ヌカカにご注意!

「ヌカカ」をご存知ですか?
私はつい先日まで知りませんでした。
海外のお菓子のような名前ですね。

漢字だと「糠蚊」と書きます。
そう、蚊なんです。


おとといの朝、官兵衛の部屋に行くと、網戸に何やら小さな虫がいっぱい張り付いていました。
黒ゴマをさらに縦に半分にしたくらいの大きさ。

イメージ 2
バイク時々猫、読書 よりお借りしました

網戸の目をすりぬけて、外と内を行ったり来たりしていました。

羽のあるアブラムシ?と思いながら、ティッシュで拭くと、血が付きました。
ええっ 血といっても、ほんの少量、尖った赤鉛筆で「」と書いたくらい。
ところがその虫の数ときたら、何百匹?
こんな吸血虫、今まで見たことない。

とりあえず、見える分だけ全部潰して、ネットで調べると・・・
ヌカのように小さい蚊という意味でヌカカ。
ヌカカにはたくさんの種類がある上、日本全国にいるそうです。
おまけに、ヌカカは蚊柱となって大群を成して移動するそうです。

いくら少量の血と言っても、こんなに刺されて。。。
人が刺されると、普通の蚊以上にかゆく、それが一週間くらい続くそうです。
官兵衛は、自由に頭を動かして、かゆいところを掻くこともできません。
いったいどのくらい刺されたんだろう?

リックと官兵衛は廊下を挟んですぐの所にいます。
たぶんリックもたくさん刺されたハズ。。。

今までずっと官兵衛やリックの所は、夜は網戸にしていました。
今までは何もありませんでした。

おとといは官兵衛の部屋の小さな常夜灯を点けたままにしていました。
ヌカカは光に反応して入ってくるそうです。
まさか、あんな小さな灯りに反応した?

電子蚊取りをつけていたら、そこら中にヌカカが落ちていました。
もう大丈夫だと思いますが・・・本当に可哀そうなことをしました。

皆さんもお気をつけください。



金魚が死んだ。。。

息子②が小学6年か中学1年だったか?
近所のスーパーのお祭りに、友達と出かけていきました。

その少し前、10年以上飼っていた金魚が死にました。
もちろん犬ほどではないけれど、やはり餌とか水替えとか手間がかかります。
もう飼わないぞ~と思っていたので、お祭りに出かける前に、
「ぜ~ったいに金魚すくいをしちゃダメだから!」
と何度もしつこく言いました。
「わかってるよ
と半分キレながら出かけていきました。

ところが帰ってくると、紐のついた小さなビニール袋に、これまた小さな小さな金魚が2匹。





「だってさぁ、〇〇が金魚すくいやろうって言うから~~」
だから、あんなに言ったのにぃ~~~

もう飼わないと思ってた金魚、また飼い始めました。

 そう、ウーパールーパーを飼い始めたのもコイツ。

あれから約10年。




その金魚が、数ヶ月前に1匹死んで、残ったもう1匹もつい先日死にました。
たまたまかもしれないけど、この2匹も、その前に飼っていたコメットも、さらにその前に飼ってた和金も、死ぬ直前に、ほんの数秒間だけでしたが、水槽のフタに当たるほど暴れました。

だから今回のこの2匹も夜中に水の中でバシャバシャ暴れる音を聞いた時に、ああもうすぐ死ぬんだと思いました。
(翌朝見ると、死んでました)
これって、心臓発作のようなもの?
最後もがき苦しんで死んだんだなぁと思うと、可哀そうでした。



不憫な生き物たち

今年は温かくて、この時期にまだカエルが鳴いています。
晴れた日には、ヘビも日向ぼっこ~。


リックとこの田んぼ道を散歩するようになって、早10年近く。
誰かに会うこともほとんどなく、ましてや車なんて走らない田んぼ道。
リックに急に引っ張られて転んだり、リックが用水路に落ちたり。
そんなこともあったけど、気楽に楽しく歩いてました。

8月末に稲を刈った株から再び芽が出て、お米がなってます。
(これは刈り取りません)

000いのししよけ007 


いつもの田んぼ道、だけどいつもと違う。。。

何が違うのか、わかりますか?
田んぼ周りに、電気柵が張られました。

去年あたりから、イノシシが出るようになったそうですが、
今年はイノシシの荒らした跡が、いたるところに見られます。

000INOSISINOATO052.jpg


イノシシが入り込んだ田んぼは、ぐちゃぐちゃになってます。
(1枚目の田んぼの様子と比較してください)


000大きさ比べ033
かなり大きな足跡


来年の田植えが始まると、電気柵がつけられるかもしれないと思ってはいましたが・・・
まさか今から設置されるとは。

ちょっと気を許したら、リックも私も電気柵に触れてしまうかもしれません。
もうこの田んぼ道を散歩できないかもしれない。。。

私のような家庭菜園であっても、丹精した畑を荒らされて収穫できなかったら、ひどくがっかりするでしょう。
ましてや農家さんだったら、死活問題ですから対策は必要です。

ただ、今までここで普通に生きてきたサギやカモや鷹、ウサギやタヌキなども、もうここでは生きづらいだろうなぁと思うと不憫です。




最近、ここから車で20分ほどのところにある市内のゴルフ場に、キョンが現れるそうです。
「キョン」って何かご存知ですか?
体重10~15㌔ほど、柴犬サイズの小さな鹿です

220px-Muntiacus_reevesi_Toruń_きょん
Wikipediaより画像をお借りしました 


「キョン」って調べれば、千葉県って出てくるくらいの深~い関係になってます
もともとは千葉県南部のレジャー施設で飼われていた数匹が逃げ出し、野生化したのだそうです。

日本の鹿と違って、ものすごく繁殖力が高い上、
温暖な房総半島では、冬でも全く食べ物に困りません。
と言うことで、たった数頭が2014年には4万頭以上!!

小さなシカなので、人を襲うようなことはないし、意外と人懐こいのだとか。
ただ、とにかく植物を食べてしまいます。
農作物だけじゃなく、庭や学校や公園の花などもぜ~んぶ。
数年しないうちに、我が家の庭の花も畑の作物も、キョンに食べられてるかもしれません。

県内では、どんどんキョンを捕獲して減らせ~となってます。
もともとの生息地である台湾では、特定保護動物に指定されているのだとか。
日本で野生化したばかりに、害獣に指定されてしまい不憫です。


自然を破壊し、生態系を壊し、農家を追い詰めている元凶は人間なのに。。。


食べちゃうのね(-_-;)

陽が落ちるのが、ずいぶんと早くなりましたね。
いままでより、早い時間に散歩に行かないとネ。

きれいな朱色のカラスウリ 都会ではめずらしい?


000akinokubikazari014.jpg



ムラサキシキブもきれいな紫色になってます。


 000紫式部036 


庭や切り枝に使われるコムラサキとは、実の付き方が違いますね。


muraski05.jpg
花と緑の図鑑よりお借りしました


さて、そんなふうに野の草木を観察しながら歩いていると、う~ん見つけちゃった
ちょっとわかりにくいけど、オスを食べてるメスカマキリ

000kamakirinotomogui001.jpg


卵を産むためにオスを食べるって聞くけれど、特にそういうわけではないそうです。
たいていのオスは交尾後にさっさと逃げるけど、逃げ遅れたオスがメスの獲物になってしまうのだとか。
さらに、交尾中にメスに気付かれちゃったオスは、交尾を続けながら食べられてしまうのだとか。
おそろしや~~、最後に強いのはやっぱりオンナなのよ~。

さらに田んぼ道を進んでいくと、アオサギの親子発見!!


000アオサギの親子043


右側の子は色がはっきりしていないので、まだ幼鳥のようです。
左はお母さん? 周りをきょろきょろ見てます。

右の子、一生懸命何かを食べています。
何食べてるのかな?とズームしてみると・・・

ヘビ食べてる~
000syokujityuu064.jpg
写真をクリックすると大きくなるので、自己責任で見てください。

もっとはっきり写ってる写真もありましたが、自粛します。

アオサギって、オタマジャクシとかザリガニとか魚とか、そういう水生生物を食べているのだと思ってました。
もちろん水生生物も食べるけど、ヘビとかネズミとか小鳥とか子ウサギも食べるのだとか。
まるで猛禽類だヮ。

これからはサギに対する見方がちょっと変わりそう


  もう一つ、記事アップしてます。


やっぱりイノシシ

さんざん雨が降った後、いつものように田んぼまで散歩。
気をつけて見まわすと、あっちにもこっちにもイノシシが暴れた形跡が・・・

土を掘って草が抜かれているところがイノシシの跡
暴れたあと010


よくぞこれまで気づかなかったものだと不思議に思うくらい。

田んぼの中も畦にも足跡がいっぱい。

これはちょっと小さめ
inosisi052.jpg
特長のあるⅤ型の足跡


この田んぼ・・・・・我が家に隣接している雑木林を下ったところにあります。
家から田んぼまで直線距離だと250mくらい?
食べ物がなくなったら、住宅地にまで来てしまうかもしれません。
そうしたら大騒ぎになるんだろうなぁ。

ちょっと調べたら、千葉県のイノシシはイノブタ系が多いそうで、普通のイノシシの倍くらいの数の子供を産むそうです。
だから県内のイノシシの数はものすごい勢いで増えて、農作物に大きな被害が出ているのだとか。
どうしたらいいんでしょう? 
共存って言葉が虚しい。。。

こんなにイノシシの跡があると、やっぱりバッタリと出会っちゃうと困るので、ベル強化しました。
100円ショップにて、10円玉ほどの大きさの鈴5ケ入りを購入。


suzukatta018.jpg


腰につけて歩いたら、ジャラジャラとうるさいったらありゃしない
そんなに会いたくないなら、田んぼ行かなきゃいいでしょ!と思うでしょうが・・・
やっぱり田んぼ周辺はおもしろいのよ~。
こんなことがなかったら、イノシシのことなんて何にも知らなかっただろうし、これも何かのご縁
あっ、でも絶対会わないように細心の注意払います!!





散歩帰りの道で、小学校低学年くらいの女の子2人に「怖いよ~」って言われました
ただ横を通り過ぎただけなのに~
世間の目は、なぜか大きくて黒い犬には冷たい
まぁ知らない人が冷静に見ると、確かにイカツイですもんね。


 彼岸花のまえ382


話題になった警察官に射殺された紀州犬、ちょうどリックと同じくらいの大きさです。
シェパードや秋田犬ほど大きくないけど、柴犬よりもずっと大きい。
もし本気でリックが力を出せば、たぶん私には抑えられません。
リックはそれがわかっていると思います。
それでも私を襲うようなことはしません。

あの紀州犬、ひどい扱いを受けていたようですね。

犬は飼い主を選べません。
別の家庭で育てられていれば、優秀な家庭犬として幸せな犬生を送っていたかもしれないのに・・・哀れです。


秋になると

もう、いいかげんにしてっ って言いたいほど雨ばかり降ってます。

昨夜2時半過ぎに、携帯から緊急避難警報の着信音。
初めて聞きましたが、地震の警報音とは違う音なんですね。
思わずドキッとして不安感をあおるように、わざと不快な音階で作られているのだとか。
我が家は避難地域ではなかったけれど・・・
こんな豪雨の夜中に緊急避難するよう指示が出ても、老人と犬猫がいて、どうすればいいんだろう?



いきなり寒くなって、掛け布団や長袖を出しました。
寒いのが嫌いな猫さまたちも、何かとくっついて来ます。
今まで人の横で寝ることのなかった幸多。
飼い猫生活2年半にして、夫の横に付いて寝るようになりました。


おひるねちゅう3044


エルはパソコンをしている私の足元で、アンモニャイトに変身中


あんもにゃいと013 


そろそろ猫コタツの準備をしましょうか。




秋になると、カメさんたちの食欲が増します。

かめ吉、どあっぷ~
doappu2945.jpg


寒くなる前にしっかり食べて栄養を蓄えてもらわないと。


jqCYapLDzuYJqvh1441877767_1441878303gohan.jpg






イノシシが出たらどうしよう~と言いながら、やっぱり田んぼへ散歩に行ってみます。

イノシシに出会ったら、傘を目の前でパッと開けばいいと言うので、一応ジャンプ傘持参。
それから、むか~し昔に買ったカウベルも。


cowbell001.jpg


腰につけて歩くと、カランカランといい音がします。
近くにいても、きっとこの音で気付くでしょ!お願い気付いて!


しばらく歩いていたら、田んぼに掘り起こされた跡発見


掘ったあと004


このⅤ字の特長的な足跡は・・・????


vji002.jpg


あ~もう、どうして見つけちゃうんでしょ?!
次回は、イノシシそのものを見つけてしまいそうだヮ
くれぐれも出会いがしらに会わないように気をつけます。


9/11追記
今朝のニュースで見ましたが、豪雨で大変な被害が出ていますね。
まだ救助を待っている方も大勢いるようです。
早い救助がされるよう願っています。


 もうひとつアップしてます。


会いたい?会いたくない?

いつもの散歩道、イノシシが出ると聞いてから何だか落ち着きません
もしイノシシに出会ったら・・・
いろいろ調べて、イメージトレーニング。(←武井壮か

背中を向けて走ったらいけないとか、木に登れと言われても・・・
コイツどうするのよ~。


どーする3227


おまけに夜行性というわけではないらしいどよーん

昨日、散歩中に見つけた何かの足跡


足跡


大きさはリックの足と同じくらい。
周りに人の足跡がないってことは、散歩の犬じゃなさそう。
もしかして、もしかしたら・・・
リックがすごい勢いで足跡を嗅いでいたので、大慌てで引っ張って行きました。

パソコンでいろんな足跡を調べてみたら、イノシシの足跡は特長のあるⅤ型でした。
写真のようなまぁるい形は、タヌキっぽい。
よかった、よかった~。





庭に、きれいな蝶がよくやって来ます。
ツマグロヒョウモンという蝶のメス


ツマグロヒョウモンメス2803


漢字で書くと「褄黒豹紋」、褄=端が黒いヒョウ模様、見たまんまの名前ですね。


この蝶、何がお目当てで来ているのかというと、スミレ。
幼虫はスミレの葉っぱを食べて育ちます。
この幼虫、すごく派手な姿をしてますが、刺しもしないし毒もないので、そのままほっといてます。
(幼虫を見たい人はをクリックして下さい)
            ツマグロヒョウモン幼虫2835


気がつくと葉っぱはなくて茎だけになってますが、まっいいか~。

以前は珍しいな~と思ってましたが、最近はよく目にします。
1990年以前には、近畿以西にしかいなかったのだとか。
今は関東地方に定着しているそうです。




エルがいきなり窓に体当たりし始めました。


dousita005.jpg


ど、どうしたのエル??
窓を見たら、いつものお客様。


torenai009.jpg


2階に1匹、1階台所に2匹、我が家の守り神たちです。
2階のコは新参者ですが、もう何年もやって来ている1階のペアは、今年はずいぶん体が大きくなったような気がします。
卵、産むかな?
来年はファミリーで来てくれると嬉しいな~♪


  
もうひとつ、記事をアップしてます。


プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)