怒り心頭

もみじがオヤジ猫に噛まれた後も、夜中に聞こえる猫の叫び声。
オヤジ猫、近頃は毎晩やって来ているようです。
このままほっといたら、大変なことになる!

家の周りに捕獲器を置くと、うちの猫ばかり入ってしまうかもしれない、
オヤジ猫の縄張りは広いので、家から少し離れた所に置くことにしよう、
そんなことを考えながら場所を探して歩いて行きました。

町内のはずれにあるお宅の奥さんに会って
「実はこうで・・・・・この猫を捕まえるために・・・・・」
とデジカメ内の写真を見せたら、
「あら、この子、あそこの借家の〇〇さんの猫じゃない? いつも猫を何匹も飼ってるのよ。前にご主人が、コイツが意地悪いから他の猫がみんないなくなっちゃったよ、って言ってた。」

? オヤジ猫が飼い猫ですって?!
オヤジ猫の写真をプリントアウトして、そこのお宅に行きました。

古い小さな借家が数件、この中のどの家だろう?
と迷ったのはほんの一瞬、なぜならオヤジ猫がその家の前にいました!

明け放した窓際に、70歳くらいの男性が一人、テレビを見ていました。

「この猫は、こちらで飼っている猫でしょうか?」
写真を見せて尋ねると、
「ああそうです、うちの猫です。」
「実は・・・・・なんです。」
「そうですか、それは申し訳ないです。今度見たら、石でも投げて追い払ってください。」
「そう言うことじゃなくて・・・・・とにかく、まずは去勢手術をしてください。」
「わかりました。娘が飼っているので、娘に伝えておきます。2,3日中になんとかしますので。」
娘さんと直接お話ししたいので、と携帯の番号を渡しておきました。

2,3日中になんとかなるとは到底思えない。。。


先日、もみじは2週間の抗生剤の投与を終えて、傷もきれいになりました。


もみじごろごろ141


やれやれと思っていたその2日後、今度は首のところに2か所傷があるのを発見しました。


 069oyajinekonikamaretakubi.jpg


真っ白な毛のところなので、ほんの少し血が滲んでいるのがわかりました。
手足ならびっこを引くのでわかるけれど、それ以外だと見落としてしまいがち。
たぶん、色のついた毛のところでは、わからなかったと思います。

「猫の噛み傷って、見つけにくいんだよね」
動物病院の先生もそう話していました。
猫の皮膚は弾力があって噛んだ傷はすぐにふさがるので、皮膚内で膿がたまって、破裂して膿が出てきて始めてわかることが多いようです。
(エルもトメもそうでした)
もみじ、再び投薬です。

その翌日の夕方、今度はクロがびっこを引いてあらわれました。


体がだるいくろちゃん208

あきらかに右後足が腫れています。


あしのさきまではれている109


抗生剤をちゅ~るに混ぜて食べさせようとしたけれど、まったく口にしません。
この時期、このままではあっという間に化膿して命取りになります。


寝ているクロが気になる小虎103
元気のないクロを心配する小虎


庭の子たちは、玄関を開けると中に入ってきます。
クロちゃんが入って来たところで扉を閉めて、隅に追いやって洗濯ネットに捕獲。
兄妹で一番すばしっこいクロちゃんが思ったより早く捕まって、やっぱり具合が相当悪いんだな。
終了ギリギリに病院へ行って、コンべニアを打ってもらってきました。

さすがに私も怒り心頭!
翌朝早く、再びオヤジ猫の飼い主のところへ行きました。
娘さんは早番でもう出勤してしまったとか。
「すみませんねぇ、この前捕まえてカゴに入れてたんですけど、逃げちゃって・・・その後捕まらないんですよ。」

3回訪問しましたが、娘さんには一度も会えず。
もちろん電話はありません。
こちらからのショートメールも無視。

家の中や外周りの散乱した様子から、だいたいの生活の状況は想像できました。
何より絶望的に思えたのは・・・・・軒下に子猫が数匹、サッともの陰に隠れたのが見えたこと。

無責任な飼い主がいる限り、猫問題はなくならないのでしょう。

 

家に入る?

2階の窓の外には、いつもちょっちゃん(おちょう)がいます。

tyottyanngasotoniiru001.jpg


寒かった頃は、みんなでベランダハウスに一緒にねていたのに、茶シローが死んでから仲間割れがあったようで・・・
今は2階エリアはちょっちゃんだけの縄張りになったようです。

ベランダには、水とトイレが置いてあるので、ご飯さえ出せば2階だけでも生活できます。

ちょっちゃんは外の子たちと上手くいかないけど、家の中の子たちのことは大好き♡
窓辺に誰か来ると、一生懸命網戸越しにスリスリ~。
ハルはたいして気にもとめず、エルはウニャウニャ文句を言い、チョモは気になってニャーニャー。

このところずっとベランダではなく、私の部屋の窓と手すりの間20cmほどのところに寝ています。

yonakamomadodeneteimasu024.jpg
深夜12時頃、窓のすぐ外で寝ています


最近は網戸を開けるのを覚えて、すぐに網戸全開にしちゃいます。

チョモとお蝶網戸開けてます068
手前はチョモ


脱走防止柵があるので、網戸が開いていても脱走の心配はないけれど、虫が~~

寝ている私とちょっちゃんの距離は、1.5mほど。
こんなに人のそばにいるのに、触らせてくれない

時々窓を開けて「ちょっちゃん、中に入れば~」とお誘いしてみるけれど、絶対入ってきません。

茶シローがいた時には、ササッと入って来たのに・・・

201701はいってきたよ001


一匹だけだと、やっぱり警戒しちゃうのかな。


庭住まいのもみじ・クロ・小虎3兄妹は、玄関扉を開けてると中に入ってきます。
新入りトメちゃんもつられてへっぴり腰で玄関に入って来て、私と目があって、大慌てで出て行ったり。

こんな中途半端なことしてないで、スパッと完全室内飼いにできたらいいのだけど・・・

   必要なのは、勇気ではなく、覚悟。 
   決めてしまえば、すべては動き始める。

そうだね、その通りだね。


   もう一つ、記事をアップしてます。



次々と

5日ほど前の夜遅く、「ギャーッ」っという猫の叫び声。
急いで外に出ると、走って逃げて行く尻尾の長い白い猫の後ろ姿。
またオヤジ猫が襲撃に来たんだ。。。

噛まれた子はいないか?探してみるけれど、隠れたまま誰も出て来ません。
動物病院の先生に聞いた話では、噛まれてから6時間以内に抗生剤を処方すれば、まず大丈夫なのだとか。
6時間かぁ、難しいな。

翌朝ご飯に集まって来た子たちの様子を見ると、ああ、もみじがびっこを引いてる。
右後ろ足を噛まれちゃったんだ。

もみじは一番人慣れしていて、手から直接オヤツを食べることができます。
いつもならご飯の時は足元にスリスリしてくるのに、すごく警戒しています。


gohannkeikaityuu067.jpg


捕獲器を用意したけれど、絶対に近寄りません。
病院へ連れて行けそうにないので、常備してある抗生剤をちゅ~るに混ぜて食べさせました。

最初の2日は腫れていて、右後ろ足を浮かしていたけれど、今は普通に走ったり、屋根に上ったりしてます。
腫れもなくなって化膿してなさそうだし、ハゲてもいないので、大丈夫かな?


もみじのきずあと024
噛まれた傷痕


とりあえず2週間続けて薬を飲ませて、それで良くなればOK。


強い猫同士だと、正面から闘うので顔に傷を付けます。
一方が弱い猫だと逃げるので、おしりや後ろ足を噛まれます。
うちでオヤジ猫に噛まれた子は、後ろ足ばかり。
うちにはオヤジ猫と争うような強いオス猫も、お相手になるおんニャの子もいない。
だけどあの性格では、餌付けして一緒に生活させることもできない。
いったいどんな環境にいたら、あんな凶暴な猫になってしまうんだろう。

オヤジ猫の縄張りはかなり広いようで、町会内で我が家とちょうど反対の端っこの方でもよく見かけると聞きます。
この町内には、オヤジ猫と戦うようなオス猫はいないハズ。
なのに、いつも顔に傷があると言うことは、もっと遠くまで行って、ケンカしているのでしょうね。


kennkabakarisiteiru006.jpg
いつも顔に傷があるオヤジ猫


まずは何とか捕まえて、去勢手術をしたいのだけど・・・
どうすれば、あのオヤジ猫を捕まえることができるんだろう?

 もう一つ記事をアップしてます。




微妙な関係

ハルそっくりなアメショもどきの男の子。


いまさらですが名前変えました098


私はナオトと呼んでいたけれど、夫はコハルと呼んでいました。
そろそろ統一しようじゃないの!と言うことで、今さらながら名前を変更。
小虎(ことら)になりましたよろしく~





面倒見の良い茶シローが急死してから1カ月。


minnnanakayokusiteimasu004.jpg
上から 茶シロー・もみじ・小虎・おちょう


外の猫たちの関係が、少しずつ変わってきました。

おとなしいと思っていたおちょうが、ベランダに上がってくるもみじを追い払う。
クロはおちょうを追い払う。
どうしたもんかなぁ。
寒い時期は、一緒にハウスで寝てたのに。。。
茶シローがいることによって保たれていた均衡が、一気に崩れてしまったようです。

猫って犬ほど社会性はないといわれてるけど、やはりグループをまとめるボスがいるかどうかで、まったく違うんでしょうね。
ご飯を食べに来る7匹のうち、6匹がおんニャの子、それもおそらく2歳以下の若い子ばかり。
唯一の男の子の小虎は1歳未満。
おんニャの園をまとめるには、まだまだ力不足。

外の猫たちどの子も、ハルに対しては網戸越しに平伏します。
ハルだったら、きっとみんニャを上手くまとめるんだろうな。


ふとっぱらおやじねこ001
心も体も太っ腹~(ひっくり返ってるのがハル)



面白い写真が撮れましたので、よ~く見てください。


闇夜のクロちゃん見えません026
闇夜のクロちゃん


見えますか~?

もう一つ、記事をアップしてます。



ひきこもり中

トメちゃん、我が家に現れた時に、耳と耳の間の部分にポチッと小さなハゲがありました。


NqZA_azmC2hIBfJ1498309018_1498309215.jpg


ダニにやられちゃったのかな~なんて思いながら様子を見てたら・・・
そこから少しだけ血が出てて、、、あらら、掻いちゃった?
それがかさぶたになったと思ったら、数日後、頭から白い膿がダラダラ流れててビックリ。

どうする?どうする?
いやいや、ためらってるとロクなことがない。
捕獲器を出して捕まえて、ネットに入れて病院へ連れて行きました。

「噛まれてるね~」
はぁ~、またですか。
オヤジ猫の仕業? それとも別のところで噛まれた?

傷口の消毒をして、抗生剤の注射を打ってもらいました。
ついでに採血して、腎機能とエイズ・白血病の検査もしてもらいました。
結果、すべて問題なしでホッ。

トメちゃん、大人しいです。
結構痛かったと思うのですが、唸りもしないし全く抵抗もせず。

家に帰って、ケージに入れたら、段ボール箱の中に入り込んで、ただ今引きこもり中。


201706ただ今引きこもり中069


ご飯を上げようと思ってケージの扉を開けたら、シャーって言われました。
病院に連れていく係の私、きっとまた思い切り嫌われてしまったんだヮ
隠れて姿を見せないけれど、ご飯もきれいに食べてるし、トイレも使ってあるから大丈夫でしょう。



ブログ友達のmikiさんから、茶シローのお供え及び外猫のために、と猫用オヤツをたくさん送っていただきました。


0おやついっぱいもらった04
こんなにいっぱい~


mikiさんのところでも、病気の猫さんがいてたいへんなのに・・・
本当にありがとうございます。
外猫たちとの仲良くなるために、活用させていただきます。


 もう一つ、記事をアップしてます。



仲良し

茶シローが死んだ翌日に突然現れたさび猫、
一日中カーポートにいて、どこにも行きません。
いつ見ても、100%います。


201706ずっとここにいることにした015


もうここから絶対離れない!!と決意した?

問題は他の猫たちと上手くやっていけるかどうか。
ご飯を一人占めするようなイジワルな子では困る
と心配したけれど、何だかずっと前から居たようになじんでます。


最初の日こそみんニャは警戒していたけれど、翌日にはもみちゃん(もみじ)とすっかり仲良しに。


201706ゴッツンこ~仲良し002
ごっつん、すりすり~


体の大きさも同じくらいで、まだまだ若そう。
寂しい者同士、意気投合したようです。

クロちゃんを男の子だと思い込んでた私なので、皆さんにも判断していただきたいのですが・・・
おんニャの子ですよね?


201706おんなのこですよね?035


きれいな耳カットが入っています。


YPAcXVh5rzDiNvV1497583744_1497583766.jpg


どこかにこの子を面倒見ていた人がいるはず。
人からご飯をもらうことに慣れていて、隠れたりしません。
せっかく避妊手術までしたのに、いなくなっちゃって、すごく心配しているだろうなぁ。
保護活動をしている人たちに問い合わせてみたけれど、今のところ該当する人はいません。

ホントにどこから来たんだろ?
未去勢の子ならともかく、どうして餌場から移動したのかな?
イジワルな子に餌場から追い出されて、放浪してきた?
それとも、猫嫌いな人に捕まって遠くに捨てられた?
(実際にそういう経験を聞いてます)
元気にしてますよ~ってお世話していた人に伝えられればいいのに。。。

それにしても、茶シローが死んだ翌日にピンポイントで我が家に来るとは。
なんだかとっても不思議。
もみちゃんが寂しくないように、茶シローが呼び寄せたのかな?

具合の悪いハルに遭遇したのも、幸多が死んだすぐ後だったし。
スピリチュアルなことにあまり興味はないけれど・・・
もしかしたら、そういう引き寄せみたいなことがあるのかもしれない。


サビちゃん、今までどんな名前だったの?
とりあえず、新しい名前を考えました。
それが夫に大ウケで一発承認を得ました!

新しい名前は「留子(トメコ)」 トメちゃんです。
ほら、昔、子だくさんの頃、この子が最後という親の願いを込めて?「留吉」とか「末子」という名前の人がいますよね。

現在、外猫7匹、家の中に猫3匹、犬とカラスとカメとウーパールーパー。
数多くの植物と畑、そして母
フルタイムじゃないけど仕事もあるし。
キャパオーバーです。
ってことで、トメちゃんを最後にしたいと願ってます。



おぼし召し?

トイレの窓を開けると、ちょうどカーポートの奥の方が見えて、
そこではいつも、猫たちがくっ付いて寝ていました。


箱の中でモミ&茶052


茶シローが死んでから、だれもそこに来ません。
さびしいな。。。

あまりに突然のことだったので、気持ちの方が付いていきませんでした。
あとから写真を整理していると、どんどん悲しくなって・・・

最後に残っていた茶シローは5月30日18:28に写したもの。

屋根の上にやって来た048

2階の雨戸を閉めようと思って窓を開けたら、こちらに近づいてきました。
体もがっちりしていて、どこも悪そうにみえません。

xE6Yc0FSjUNTH371496845995_1496846028.jpg 


その後2日間姿を見せず、6月2日朝にに突然ふらふらになって現れて
3日の朝にはもう冷たくなって・・・
命って、、、こんなにはかないものなんだってつくづく思いました。

おたん母さんが初めて子猫を連れてきた時、もみじは3~4カ月で茶シローは6~7カ月。
おたん母さんは6匹の子をうちに連れてきた後、半月くらい姿を見せなくなりました。
猫のお母さんは良い餌場を子供にゆずり、自分は他へ移ることがあると聞いています。
おたん母さんもどこかへ行ってしまったかな?

おたん母さんは良い餌場が見つからなかったのか、また戻ってきました。
でも、一緒に生活することはなく、今でもご飯の時以外はほとんど姿を見せません。

おたん母さんがいなくなってから、もみじは茶シローに、クロは大黒に、ナオトはチョモに、と言うように大きい子と小さい子がペアになって行動していました。
1月に大黒がいなくなり、3月にチョモが家に入り、結局茶シローが3匹の弟妹の面倒をよく見ていました。

茶シローがいなくなってから、もみじはご飯を食べに来るおたん母さんに、スリスリ~ごっつんこ~と甘えてばかり。
でもおたん母さんは、食べ終わるとさっさとどこかへ行ってしまいます。
行動的なクロとナオトもどこかへお出かけ。
ほとんど庭から出ないもみじは、何だか淋しそう。



茶シローが死んだ翌日、リックの散歩の時にさび猫を見かけました。
「あれっおたん?」 でも、おたんよりちょっと茶色っぽい。
初めてみる猫だな~と思っていたら、その翌日、我が家の車の下にその子がいました。
触れるほど慣れてはいないけれど、ビクビクして逃げることもありません。


この子だれ055


ご飯の時間になって、みんニャが集まって来ました。
うちの猫たちが警戒しているけれど、逃げるでも唸るでもなくその場にいます。

見ると、右耳にきれいなⅤカットがありました。
右耳だから男の子? えっでもさび猫だから女の子じゃないの?
どちらか確認できてません。
この周辺で地域猫や保護猫活動をしていると言う話は聞いたことがありません。
どこから来たの?

痩せた体にパサパサの毛。
乱暴な感じではなかったので、ご飯を与えると、ガツガツ食べてました。


突然現れた047 


猫の神様、今度はこの子ですか?


プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)