虫騒動

ご無沙汰いたしました
お盆入り前日まで、超激務でまさかの連日深夜帰り~。
お盆が終わってから2日間ほど、寝たきり婆になってました
もし次回の彼岸の時、お花屋さんに行ったなら、観察してみてください。
ニッコリ笑うスタッフの目の下に、大きなさんを見つけることができるかもしれません



家の前をカブトムシが歩いてました。
フフフ・・・みんなどんな反応をするかな~?

まずは外猫たち




   一応に多いを嗅いでみる014
もみじ

セミはあっという間に仕留めるのに、カブトムシは怖い?

では家猫たちはというと

2匹は興味しんしん
minnnadenagametemasu006.jpg
左・エル、 右・チョモ、 奥・ハル

taberunnjyaniele007.jpg
コラッ、エル、食べるな~~


外生活が長かったハルは、虫にはあまり興味を示しません。
エルとチョモは、室内に虫が入って来た時には、追いかけまわして大騒ぎ。
夜中に走り回って、高い所からジャンプするのはやめてくれ~~~



1カ月ほど前のこと、両足のすねや甲に、次々と虫さされの跡ができました。
ものすごーい痒さで、蚊に刺された時どころじゃありません。
まずい、ダニにやられた!!
毎日カンカン照りだったので、布団はせっせと干し、洗えるものは全部洗って、
掃除機かけて、防ダニスプレーやダニ捕りシートも買って・・・
それでも毎日毎日増えていく虫さされの跡。
刺された部分のかゆみが引くまで、1か所につき1週間くらいかかります
最終的に30カ所くらい噛まれました
隣の部屋で寝ていた夫は被害なし。

エルを撫でていたら、アレッ?真っ白な毛のところにノミのフンらしき小さな粒が!
まさか、まさかノミ?!
ハルには見つからなかったけど、チョモにもノミのフンがありました。
(ノミ自体は見つからず)

ネットで調べたら、ダニは服で覆われているような体の柔らかい部分を刺すけれど、ノミはひざから下を刺すのが特徴だとか。
うゎ~、まさかのノミですかぁ。
もちろん翌日、朝一番に動物病院でフロントラインをもらって来ました。
まぁ、ノミが家の中に入り込む要素は、いっぱいあるわけだし、、、
しばらくは定期的にフロントラインで防ぐしかないのかなぁ。
ああ、人間用のフロントラインが欲しい。。。

今はもう刺されることもなく、かゆみもすっかりなくなりました。
でも、刺された痕はまだハッキリ残ってて、消えるまで半年くらいかかるとか。

TQha5DeUAVZgIeW1503108295_1503108328.jpg


ネット情報では、多くの人が塗り薬の「ムヒアルファEX」がいいと言うので、私もそれを使いました。
ムヒの中では一番強い薬だそうで、ステロイド入りです。
普通の虫さされの薬ではとても我慢できない時には、使ってみるといいと思います。

何事も経験、次回からは、もっと素早く冷静に対処できるハズ。
(どこまでポジティブなんだ!

みなさんも、気をつけてくださいネ。

  もう一つ、記事をアップしてます。




ジャングル化

毎日湿度が高くて、イヤになります。
コチョウランの鉢の中に、とってもきれいなレモンイエローのキノコが生えてきました。


コチョウランに生えてきた寝っタキイの子073


コガネキヌカラカサタケという熱帯産のキノコのようです。
熱帯植物やヤシを使った土などに菌がくっ付いてくるそうで、日本に自生はしてません。
有毒と書いてあるものもあれば、これでキノコご飯を作ったという人もいて、さてどっちなんでしょう?
試してみる度胸もなく・・・翌日には枯れていました。



年中咲いてるバラ・金蓮歩(きんれんぽ)


atukutemokinnrennpo031.jpg
春秋はもっと濃い色で咲きます


このバラの何が良いって、、、とにかく病気にならない!
こんな時期でも、葉っぱがきれいです♡


なんたってじょうぶなきんれんぽ016
おまけに虫も付いてない♪

薬剤をいっさい使わないうちの庭で、ありがた~いバラです。


今年の夏は、雨続きで熱帯雨林っぽい?
いつもは暑過ぎて元気のなくなる熱帯植物が元気です!


大きなピンクのハイビスカス043  スッキリイエローハイビスカス028
赤いハイビスカスもきれい073 きれいな服輪のハイビスカス019
ハイビスカス

夏にピカピカあんすりうむ099
ピッカピカのアンスリウム


忙しかったり雨が降ったりで、1週間以上畑に行かなかったら、ジャングルになってました


畑のアルストロメリアとルドベキア185
花期の長いアルストロメリア(ピンク)と暑さに負けないルドベキア(黄色)


畑に足を踏み入れると、勝手に生えたカボチャやトウガンがあちこち自由にツルを伸ばして、もう手に負えない。
見なかったことにしよう
こういうのって、タネをまいて一生懸命育てた苗よりも、ずっと丈夫なんですよね。
葉っぱの陰に、ポコポコ実がなってました


214.jpg 193.jpg
カボチャ&冬瓜

あと1週間ほどしたら、大根と白菜のタネまき時期です。
さて、どこに植えよう。。。


怒り心頭

もみじがオヤジ猫に噛まれた後も、夜中に聞こえる猫の叫び声。
オヤジ猫、近頃は毎晩やって来ているようです。
このままほっといたら、大変なことになる!

家の周りに捕獲器を置くと、うちの猫ばかり入ってしまうかもしれない、
オヤジ猫の縄張りは広いので、家から少し離れた所に置くことにしよう、
そんなことを考えながら場所を探して歩いて行きました。

町内のはずれにあるお宅の奥さんに会って
「実はこうで・・・・・この猫を捕まえるために・・・・・」
とデジカメ内の写真を見せたら、
「あら、この子、あそこの借家の〇〇さんの猫じゃない? いつも猫を何匹も飼ってるのよ。前にご主人が、コイツが意地悪いから他の猫がみんないなくなっちゃったよ、って言ってた。」

? オヤジ猫が飼い猫ですって?!
オヤジ猫の写真をプリントアウトして、そこのお宅に行きました。

古い小さな借家が数件、この中のどの家だろう?
と迷ったのはほんの一瞬、なぜならオヤジ猫がその家の前にいました!

明け放した窓際に、70歳くらいの男性が一人、テレビを見ていました。

「この猫は、こちらで飼っている猫でしょうか?」
写真を見せて尋ねると、
「ああそうです、うちの猫です。」
「実は・・・・・なんです。」
「そうですか、それは申し訳ないです。今度見たら、石でも投げて追い払ってください。」
「そう言うことじゃなくて・・・・・とにかく、まずは去勢手術をしてください。」
「わかりました。娘が飼っているので、娘に伝えておきます。2,3日中になんとかしますので。」
娘さんと直接お話ししたいので、と携帯の番号を渡しておきました。

2,3日中になんとかなるとは到底思えない。。。


先日、もみじは2週間の抗生剤の投与を終えて、傷もきれいになりました。


もみじごろごろ141


やれやれと思っていたその2日後、今度は首のところに2か所傷があるのを発見しました。


 069oyajinekonikamaretakubi.jpg


真っ白な毛のところなので、ほんの少し血が滲んでいるのがわかりました。
手足ならびっこを引くのでわかるけれど、それ以外だと見落としてしまいがち。
たぶん、色のついた毛のところでは、わからなかったと思います。

「猫の噛み傷って、見つけにくいんだよね」
動物病院の先生もそう話していました。
猫の皮膚は弾力があって噛んだ傷はすぐにふさがるので、皮膚内で膿がたまって、破裂して膿が出てきて始めてわかることが多いようです。
(エルもトメもそうでした)
もみじ、再び投薬です。

その翌日の夕方、今度はクロがびっこを引いてあらわれました。


体がだるいくろちゃん208

あきらかに右後足が腫れています。


あしのさきまではれている109


抗生剤をちゅ~るに混ぜて食べさせようとしたけれど、まったく口にしません。
この時期、このままではあっという間に化膿して命取りになります。


寝ているクロが気になる小虎103
元気のないクロを心配する小虎


庭の子たちは、玄関を開けると中に入ってきます。
クロちゃんが入って来たところで扉を閉めて、隅に追いやって洗濯ネットに捕獲。
兄妹で一番すばしっこいクロちゃんが思ったより早く捕まって、やっぱり具合が相当悪いんだな。
終了ギリギリに病院へ行って、コンべニアを打ってもらってきました。

さすがに私も怒り心頭!
翌朝早く、再びオヤジ猫の飼い主のところへ行きました。
娘さんは早番でもう出勤してしまったとか。
「すみませんねぇ、この前捕まえてカゴに入れてたんですけど、逃げちゃって・・・その後捕まらないんですよ。」

3回訪問しましたが、娘さんには一度も会えず。
もちろん電話はありません。
こちらからのショートメールも無視。

家の中や外周りの散乱した様子から、だいたいの生活の状況は想像できました。
何より絶望的に思えたのは・・・・・軒下に子猫が数匹、サッともの陰に隠れたのが見えたこと。

無責任な飼い主がいる限り、猫問題はなくならないのでしょう。

 

家に入る?

2階の窓の外には、いつもちょっちゃん(おちょう)がいます。

tyottyanngasotoniiru001.jpg


寒かった頃は、みんなでベランダハウスに一緒にねていたのに、茶シローが死んでから仲間割れがあったようで・・・
今は2階エリアはちょっちゃんだけの縄張りになったようです。

ベランダには、水とトイレが置いてあるので、ご飯さえ出せば2階だけでも生活できます。

ちょっちゃんは外の子たちと上手くいかないけど、家の中の子たちのことは大好き♡
窓辺に誰か来ると、一生懸命網戸越しにスリスリ~。
ハルはたいして気にもとめず、エルはウニャウニャ文句を言い、チョモは気になってニャーニャー。

このところずっとベランダではなく、私の部屋の窓と手すりの間20cmほどのところに寝ています。

yonakamomadodeneteimasu024.jpg
深夜12時頃、窓のすぐ外で寝ています


最近は網戸を開けるのを覚えて、すぐに網戸全開にしちゃいます。

チョモとお蝶網戸開けてます068
手前はチョモ


脱走防止柵があるので、網戸が開いていても脱走の心配はないけれど、虫が~~

寝ている私とちょっちゃんの距離は、1.5mほど。
こんなに人のそばにいるのに、触らせてくれない

時々窓を開けて「ちょっちゃん、中に入れば~」とお誘いしてみるけれど、絶対入ってきません。

茶シローがいた時には、ササッと入って来たのに・・・

201701はいってきたよ001


一匹だけだと、やっぱり警戒しちゃうのかな。


庭住まいのもみじ・クロ・小虎3兄妹は、玄関扉を開けてると中に入ってきます。
新入りトメちゃんもつられてへっぴり腰で玄関に入って来て、私と目があって、大慌てで出て行ったり。

こんな中途半端なことしてないで、スパッと完全室内飼いにできたらいいのだけど・・・

   必要なのは、勇気ではなく、覚悟。 
   決めてしまえば、すべては動き始める。

そうだね、その通りだね。


   もう一つ、記事をアップしてます。



これからの暮らし

夫の54回目の誕生日でした
誕生月になるとこんなのが届きますよね。

ねんきんていきびん2017009


40代の頃はあまり意識しなかった「老後」。
50代になると、一気に現実問題となって迫ってきます。
年金受給の年齢が徐々に引きあげられ、夫の年金は65歳から。
受給年齢が遅くなった分、多くもらえるというわけでもなく。。。

夫の職場も60歳から5年間、嘱託社員として働けます。
でも、もうここでは働きたくないって。
友達のご主人方も、公務員とか大手企業とか、他から見れば恵まれていると思われる職場だけど、できることなら今すぐにでも退職したいと言っているとか。
世の中には、仕事が大好きな人もいるけれど、多くのサラリーマンは家族のため、あるいは生活のために仕方なく働いているのではと思ってしまう。
きっとこれまで何度となく
「ふざけんな!こんなところ、辞めてやる!!」
という言葉をぐっと押し殺して、イヤな人にも頭を下げてきたんだろうな。


来年3月で二男が卒業したら(するよね?絶対してよ!!)とりあえず親業も卒業。
長女は去年家を建てたし、長男は仕事上、これからも都心近くに住むと思う。
二男が内定をもらっている就職先は、我が家から通える所にはない。
もう子供たちがこの家に住むことはないと思う。

これからは、自分のために(夫婦のために)時間やお金を使って楽しむんだ~と言いたいところだけど・・・
やっとこれから老後の蓄えを始めなきゃ、、、と言う状況

それより何より、二男が卒業したら、夫はこの家から出て行くと言ってるし。

以前、母のことをブログに書いたら、コメントをいろいろいただきました。
鍵コメントなので、公開してませんが、「施設に入ってもらった方がお互いのため」というアドバイスがほとんどでした。

先日、ケアマネージャーが来た時、言葉を選びながら母に聞いてくれました。
「今はとってもお元気ですが、もしも体が不自由になって、誰かの介助が必要になった時、どのようにされたいとお考えですか? 例えば施設に入ることなども考えたことがありますか?」

母、即答です。
「いいえ、この家は私の家なので、どうなってもこの家で暮らします!」

もう考えるのも面倒になって、ただ今現実逃避中
パタパタ~


次々と

5日ほど前の夜遅く、「ギャーッ」っという猫の叫び声。
急いで外に出ると、走って逃げて行く尻尾の長い白い猫の後ろ姿。
またオヤジ猫が襲撃に来たんだ。。。

噛まれた子はいないか?探してみるけれど、隠れたまま誰も出て来ません。
動物病院の先生に聞いた話では、噛まれてから6時間以内に抗生剤を処方すれば、まず大丈夫なのだとか。
6時間かぁ、難しいな。

翌朝ご飯に集まって来た子たちの様子を見ると、ああ、もみじがびっこを引いてる。
右後ろ足を噛まれちゃったんだ。

もみじは一番人慣れしていて、手から直接オヤツを食べることができます。
いつもならご飯の時は足元にスリスリしてくるのに、すごく警戒しています。


gohannkeikaityuu067.jpg


捕獲器を用意したけれど、絶対に近寄りません。
病院へ連れて行けそうにないので、常備してある抗生剤をちゅ~るに混ぜて食べさせました。

最初の2日は腫れていて、右後ろ足を浮かしていたけれど、今は普通に走ったり、屋根に上ったりしてます。
腫れもなくなって化膿してなさそうだし、ハゲてもいないので、大丈夫かな?


もみじのきずあと024
噛まれた傷痕


とりあえず2週間続けて薬を飲ませて、それで良くなればOK。


強い猫同士だと、正面から闘うので顔に傷を付けます。
一方が弱い猫だと逃げるので、おしりや後ろ足を噛まれます。
うちでオヤジ猫に噛まれた子は、後ろ足ばかり。
うちにはオヤジ猫と争うような強いオス猫も、お相手になるおんニャの子もいない。
だけどあの性格では、餌付けして一緒に生活させることもできない。
いったいどんな環境にいたら、あんな凶暴な猫になってしまうんだろう。

オヤジ猫の縄張りはかなり広いようで、町会内で我が家とちょうど反対の端っこの方でもよく見かけると聞きます。
この町内には、オヤジ猫と戦うようなオス猫はいないハズ。
なのに、いつも顔に傷があると言うことは、もっと遠くまで行って、ケンカしているのでしょうね。


kennkabakarisiteiru006.jpg
いつも顔に傷があるオヤジ猫


まずは何とか捕まえて、去勢手術をしたいのだけど・・・
どうすれば、あのオヤジ猫を捕まえることができるんだろう?

 もう一つ記事をアップしてます。




母の日のプレゼント

日本各地で大雨が降っているというのに、ここだけまったく降りません。

6月中、雨が降ったのは2回、それもザーザーじゃなくてサラサラ~っと。
7月は0回。
梅雨明けって言うけれど・・・まだ梅雨入りしてないんですけど。。。

天気予報では今日の夜、ついに雨マークが付きました!
今はまだお日さまが出てるけど・・・ホントに降るのかな?



5月の母の日、娘から「お花欲しい?」と聞かれたので
「いらな~い お花のプランターカバーを作りたいから、材料が欲しい。」
とリクエストしました。
「パパ(娘婿殿)がお休みになるまで待ってね~」

先日、夏休み中の娘婿殿がホームセンターで木材を買って、工具持参でやってきました。
材料だけかと思ったら、作ってくれるとのこと。


0nF1zJtTx3mvAcE1500952295_1500952988.png


フェンスのすぐ外側に、いつも花が咲いているようにプランターを置いてあります。l
ところが、いかにも安っぽいプラスチックのプランターが気になる。。。

4月頃の写真
丸見えだったプランター031

でも今回カバーができたので、プランターがバラバラでもまったくわかりません

M8DjoVocSiVYTg41500951330_1500951379.jpg
木製のプランターカバー出来上がり~


リックのところの柵も、新しく作ってくれました


リックの柵ができたよ~214  


リックも今はもう高さ120cmの柵を越えて、脱走することもなくなりました。
婿ちゃん、ありがと~



先日土曜日に、お店でやってる月1のアレンジメント教室に参加しました。
講師は外部から来るヨーロピアンアレンジメントの先生です。

今回はスプレーシェイプと言う形のアレンジでした。


ひまわろのスプレーシェイプ067


まるで花束のように見えますが、花束ではなくアレンジです。
オアシス(吸水性スポンジ)の左側に花を挿し、右側に茎だけ挿してます。

ヒマワリがあると、夏らしいですね♪
帰ってから、下駄箱の上に置いて飾っておきました。

翌朝見ると、ま、まさかの出来事が!!
猫がぐちゃぐちゃにした? イエイエそうではありません!

なんとアレンジが、壁に立ててある

どういうことかと言うと・・・
サンマを焼いて、長細いお皿にきれいに盛り付けて、テーブルに置いといたら・・・
サンマ入りお皿が壁に立て掛けてあった!みたいな。。。
もちろん、サンマはお皿から滑り落ちて形はぐちゃぐちゃに

前日作ったアレンジがそんな状態になってました。
下駄箱の上は、こぼれた水がいっぱい。
まさかそんなことが起こるなんて、誰も予想できない。。。


プロフィール

Author:woojyan
千葉県在住。
思い描いていた気ままな50代とはほど遠いけど・・・
今は会社員の夫と認知症の実母、そしてたくさんの動植物と暮らしてます。

庭の猫たち

おたん(♀) 推定2015年生まれ。猫一家のお母さん。16年夏より時々姿を見るようになり、秋に1匹ずつ子どもを引き連れてやってきた。

おたんの子供たち (右上)茶白猫・茶シロー(♂) 2016年春生まれ。優しくて面倒見のよいお兄さん。2017年6月お☆さまになりました。

(右下)茶トラ猫・小虎(♂) 2016年夏生まれ。他の子の対応を見てから行動する慎重派。

(中下)黒猫・クロ(♀)
2016年夏生まれ。兄妹の中で一番の運動神経の持ち主。

(左)三毛猫・もみじ(♀) 2016年夏生まれ。好奇心旺盛で、甘えん坊な末っ子気質。

おちょう(♀) 推定2016年春生まれ? 2016年秋ごろから庭訪問の優しい子。おたんにそっくりだけれど、親子ではないらしい。

おこげ(♀) 推定2015年秋生まれ? 2017年1月から仲間入り。とってもビビり。

お☆さまになりました

幸多(♂)雑種猫 年齢不詳。6,3kg。我が家周辺で野良生活をした後、13年4月より家猫修行開始。エイズキャリアで腎機能障害あり。気は優しくて力持ちの食いしん坊。2016年1月お☆さまになりました。

ぴ~ちゃん(♀)セキセイインコ 06年春頃生まれ。幼鳥の時、迷子で保護。気が強くて怖いもの知らず。口癖は「ぴ~ちゃんカワイイ」 2013年11月お☆さまになりました。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)