりも表面が50倍強化されているとか。
柄合わせがない分、前回より簡単に貼れました。

壁紙を張り替えて数日たちました。
爪とぎスポットになっていたキャットウォークの上の部分、エルが爪とぎしようとしてましたが、
爪が立たなかったようで止めてました。

今のところ無傷
siroikabe002.jpg


このままどれくらいの期間、きれいな状態を保てるか、要観察です。
っていうか、ちゃんと爪とぎ使ってちょうだいよ~~


隣に私が物作り専用に使っている小さい部屋があるのですが、そこにコレ使うのか~!って言うような壁紙を試しに貼ってみるのもおもしろいかなと思ってます。
花柄? 動物柄? 大胆な縞模様? 何にしましょう?
皆さんも気分転換にいかがですか~?

  
   ※もうひとつ、記事をアップしました

おいしいイチゴ

庭のプランターのイチゴが赤くなりました。


プランターのとちおとめ061


畑のイチゴもたくさん実をつけはじめました。
露地栽培のイチゴはこれからが旬です。
真っ赤になったイチゴを一粒食べてみると・・・・・う~ん、甘酸っぱい



仕事柄、イチゴを食べる機会がたくさんあります。
ハウスで栽培されているイチゴは4種類。
この4種類に限定すれば、見ただけで、あるいは食べただけで種類がわかります。
 わが家のイチゴはどれも職場で余って処分するものをもらって植えたものです。
(↑どこの職場でも処分品をもらって植えてます
でもどうしてもハウスイチゴのような甘さになりません。
なんでだろう??

ハウスイチゴは美味しくないと思っている方が多いようで、非常に残念です。
でもしかたありません。
スーパーなどに並んでいるイチゴは、未熟なイチゴが輸送途中で赤くなったものです。
イチゴは特に日持ちしないので、出荷用には真っ赤なイチゴをパック詰めするわけにはいきません。
イチゴ本来の甘さがないのは当然です。
(農協・お店・消費者の目が厳しく、パック詰めする時点で非常に気を使って、少しでも痛みのあるものは除外しています、防腐剤は使ってません)


イチゴ狩りに来た方には、全体が濃い赤色になったものを食べてくださいね~と伝えます。
みなさん、イチゴの甘さにびっくりします。


イチゴは多年草なので、植えっ放しにしても毎年実はなります。
でもそれでは大きさも収穫量も減ります。


鉢植えいちご030


大きくておいしいイチゴを作るためには、毎年新しい株を植え直します。
現在ハウス内では収穫と同時に、来年用の株を育ててます。

今収穫している株から出るランナー(子株)の中から勢いのあるものを選び、それを大きく育て親株にします。
さらにその親株から出た子株が、次年度収穫用の株として植えつけられます。
そのように2段階の手間をかけることによって、親の病気が移らないようにします。
不要なランナー切って、下葉を取って、一枝にできる実の数を調整して、ミツバチ飼って、汁液を吸う草食ダニが出たらダニを食べる肉食のダニを放ち・・・・・


_smwAEwmqRlyXnB1430457529_1430457610章姫


いつも仕事でやっていても、自分の畑ではこんな手間ひま掛けられません。
私の家のイチゴがハウス栽培のイチゴほどのおいしくならないのは当然のことです。

でもね、思うんです、もし同じ手間をかけたなら、やっぱりハウスじゃなくて太陽と風と雨の当たる自然の環境の中で育てる方が美味しいに決まってる、と。
どこかにイチゴ農家が手間暇かけて育てた自然栽培のイチゴ、ないかな?
もしあったとしても、1パック5000円くらいはするだろうけど
はい、やっぱりいつか十分な時間ができたら、自分でやるしかないですね。

なにはともあれ、百聞は一見にしかず!!
ゴールデンウィークにはイチゴ狩りはいかがですか~?
完熟イチゴをたべてください、と~ってもおいしいですよ。

プロフィール

woojyan

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2015年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)