馬のように・・・

3年ほどほぼ放置状態だった母が借りていた畑を、秋から私が使い始めました。
もちろん、無肥料・無農薬の自然栽培。

ホームセンターに、根が回って安くなってた(48円)カリフラワーのポット苗がありました。
紫とかオレンジとか渦巻きとか、なんだか得体の知れない品種のカリフラワー4種8株を買って植えたのが9月。
ところが予想外にぐんぐん成長して巨大化しました。
畑を休ませていたあいだ、バクテリアが一生懸命働いてくれていたようです。

カリフラワーを初収穫しました。

大きく育った紫カリフラワー110 


茹でたら、緑色になっちゃいました

00ゆ8でたらこうなった235 


それから他の野菜も収穫

m85rKLoIiTxTz6A1482662872_1482663538.jpg


これ、中高年3人の1食分の野菜です。
って言うと、驚かれます

大根煮て、菜の花は炒めて、カリフラワー茹でて、ネギはみそ汁用、エンダイブはお弁当用。
ずら~っと並んだ野菜に、夫はため息つきながら
「肉いっぱい食いたいなぁ。
こんな食生活していると、そのうち馬になるかもしれない。。。」

・・・って言うけど、夫は太ってます



今年も残すところあと1週間!
最後の週は31日まで休みなしだとわかっていたけれど・・・
え~っ、今年は最後の週って、日曜から土曜まで7日間ぎっちりあるじゃないの~~
と気付いたのは、12月の半ば。
もう今年中は休みはないのね。。。

ハハハ・・・また今年も大掃除しませーーーん



冬野菜・はじめました

家から走って20秒ほどの所に、畑を2面借りて、母と私それぞれで作っていました。
1カ月ほど前、母がもう畑はやらない!というので、私が母の所も使うことになりました。
暑いさなか、畑中にはびこっているカボチャや雑草を抜いて抜いて抜いて・・・やっと土が見えた~。
8月中になんとかしないと、冬野菜が植えられない!!

夫が休みの日、畑を耕してほしいと頼んで、朝から2人で畑に行きました。
10分ほどしたら、夫がしゃがみこんで
「ダメだ、気持ち悪い~」
熱中症になるといけないので、家に帰ってもらいました。

それからお昼まで、私一人で耕しました。
毎日、長時間電車に揺られて、朝から晩まで神経をすり減らしながらも家族のために仕事して・・・
ホント、感謝してます。
でもね、ちょっと軟弱過ぎじゃあありませんか?おとーさん!!

お昼ごろ、水筒に冷たい桃ジュースを入れて、夫がやってきました。
「お昼御飯できたよー。あれっ、もう耕したの?!さすが毎日外で仕事してる人は違うなー。」
・・・・・こうしてまた、私はどんどんたくましくなっていく。。。



去年作ったオレンジ白菜(品種・オレンジクイン)がとても好評だったので、去年の残りのタネをまきました。


006.jpg


去年の大根もまいたら・・・何とまったく出ません!
ホームセンターでタネを買い、昨日蒔きなおし。
このあたりでは9月5日までにタネをまくと、年内に立派な大根が収穫できる!と農家のおじいちゃんに聞いています。
ああ、9月5日過ぎちゃった~


この夏のヒット作


syokuyouhouzuki007.jpg
食用ホオズキ・熟すと黄色くなります


普段は行かない直売所に一つ100円でポット苗があり、好奇心で買ってみました。
全然期待してなかったけど、おいしい!
好みのうるさい官兵衛が、喜んで食べてます。
良く見かけるオレンジ色のほおずきとは全く違います。


00しょくようとしょくようじゃない009
大きさ比較

味は熱帯系フルーツのような。
この味、覚えがある、え~とえ~っと・・・
そうだ、昔飲んだ瓶入りのフルーツ牛乳の味!
(今でもあるのかな?)


品種はわかりません。
いろいろな品種があるようだけど、ほとんど固定種のようなので、タネを採って来年も植えようと思います。



甘いトマトを作りたい

台風が通過するというので、庭に置いてある高さのある鉢物をあらかじめ倒しておきました。
大きな葉っぱがボロボロに千切れてしまうのがイヤだったので、三尺バナナは室内に非難。

00ばななひなんちゅう016



三尺バナナなので、高さは鉢を含めて120cmくらい?
葉っぱには、茶色い模様があります。
関東の一般家庭にバナナ。。。
あまり見ない光景ですよね。

バナナ、よく増えるんです。
タケノコのように、根元からニョキニョキと新しい株が出てきます。
捨てるのはかわいそうなので、株分けして、育ててくれるという方に押し付けてます

葉っぱが20枚くらい出れば花が咲くそうですが、花が付いたことがありません。
いつになったら、自家製バナナが食べられるかなぁ?


去年植えたオレンジ色の1代交配種のミニトマト・サンゴールドから採ったタネを育てたら、2代目はいろんなトマトができました。
  色とりどりの2代目の実はコチラ
  
8株育てたけれど、去年のサンゴールドと同じ姿・味のものはありませんでした。
その中で1株、とっても甘い実が成るものがあるけれど、実の付き方が去年とは違います。

00サンゴールド整列2632 002だいめさんごーるど023
 1代目             2代目

1代目は一つの茎に整然と実が並んでいるのに対し、
2代目は一つの茎からたくさんの茎が分かれて先に実がたくさん付きます。
粒が小さ目ですが、今年はこの株からタネを採ることにします。
さて、来年はどんなトマトができるのか楽しみ~


固定種の赤いミニトマト・ステラはとっても甘くてお気に入り。
毎日どんどん収穫できていたのに、ここ3日ほど赤い実がない!
赤くなりかけた実はたくさんあるのに。。。
食べごろを次々盗っていくのは誰?
人間じゃなければ、許しますよ~。


遺伝の法則はおもしろい

自然栽培というと、必ず勧められているのが、自分でタネを採ること。
今の野菜は、農家の生産性・利便性重視で品種改良されているので、多肥料多農薬が前提となっているのだとか。
だから、そういう野菜を無肥料無農薬で育てても、うまくいかなかったりします

タネを採って、蒔いて、育てて・・・
それを最低5年、だいたい10年続けると、その畑に合った野菜に進化するそうです。
問題は、10年後もここに住んでいるかどうかですが

タネは固定種から採らないと、同じものはできません。
ところが、お店でタネを買おうとすると、一代交配種ばかり。
  固定種・交配種って何?と思った方はコチラへ。


去年は実験的にいろんなトマトを植えてみました。
その中でもオレンジ色の実がなるミニトマト・サンゴールドがとにかく美味しかった~
でもサンゴールドは1代交配種。
1代交配種からタネを採って蒔いても、遺伝の法則から2代目は良いものはできません。
ところがたまに良い特徴が出ているものもあって、それを選抜しながら5代くらい育てると、ある程度固定できるらしい。。。

ってことで、今回サンゴールドの2代目実験をしてみました!
去年の実からタネを採って育てたら・・・・


3daimeorange004.jpg
 003daimered051 3daimeyellow016.jpg


これ、全部サンゴールド。

株によって、実の色も、味もそれぞれ違ってます。
ご先祖には、赤や黄色がいたようです。
へぇ~、これが遺伝の法則なのね、おもしろい!


畑で作業していると言われます。
「雑草に栄養取られるよ。」とか「鶏糞やるといいよ。」とか。

よその畑のトマトの茎は、親指より太くて、大きくて濃い緑の葉っぱがわさわさ。
いかにも良く育ってますという感じ。

うちの畑のトマトの茎は小指くらいで、葉っぱもそれほど大きくない。

いかにも貧弱に見える私のトマトを心配してくれているのですが・・・・・
トマトの適正な茎の太さは1cmです!
皆さんのトマトは栄養過多で不健康ですよ~~

あー、そんなこと、言えない。。。


夏野菜を植えました

今回はじゃが芋は母の方に任せたので、3月末~ゴールデンウィークくらいまで、私の畑の半分くらいが野菜を植えてない状態でした。
で、その間どうなっていたかというと・・・


00荒れた畑?039
ピンクの花はフクロナデシコ


よその畑はみんなすっごくきれいに草を取っていて、野菜以外何も生えてません。
それに比べ、私の畑だけ野菜以外のものがいっぱい~~
花のタネをまいたわけではなく、全部勝手に出てきたものです。
もう目立つ目立つ。

こんな荒れた畑にしてるのは誰だ~?と皆さん興味あるようで、いろんな方から声かけられます。
肥料をやらず、耕さず、雑草とバクテリアの力で野菜を育てていること、連作障害がほとんどないことなど、自然栽培について簡単に話します。
へぇ~そんなやり方があるんだねぇ、なんて感心して言います。
でも、明らかにそんなので野菜ができるはずがない!と思ってるのが見え見え~
いいんです、もう慣れましたから。
どんどんメンタル強くなってきました


やっと夏野菜の苗を畑に定植し終わりました。

今回育てたものは、
●ナス(中長、久留米、翡翠)
●キュウリ(品種不明の自生え、ラリーノ)
●ズッキーニ(バンビーノ)
●ミニトマト(ステラ、サンゴールド、カナリーベル)
●姫冬瓜
●カボチャ(黒皮甘栗)
●オカヒジキ
●モロヘイヤ
●オクラ(エメラルド)
●青はぐら瓜
●ゴーヤ

ピーマンのみ、苗を購入しました。
落花生はまだまいていません。

交雑しやすいタネ(大根や白菜など)は購入しますが、それ以外はできるだけ固定種にして、自分でタネを採るようにしてます。
5年くらい繰り返すと、その畑に合った独自の性質に進化するのだとか。

それにしても野菜のタネって、ほとんどが交配種。
最近の品種改良は、種苗会社の陰謀さえ感じられます
主要なタネがみんな交配種になって、自家採取できなくて、世界中の農家が毎年タネを買うことになったら・・・
タネを制したものが世界を支配できるとも言われているとか。
タネ議論をしたら際限なくなってしまいそうなので、置いといて。。。


サニーレタスとエンダイブは、こぼれダネで毎年芽が出てきます。
食べる分だけ下から葉っぱを取っていくと、長い間ずっと食べられます。


00さにーれたすじばえ043



このサニーレタス、そのまま花を咲かせると、1m以上の高さになります。


000きょだいかさにーれたす2244
真ん中がサニーレタス

000サニーレタスの花2299 00さにーれたすのわたげたね2245
サニーレタスの花と綿毛のタネ

野菜売り場の姿からは想像できませんね。


イチゴは放置してたら、いろんな場所にランナーを伸ばして、すっかり野良イチゴになりました
でも放任がよかったのか?結構大きな実がゴロゴロ。

指と比較して、イチゴの大きさを想像して下さいね~
00benihoppe041.jpg
これは紅ほっぺ


イチゴ狩りに行くと、こちらに向かって実がたわわに成っていますよね。


Ejc85zP_ZMqjmAJ1419866756_1419866809itigo.jpg


イチゴは実がなる方向が決まっているので、必ず実が採りやすい方向に苗を植えます。
・・・って知っているのに、ぜんぜんやってない
来年は、畑の一角にイチゴスペースをとって、きちんと世話します!たぶん。。。



面白野菜を作ってみる

そろそろ夏野菜の種まきを始める時期になりました。
今回買ったタネはコチラ


kattataneiroiro002.jpg


上が固定品種で、下の3点が交配種です。
(固定種と交配種の違いに??の方は、コチラを参照してみてください)

以前に読んだ
「自殺する種子」の内容があまりにもショッキングだったので、出来るだけ自家採取できるように固定種を選んでます。
あとは、キュウリやカボチャやモロヘイヤや豆類など、自分で採ったタネをまきます。

去年、いろいろな固定種のトマトを試験的に育ててみました。
病気になりやすいとか、割れやすいとか、鈴なりに成るのにおいしくないとかいろいろありました。
最終的に残したのは、赤いミニトマト「ステラ」です。
味も濃くて甘かったし、育てやすくてたくさん成りました。
あくまで私の畑では、という前提ですが、これはおススメです。
一番おいしくて育てやすかったのは、サンゴールドというオレンジ色のミニトマトで、果物のような甘さでした。
一応タネを採ってありますが、一代交配種なので、今回美味しいものができるかどうかわかりません。
(美味しかったら自家採取を続けて、固定させてみようと思います)


せっかく自分で育てるんだったら、面白い野菜を作ってみるのも楽しいです♪
この冬、育てたのが「オレンジクイン」という白菜。

生の時はこんな感じで特別違っているようには見えませんが


014おれんじくいn


熱を加えると、鮮やかなオレンジ色になります


orennjikuin001.jpg


鍋物にすると、みかん鍋みたいになります
生で食べてもおいしいです。

こちらは「スイスチャード」というフダン草


000カラーフダン草005


熱を加えても色がそのまま残って、とってもきれいです。
こちらは固定品種なので、色別にタネを採って、カラーリーフとして庭に植えてもいいですね。


さて、私の草だらけの畑、「肥料なしで育つはずがない!」とかいろいろ言われました。
でも育っちゃってるので、最近は何も言われなくなりました
納得のいかない顔した先輩方が畑を見にきます。

通路は草なし、植えてる所は草だらけ~
000tuuronikusahaarimasan081.jpg
(左は白菜・右はエンドウ豆)


自然栽培、お金もかからず丈夫に美味しい野菜が育ちます。
ただ、自宅敷地内か山奥でない限り、目立ちます。


ただ今、この野菜植えてみて~というリクエスト受付中です



食べ尽くします!

「パエリアに入れるサフランが高いから、母さん、育ててよ~」
と二男から頼まれていたサフランの花が咲きました。


000サフランの花012


使うのは、赤い雌シベの部分だけ。
一つの花に3本の雌シベがあります。


safurannohana010.jpg 


サフランが咲いているのは、ほんの数日。
その間に、ピンセットでひとつひとつメシベを摘まんで、さらに乾燥させて・・・


000サフランのおしべ 


どおりで、高価なわけだ!!




初夏に田舎の直売所で、落花生のポット苗を20円で売っていました。
いくら落花生の大産地と言えど20円は安い!
ということで、5つ買ってみました。

先日、掘ってみたら、結構大きな落花生がなってました


000落花生収穫 


5株で1.3㌔収穫できました。
何度も言いますが、落花生は土の中にできますよ~。
でも、じゃが芋のように、根っこにできるわけではありませんよ~。

生の落花生は、たっぷり多めの塩を入れて、殻付きのまま茹でます。


000落花生をゆでてみる009 


もうこれがホントおいし~の。
で、2日に分けて、ほぼ私一人で食べちゃいました。

食べた後でふと思い出しました、ピーナツってすごい高カロリー食材だってことを!!
でも、もう食べちゃった~
成分の約50%が脂質だけど、ほとんどが不飽和脂肪酸なので、コレステロール値を高める心配はないのだとか。
来年は食べる前に思い出すことにしよう




まわりの畑の人たちから「まだ抜いてないの?!」
と半ばあきれ顔で言われているミニトマト。


00011gatunotomato017.jpg
左の背景に見えるのはダイコンの葉、冬野菜と夏野菜のコラボ♪


抜きません!だってまだ実がいっぱい採れますますから~~


000まだ収穫036
上・ミディトマト   中央・マイクロトマト   下・ミニトマト


もう飽きたと言って、夫はほとんど食べません
でも私、意地でも食べます!最後の最後まで食べ尽くします!!


コチラは何年か前に面白そう♪と思って苗を買ったマイクロトマト。


000kotosimomaikuro027.jpg 


1cmにも満たない超ミニサイズですが、味も食感もちゃんとトマトです。
だけど採るのが面倒くさいったらありゃしない。
結果、熟した実が落ちて、次の年に勝手に芽が出て・・・の繰り返し。
きっと来年もまた同じ場所に出てくるはず。
毎年ほぼ雑草化してます
小動物とかオウムなどがいれば、喜ぶんだろうけど・・・
ええ、こちらも私が責任をもって食べ尽くします!!



プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。

(右下)茶トラ猫・ナオト(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)