心配は尽きないけれど

かまってちゃん幸多が待ち伏せして、何も知らずにやって来たエルの首めがけて跳びかかる
狩られたエルは大人しくされるがまま。


kayowailJzQmpxnReV4zpV1382680897_1382681061.jpg


・・・なんてことは断じてありません!! 


kTCmbENzAPqUUQe1382681123_1382681249kitakita.jpg
箱に隠れて幸多を待ち伏せ中


baigaeshiBxaajSe6ij4OCSS1382681307_1382682037.png



それでも今まで、一番恐れている流血騒ぎになったことはなかった。

先日の夜遅く、エルを撫でていたら、首のところに何やら違和感が。
毛を分けて見ると、小豆大のケガがあり、血がにじんでいた。

幸多がエルを噛んだ!!
血がサ~ッと引いていくような感じがした。
エルがエイズに感染してしまった!!

ネットで調べると、感染の初期であれば、インターフェロンを継続して打てば感染を防ぐことが出来る場合がある、と書かれていた。
かなり金額はかかるだろうけれど、それで感染が防げるかもしれないなら、先生にお願いしよう。
一緒に布団に入って寝ているエルを撫でながら、心の中で何度も謝った。
幸多と一緒にしたのは間違いだった、取り返しのつかないことになってしまった。


翌朝、動物病院に行って診てもらうと
「これは、噛まれた傷じゃないね。皮膚炎だね。」
はぁ~、また私の早とちりだ、よかった~。
幸多、ごめんね、誤解しちゃって。

先生から万が一のことを考えて、幸多の犬歯を削るという方法もあると言われた。
犬歯が尖ってなければ、もし噛んでも怪我させることはない。

幸多は出会った時にはすでに下の牙が2本がなかった。
そしてさらに保護したての頃、暴れまわって上の牙も折ってしまったようで、現在は右上に1本の牙があるだけ。
牙が1本しかないなら、血が出るほど噛めないんじゃないか?と先生は言ってたけど・・・

家に帰ってから、またネットで牙を削ることについて調べてみる。
全身麻酔を使う・・・ああダメだ、腎臓も悪い幸多には、リスクが大きすぎる。
歯を削るという選択はなくなった。

キャリア猫を同居させるために、去勢手術の時に犬歯も削ってもらったという話を聞いたことがある。
健康な歯を削ることには賛否両論ある。
不妊手術と同じように、飼い主がいろいろ考えたうえで決定するしかないと思う。

結局、私はケンカしないように見守るだけ。
でもきっと、猫同士は私が思うよりずっと上手に折り合いを付けて暮らしているんだと思う。


エイズについて調べていたら、ある動物病院の院長のブログに
「エイズ猫は飼うべきではありません」と書いてあった。
そうかもしれない、実際に心配なことが多い。
幸多がキャリアでなかったら、エルにちょっと傷があったくらいで、こんなにあわてることはなかったはず。

でも、好きでエイズになるわけじゃない。
そのまま放っておいて、エイズ猫を増やし、野垂れ死にさせろと言うの?
それともさっさと殺処分しろとでも?
里親募集なんてとんでもない?

私はエイズに対して強い偏見を持つ人に、過剰反応してしまう。
だけど、そういう人に影響されて心がふさがれてしまうなんてつまらない。

病気があってもなくても、障害があってもなくても、全部含めてそれが個性よ~
ニッコリ笑って心からそんなふうに言える、偏見に動じない人になりたいと思う。




母が家から100mほどのところに畑を2面借りて、野菜を作っていた。
でももう面倒になってしまったんだとか。
ということで私が1面分、自由に使ってもいいんですって
1面が30坪くらいかな?結構広い。
娘の結婚式の翌日、いろんな種を蒔き、キャベツと白菜の苗を植えたら・・・

1か月後・・・


のようす6bzOwUBIbQtElvV1382684096_1382684655畑



野菜って草花よりもずっと成長が早いので、見るたびにびっくりするくらい大きくなっている。
仕事から帰ったらもう真っ暗なので、今は休みの日しか畑の様子を見られないのが残念。 
小さくても間引きして食べられるので、楽しい~♪
薬品を使ってないので、虫がいっぱいで穴だらけ。
でもいいの、気にしない気にしない。

せっかくここまで育ったのに、またまた台風接近中。
なぎ倒されなきゃいいけど

小さい秋 見~つけた♪

今朝ニュースを見ていたら、北海道ではもう雪が降ったとか
あっというまに冬になってしまいそう・・・
その前に、秋を楽しまなくちゃっていうことで、小さい秋探しに行ってきました!

今日は、台風一過で晴天です
いつものように、リックと田んぼ道へ散歩に行ってみると
用水路脇には、なんたって秋の定番!
セイタカアワダチソウとススキ。


セイタカアワダチソウ&ススキ&リック008




それからツリフネソウの大群生。


turifunesou016.jpg



ホウセンカやインパチェンスの仲間で、葉っぱはそっくりです。
ひとつひとつの花はこんなです。


釣船草



田んぼの脇にフツーにあるので、気にも留めてなかったけど、かなり珍しいようです。
絶滅危惧種に指定している県もあるんだとか。



雑木林の中で赤いく目立つのはカラスウリ。


カラスウリとリック017



あちこちに野菊も咲いてます。


野菊の髪飾り020 
頭に刺された~


いかにも迷惑そうな顔をして写ってます。
こんな写真撮りたくないって?
まぁ我慢してお母さんのお遊びにつきあってちょうだい


そして秋といえば、やっぱりキノコ
今年もナラタケ採りました。


naratake003.jpg



ほんとおいしいですよ~。
スーパーでは扱ってないと思うので、もし田舎の直売所などで見かけたら、一度お試しください。




先日はコレを天ぷらにして食べてみました。
何の葉っぱかわかりますか?


matatabi032.jpg



名前は知ってても、葉っぱは見たことないという人も多いかも。
猫さんの大好物、マタタビです。

  nekobellさ~ん、ついに食べちゃったよ~

人間にも体にいいらしい。
お味の方はというと・・・・・ない!
なんというか、葉っぱの味がするようなしないような。
3枚食べたくらいじゃ、なんかよくわかりません
来年、たくさん葉っぱが出たら、おひたしにして食べてみることにしますね。

6か月たって、いろいろ思うこと

娘の結婚式のお祝いコメントをいただき、ありがとうございます。
結婚式までバタバタしていたけど、日常の生活に戻りました。
いつも通り、犬猫鳥亀その他諸々と戯れながら暮らしていきます
あっ、でもまだうちには手のかかる金のかかる男子達があと2人いるんだった。。
お父さん、がんばれ~~~
 
   26年前の写真は3日間限定で消しました。見られた人はラッキー???



もう10月、数えてみたら、幸多を保護して半年たってました。
月日が経つのが早過ぎてコワイ あっという間に年取っちゃうよ~
 
幸多がまだ家庭内暴力猫として破壊活動にいそしんでいた頃のこと。
猫を飼ってるご近所の奥さんと立ち話をしました。

「あのトラ猫、飼ってるんだって?」
「そうなんですよ~、鳴き声がうるさくてすみません。」
「大丈夫よ~うちも猫がいるから~。」
と話している声が聞こえたのか、2階の窓から幸多がぅあ~お~というすざましい叫び声をあげる。
「ほんとにすみませ~ん。」
(奥さん、苦笑 )

「ずっと、病院に通ってるんだって?」
「そうなんですよ、いろいろケガとか病気とかあって。 」
「たいへんね~、お金もかかるでしょ。」
「そうなんですよ~。もう猫のために働いてるみたいなもんですよ。」
と冗談交じりに言ってみた。

「いいの?ほんとにそれでいいの?信じられないゎ~。」
と大真面目に言われて、困ってしまった。

ええ、ほんとにそれでいいんですけど、なにか?←とは言ってませんよ~
きっと、わかる人には何も言わなくてもわかる。
わからない人には、どんなに説明してもわからない。


野良猫はたいてい嫌われている。
他の猫とケンカしたり、ゴミあさって散らかしたり、花壇をトイレにしたり。
栄養状態が悪くて、汚なくて、目つきも悪くて、逃げるか威嚇するかで一般的に可愛くない。

そりゃそーだ、冷暖完備の部屋で、日がな一日まったり過ごしている飼い猫とは全然違う。
生きていくのに毎日必死なんだから、顔つきだって険しくなる。
性格だってすさんでくる。 


before
ikanimogEkz23ROiIpEQbS1381371396_1381371444.jpg 
この可愛くない子は誰ですか~?


after
nanikayoudesukakZlEWVWS1DdSk0Y1381373965_1381374023.jpg



保護当時のオスの野良猫特有のほっぺのふくらみがなくなりました。
そのかわり、体が膨らんじゃったけど


おしゃべり男なのは相変わらずです。
声を出さないエルは、どこにいるのかわからなくて、探し回ることがよくあります。
幸多はいつも「ん~、んん~♪」と声を出しながら歩いたり遊んだり。
おまけに呼べば必ずお返事、話しかければ相槌を打ってくれます。
その声が、野良猫特有の低いダミ声ではなく、可愛い声になりました♡
そうよそうよ、おうちの中であんなドスの効いた声は必要ないもんね。


一番懸念していたエルとの関係も何とかクリア。
1か月前から2匹だけでのお留守番を頑張ってます
何かとエルにちょっかいを出すので、エルは怒ってるけど幸多は気にせず・・・
いや、ちょっとは気にしようよ。
 

tansunouedeniramekko001.jpg



ぴとっとくっ付くことはないけれど、、いつもお互い1mくらいの距離のところで昼寝してます。


病気はね、悩んだって仕方ない、エイズも腎臓も治らないんだから。
とは言いつつも、元気よく遊んでる幸多を見て、
何でこの子が・・・そのうち発症して若くして死んじゃうかも・・・
なんてふと思ってしまって、どど~んと暗くなる。
きっとそれは病気を持ってる子の飼い主さんは、みんな同じだと思う。
でも、まだそうなっていないことを心配して、自ら不幸の中に落ち込んでいくことなんてない。
そんなことより、今の元気な状態をできるだけ長く維持する方に気持ちを向けなくちゃね。
短命かもしれないから、なおさら楽しく生きていってほしいと思う。


半年前、部屋を破壊して、一日中大声で騒いで、家族をクラクラさせた野良猫。
今や立派な?飼い猫になりました。

熟睡中79zxa3ZVkyX5PaC1381374247_1381374274 


トイレ改装中

台風の影響で、今日は朝から激しい雨。
日暮れの少し前、あれほど降ったのがウソのように突然太陽が出てました。
「もしかしたら虹が出るかも~」
なんて思いながら店の駐車場へ出てみたら・・・
ホントに虹が出てた!!


虹CA3F0159



「虹が出てる、虹が出てる~」
と私が騒ぐものだから、お客さんも他のスタッフもみんな店から出てきて、いっせいに携帯で写真を撮ってました。

単なる自然現象かもしれないけど、なぜか虹を見ると嬉しくなりませんか?





犬しか飼ったことがない人が猫を飼った時、 絶対感動することは・・・
トイレのしつけがとにかくラク。
犬と違ってココがトイレなんて教えなくても、砂の入った容器があれば勝手に使ってくれる。

でも猫のマーキングの匂いは、ものすご~く強烈だとよく聞きます。
幸多を保護した時はそれが心配で心配で。
そんな強烈なニオイなんてさせたら、追い出されちゃう、どうしよう

でも幸多は去勢してなくても、1度もマーキングしなかったので、ホント助かりました。
そのかわり、、、とにかく砂掘りが大好きなんです。

使用前も使用後も、とにかく全力で?砂を掘る。
新しい砂に変えると、嬉しくて?用もないのに砂を掘る。
エルに怒られると、イジケて?用もないのに砂を掘る。
そしていつの間にやら押し入れにも、廊下にも、隣の部屋のベッドの上にも砂粒が・・・

で、考えたわけです。
鉱物系の砂だから、指の間に砂を挟んで移動する。
大粒のペレットを使うシステムトイレにすれば、今よりずっとラクになるハズ。

さっそく買ってきて、説明書通り今までのトイレの真横にシステムトイレを置きました。
今まで使ってた砂も混ぜてみた。
ところが1か月たっても2匹ともホントに全く使ってくれないのよ~
1か月であきらめるのは、まだ早い?
いえいえ、もうさっさとあきらめちゃいました。
養生テープとビニールクロスで底のメッシュ部分を塞ぎます。


養生テープ&ビニールクロス005



今までの砂を入れれば出来上がり~。
新しい砂好きのニャンコが早速やって来ました。


009使用中



システムトイレは使えなかったけど、普通のトイレとして使えるからいいか。
と思ってたら、甘かった。
砂をホリホリする時、テープに爪が引っかかってはずしてしまう 。
だから今度はシートを大きめに切って、上のカバーで押さえ込みテープを貼りました。


進化中さらにCA3F0114 



普通の透明テープだと跡が残っちゃうので、養生テープを使ってるけど 見た目がねぇ。。。 

なんか良い方法ありますか~?





田んぼ道に彼岸花がきれいに咲いてました。
やっぱ写真撮りたくなりますね。


higanbana055.jpg 



プロフィール

woojyan

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)