上下関係

つい先日のこと、派手なアロハシャツにサングラスのちょっとコワそうな中年男性が来店しました。
「アレ、2本もらえます?」
指さされた先には、入荷したてで束になって新聞にまかれたままバケツに入っているモネのひまわり。


a0560_1.jpg


失礼のないようにしなくちゃ、ドキドキ・・・
手渡すと、
「うちの犬が死んで今日でちょうど1年なんですよ。ひまわりが入ると明るくなっていいと思うから。」
見ると、カーネーションやトルコキキョウも持ってます。
何だか急にと~っても優しい人に見えました。
1年前に死んでしまったというワンコ、すごく可愛がられていたんだろうな・・・



来年はリックを完全室内犬にします(^^)/
と宣言したのは去年末のこと。
私の仕事が忙しくなってしまって、結局リックは今も半外半中状態のままです。


CIMG6310.jpg


流血騒ぎにはならないと思うけど、やっぱりリックとエルだけを部屋に残しておくのはちょっと心配なので。

リックは夫や私がいる時は部屋に入っているけど、いつもの通り落ち着きがない。
さっそくエルのおもちゃを見つけ出してきた!
ちょっと静かにしてなさい!とササミ巻き骨ガムを与えます。
 

CIMG6328_edited-1のコピー


それを見ていたエルが、私も欲し~いと訴えるので、1本あげてみました。

CIMG6327のコピー


だいたいエルに骨ガムが噛めるはずがない。


CIMG6334_edited-1のコピー


まわりに付いてるジャーキーをほんの少し齧ったらポイッ。
リックはエルの分の骨ガムも手に入れました
 
しっかり骨ガム2本を食べた後は、見つけ出したエルのおもちゃをカジカジ。


CIMG6345_edited-1のコピー 

CIMG6343_edited-1のコピー

CIMG6346_edited-1のコピー


これはエルのオモチャなんだから壊しちゃダメ と怒られて、仕方なく返す。
こんな一連の行動を見ていると、リックの方がいかにも悪さばかりしているように思えます。
実際、悪さばかりしてるんですけどね。

でも、2匹の関係を見てると、な~んとなくエルの方が立場が上のような気がする・・・
ホントにケンカをしたら、リックの方が絶対強いハズ。
だけど、エルの方がエラソ~なのはなぜ??
リックの方が譲ってるというか、あきらめてるというか。

犬と猫を両方飼っている方のブログを見ても、何となく犬の方が遠慮してる場合が多いような・・・?
社会性のある犬の方が、平和な関係を保つために譲っちゃうのかな?
犬と猫を同居させる場合、猫のいる家に後から犬を連れてくるより、犬がいる家に猫を連れてきた方がずっと簡単だと聞きます。
もちろん犬猫の性格によるとは思いますけど。
わが家も後から猫が来たケース。
エルはリックが怖くてシャーシャー言ってたけど、リックは興味津々で面白がってました。
それがいつしか・・・
リック、頑張れ~~~



毎夜やってくるノラ猫のこーくん、いつになったら触れるか・・・
なんて書いたのは、ほんのちょっと前のこと。


CIMG6322.jpg


昨夜から・・・
あら~っ、さわりたい放題ですよ~
あの警戒心はどこへ行ったんでしょ??
奮発して缶詰買った甲斐があったヮ~
あと、超短足疑惑ですが・・・普通でした(^_^;)

悲しい現実

夏になると、玄関先にカブトムシやクワガタを入れたプラスチックケースを置いてあるのをよく見かけます。
日光が当たってる・・・ せめて、日陰に置いてあげましょう。
犬や猫を可愛がってるお宅なのに、カブトムシには無頓着。 
お母さんが虫嫌いだったら、せめて子供にちゃんと面倒見るように言ってほしい。

お盆を過ぎて、寿命が尽きてしまったら、埋めてあげましょうよ。
そこらへんにポイッて捨ててあるのを見ると、悲しくなる

・・・と思ったけど、蚊や散歩の時リックに付くダニは問答無用で瞬殺する私。
命の価値って、どうやって分けるんだろう?





ノラ猫のこーくんは、毎晩餌をもらいに我が家にやって来ます。


005.jpg



最近、幸くんは玄関を開けると待ち構えていてニャーニャー餌を催促します。
(暗くて写真が撮れません)
玄関を開けるのが夫だったり母だったりしても、やっぱりニャーニャー。
な~んだ、餌をもらえるなら誰でもいいワケ?
以前ほど警戒心バリバリではないけど、やっぱり1m位まで近づくと逃げてしまいます。

先日、とっても暑かったので水分補給できるように缶詰をあげてみました。
よほど美味しかったんでしょう。
器に頭を突っ込んでぐいぐい押しながら食べます。
どんどん移動して、しゃがんでる私の真下まで来ていました。
それにも気づかず夢中で食べ続けてる姿を見ていて、何だかせつなくなりました。
幸くんにとっては、生まれて初めて食べた缶詰だったのかな・・・

エルも拾った時は、ほんとにひどい状態でした。
でも今は、ご飯も好き嫌いして残すし、どこでもへそ天でグーグー寝ているし。
幸くんもどこかで飼ってもらえてたら、今とは全く違っていたはず。

ここは車もほとんど通らないし、虐待するような人もいない。
餌に困らなかったら、あとは外で自由気ままにしているほうがいいのか?
いろんな制限をされながらも、室内で安全に暮らすほうがいいのか?
今の幸くんにとっては、どちらが幸せなんだろう?




リックは一人暮らしのおじいさんが飼っていた犬でした。


GRP_0007のコピー


犬好きで、捨て犬を飼い犬にして面倒を見ているうちに増えてしまったそうです。
私が見に行ったとき、大きな犬が4匹、それから3か月ほどの子犬が5匹、放し飼いで家の周りをウロウロしていました。
  ☆その時の様子はコチラ

 
それから何か月かたった時、リックを連れて、そのおうちに行ってみました。
去勢手術をしたんですと言った私に、おじいさんは言いました。
「何てかわいそうなことを・・・」

それからずいぶん経って、友人から
「あのおじいさん、飼いきれなくなって全部保健所につれていったらしいよ・・・」
と聞き、言葉を失いました。 

私の知り合いの犬猫ボラさんは、何十匹もの犬猫の面倒を見ています。
そこにいる犬のほとんどは中型犬の雑種。
リックくらいの大きな中型犬(小さな大型犬?)の雑種は一番人気がないんじゃないかな?
でも彼女は言ってました。
「猫はノラでも生きていくことを許されている。
でも犬はノラとして生きていくことを許されない。」
犬も猫もノラになりたくてなったわけじゃないのに。

行動力のない自分が悲しい・・・
でも、嘆いていても何も変わらない。
もっとできることがあるはずだから。

どろぼうにゃんこ

エコブームで、いろんなところで緑のカーテンを見かけます。
わが家でも、ゴーヤを植えました。


CIMG6270_edited-1.jpg


今年は4本植えてみたら・・・ 1階の屋根より高く成長しました。
その上、実がなるわなるわで食べきれない


CA3F0805_edited-1のコピー


ご近所さんも作ってるので、もらってくれるところもない。
毎日ゴーヤの炒め物、天ぷら、サラダetc.
もう、飽きた。
来年は・・・2本にしよう



エルはマタタビの粉をおもちゃなどに振り掛けると、ゴロゴロ大喜びします。
それで去年、ネットオークションでマタタビの苗木を手に入れました。
  その時の記事はコチラ

小さなポット苗が2つ。
枯れてしまってはいけないので、大事に大事に家の中で越冬させました。
暖かくなると、葉っぱもたくさん出てきました。
そして、素焼き鉢に植え替えて、大きく育っていくのを楽しみにしていたある日・・・
な、ない、マタタビの木がない!!
一つの鉢は、すっぽりと苗を根こそぎ引き抜かれ、土だけが残っている状態。
もう一つの鉢は、かじられて芯だけ残った無残な姿。
そして、絡み付いた猫の毛・・・
(写真をクリックして大きくして見てください)



085.jpg


やられちゃったよ~
持ってったのは、誰よ~?
せっかくエルのために買ったのにぃ。

・・・ってことをお店でお昼ご飯を食べながら話したら
さっそく社長が市場で仕入れてくれました。

CA3F0809_edited-1.jpg


前よりも大きなマタタビの木。
今度は気をつけなくっちゃと、夜になると玄関内にしまってます。

そして、あの枯れ枝と化した苗も、なんと復活してきました!


CA3F0813_edited-1.jpg


で、ふと気づいたんだけど・・・
冬中、マタタビの苗木は家の中にあったのに、どうしてエルは全然気にも留めなかったんでしょうねぇ

それから、キャットニップのプランターも玄関脇に置いてあるけど、こちらは無傷です。 




ところで、現在お盆休みの方も多いんじゃないでしょうか?
私は・・・もちろん仕事ですよ!!
仏花を買う人で、もうお店の中ごった返してます。

私は朝からレジを担当しましたが、お客さんがずら~っと並んじゃいました
夕方になると、声を出すのも疲れてきて・・・
「〇〇円のお返しです。」
というはずが
「〇〇円のお返しダス。」
ははは・・・も~笑っちゃいました。
さぁ、明日も仕事、がんばろ~っと


夏の日いろいろ

「お~い、なんか虫がいるぞ~。」
と夫が呼ぶので行くと、部屋の壁に大きなシロスジカミキリ。


シロスジ200px-Batocera_lineolata_02



うん、なかなか迫力のある面構えだ~などと感心して見ていると、
「早く外に出せよ~」と夫。
あのね、普通は妻が夫に頼むものなんじゃないの?
しょうがないなぁとギーギー騒ぐカミキリを掴んで外にポイッとする私。
都会育ちの夫は、虫が好きじゃない。



夜、パソコンをやっていたら、窓にコツンと何かが当たる音。
窓を開けて確認しようと思ったら、勢いよく中に入って来ました!
電灯の周りをぐるぐる回って、夫の布団の上にポトン
初めてカブトムシを見たエルは大興奮 



CA3F0800.jpg



エルがもてあそぶ前に、外に出て行っていただきました。
あっ、この時、夫は爆睡中でした




毎日こう暑いと、わんこの散歩はたいへんです。
といってもアスファルトの上を歩くわけではないので、少しはましかな?
相変わらずリックは

雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ・・・
ソウイウモノニ ワタシハ・・・ 
なってるよ~


CIMG6247.jpg 
やっぱり丈夫がイチバンです 
たとえ能天気なKYでも。

そして私も仕事で日焼けし、さらにリックの散歩で日焼けして・・・
ええ、もう真っ黒です。
日焼けが何さ!
ってあとで絶対後悔するのにな~



ところで、ちょっと前から現れたノラ猫の幸くん(こーくん)。


CA3F0747_edited-1.jpg
もしかしてエルと同じ短足にゃんこ?!



最近は餌がもらえることがわかって、毎晩やって来るようになりました。
ご近所から文句が出ないように、そして雨が降っても大丈夫なように、自宅の車庫に餌を置いています。
最初は帰宅後すぐに餌を置いていたら、ご近所にゃんこが食べに来てました。
それで、ご近所にゃんこが家に帰ってしまう夜10時に餌を置くようにしました。
10時ごろ玄関を開けると、幸君が車の下で待ってます。
最近は何とか2mくらいまで近づくことが出来るようになりました。
「こーくん」と呼ぶと、目を細めて必ずお返事してくれます。
「シャー」 
あはは・・・いつになったら触らせてくれるかな?
3か月後か、3年後か、一生ないか?
まぁ、気長にいきましょう。

プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2012年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)