お祝い♪

今日は27回目の結婚記念日です。
夫婦2人だけで、近くの和食レストランに行って、晩ご飯をいただいてきました。
ハイ、夫は今年もやっぱり言ってました。
「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び・・・」
このセリフ、結婚記念日の度に、もう何度聞いたことか
ええ私、否定しませんから(笑)


1年前の今日は娘夫婦が結婚式を挙げた日。
あれからもう1年です、あっという間ですね。


そして4日前はお誕生日です。


誰の誕生日??
あれんじKIIYIglCfdGaLzW1411486896_1411486922


0回目のお誕生日です


Nlbl_cbZ0hPCM8T1411470968_1411471066babypapa.png
生後90分


初孫(女の子)が生まれました

生まれたての赤ちゃん、約20年ぶりに抱っこしました。
ふにゃふにゃプニプニしたあの感触、もうたまりませんね~。

で、この私がおばあちゃんですか~
そんなぁ、まだおばあちゃんって感じじゃないでしょ
・・・と自分では思ってるけど、世間的にはそんなことないらしい


退院後は実家に帰るのではなく、私が娘の家に通います。
娘夫婦、何と2人してまさかの猫アレルギー発覚!!
猫たちは2階にいるけど、やっぱり長時間家にいるとダメらしい。
うちから娘のところまで車で30分くらい。
婿殿は消防勤務なので、1日おきに家にいるのも心強い。
あっ、それから出来るだけ早いうちに、子供の猫アレルギー検査をするように言っときました。


そんなこんなで忙しくなってます。
もともと週1更新のブログですが、もっと間があいたらごめんなさい



犬と猫と・・・そしてまたヤモリ

私たち夫婦から思いっきり甘やかされて育ったエルと、野良猫でエイズキャリアだった幸多。
同居させてよいのかと、さんざん迷って迷って迷って・・・

覚悟を決めて同居させ始めてから1年。
相変わらずべったりくっ付いたりはしないけど、問題なく暮らしてます。

そんなエルと幸多におもちゃ投入~


きゃっちみー033 



ケンカせずに順番を待ちながら遊んでます。
が~、時間がたつうちに、幸多が俄然はりきり出す 
そして結局こんなことになります


if you can046 



こちらのおもちゃでは・・・


tukamaeta066.jpg 


そして、やっぱりこうなります


bunbun073.jpg



わが家の男子、犬も猫もカメもそして人間も、例外なく暴れるヤツらばかり
まぁ、それはそれでおもしろい。
女の子は気は強いけど、大人なのよね~。





前回、我が家にやって来るヤモリさんの生態について少し書きましたが・・・

晩ご飯の支度をしながらふと窓を見ると、いつものようにヤモリさんがお食事中~
んん なんか増えてるよ!  ここはバリ島か?!


二匹のヤモリ027



もう長いお付き合いなので、勝手に命名~
向かって左側の女の子が「やもりん」  男の子が「やもる」
相変わらずセンス ナッシングな名前ですが、覚えやすいからいいの!

ところで、どうしてオス・メスわかるかって?
普通に上から見るとわからないと思うけど・・・
裏側から見るとわかるのよ~~

写真をクリックすると大きくなります
ヤモリ♀  やもり♂025
左・メス               右 オス


これ以上説明しなくてもOKですよね?(笑)
こんど皆さんのおうちの窓にくっ付いてるヤモリを見かけたら観察してください。





散歩道の用水路脇に、彼岸花が咲いていました。


リックと彼岸花014 
見返り美男???


日本ではお墓のイメージがあるためか、あまり好まれないようですが、よく見るとほんとに複雑な形をした美しい花です。
海外ではたいへん人気があるそうです。

秋のいろいろ

紹介が遅くなりましたが・・・今年も夏から来てました、この子



やもり14030 



爬虫類の嫌いな人はダメかもしれないけど、この体型可愛いでしょ♡
窓に集まってくる小さな虫を一生懸命食べてます。

台所の窓に来るようになってから、4年くらいになるのかな?
ヤモリって結構長生きで20年くらい生きるのもいるんだそうです。
だとすると、毎年ず~っとおんなじヤモリがやって来てるのかもしれないってことです。

よく間違えられるイモリ(イモリは両生類です)はさらに長生きで、何と30年以上!!
こんな小さくても犬や猫より長生きだなんて、不思議~

ヤモリは家を守り、イモリは井戸を守るって言われてますよね。
どうか我が家の平安を守ってください、ヤモリ様~




仕事で先日、生まれて初めて稲刈りと言うものを経験しました!


inekarimae015.jpg 
稲刈り直前~



といっても田んぼのほとんどはコンバインで刈ります。
私がやったのは、コンバインが入って方向転換出来るように、田んぼの四隅の稲を鎌で刈り取ること。
それから、刈り取った後にワラの家?のようなものもたくさん作りました。
なかなか楽しかった~

・・・なんてお気楽な私がバカだった

後日、農協の作業所に預けて玄米にした米を引取りに行きました。
その日の引取りは30㌔入りの袋が130個。
半分はフォークリフトでトラックに載せてくれたけど、残りの半分はワゴン車に自分たちで積み込んでください、と。
女性4人で積み込めだとぉ?!

見た人はわかると思いますが、私、そんなの運べるような体格ではありません

で、当然2人一組で運ぶもんだと思っていたら、私より小さい人がヨイショって米袋抱えて運んだ!!
え~っ、うそでしょっ!って思ったら、みんな当然のように1人で運んでる!!

私だけ見ているわけにもいかないので、意を決して・・・
人間、ヤル気になれば何でもできるもんだ!

で、積んだからには当然おろさなきゃならないわけで・・・
そのまま経営者の家の蔵に行って、130袋運び入れました、今度は全部手作業で。

その晩、お風呂に入った後、塗るタイプの湿布薬を体中に染み込ませながら・・・
来年の稲刈りまでに絶対に辞めてやる~~~と心で叫びましたとさ。

あっ、翌日は腕が少し痛いくらいで、思ったより元気でした。
ご心配なく。





残暑がなく、いきなり秋本番に突入したみたいです。
植物の葉や花の色がぐんと鮮やかになりました。


ジニァ065 コリウス023

ランタナ071 アンスリウム068



リックがせっせと掘っていた穴も、夫が埋めて平らにしてました。
穴で涼をとる姿も今年はもう終わりです。


埋まる



食欲の秋・読書の秋

ここ数日、他のブログに行ってコメントも残せるのに、自分のブログの管理画面に入れなかったり、せっかく書いた記事を保存できなかったり(-"-)
どうした?FC2さん!!


いきなり秋になったようですね。
秋といえば・・・・・


先日、息子②が釣りに行って、こんなの釣ってきました。


釣果028


大きくてグロテスクなのがマゴチ。
口がでっかくて、そりゃもう可愛くない顔してます。
が~、刺身にすると、とっても美味しいとか。
ワタクシ、はっきり言って魚をさばくのがヘタクソです。
久々に出刃包丁を出したら、さびてた・・・

普通の魚と形が違うので、どうやればいいんでしょ?!
まずはマゴチのさばき方をしっかり動画で見てお勉強。
いざ始めてみるものの、ヌルヌルするわ、骨が硬すぎて切れないわで、もうたいへん。
やっぱりね~、道具がちゃんとそろってないとね~、なんて包丁のせいにしたり。
大騒ぎの末、なんとか刺身らしきものが出来上がり~


まごちさしみ029


もう、よくわからない魚は釣って来ないで~
あっ、でも味は美味しかったです


それからタコも持ち帰ってきました。
これも刺身にしようと思って、ぬめりを取るために塩をまぶしたら・・・
タコの表皮がいきなりいろんな色にザラザラと変化して、もだえ苦しんでいるように見えました。

何だかそれを見てゾゾ~ッと鳥肌が立ちました。
もう死んでいると思っていたのに、まだ生きていたんだ。
ああ、生き物を食べるって言うのは、こういうことなんだ。
今まで生きていたものを殺すんだって痛切に感じてしまいました。

私も家族も、肉だって魚だって卵だって食べます。
だけどもし、食べたいなら自分で絞めて調理するように言われたら、肉は食べられなくなるでしょう。
肉でも魚でも調理できる状態でしか買わないから、普段は全然意識しないけれど。
命をいただいていること、もっとちゃんと意識して食べなければと思った出来事でした。





息子①からうちに来ると連絡があったので、
「何かお母さんが読んで面白そうな本持って来て~」
と頼んでおきました。
この「お母さんが」と言うところを外すと、例のごとく、わけわからん哲学書とかが来ます
(↑まさかの哲学専攻)
今回は、読んでちゃんと意味が分かる本が来ました(笑)


ダヴィンチ幸多077


「ダ・ヴィンチ・コード」 数年前に映画化されて、酷評されたそうですが・・・
私は見てません。
 
本はとっても面白かったです。


ダヴィンチエル084


へぇ~とか、ほぉ~とか、うそぉ!とか思いつつ、一気に読めました。
キリスト教の知識があれば、いっそう興味深く読めると思います。

で、本を撮ろうと思ったら、猫さまたちが次々に現れて参加してくれました。
ホントは、本の紹介じゃなくて、猫の写真が載せたかっただけ?
なんてツッコまないでくださいね~。

最近(だけじゃないけど)どうも頭の反応が鈍い
ちゃんと本でも読まないと、ますますボケてしまいそう。
ということで、画面右側に本棚を設置しました。
おススメの本、大募集中です。
記事と関係なくても、コメントに入れていただけると嬉しいです


プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2014年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)