プレゼントはやっぱり〇〇〇!

12月27日はイチローの19回目の誕生日

ということで、長くこのブログを読んでいる方はピン!と来るかもしれませんが、誕生日プレゼントは毎年恒例のコレ

 有田CA3F0330ss
有田みかん!


Sサイズこだわり男のために、今回は特別にSSサイズを毎週1箱ずつ3週連続で贈呈
ビタミンCをたっぷりとって、風邪ひかないようにしなくちゃね。
なんたって来月はセンター試験だから。
1年経つのが早い。。。

誰に聞いても、この時期の浪人生はイライラピリピリの極限状態。
腫れものにさわるように接する・・・
ハズなんだけど、なぜかイチロー、最近やけに明るい。
これでいいのか、本当に?!

そうよ、来春こそは改名してもらわなきゃ!
ま、まさかジロー(二浪)とかタロー(多浪)とかは絶対ナシだからネ





私の勤め先、ボーナスがありません。
個人経営のお店だし、パートだから仕方がない。
お金は出ないけど、おととい社長からスタッフ全員にプレゼントがありました。 


 
CA3F0331有田みかん2L
有田みかん(笑)

LLサイズなので、私が食べます!


それからお店の中にある洋蘭の好きなのを持って帰っていいと言われて、コチラをいただきました。

049ファンタスティックガールリンダ  りんだ052
シンビジューム  ファンタスティックガール・リンダ
 

大型種のシンビジュームです。
またまた大鉢増えちゃった~。
こういう職場環境にいるんだから、しょうがないよねへへへ

もう年末年始のお休みに入った人が多いじゃないでしょうか?
ええ、ええ、私、大みそかまで休みなしで全力で仕事です!
「仕事だから」という大義名分で大掃除もおせちも放棄。
イチローも元旦から模擬試験だっていうし・・・まぁいっか。



********************************************




今月、雅子様がお誕生日に発表されたコメントがとても心に残りました。

生まれてからこれまでの歩みを振り返り、もう半世紀も生きてきたのかと思うと不思議な感慨に包まれます。これまでの人生で交流を持つことのできた多くの方々のことを思い起こしながら、これ まで私を育み支えていただいた多くの方々のお陰で今日の私があることを思い、感謝の気持ちでいっぱいでございます。

雅子様と同い年です。
私の気持ちをそのまま表してくださっているようです。
ブログを通して、見知らぬ多くの人とお話しできたことをとても嬉しく思います。
そして、気遣いや励ましの言葉をいただいたこと、心より感謝致します 

皆様、どうぞよい年末年始をお過ごしください。



家の中がジャングル!!

クリスマス・イブですね

今年も性懲りもなく、エルにクリスマスのコスプレさせようと、100均で可愛い帽子を買ってきました。
そして今年もエルに激しく拒否されました
(おまけに幸多も拒否)

そして今年も猫の尻拭いをさせられた犬

 81YTLngpnZgU9Ak1387878773_1387880473merry christmas
 3年連続の変なおじさん


こういう時に、やっぱり犬は役に立つのよね~。
えっ、他にもっと役に立つことがあるでしょうって?
あったかなぁ(笑)




花が好き♡といっても、好みはいろいろ。
ガーデニングブログを見ていて、なんたって多いのがバラと多肉植物。

アマゾンに憧れつづけた私が一番好きなのは、やっぱりというか当然と言うか熱帯植物。
それもちょっと変わったモノならなお嬉し
個性的と言えば聞こえがいいけど、実にマイノリティーで仲間が少ないの~



春~秋にかけて、2階の部屋は広い。

部屋の猫たち052 
エル、二足歩行中


あるのは水槽ラックと低い収納棚とパソコン用の小さな文机。
植物は1鉢として置いてない。
夜になると、ここに布団を敷いて寝ている。


ところが冬になると状況は一変。
夫いわく「ここは植物園じゃないんだ!」
などととりあえず言ってみるものの、言っても無駄だということは二十数年の生活で十分わかっている。
「部屋の中にいながらにして森林浴できるんなんていいじゃな~い♪」と聞く耳持たぬ妻。
で、部屋がいったいどうなってるのかというと・・・



こうなってます

上の写真と同じ角度から
ジャングルルーム129


南側の窓にもい~っぱい
南側130


どうせカーテンはないのだから、とカーテン代わりに植物を置く。
  (元家庭内暴力猫のカーテン破壊記事はコチラ



棚の上がところどころ空いてるのは、猫様たちが上り下りするため。


この部屋だけで大小合わせて70鉢以上。
もちろん他の部屋にもいっぱいあるわけでして。。。

こんなにあったら、どこに何があるのかわからない・・・
なんてことは断じてありませんよ~。

一番大きいのが種から26年間育ててきたストレリチア。
葉っぱが広がらないようにヒモで縛ってあるけど、はずしたら窓2枚分のスペースになる。
根っこが絡んで、株分けすることさえできない。
 (ストレリチアの植え替えの様子はコチラ

あまりの大きさに、廊下を通るのもやっと。どうしよ
だけど思い入れが強いので、枯らすわけにはいかない。
  <遺言>お母さんにもしものことがあったら、このストレりチア、娘に託します。
         よろしくね~。



この中の半分くらいがお店の処分品のお持ち帰り。
だってね、売り物としては×でも、世話すればよみがえるんだから。
そういうものは、ちゃんと恩を倍返ししてくれる。
葉っぱがボロボロの三尺バナナ、来年は実を付けてくれるかな?

たくさん植物を育てていると、犬猫にとって有害といわれるものもある。
 (参照 猫にとって危険な植物

猫にとって死と直結するユリは、どんな場合も決して家に持ち込まない。
かなり危険度の高いツツジ科やトウダイグサ科などはは2階に置かない。
エルがイタズラするアレカヤシやパボニアも2階に置かない。

この部屋にあるアンスリウムやスパティフィラムなどのサトイモ科の植物も、食べてはいけない植物リストに入っている。
でもエルも幸多もまったく口にしないので置いてある。

少しでも危険の可能性があるならば、いっさい植物を置かないと言う人もいる。
考えはいろいろだから、あくまで自己責任。
ただ、危険な植物があることさえ知らず、そのままにしているのは怖い。
草を食べるのが大好きな猫やイタズラ子猫がいる場合は、もちろんやめた方がいい。


大きな鉢の間を猫が通れるくらいあけて置いたら、幸多が大喜びで、あっちこっち行ったり来たりして遊んでいる。

トラが出た~001 
トラが出た~!!


草木にかくれていた野良生活を思い出してるのかな?

ほんとはね、鉢をオシャレにリメイクしたいところだけど、今は時間と心の余裕がない。
いつか仕事をやめたら、一気にオシャレに~
といきたいところだけど、植えてるものがバナナとかキングプロテアとか食虫植物とかじゃねぇ

マイノリティーな私の好みと同じ人、大募集中で~す!




いろんな木の実

朝は忙しくて、ギリギリの時間になってバタバタと家を出る。
玄関まで行って、あっ、携帯忘れた!と2階に駆け上がる。
部屋に入ると、うう~っ、部屋中にカメムシの匂いが充満してる。。。
出掛けたと思っていた私が戻ってきたので、幸多がすり寄って来た。
エルは・・・あれっ?隅っこの方でしょぼぼ~んとしてる、おかしいぞ~。

エルの手を取って臭ってみたら、強烈なカメムシの臭い
大急ぎでペット用のウェットティッシュで手をゴシゴシ拭いて、仕事に向かった。
エルの手は拭いたけど、私の手を拭いてなかった
車じゅうがカメムシの臭い、あぁもう勘弁してよ~。
犬猫がいると、きっと同じ経験している人がたくさんいますよね?!


さてさて今日は仕事が休みだったので、リックとゆ~っくり山の中を散歩してきました。

yokogao107.jpg
横顔もカッコイイぞ~


それでまたまた、山にある草木の実を探してみました。
本日我が家周辺で見られたものだけです。
さぁて、名前がいくつわかりますか?
答えは一番最後にあります。
 (写真をクリックして大きくして見てくださいネ)

~初級編~
           ①                 ②
Aucuba japonica118  Kadsura japonica087 

           ③                 ④
Dioscorea japonica130  Ardisia japonica
 

~中級編~
          ⑤                  ⑥
CIMG3534_edited-1haykuryou.jpg  Rhynchosia volubilis124

                                     ⑦                  ⑧
 Pollia japonica127   Hedera rhombea098


~上級編~
           ⑨                 ⑩
Deutzia crenata092  Arisaema urashima




明日は東京地方でも雪が降るかもしれないとか。
この辺りはどうかなぁ?
寒さに弱い植物を家の中に入れたら、そりゃもうすんごいことになってしまいました
次回、おうちジャングルの現状をついに公開します


(答え)
①アオキ
②サネカズラ(ビナンカズラ)
③山芋
④ヤブコウジ
⑤カラタチバナ
⑥タンキリマメ
⑦ヤブミョウガ
⑧木ヅタ
⑨ウツギ
⑩ウラシマソウ

疑惑のツーショット

寒くなって、コタツのかわり買ったのが、小さな電気あんか。
だってね、電気代がナント1時間0.1円! 0.1円ですよ~!
私がいつもパソコンをするときに使っている小さな文机の下にあんかを置いて、直接触れないように上に毛布を掛けておく。
新しいものに最初に挑戦するのは、いつでもエル姐。
幸多は意外と慎重派で、エルが使っているのを見て、自分も試してみる。
どうやらあんかは猫様たちが気に入ったようで、いつもどちらかが寝ている。
我が家の猫たちは、早い者勝ちルールなので、先に取られたら諦める。
ケンカはしないけど、くっついて寝ることもナシ。
あんかだって、一緒に使えばあったかいのに。

それが、ついに奇跡のツーショット

ツーショット022


いつもの状況から判断して、寝ているエルのところに幸多が押し込んできたに違いない。
エルはいつも幸多を入れてあげないのに、今回はちゃんと一緒にできたのね。
お母さん、嬉しいよ~

・・・と喜んだのはつかの間。
夜から、なぜかエルが思いっきり下痢しました。
翌朝、病院に行って、夕方くらいにはすっかり元気になったけど。

もしかして、あの時お腹が痛くて幸多を追い払う気力がなかったとか?
ちょっと疑惑のツーショット写真です。






本を読みたい~
ってことで、長男おススメのサルトル著「嘔吐」を読んでみました。
511lbOgMNkL__SS500_サルトル・嘔吐  
と言っても、頑張って頑張って50ページまで。
3行であきらめたカントの純粋理性批判に比べたら、ずっと日本語として意味は通じるけど・・・
このストーリーの何がおもしろいんだか、まったくわからない
もうこれ以上無理~。

息子よ、この母にこんな本が読めるはずないことがまだわからないのか
 
    (難解な本も大丈夫!という方は挑戦してください!!)

お別れ

鉢植えの小さなミカンの木に、3つだけ実がなった。

 
mikan haruka412 


このミカンを見るたびに、pukkupukuちゃんを思い出す。
亡くなってから、もう半年経ったんだ・・・


komomo姉さんから「飲み物は飲めなくなったけど、果物は食べられる」と聞いていたので、
お見舞いに行く前に、大型スーパーに寄って果物を買った。

アメリカンチェリーと季節外れのスイカとミカン。
初めて目にした「はるか」という品種のミカンは、皮がレモンのような色でユズのように表面がザラザラしていて、いかにも酸っぱそうだった。
でも、そこにあったポップに「見た目は酸っぱそうだけど、とっても甘い!」と書いてあった。
ほんとかな~? でも珍しいから買ってみよう!

pukkupukuちゃんのところに行って、持ってきた果物を見せたら、この酸っぱそうなミカンを食べたい!!と言う。
収穫してから日が経っていたのかパサついていたけど、デコポンのような甘さ♪
もうほとんど何も食べることができなかったpukkupukuちゃんが
「こんなに食べたら気持ち悪くなるかもしれないけど、食べちゃう~♪」
と言いながら嬉しそうに「はるか」を1個半を食べた。

それがpukkupukuちゃんに会った最後。
 
pukkupukuちゃんが亡くなったと聞いた数日後、買い物に行ったホームセンターで「はるか」の苗木を見つけ、思わず購入した。

あの時食べた「はるか」よりも大きくてみずみずしい。
pukkupukuちゃんに食べさせてあげたかったな。




11月30日の朝、ぴ~ちゃんがお☆さまになりました。
 
m2WQPVaNHZSDZ7z1385961479_1385961512ぴ~ちゃん



推定7歳半、たぶん病気などではなく、寿命だったと思う。
寿命なら仕方ないとも思うけど、やはり後悔はたくさん残る。
ぴ~ちゃんがうちに来た時、私は仕事をしていなかったし、猫もいなかった。
猫が来て、仕事を始めて、どんどんぴ~ちゃんと遊ぶ時間が少なくなって 淋しい思いをさせた。

ぴ~ちゃんは仕事に行く途中の大工さんの肩に飛んできたのだと言う。
大工さんはそのままぴ~ちゃんを連れて仕事先の家に行き、そこの奥さんに飼ってくれるよう頼んだそうだ。
そこで1週間ほど飼われていたけど、思った以上に羽が飛び散るということでやっぱり飼えない!ということになり、新しい飼い主をさがして、いろんな人に声をかけた。
その一人がうちの母の知り合いだった。
それで結局ぴ~ちゃんはうちの子になった。
 
PA0_0011.jpg
うちに来たばかりの頃


ぴ~ちゃんは最初から人慣れしていた。
ヒナのうちから挿し餌をして、可愛がって育てられたに違いない。
うちに来た時、まだかなり若かったと思う。
油断して開けた窓から飛び出してしまったんだろう。
最初の家にそのままいれば、もっと楽しく暮らせたかもしれないと思ってしまう。

メスだったので、あまり長い言葉はしゃべれなかったけど、それでもいくつかおしゃべりできるようになった。
「ぴ~ちゃん」
「ぴ~ちゃんだよ~」
「ぴ~ちゃん、いい子」
「ぴ~ちゃん、可愛い~♡}
カゴの前を誰かが通るたびに、自画自賛の言葉を投げかけてくれた。
外でスズメが鳴いていると、スズメそっくりな声でチュンチュン返事をしていた。
 
tomarigi-pi~tyan
桜の木で作ったぴ~ちゃん専用の止まり木


ここ半月ほど、夜中にグジュグジュひとり言を言い続けていた。
体内時計が狂ってしまったんだろう。
「ぴ~ちゃん、もうそんなに長くはないかもね。」と家族では話していた。

30日の朝、夫がぴ~ちゃんと呼ぶと、ジュジュッと返事をしたそうだ。
その30分ほど後、私が見た時に少し体を膨らませていたので、寒いのだろうと思ってカゴを暖かい台所に移動した。
それからリックに朝ごはんをやって戻ったら、止まり木から落ちて死んでいた。
ほんの10分ほどの間だった。
夫にも私にも挨拶したので、気が済んだのかもしれない。

気が強くて、淋しがり屋で、おしゃべりだったぴ~ちゃん。
ごめんね、ありがとう、大好きだったよ。
 
CA3F0283sayonara.jpg



プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)