キャットウォークを作りました

猫は部屋が広いよりも上下できる方がいいのだそうですね。
キャットタワー買ってあげたいけど、結構なお値段だし、狭い部屋におけないし・・・


和室では高さの違う収納棚を階段状に置いたら、エルはそこを上がったり下りたりしていました。
特に高さ180cmの本棚の上がお気に入りで、そこでよく寝てました。 


CA3F0398.jpg



今度移動した部屋には、どど~んと大きな本棚があります。
(もともとは食器棚です)
高さが2m近くあるので、ただでさえジャンプのニガテなエルには、横の机から一気に上がることなんてできない・・・
ということで、キャットウォークを作ってみました。

 
CIMG4028.jpg


棚受けに板を付けて壁にネジで固定した簡単なものです。
壁板と色が違うけど、化学物質が気になるので、あえて何も塗りませんでした。 
そのうち日に焼けて色が変わるだろうし。

そして一番上には、先日作ったカールの家。 


 CIMG4027のコピー


この部屋は、普通よりも少し天井が高くなっています。
何回か誘導したら、すぐに上下出来るようになりました。


CA3F0509のコピー


エル、ど~よ?


CIMG3797.jpg 
いいんじゃないの~


お散歩日和


夏の間は少し歩くとハァハァしていたリックも、今はすっかりご機嫌で散歩してます。


CIMG3658.jpg



毎日歩いている散歩コースにも、秋ならではのモノがいろいろ発見できます。

これな~んだ?


CIMG3033.jpg


この実のなる木の葉っぱも落ちてます。
30cmちかくありそうです。


CIMG3383.jpg


正解は朴(ホオ)の木の実。
5月に咲いてた花が、こんな実を付けました。


今の時期、野菊もたくさん咲いてます。


CIMG3982.jpg 



「たみさんは野菊のようだね。」と言ったのは、名作『野菊の墓』

そしてこちらは迷作『野菊のばか


CIMG3980_edited-1のコピー
いいキャラしてるね~ 


たわわに実を付けた大きな柿の木が、農家の庭先から道の方にはみ出しています。


CIMG3985.jpg 


道に落ちてつぶれた柿を、お嫁さん?がゴミ袋に片づけていました。
きっと実がなりすぎて、食べきれないんでしょう。
「ご自由にお取り下さい」ってあれば、喜んでいただくのにな~

ああ、もったいないなぁ
と残念に思いながら、家に帰りました。


そしたら、また今日も届いてました。


CIMG4030_edited-1のコピーのコピー



箱いっぱいの柿とカリン。
しかもミカン箱の3倍くらいありそうな大箱入り 。
いや~、持つべきものは農家の親戚!感謝です。

いくらなんでも食べきれないからおすそ分けしましょ!っと思ったら、コレ渋柿じゃないですかぁ
これだけの量、さぁて、どうしましょ!


ついにコタツを出しました

あ~っ、あともうちょっとで終わるところで記事が全部消えちゃった
気を取り直して、もう一度書き直すとしよう・・・


何もない床の上は掃除がしやすいけれど、さすがに寒くなって来ました。
 

CIMG3882のコピー
手足は短いけど、毛としっぽは長いよ~

そろそろ冬支度をしなければ。


今年、和室から洋室に移ったので、冬はどうしようかとず~っと悩んでいました。
ホットカーペットを買うか、こたつを出すか、温風機だけで過ごすか・・・
さんざん考えて、こたつ&温風機を使うことにしました。

とりあえず床の冷たさを遮断するために、ウレタンのジョイントマットを購入して敷いてみました。


CIMG3927_edited-1.jpg
実際よりずいぶん広く見える


冷たくないし、フカフカしてなかなか気持ちいいです。
その上に、ピアノの前にあった敷物を持って来て、こたつを置きました。 
そしてこたつにキャスターを付けました。

私、キャスター大大大好きです
動かすとマズイもの以外、いろんなものにキャスターを付けるorキャスターのついた台に乗せてます。
そう、足で押して移動させながら、掃除機をかけるためです。
お行儀悪い?でもほんとラクなんですよ~


こたつに上掛けをかけたら、エルが大喜びでゴロゴロ言いながら、こたつに入っていきました。
電気は入れてませんが、よほど気に入ったのか、いつまでたっても出てきません。


CIMG3962_edited-1のコピー



そこらを片付けて、 さぁてひと休みしようとこたつに入ったら・・・
痛っ!エルが足の指を噛んでます


CIMG3943_edited-1のコピー


どうも私がこたつに入って来たことがご不満らしい。
自分だけの場所にしようと思ってる? 
だけど、そんなことに負ける母ではないのさ

体ごとこたつにズズ~ッと入って寝たフリ・・・
してたら、ホントに寝てました

だけどその後はエルも一緒に仲良くお昼寝してましたとさ。
めでたし、めでたし。




寝ている時は・・・

動物が寝ている姿はかわいくて、つい写真をとりたくなります。 

イビキをかきながら寝ている動物も結構います。


CIMG3365のコピー
夢の中のバク
 (伊豆シャボテン公園にて)


ブルドッグやパグのように、顔がぺチャッとした犬は、イビキがうるさいそうですね。

リックはイビキはかかないけど、ときどき寝言を言います。
「ひゅい~、ひゅい~、ふんふんふん・・・」
不安な時や甘える時のひ~んという声とは明らかに違うので、また寝言いってるってわかります。


CIMG5833.jpg
犬も泊まれるのコテージにて



エルは今のところ、寝言を聞いたことはありませんが、ヘンな格好で寝ていることがよくあります。


CIMG3714_edited-1のコピー



何かの上に寝ている時は、落ちて来ることがあるので要注意です。


CIMG3134のコピー
ズリズリ~



ところで、一緒の部屋にいる人のイビキがすご~い時ってどうしますか?
女性でも結構豪快な人、いますよね。
一度気にし始めると、気になって眠れない・・・
何かいい方法、ないでしょうか。


イリュージョン!?

夫の冬用スーツを出していたら、何やら視線が・・・
床に置いたスーツカバーをガン見しているお嬢がひとり。


じ~っ
CIMG3542のコピー
何たくらんでるの?


いいよ、好きにしたら?
CIMG3535_edited-1のコピー
爪にファスナーを引っ掛けて、上手に開けて 


中に入り込みました
CIMG3516のコピー 


しばらくしたら、満足したようですが・・・


CIMG3522_edited-1のコピー 

面白いので、しばらく見てました。


CIMG3512のコピーのコピー 

さんざんジタバタして、やっと脱出成功 

それからエルの前に、再びスーツカバーを置いてみたら・・・


CIMG3540_edited-1のコピーのコピー
あっ、怒ってる!


その後、スーツカバーには入ることはありませんでした 。

プライドの高いエル嬢、笑いながら見ていたお父さんとお母さんにご立腹のようです


ここにいること

今日はrobinsantaさんの家で月に1度行われる里親会の日。

top_title1.gif 

もう1カ月たったなんて、月日がたつのが速過ぎる・・・

何組かの方が見に来て下さって、お話がまとまりそうな方もいました。

 
CIMG1895-1.jpg
(左から) ルイ、  カウ、  チャンピオン 

いい子がいっぱいいるから、迷ってしまいますよね。
家族で話し合って、もう一度来て下さるそうです。

 
む~ちゃん
CIMG3197.jpg
誰にでもすりすり、看板猫にイチオシ


里親会の後に話しを聞いていて感じたのは、やはり「ご縁」というのがあるんだなということ。

里親募集をず~っと続けていても、まったくお問い合わせがなかったのに、ある日たった1件の希望者が、その子にぴったりの条件の方だったという経験などもよく見聞きすることがあります。

見た瞬間、この子しかいない!って思う時もあれば、いろいろな条件を考えてこの子にしようという場合もあるし、いきなり現れて飼うしかないということもあります。


私が犬を飼いたいと思った時、友人が近所に子犬のもらい手を探しているおじいさんがいると教えてくれました。
見に行ったら、そのまま連れ帰ることになってしまいました。
  (詳しくは リックのこと① へ)

猫を飼いたい!って思ったら、エルが家の前で泣き叫んでいました。
  (詳しくは エルのこと へ)
  
私は霊感なんてないし、運命論者でもありません。
でも、ここにこうしていることは、偶然なんかじゃなく必然性があったんだと感じています。
どんな出会いであったとしても、やはりここに来るようになっていたんだって思えること、おそらく誰にでもあると思います。


本当の家族を探している犬猫たちに、どうぞ会いに来て下さいね。
運命を感じるかもしれませんよ。

体にいいこと

秋といえば「食欲の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」

この中で、私の人生においてまったく関与してこなかったのが「スポーツの秋」です。
学生の頃も、運動部に所属したことがありません。
根性も忍耐もないし、勝ち負けとかあんまり気にしないのはそのせいかと思ってます。

運動神経ナッシングでここまで生きてきました。
でもね、健康に生活するにはやっぱり運動って必要ですよね。

私の唯一の運動といえば、そうです、犬の散歩
なんたって相棒はリックですから、そこらのおとなしいワンコとは違います。


CIMG6117のコピー



ひとに合わせて歩いているわけがありません。
気になるモノがあれば、グイグイ引っ張る。
向こうから犬が来れば、向かって行こうとする。
そのたびに脚腰をふんばり、思いきり手に力を込めて引っ張る私。
普段の生活の中では使うことがない筋肉を鍛えることができます。

一人ではなかなか歩けない田舎道も、犬と一緒なら怖くありません。


CIMG0842.jpg



さらに帰り道、家に続く道に差し掛かると、気付かないフリをして、わざと早足で別の道を勝手に進んで、歩く距離をどんどん伸ばしてくれます。 
 
朝早くても暗くなってからも、一日何回でも歩こうといえばいつでも喜んでお供してくれます。
寒くても、強風でも、たとえ熱が出て仕事を休んでいたとしても、毎日必ず散歩に行けます。

犬を飼うと、こんなステキな毎日が送れます
なかなか運動が長続きしないという方、犬を飼ってみませんか。
大きめな暴れ犬が相棒ならば、運動量さらにアップ間違いなし


プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)